おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

イチローは辞める 僕は遅漏

13D89834-8C36-4F6F-BE5C-C5A7F43CD25B

古くからの馴染みである
おざわよしひさという男が

5月15日、ついに絵本を出版します。
おめでとう!やった!

せっかくなので売れて欲しいです。
僕は当然、買います。

たぶんコンペに出して入賞したやつの焼き直し、
そんな気がしてまして、

あれ面白かったから、内容はきっと間違いないです。
絵本作家になりたくて、

東京に来た身として、
仲間の活躍は素直に嬉しいもので

もうすでに売れっ子として活躍の人もいれば
こうやって時を経てデビューするものもいる。

縁というのはつくづく不思議だな、
と思いますけども未だに僕は一冊も出版できていなので

それに対しては、ただ頑張らなあかん。
そろそろコンペの締め切りも迫ってまいりまして

早い事仕上げたい作品が一つあるんです。
何をのんびりと、ハロプロ見て過ごしてるんやろうか。

とりあえずトラックドライバーという新作の紙芝居は
出来ましたのでしばらくは絵本にかかりっきりに

なれればいいな、と考えているんですが
生来の怠け癖が抜けずだらだらと過ごしております。

路上紙芝居に街へ出ては見たものの、
急に冷え込んだせいか誰一人として足を止めてくれず

仕方ないので下ネタ連呼していました。
セックスオナニーセックスオナニー、と大声出して

叫んでいると人はひっかかるようで、
ちらりと一瞥くれ

そのまま通り過ぎる。
胸に吹き荒む虚しさを意識しながら、

注目される、知ってもらうとはどういう事かを考えていました。
そうなんです、僕はまったく売れていません。

紙芝居乞食と名乗っていますけど当然で、
自己表現によって手にするお金は幾ばくかで、

生活の殆どを訪問介護で賄っています。
何なら絵を描く道具の金だってここから出している。

インターネットのおかげで、
やってる事が可視化されているので何とか自分は表現者として

振舞えていますが、それは実は誰でもすぐに出来る事で
思った瞬間発信すれば、

地下漫才師だって名乗れます。
だがその後、認知してもらうのが大変なわけで。

手を変え品を変えやってみても広がらない、
けれど手を変え品を変え広げていくしかない。

ようやく少し広がって掴みかけたかな、と
思ったら次は悩みのモードに入ります。

つまり今自分のやってるのは、
本当にやりたかった事なのかい、、、と。

けれどもこれはいくら考えても意味ない、
少し違う段階にいったら起こる状況の変化に、

慌てふためき戸惑っているだけです。
何も考えずただ目の前に迫ってくる状況に

対処し続けるしかない。
そうして積み重なったものが、数年たって思わぬ形で

返ってくるのを期待するんです。
そういう全てを呑み込んだ上で、本当に自分がしたい事を

見失わずにいなければいいんでしょう。
つい先日、僕と同い年でめっちゃちゃんとしてる

イチローという人が野球辞める会見をしました。
確か30歳くらいの頃は、彼と僕の間にある絶望的なまでの

差に尻込みして笑うしかなかったんですが、
この歳になるとそんなもん通り越してしもて、

諦めしか生まれません。
彼とは違う人種。

当たり前なんだけどきっと以前はどこかで、
自分もまだやれると思っていたんじゃないでしょうか。

きれいさっぱり無くなりましたよ。
人は人、自分は自分。

だからといって腐ってるわけでなく、
僕は自分の表現活動をやめないし、できるなら

これまでお世話になりまくった人達へ恩返しがしたい。
なのでお願いですから売れて下さい自分。




 

変態性欲ここにあり ボイパに見るエロ

937B403A-C34A-4165-BF0A-4DD47250EDF7

実は木曜、ラクーアで行われた
娘。リリイベに行ってまして。

そういえば行った事なかったな、と気づきました。
当然、ライブなどはありましたが

流石にリリイベまでは行かなかったです。
それで初体験、望んだんですが

曲数が思ったより少なくて4曲。
聴けば毎回そうらしい。

間のMCで尺をかなりとっていて、
それもいつもの事らしいです。 

正直、もっと曲数増やして欲しいけど
他グループがたっぷりサービスしすぎと言われれば

そうかもしれんし、確かにあくまで
リリースイベントですから。

多くを望まない方がいいのかも知れません。
二階から眺めるだけのクチでしたので、

偉そうにいえるもんでもありません。
森戸さんは健気に頑張ってらっしゃいました。


寝取られ、NTRといえば
ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、

自分の大切な人が他の人とまぐわっているのを
見て楽しむ。

そういう倒錯した世界があるんです。
僕も半ばファンタジーとして面白がってたんですが、

実際にあるもだと実感しました。
考えてみればこの術を身につけると、

推しのアイドルに彼氏ができようが結婚しようが
関係ない、むしろ興奮する事ができます。

無敵のコンテンツなんです。
そういえばこのブログではるか昔、

「月光の囁き」という喜国雅彦先生の漫画を
紹介した事があると思うんですが、

僕はあれ、めちゃ好きで人生のバイブルになっております。
誰もいない教室で、好きな子が忘れていった

体操着に顔を埋め悶々とする主人公から
話が始まるのですが

そこからはもう怒涛の変態つるべ落としで、
僕のような性的異常を持つ人間にすれば

共感以外は何もない、といっていいくらい
素晴らしい世界が広がっていきます。

そこでも主人公の恋人が他の人に抱かれる
シーンがこれでもか、とばかりに

描かれているんですけど最初は
戸惑っていたもののどんどんそれを自らの

快感に引き寄せていくんです。
そしてついに物語の終わりには、、、、

こんな言い方すると変ですが、
寝取られによって勝利を掴み取る、

つまり彼女が自分の元に戻ってきたとこで
話が終わるんです。

あ、オチ言うてしもた。
まぁいいですよねおそらく20年以上前の漫画ですし

塩田明彦監督で映画化もされています。
映画の方が余計な寄り道がないぶん、見やすいかもしれません。

僕自身の性への異常性は、
イチローと同じ45歳だし、もう変わらないと思うんですね。

紙芝居やるようになって知り合った人たちは、
ヲタクもそうじゃない人も含めて

とりわけ性に対して素直な人が多くて、
いやそれは核心部分を秘めてるだけなのかも

しれませんが、
少なくとも僕のように歪んだとこがまるでなく、

うまいもんはうまい、
よろしくエロいもんはエロいと受け止めてはります。

僕はそれが実に羨ましいんです。
本当、よくわかってもらえんかも知れないけど、

とにかくもう駄目なんですよ。
オッパイ大きい、大陰唇みえとるでなどじゃあ

まったく興奮しないんです。
なんて自分勝手なんだろうか、と思います。

しかしそうは言いながら、
月光の囁きが谷崎潤一郎の影響を色濃く受けているように、

古くから、ある一定の人には必ずあった趣味というか、
趣向だからこそ表現作品として残っているんだとも思うし、

だいたい人間なんてみな同じで、
どこかしら狂気を孕んでいるんでしょう。

どっち方面に出るか、の話。
そう考えると僕なんてつくづく普通の部類ですよね。

例えばですけど、
僕は今、こぶしのれいれいに夢中ですが

彼女がこないだなんの番組かしらん、
エラい男前の司会者の前でお得意のボイパを

披露してたんですよね。
それで会場盛り上がってたんですが、

僕はあの男前にボイパフェラしてるんやろうな、
あぁ、、、嫉妬する!って盛り上がってました。

アホでしょ。ほんまクズです。
おしまい。






 

夢見た15年はどんなんかなぁ⤴︎


夢見た15年というアンジュルムの新曲。
少しだけMVが公開されてまして

みたんですが、微妙でした。
福田花音大先生が作詞されたというので、

カントリー・ガールズ、
小生意気ガール支持者としては期待してたのに。

「普通」なんですよねぇ、、、。 
スマ曲の歌詞が散りばめられてるだとか

アー写?って言うんですか、
背景が夢見る15歳と一緒でエモいなど

ネタが散りばめられてるんですけど
はっきり言ってその程度なら

最初から予想できた事というか、
わかりやすすぎて何だかなぁ、、って。

さりげなく潜ませるくらいが、
丁度良いと思いませんか?

どうなんやろ、もう一曲の
恋はアッチャアッチャてのは新メンバー2人に

相応しい感じで、
おふざけ感含めて割と推せるだけに、

夢見た15年の残念さが際立ちます。
我らがつんく先生もどうやら和田さん卒業ソングを

書かれてたみたいなんですが、
アルバム曲にでもなるのかしらん、シングルには

ならなかったようで、上にあげた2曲をとらまえて
「これシングルなん?」

と思わずツィートしてはりまして、
笑っちゃいました。

前から言ってるけど、僕はそろそろ流石に、
つんく頼みも辞めたほうがいいと思ってるので

彼の曲がシングルカットされなかった事
そのものについては、あんまし何も思ってないんですが

つんく待望論はまだまだ根強いみたいで、
ハロヲタの群れが神のお告げを受けたとばかりに、

リプをとばしていました。
みんなも好きねぇ、、、。

音楽の事はまったくわからないのに、
恐縮ですが

確かに彼の曲は特徴的で、
未だ色褪せない名曲揃い、大好きですけれど

ハロプロの未来を続けていく上で、
このままじゃあ絶対に続かないわけで、

本来ならば、まったく違う音作りに
舵を切ってもいい頃だと思うんですよ

だって20年ですから。
つんくに影響を受けた作り手使うより、

いっそ違う文脈の人を持ってくるとか
するくらいじゃないと、

跳ねる事のできないままダラダラと続いてく、、、
なんてファン離れに繋がりそうです。

もちろん今回は和田彩花さんの卒業という
大トピックがあるので、

つんくさんを望む声が強かったのは、
わかります。そりゃあそうなんでしょうけど、、。

まぁでも福田花音かい!
というのもありますわな。

職業作詞家という意味では、
まだまだ彼女修行の身というか、

所属する会社の仕事を請け負ってるだけの
安定環境なので、

作家性がまだ確率されてません。
きっと黙ってたって毎月20万円前後のお金が

入ってくる社員扱いなんだろうし、
中々どうして届けたい気持ちみたいなんも

出ないんでしょう。
突き動かす衝動も生まれた、と

思ったら我慢できずに
すぐSNSで発信してしまう人ですしね。

一旦、深呼吸してノートに書き留め
溜まったところを作詞に落とし込む、みたいなん

やってはるんやろうか、、、。
請負ってばかりじゃどうしても伝えたい思いは

表現できないですよ。
いや、わからん。

少し強く言いすぎたかもしれない、
そんなん百も承知でやってるけれど

様々な理由で表に出て来ていないだけかも知れない。
だとしたらほんま、福田花音さんすみません。

しかしそれくらいまだ僕の中では、
作詞家福田花音というのが、イメージできてなくて

アップフロントはほんま身内に優しい、
いい会社だなぁと思います。

野暮な事をいいました。
おしまい。






 
Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • こんな夜更けにバナナかよ面白い。
  • まことの生き様
  • イチローは辞める 僕は遅漏
  • 変態性欲ここにあり ボイパに見るエロ
  • 夢見た15年はどんなんかなぁ⤴︎
  • 真野恵里菜の軌跡が起こした奇跡
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード