おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

カントリー・ガールズは振り向かない。

8B1162E8-3E50-42FF-85A4-A8F1696F9B36
「カントリー・ガールズは家族みたいなもの・・・」
言葉がつまり、肩を震わせる船木結を見た時、

これまで彼女らが、守ってきたものが
壊れていったような気がしました。

ーアイドルは笑顔を届けるのが仕事。
どんな時も決して涙を見せてはいけないー

嗣永桃子の残した言葉です。
良くも悪くも彼女はプロで、どんな時でも徹底してタレントでした。

芸能界は、おそらく20年くらい前から徐々に、
素をさらけだしている(ように見える)人が、

面白がられるようになってきていて、
実はその事自体は、上岡龍太郎が早い段階で指摘していました。

加えて、だから自分はもう未練がない、身を引くんだと、
鮮やかに去っていったんですけれど。

一周回って嗣永桃子は「アイドル」の皮を被り、
素を見せないで、売れる事に成功しました。

これは、彼女が芸能界でやっていくための血肉となり、
カントリー・ガールズへ受け継がれていきます。

後輩たちは、見事にそれを守りやってきました。
そりゃもちろん、手放しで褒められるような出来では

無かったし、正直なとこ桃子の達者な部分まで真似たのに
誰一人としてセンスは、無かったです。

カントリー劇場という言葉が、ヲタク達の間で
言われていたように、

お寒いのが、面白いでしょ?という
実にアイドルらしい、ユルい許しの中で、

しかし彼女らは彼女らなりに、精一杯演じていました。
そして僕は、それが大好きでした。

何より可愛かった。
人前で、妙な紙芝居なんてやる身でもある中、

やり切ればどうにかなるんだ、という事さえ
教えてもらった気がします。

とにかく、彼女らが徹底して守り抜いていた
素の姿を見せないでいるスタイルは、

実にオールドスクールなアイドル感だったはずなのに、
今や一番、フレッシュにうつるくらいになっていたんです。

アイドル戦国時代かなんだか、
とにかく一生懸命、ガムシャラにやる事が素晴らしく、

そしてそのありのままをさらけ出す事が、
支持を得る要素の一つに、なってしまった世界で、

ふうわり、ゆるく、
宙に浮いてるようなカントリー・ガールズの、

なんとカッコよかった事か。
稲場愛香さんが、突然居なくなった時。

忘れもしない、Zeppダイバーシティでのライブで。
彼女らは何も語らなかったんです。

当時はそりゃ不満爆発ですよ、
何で言わんねん、と。こっちは真相を知りたいんや。

シレッと、いつもと同じカントリー劇場を、
繰り広げるメンバーを観て、お金返せくらい思いました。

でもそれは、当たり前で
カントリー・ガールズはそういうグループでは無かったんです。

嗣永桃子が、辞める時になって、
ようやく僕はそれに気づきました。

そして思ったんです、これこそがアイドルだ。
でも遅い、遅すぎました。

ーアイドルは笑顔を届けるのが仕事。
どんな時も決して涙を見せてはならないー

昨日、
船木結がしやくり上げるように涙し、

続いてそのまま梁川、小関、森戸、山木、、と
挨拶は続きました。

そんなアイドル、
カントリー・ガールズが確かに、泣いていました。

それでも森戸は気丈に振る舞い、
小関をフォローし、なんと立派な挨拶をしました。

その姿は、まるで、、、モーニング娘。でした。
悔しいけれど、

カントリー・ガールズ森戸知沙希の姿は、
霞むほどにしか見えなくなっていて、

皮肉なものでそれが一番、嗣永桃子が残したもの、
カントリー・ガールズのポリシーを

受け継いでいるようにも、見えて。
途端に僕は、とても寂しくなりました。

もう、、、この子達は成長してしまっている。
またしても、気づくのが遅かった、、、、。

ーアイドルは笑顔を届けるのは仕事。
どんな時も決して涙を見せてはならないー

カッコいいなぁ!おい!
そんなん僕、無理!

やなみん、ハロプロ辞めても
あんたならきっと何でも出来る!

















 

いよいよカントリー4周年ライブ

FA41EB16-908A-42EB-AA5C-249198D61E17
昨日は、朝から仕事を一軒だけすませまして。
後は、梁川ショック。

延々とグジグジが続き、
アンジュルムのリリイベ行われる

ラクーアに午前中から向かう気力もなく、
いっそこのまま何処もいかずにいよう、

と、布団にくるまって過ごしてたんですが。
去来するのは、楽しかった頃のカントリー・ガールズばかり。

そうこうするうちに、すぐお昼でそういえば
何も口にせぬままで、あったのに気づきました。

とはいえ、飯が喉を通るわけでなく、
なんなら昨日、結婚式で気持ちを無理矢理

切り替えていたからか、
思考が前向きにならず停滞気味。

このままでは、
どうにかなってしまいそう、、、あぁ!もう嫌だ。

頭がおかしくなる前に、意を決して飛び出しました。
15時半には、シャヒンさんご推薦のChu-Z、

赤坂BLITZも行くつもりでしたので、いっそ憂さ晴らしです。
時計をみますと13時くらいで、

アンジュルムお昼のラクーアが間に合うかもしれず、
兎にも角にも、急いで向かいました。

CD3000枚は、早々に完売。
人気を肌で感じられるくらい、

人も多くて、優先エリアだっていつもより
かなり広めにとってありました。

買えなかったのは残念だったけど、
どうも、夜にタワレコ新宿でもイベントがあるみたいで、

そちらで、CDは買う事にしまして
まずはミニライブを堪能しようと、二階通路へ。

当然、埋め尽くされているんですが、ステージ後方よりは
いくらか見やすいはずです。

なるだけ背の低そうな人が陣取る後方につき、
アンジュルム登場を待ちます。

5分ほどのち、現れる10人の勇姿。
46億年LOVE衣装、見るからに寒そうですが、

そこはやはりプロ、微塵も感じさせぬ堂々たる振る舞い。
タデ食う虫もLike it!で始まり、

46億年LOVEで、終わる実にまとまりのいいライブでした。
大器晩成もやったんですけど、

たまたま通りがかった親子連れ、女の子2人が
タイキバンセイッ!・・・後のジャンプを、

ノリノリでやってる様子がみえまして。
お母ちゃんが、手を引っ張って連れてこうと

したんですけど、またタイキバンセイッ!のとこで、
手を振りほどいて戻ってきて、

ヘイ!っとかましてました。
、、、あれ、なんだったんだろう。

大器晩成て、普通に暮らしてて聴く機会あるんだろうか。
素朴な疑問に包まれながらも、

ほっこりとした実にいい気分になり、
曇っていた気持ちも、いくらか救われます。

アンジュルム、このまま一気に売れて欲しいです。
そして、そのまま赤坂へ移動。

次はChu-Zのライブです。
赤坂BLITZは、TBSのすぐそばで、

昨日はまたラジフェスという、
TBSラジオのイベント真っ最中でして、

ごった返していました。
かく言う僕も完全なTBSラジオっ子ですが、

目的が違いますからスルーしまして、
Chu-Zです。

関西の異能アイドルヲタクT-7さんの到着を待ち、
2人で乗り込みました。

まずは、単純に思った以上に人が入っていて
びっくりしました。

言うても赤坂BLITZですから。
ライブ、全体的にセトリ激しめで

曲もけっこうカッコいいのが多く、
これまた束の間、

嫌な気分を忘れるにはちょうどいい内容でした。
チャオベラヲタクが結構、流れてきているそうで、

理由もなんとなくわかります。
ロックな感じが似ている、、くらいしか言えない、

自分の音楽知識の無さが、悲しいですが。
生バンドでも数曲やってたんですけど、

やっぱあれ、最高ですね。
基本、アイドルしか興味ないので

そんなにバンドの良さを実感した事も
なかったんですが、とても本格的でした。

音が身体に入ってくる感じ。
あぁいうのに、ロックファンはハマるのか。

ところで彼女らも変遷繰り返しながらも
すでに7年が立っているらしく、

スクリーンに流れるMVが
これまでの歴史を辿っていて、

一瞬解散なんか?と
思わせる演出で、ドキリとしたんですが、

そんな事は全然なく、こんなにやってまだ
武道館に立てない悔しさを、滲ませるMCでした。

アプガもそうですけれど、中堅どころのアイドル勢は
ここ何年か、どうしても話す段になると、

浪花節になりがちで、僕はこういうのホント苦手で、
だからこそカントリー・ガールズのように、

先輩 嗣永桃子さんの卒業ですら笑いに変えようとする精神に、
絶大なるエンタメ性を感じてとても好きなんですが、

Chu-ZのMCを聞くうち、それらをまたぞろ思い出してしまい
結局しんみりとしてしまいました。

ライブ終えて、シャヒンさんやT-7さんと呑みまして、
徐々に楽しさを取り戻しまして、

二件目で、吉川友定期ライブ終わりの
komakingさんフミさんも混じって更に、その面白が

爆発して、最終的に腹抱えて笑う、という
いつものパターンで終われたので良かったんですが、

おかげで、一つ。
夜に一軒入ってた仕事を飛ばしてしまいました。

・・・・ほんま、アホ。
で、また1人になるといよいよ明日に迫った

カントリー・ガールズのライブに心が持ってかれて、
ダウナーな気分に。

SHOWROOMでもただただ暗い感じでしたが、
これまた最後は、アプガ(2)橋村理子さんの話題で、

何とか持ち直せました。
あんま内容については触れられないですけど、

下ネタじゃないです。
よもや気になる人はいないでしょうが、

気になったらSHOWROOMを
除いていただければ、なんて思います。

だいたい、アプガ(仮)か(2)の話ばかりで、
そもそも需要がないと、思うんですが

好きなんだから仕方がありません。
せっかくなんで、言い訳しておくと、

本人らには絶対に気づいて欲しくないです。
僕らは愛情を込めて、話してるんですけれど

そんなん絶対、伝わらない。
きっと嫌な思いを、されるでしょう。

だったら最初から、
眼中に入れない方がいいので、言うておきます。

橋村理子さんは特に、絶対です。
ただこれもまた付け加えて言いますけど、

僕は断固支持してます。
そういう部分含めて全部です。

いや、だっておかげで暗い気持ちを少し
忘れさせてくれましたからね。

まぁ、、、だいたいkomakingさんが悪いんです。
ヤツこそ諸悪の根源です。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609





























 

カントリー・ガールズはどうなるのか。

09850A42-A0C1-4DF0-BB0B-E17E1940AF1C

















昨日は、結婚式で紙芝居。
無事終えました。

新郎新婦、及び来賓の方々にも
おかげさまに好評で、ほっと胸をなでおろしています。

紙芝居終わってホッとしたのか、
シャンパンを飲みすぎてしまい、

二次会会場へ、行くまでにウダウダと
道に迷ってしまう始末でした。

ちょうど、横浜馬車道はお祭りをやっていて、
明治時代の紳士淑女みたいな仮装をした方々が、

通りを練り歩いておりまして、見学したりなんかして。
そういえば新郎新婦のお二人も、見事な和装でしたので、

どうかすれば、街にすっかり馴染んでいた事でしょう。
残念ながら、そういうのは見れませんでしたが。

何とか辿り着いた二次会には
ギタハロさんもやってきていて、楽しんではりました。

仕事とはいえ、
こうやって一通り結婚式に携わっていますと、

みんなとても幸せそうで、
あぁええもんや、と心が和みます。

僕は昔から、大勢がわいわいやる中、
一人それを眺めてるのが好きなので、

紙芝居などで携わる事が出来るのは、
有り難いもんなんです。

自分も参加者だったら、
一人でいたくとも、中々そうもいかず

途中でフラッと、抜けなきゃ行けないですし。
よくそれで「あれ、あいつどこいった?」と

心配されることもありますので、
直接あまり関係のないこのような場は、実に貴重。

まだまだヤル気満々ですから。
機会があればぜひ、遠慮なくお声がけ下さい。

終えて、ギタハロさんと2人、
飲みに行ったんですけれど、

梁川さんの話をすれば、暗くなってしまうところ、
彼のおかげで、いくらか穏やかで居られました。

ほっておくと、語れば語り足りないくらい出てくる
不満、愚痴。

どうせ言っても詮無きことです。
梁川さんはいなくなるし、

カントリーはどうなるかわからないですから。
今はどうやって、アイドル趣味をやめようか、、、と

考えているとこ、でとりあえず彼女が卒業するであろう
3月までは付き合うつもりですが、

その後はもうきっぱりと足を洗いたいです。
出来るかどうかでいえば、あんまり自信もないんですが、

まぁぶっちゃけ、ショックを埋めるぐらいの楽しさが
あればいいけれど、なんか別にそこまでもなさそうです。

いぎなり東北産だけが唯一、心の救いで、
これもまた東北が拠点なので、そう頻繁にお目見えする事もなく

観たい気持ちが満たされぬまま、募ります。
もはや齢も40を半分過ぎ、未だに表現一つで

生計を立てられぬ、売れない男からすれば
それくらいが、ちょうどいいスタンスなのかもしれませんね。

今回、東北産は新メンバー加入が発表されましたが、
彼女らは3年を経ても、まだ一応レッスン生グループで、

正式なデビューはしていない形ですので、
多少、流動的な事があるのも当然だし、

実は東北産、三代目、四代目と居るそうなんです。
そもそも今、いぎなり東北産と言われている彼女らも

元は二代目いぎなり東北産を名乗っていたし、
9人組でした。

僕が知った時が8人だったから、
詳しく知らないですけど、

ラジオなどで、今も活躍してはります。
湊梨沙さんと言います。

どうも本人がモデル業的な方に、
力を入れて行きたかったみたいで、脱退したようなんですが、

このように、ハロプロ以外でみてみても
グループアイドル、加入脱退は当然の出来事で、

いちいちそれについて、一喜一憂してたら
付き合いきれない、というのが実情です。

そんなの当然、わかっているから今までは何だかんだも、
やってこれたわけですが、

カントリー・ガールズだけは、ね、、、。
紆余曲折あって、嗣永さん卒業を経て、の

5人だったので、思い入れみたいなものが
知らぬ間に、どんどん深くまで入っていたんでしょうか。

とにかくなんだか心が重い。
アンジュルムのリリイベももう休もう。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609













 
記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ