おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

絵本 ピオポのバスりょこう

CA3C1074

さくら学院の中元すず香さんが好きです。
BABYMETALのメインボーカル。
七月の目黒鹿鳴館でのイベントと
二人展の最終日が重なっているので、色々と悩む所です。
そんなん絶対、展示の方が大事やねんけど、
なんといってもBABYMETALは生で味わいたいしなー。
展示の最終日にライブ行くってちょっとおもしろいんじゃない?
なんて。
そういえばはるか昔、個展をやった時も
まだデビュー間もない石原さとみの握手会に行ってましたっけ。
懐かしい思い出ですが、
あの頃となんら変わらない自分の成長の無さよ。
しかし私は誰もが一度は夢見た事のある、
「時間を止める」という特殊能力を身につけたのだ。
と考える事にしています。
求ム!弟子。

ピオポのバスりょこうという絵本を買いました。
割とずっと求めていたんですが、あまり置いてる所がない。
天下のトムズボックスにもなくて。
新宿ジュンク堂ならあったんでしょうけど
もはや店舗がないですから。途方にくれてしまいました。
絵本の充実している本屋といえば、クレヨンハウス。
以前も綴った気がしますが、空気がそれほど得意でないので
自然、足は遠のきます。
結構大きな本屋は経巡ったんですが、中々にない。
んでやっと見つけたんです。
新宿紀伊國屋で一冊だけ。
「おぉ。」
当方、おっさんですから思わず声を出して唸りましたよ。
早速レジへ。
他にも西村健太「一日」も購入。
古参健太ヲタの方、申し訳ない。
芥川賞新規です。
でも結構ハマってます。
今、一番アツいのは健太とすず香です。

話がそれまくりました。
ピオポのバスりょこう。
面白い、非常に面白いです。
スジは子供が父ちゃんの代わりに山から都会へ買い物に行く、
ってだけなんですがこの道行きが実にイキイキとしていて。
絵の力ですよね。
どの場面をとってみても陽気な空気に満ち溢れています。
ここまで陽気な絵がいっぱいだと食傷気味になりそうなもんですが、
ならないんですよね。
これはもぅかなり計算された場面運び、ともうしますか。
ちょっと自分ではみた事のない構図がけっこうありました。
例えば漫画よろしくコマワリの場面があるんですが
余白となる部分にもきっちりと五月蠅くない程度に
バック絵が描きこんである。
冒頭部のバスに乗車してからのシーンではバックにかかれる
草原が旅情感をかきたて実にいい効果を出しています。
けれど読者の側からすればコマワリはコマワリだから
見開きでバンっとみせる絵の印象もそこなわない。
なんかね、発見ですね。
中川画伯の絵って持ち味が「濃さ」なのにけっこうそれをそのまま出すんのは
苦慮する所だと思うんですね。
毎度の事ながら。
(勝手にこちらの思い込みで慮っておりますが、読み手の思いですので
ご了承いただきたい。)
これだと画伯の絵の素晴らしさも伝わったうえ、実に気持ちいい環境で
世界に入れる。
まさに流行りの言葉でいう所のウィンウィンの関係性。
表現方法としてはひょっとすると他にも似たような絵本なんてあまた
あるのかも知れませんが、この表現はもう中川洋典のモノですよ。
おいおいおいおいおい!
こんないい絵本、もっともっと置いておけや書店さんよぅ。

ゑ 紙芝居 おにしょくどう 

落とされた君たちへ。

CA3C1073

梅雨に入り、やはり本日も雨。
それはいいんですけど、
ひんやりするのは勘弁です。
こちらはとっくにこたつやらハンテンやらをしまい、
夏の装い。
このままでは風邪をひきかねない。
おじいちゃんに近づき、足腰弱ったこの体に急激な
気温の変化は拷問です。
神様、お願い。

今日は休み。
雨もふっている事ですし、気合入れて制作活動にはげみたい、
と考えております。
アイドルちゃん以外の連絡はうけつけません。
といってそんな連絡は当然ながらありませんが。
昨日、DМくばりにほっつき歩いたおかげで結構な展示物を
みましたからね。
自然、気合も入るはず。
トムズボックスでやってたナカパンさんの展示は
なかなかに味わい深かったです。
一見するとわからないんですが、展示されている絵は全て油彩。
なるほど、いわれてみれば、、、なんてならない!
油彩感がない!
ささやかな驚き、アクセントとして十分機能しております。
さすが。

んでそういえば昨日、家に帰り何気なくテレビをつけましたらば
火曜曲という、うたばんの後番組みたいのにAKBの方々のご尊顔が。
生放送なのに生じゃないよ、というドッキリ企画だったわけですが。
感心したのはそのカメラの切り替えの妙。
実に自然に、こちらがその時みたい人にばっちりとカメラがいく。
プロの仕事やなぁ~とうなってしまいました。
めっちゃ自然やん。録画かと思うやん。
もちろんカメラの台数とかも多いんでしょうけど、
タイミングに不自然さがないんですよねぇホントびっくりです。

そしてなんといっても。
心情的にはちょいちょい見切れる倉持明日香のたたづまいに
心中穏やかではいれませんでした。
テレビとは、芸能とはそういうものなのかも知れませんが、
こんなに浮き沈み激しいものか、と。
またこの芸能の持ってる性質そのものをここまで冷徹にショーとして
したてあげた、AKBビジネスよ。
倉持明日香がうつるたびに、いや正確にいうと
あまりうつる機会がないゆえに色々と考える事しきりでした。

とはいえしたり顔で、
残酷やとか下世話やとか言うつもりはさらさらありませんけどね。
芸能に限らず、どんな業界だって妬み嫉み僻み渦巻いておりますし
弱肉強食な部分はたくさんある。
オブラートにつつむかつつまんかの話でしょう。
自分の性格考えたら、芸能界、ましてやAKBになんていたら
身が持たないのは間違いないですし、狂ってる可能性は大です。
だからといって今いる場所が自分にとって最善とは思えない。
迷いながらあがいている、そんな心境です。
これがずっと続くんです。けどそれが楽しい。
ナイナイのオールナイトで岡村隆史が過酷な環境にさらされてる
彼女らの肌があれて大変や、と軽妙に語っておりましたが、
当の本人だってついこないだまでは、
あわやリタイヤか、というところまで総選挙なんてないのに
追い込まれていたわけで。

AKB総選挙の世間の面白がり方は、
昔の見世物小屋に近いと思います。
みんな下世話なものが好きなんですわ、簡単にいうと。
眉根をよせて何、あんなもの!
人権蹂躙だわ!なんて言う紳士淑女がいるのも同じ。
まー見世物小屋の方が、
奇形人間いまっせーみんな観てってやー。
って堂々と呼び込みしていたぶん、健全だと思いますけどね。

世界は差別や偏見に満ちている。
だからこそ前を向くのだ。

そんなことを誰かがいっていたと思います。
沢田教一か、月亭可朝か、
知りませんけれど。

ゑ 倉持明日香 白ボール紙にアクリル 




ちゃぷちゃぷ音がする

しとしとじとじと雨。
本日はウナカメに出来上がったDMを持っていきました。
ウナカメで石井のきよと待ち合わせ。
お互い、作品が全然できていないなどと
あっという間の時の流れに驚いたり。
小一時間ですか。
具にもつかない話をあれやこれやとしていました。

そのままカルマ、というウナカメのオーナーさんである
丸山さんのいるお店に。
そこでちょうど、こないだまでウナカメで展示していた
85歳きよゑさんが作ったマスコット人形の数々とご対面。
なんでも、明日13日から会場をカルマに移して約二週間の
展示が始まるそうで。
ウナカメでの展示はいけなかったので、近いうちカルマを
訪れるつもりです。
まー可愛いマスコットなんですこれが。
詳しくはウナカメで第三土曜以外の土曜日に開店している
「はなれ」の志賀さんまで。
自分も人形、買うつもりです。

で、せっかくなんでタコシエとか
高円寺ハティフナットとか高円寺書林とか
吉祥寺トムズボックス、にじ画廊、バサラブックス、
などにもDM置いてきました。
古本屋、「百年」は本日定休日で行けなかったのが残念です。

それにしても。
今回あちこち回ってる間中、靴に侵入してきた水が
ずっとちゃぷちゃぷといっておりました。
まるでアニメのキャラになった気分。
歩くたびに音がする。
やっぱ気持ち悪い。
早く帰って足を洗いたいなー、なんて思いながらの行脚でありました。
楽しかったけどね。
おしむらくはブロードウェイでマッサージできなかったことね。
あれやっぱ気持ちいいんですよねー。
おっさんまるだし。

ゑ 本日はお休み。

Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • 吉川友 眉村ちあき アプガを観に。
  • 彼氏になりたいっ!!!
  • クレープフェス’19 終わりました。
  • クレープフェス’19当日です。
  • クレープフェス’19当日です。
  • 荻窪でクレープフェスと淫乱写真集の宣伝紙芝居
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード