おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

駄文

CA3C1065

気づけばさくら学院、女子流ばかりきいているんですが、
あッちゃんのセカンドが心地良いですね。
そんな事を思いながら。

やはり盛り上がってまいりました
総選挙。
ブブカでも散々、あおられていました。
ふと思ったんですが、今の小中学生が
AKBが好きな感じは自分が幼き頃、ガンダムにハマった感覚に
近いのかもしれない。
後世に語り継がれつど時代によって
新バージョンが作られる。
AKBはもやはそんな存在である気がします。
前田敦子はシャアアズナブル、もしくは織田信長化していくでしょう。
どっちかといえばアムロタイプじゃないの?
みたいなツッコミは受け付けません。
つぶやきの噂で、ヤススがAKBをギリシャ神話になぞらえたそうですが、
いちいち納得です。
歴史とか神話っって現在進行形じゃ伝わらない、何かがある。
すでに語り草、僕たちは今歴史の生き証人である事を自覚すべきです。
そんなアイドル至上主義啓蒙ブログ。
それがこれなわけですが、全然関係ない話でいいですか。いいですね。


こないだ、キムラレストランというカレー屋さんに行ったです。
別名、ダスカレー。
店主のダスさんがめっさいい人柄で思わず話にひきこまれました。
おまけに日本語超達者。
単身、インドから日本にやってきてその後二十年の月日を
料理人として過ごしていたそうです。
その腕前はカレーを食べてもらえばわかる。
おいしいです。
人それぞれ好みもありましょうから、あまり強く言う事はさけますが
でもでも。
日本人好みのお味ですよ。
自分はいっぱつでファンになりました。
まー他にもうまいカレー屋さんもありはしますが、でも家から
近いのがいいじゃない。
手軽に行くけますしね。
何よりダスさん、日本語達者。
まぁほんと単純にすごいなぁこの人、、、なんて感心しきりでした。
いったい、自分は今まで何をやってきたのか、、、とまた
自己嫌悪。
たいがいにしぃや自分。

ままならない。
そんな世の中、ままならない。
鬱憤ばかり抱え込んだ男が化ける瞬間。
そこに行きたくてオナニー三昧(比喩、でも実際そう)の毎日です。
まってろや世界!

ゑ 紙芝居製作中

MANO DATE

CA3C1064

パンにたまごを挟むとすごくおいしいです。
今更でしょうがあえて言わせてもらいます。
相性抜群。
出会うべくして出会った二人。
それがたまごとパン。
パセリをちらせるもちらせないも自由の方向で。

今回は最近手に入れました。
真野恵里菜写真集「MANO DATE」について。
以前、第三弾写真集なんて言ってしまいましたが、
第四弾でしたね。
全部持っておりますが。
彼女はしかし写真集が回を重ねるごとに
ぐんぐん自分好みになっていきます。
今ふと全四冊、みてみますと三冊目「MANODAYS」
と今回は写真家が同じ栗山秀作。
20~ハタチ~真野の大人っぽさを実に見事にとらえております。
まぁ色っぽい撮り方。
この人、こちらの気持ちをわかってくれてはる。
信頼すべき写真家がまた一人、現れました。
栗山さん、ありがとう。
自分、秀樹より秀作派です。

今回の写真集に関しましては割と水着やその他衣装の選びも
大人っぽいものがおおく、そういった事も手伝って真野ちゃんの
セクシーさが割とわかりやすい形ででてはいるんですが、
なんでしょうね、この画面全体から伝わる少し寂しげな感じは。
自分は初期真野ちゃん、KANが曲を作ってた頃は
動く真野ちゃんかなり目にしていたんですが
最近は曲もきかなければ動画もみません。
いやなに、これは完全に事務所の責任で本人は何も悪くないという、
いつものスタンスなので真野氏は気を悪くなさらないで欲しい。
どちらにせよ誰もみぬ日記でのつぶやきであります。
つまりここんとこの動く真野ちゃんを知らないので、
あまり勝手な事はいえませんが、
この寂しげな感じは彼女の苦労のたまものではないかと考察します。
やはりグループアイドル全盛期の昨今にあってただ一人、
孤高のオオカミ、真野恵里菜。
悔しさに歯噛みする瞬間、幾多あったと思います。
そのどうにもならない鬱憤を恋に爆発させる事もあるでしょう、
実際は知りませんが。
けれど何より、満たされない己の胸の内。
どうしようもないジレンマ。
そういったものが表情及び肉付きから漂っている気がします。
もちろん全て妄想。
皆さん、お気づきでしたか?
笑顔ショットの数が初期の頃に比べるとグッとへっているのを。
彼女の魅力は笑顔なのではなく、その物憂げな様にあるのだ
そういわれているようです。
実際、とても二十歳の女性とは思えぬほどのロリ顔なのに
しっかりと大人、なんですよね真野ちゃん。
ここ最近の前田敦子と同じものを感じます。
アイドルとはなんと業の深い商売であるのか、、、
そんな思いを深くしてしまいます。
本当、苦労をかけてごめんなさい。
この場をありて謝りたい。
後ですね、この写真集を観る限り真野ちゃん、、、、抱きたい。
心の叫びを吐露してしまいました。
また嫁に怒られる。

ゑ 紙芝居製作中

ラオスフェス、手拭いじいさん

CA3C1063

昨日は嫁さん共々休み。
とりあえず二人、代々木公園にでかけました。
ラオスフェスティバルを開催していましたので。
なんともうしましょうか、もはやアジア飯を外で食う
うまさに完全にやられてしまっていますね。
喜々として向かいましたもん。
で、結果としましてはそこはそれ、ラオスですから
タイフェスやベトナムフェスで出店していた
店がまた出ていました。
こっちは結局、外でビール片手に飯食えりゃいいので
その辺はさほど気にせず。
ガパオライスなどつまみながら、グビリグビリと。
晴天のもと、味わうビールにハズレなし。
相田みつをに書いてほしい気分です。
その後、下北沢へ。はらどーなつを食べる。
ドーナツ、といえばミスターしかない。
日頃からその考えを頑として変える気のない自分ですが、
女という生き物はなぜに、はらどーなつが好きなのでしょうか。
ま、そこそこにうまいですが。
下北沢店は向かいのカフェみたなとこに持ち込みオッケーで、
そこでコーヒーなんぞ頼みながら飲む事が出来る。
ただこのカフェがちょっと、、気取り過ぎてて、、アレですね。
こんなん好きな人もいるんでしょうから何も申しませんが。

その後、お寺でやってるフリマをふらり、のぞく。
野菜やらなんやら様々なものを売っています。
決して広いとはいえぬ境内にひしめき合う光景は
けっこうスゴイです。
その中でてぬぐいを売っているおじいさんが一人。
一瞬、晴れ着かな?と思わせるようなきれいな生地、染めです。
図柄も各種様々と扱っておりただごとでない雰囲気を醸しております。
「見てってよ。これ全部、おいらが染めたんだから。」
自慢げに言うおじいさんの語りは饒舌。
のべつまくなしに次から次へと、出るわ出るわ
手拭い作りにまつわるエトセトラ。
すっかりとりこ、、、というよりなかば捕まってしまった形で
話にひきこまれました。
おじいさんが時折、可々と笑うその顔がたまらんキュートさ。
人生楽しんでるって感じで気持ち良かったです。
つられて手拭いも買いました。
家帰ってみたら、思ったより染めムラがきれい、、というより
ちょっと色味が悪かったです。
ただのくたびれた手拭いにしかみえません。
「これは、、ちょっと、、。」
外ではつかえぬ感じですかね。
おじいさん、中野に住んでいるとの事ですので
連絡先もきいた事だし、今度尋ねてみようかと思います。

ゑ 紙芝居製作中





記事検索
ギャラリー
  • 身の上考えソング
  • 6月8日はロックの日
  • 今日から俺 荻窪の人になる?
  • komaking邸での狂宴
  • 下ネタって素敵やん?
  • 雨だからこそ、唄うの大事。
プロフィール
金曜夜21時は新宿南口 LUMINE2前でアイドル紙芝居。 お仕事依頼oniyamada_office@yahoo.co.jp HP https://t.co/vfIUpvHH1g ブログhttps://t.co/vfIUpvHH1g
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード