おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

瓢箪アート

CA3C1040


本日は天気が良かったので
自転車を洗いました。
とても気持ち良かったです。
中野の自転車屋の親父にきれいな自転車の
洗い方をききましたもので、それを実践したしだい。
薄めた中性洗剤で洗うと良いらしいです。
おためしあれ。

紙芝居に本腰入れてみっか。
て事でこないだ名刺を作りました。
近所のはんこ屋さんで作ったのですけれども。
まぁなんだか、それなりに有名なとこぽいです。
ただ、ずっと下北沢の駅おりて帰路につく途中
気にしない方がおかしいっちゅーくらい
瓢箪の吊ってある。
どーせ名刺作るんならって事で行ったですよその店に。
あんのじょう、やや変わったはんこ屋でした。
なに、そこにいらっしゃる方は別段変わってる方では
ございません念の為。
ただあまりに瓢箪つってますからね、異様ではあります。
で、色々名刺を作る上でアドバイスはいただきまして、
結局、理想通り。
しごくいい名刺が出来ましたんです。
これは、、何かのご縁である。
自分、以前綴ったかどうか忘れましたが。
無類の人形好きでして。
京都にある怪しげな人形博物館てなとこにも行った身の上です。
で、ふと思ったです。
瓢箪で作る人形、おもしろいんじゃないかって。
なんか、あの瓢箪の形。
どうですか?何やら落ち着きませんかね。
我が家は七味唐辛子入れに、嫁さんが買うてきた
いいたたづまいの瓢箪を使用してるんですが
これがまぁ飽きがこない。
自分が目指すところとして、派手ではあるが飽きないもの。
というのが理想ですので。
絶妙なさじ加減を持っているのが瓢箪であろう、と。
だからそこって結局、瓢箪アートてな試みをしているとこだったんです。

何だかそのはんこ屋さんの店員さんがすごく感じのいい、
丁寧な方だったのも手伝って、瓢箪で作る人形。
いいじゃないか!ってなったんですね。
とりあえず今週土曜日に体験教室に行ってみるつもり。
本格的に瓢箪アートを学ぶのは七月あたりからと決めております。
まぁぶっちゃけ色々とアイドルイベントもございますので、果たして
どこまで瓢箪に時間をさけるのか、は疑問ですがとにかく
始めなきゃなにも始まらない。

ゑ 描きかけですが。

メアリーポピンズ

CA3C1037

総選挙。
巷はもうこの話題でもちきりでしょう。
何でも初回出荷枚数が二百万枚を超えたとか。
テレビ局主導で動き出した企画でないものが、
ここまでデカい興行化するというのは、
今までだと考えられない現象ではないでしょうか。
ライトな層としましては遠巻きに観察したいと思います。
仕事なかったら、、パブリックビューイングくらいは行くかもなぁ、、。
なんて。

さて本日は最近読みました本の話題。
それはこれです。
「風にのってやってきたメアリーポピンズ」
児童書です。
結構古く1934年、イギリスで発行されたそうです。
読んでいるとそんな古さを感じさせない、
良質の笑いがつまったお話でした。
物語としましては、メアリーポピンズという家政婦が
バンクス家の子供たちを巻き込んで繰り広げる、
不思議な出来事の数々、、といった所でしょうか。
章立て、一話完結型で全部で12話あります。
どれも実に楽しいんですが、中でも自分のお気に入りは
第七話 鳥のおばさん。
これはですね、どこの街にでも鳩がやたら
やってくる場所ってありません?
ま、鴨とか雀でもいいんですけど。
とにかく鳥が集まる場所。
そこへどこからともなくやってきて
鳩にエサをやってるおばさんやおじさん、
こういった人達いますわな?
第七話はまさにその人の話です。
バンクス家の子供達、ジェインとマイケルは
セントポール寺院前に必ずいる
そのおばさん(通称鳥のおばさん)を
みたいがためにそこへ行くのをいつも楽しみにしているんです。
正確には鳥のおばさんはエサをやる、というより
エサを売っているんですが、その手の人の醸す、
正体不明感は変わりません。
このお話のキモがまさにそこで、ジェインとマイケルは
寺院にみんながいなくなった後、夜におばさんと鳩たちは
どうしているのか、と妄想を膨らませます。
そのやり取りがとても馬鹿っぽくていいんです。
まぁ実際に読んでもらうのが一番なんで多くは語りませんが、
全体的に松本人志の作るコントに近い手触りがあるなと
感じました。
メアリーポピンズのキャラがまたそんな感じですかね。
子供達に絶対的に優しいわけじゃないし、
何だったらちょっとこわがられてるんですが、確実に好かれている。
そんな人物です。人間味があります。
だからこそその魅力にやられるんですけど。
児童書は児童書、と高をくくって読まない方々にこそ
ぜひとも手にとってほしいです。

ま、今時児童書なんていわば終わった文化だから
マスにむけて届くものではないのかも知れませんがね。
それでもまぁ楽しいのは楽しいですから。
キモチ、お裾分けしたいじゃないですか。

ゑ 町田の大家さんと自分 描き途中


東京女子流 日比谷野音

CA3C1036

暑いですね。
こんな時はビールが旨い。
そういいながらCCレモン好きの自分。
微炭酸が落ち着きます。

さて女子流。
昨日、日比谷野外音楽堂で行われたライブ。
個人的には久しぶりのヲタもだちとも会えたし、
いう事なしのライブでありました。
何より生バンドであるという事も手伝って、
盛り上がらない方がどうかしてる、ともいえる。
彼女たちのパフォーマンスも言うにおよばず。
おまけに捨て曲なしなわけですから、休める瞬間がありません。
おやじ、三十八。
加齢臭をまき散らし、叫び、踊り狂いました。
気持ち悪い。
キモい、ではないです。
気持ち悪い。
丁寧に置きにいきます。
個人的には山邊である所の未夢さんが一番、
気になる存在ですので
ほとんど彼女中心に観ておったんですがまぁ全員素敵でした。
一緒に行ったヲタは
結成当時からの女子流ゴリヲタですので、
あぁちゃん、声でてないとか
色々と五月蠅いことをのたまっていたんですが、
まぁ定期ライブあったり、
怪我からの復帰だったり、ツアーの最終日であったり、
女子流のみならず昨今のアイドルを取り巻く環境は
大変です。休む暇なんてありゃしない。
いくら若かろうが、そりゃ無理がたたってきます。
生き急がないでくださいね、全てのアイドルちゃんたち。
酷使し、求めてるヲタの立場なんで何を今さら、、
とか思われそうですが。
好きなものにはずっと続いて欲しいですので。
過剰すぎる供給に余計な心配してしまいます。

そういった意味ではやはり二か月の休養ってのはまさに英断。
アイドル戦国時代なんていわれるこの状況で攻める、ではなく
守る、この姿勢に好感を持てない人などいましょうか。
というか運営側にしてみれば本当に勇気のいる決定だった、
と思います。
まさに群雄割拠の状況でプロモーションをしない事のこわさよ。
何より、彼女達が潰れてはいけません。
東京女子流の名前が示すように、目指すはアジア、そして世界です。
先を見据えているからこそ今、休ませるのです。
大正解!
ぶっちゃけ女子流がブレイクするしない、は関係ないんですよ。
この、自分とこの商品を大切に扱う(猫かわいがりじゃなく)所に
信頼がおけます。
それこそ友人がいったように声がちゃんとでない、などの
問題も解決の方向に向かうはずです。
というかやっぱそんな初歩的な問題、
運営側が気付かぬわけないですしね。

おっとライブの感想を何もいってなかった。
曲がいいのが言わずもがな、なのでやはりいいんですよそりゃ。
セットリストって点では個人的に
最初にアッパーな曲やりすぎなんじゃ、、、
な印象はありましたけどね。
まぁそんな大した問題ではありません。
みんな必死でキラキラしてました。
アイドル好きで良かった。
そんな思いを再確認できる、
非常にクオリティの高いライブだったと思います。
メンバーの最後のあいさつ。
その時野外音楽堂を舞っていたのは何とコウモリ。
いいじゃないですか。
なぜかしらん、コウモリは女子流に似合う気がします。
ただ単に元気が取り柄だけのアイドルじゃないからね。
楽しい時間をありがとうございました。
と、本人たちに言わずにブログに綴る自分、、、へタレ。

ゑ まったく関係なくて申し訳なさすぎ。






記事検索
ギャラリー
  • 身の上考えソング
  • 6月8日はロックの日
  • 今日から俺 荻窪の人になる?
  • komaking邸での狂宴
  • 下ネタって素敵やん?
  • 雨だからこそ、唄うの大事。
プロフィール
金曜夜21時は新宿南口 LUMINE2前でアイドル紙芝居。 お仕事依頼oniyamada_office@yahoo.co.jp HP https://t.co/vfIUpvHH1g ブログhttps://t.co/vfIUpvHH1g
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード