おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

マキタスポーツ単独限定60席に行きました。

CA3C0680

三日は結局、朝起きる事ができず。
乃木坂の握手会に行きませんでした。
眠い。とにかく眠い。
ぶつぶついいながらたまった洗濯物を洗濯機にかけます。
うちの嫁さんの洗濯物の数は異常です。
二日で洗濯機パンパンになる。
昔、実家でも母親に注意されていたようです。
自分は注意なんてレベルじゃない。
めっさ文句言ってやります。
それでもいつも洗濯物はいっぱいです。
そしてしらぬうちアップする自分の能力。
その能力とはズバリ「諦める」です。
もうそろそろ、自分は仙人になれる気すらしています。
ここまでで、気づいた方もおられるかもしれません。
はい、そのとおり。
洗濯担当は自分です。
嫁さんは寝る、担当。
悲しくなんてありません。けれど涙はとまりません。
今度、暇をみてカウンセリングを受けてみるつもりです。

天気が良かったですね。
こんな日は外にでたくなる。
ちょうど昼からマキタスポーツのライブに行く予定。
ちょっと早めに出て、ある作家の個展をみに行こうと、日本橋に。
けれど完全に時間をよみ間違えました。
日本橋駅についたとたん気づく。
このままだとライブの開演時間に間に合わない。
とても好きな作家なので個展には行っておきたかったのですが、
なんせライブは生ものですから、遅れていくなんてちょっとできない。
慌てて地下鉄で新宿を目指しました。
開演時間がおした事もあり、なんとかライブには間に合いました。
面白かったです。
楽器を使ったネタの数々ももちろん笑えるんですが、
実はトークが一番お気に入り。
なんてことない話が面白い。
いや、お笑い芸人やから当たり前やんといってしまえばそれまで
なんですが。
リズムがいいんですよね、ここぞという時にポン、とひとこと置く。
そう、まさに「置く」って感じの言葉がぴったりの表現。
言葉選びのセンスも最高で、知性を感じます。
音楽ネタ、というか自身も音楽に造詣の深い方なので
そういった言葉のもつ響き、リズムに敏感。
研究されているんだと勝手に思っています。
文章もバツグンにうまい。勝手に尊敬です。
マキタスポーツのように芸達者にはなれないけれど、
ものごとを斜めからみつつも愛を持って決め打ちできる。
さういふものにわたしはなりたい。

ゑ テレビみる嫁さん 白ボール紙にアクリル








餃子の王将

CA3C0668

東京は雨。
けれどそんなに寒くありません。
ウチではもうずいぶんと前からご飯を炊くのに炊飯器を
使うのをやめ、鍋でたいていました。
炊飯器が壊れ、しかたなく鍋を使用しはじめた所、
これがそんなに手間じゃない、という事実に気づいたのです。
何より炊飯器よりすぐに炊ける。
もちろん量にもよるんでしょうが、うちは二人暮らしなのでせいぜい
多くて三合くらい。となると約十分ですかね。
あっというまにできます。
それで最初は普通に手つきの鍋でやっていたんですが、
いよいよ土鍋デビューしたわけです。
これがまた、良かった。
ご飯が確実にうまい。何というか、うまい。
二度いいたくなる。
もうこうなると炊飯器にはもどれません。
重宝しておったんですが、先日ひょんな事から上蓋を
落としてしまって、、、粉々に。
あわててメーカーに電話しましたが、もう戻せない、と。
しごく当たり前の回答。
結局新しいのを買うはめになったんです。
いいようのない、喪失感がありました。
いつのまにか愛着がわいていましたから。
土鍋ですけど。
品物に「この子。」とかいう女子いるやないですか、
ああいう人みると「お前、ふざけんなよ馬鹿。」と思ってたわけです。
まぁ、うちの嫁さんも「この子。」とか言うんで初めて聞いた時は
めっちゃひきましたけど。
あの気持ちが若干わかりましたけどね、しかしやはり
プリンターとかまで「この子。」呼ばわりする勇気はない。
プリンターはプリンターです。

で、今日はですよ。
仕事が夜勤で帰ってきたんです。
こんな時はだいたい昼飯食って寝るパターン。
たまに眠い目をこすって出かけたりもしますが。
今日はだんぜん寝てやろう、といきおい込んで帰ったわけです。
さて、ここで昼飯の選択。
家には白いご飯のみ。どっかでサクッと食べてかえるのもいいですが、
なんせ外は雨。
まだ小雨程度だからいいですが、本降りになると何かとやっかい。
そこでひらめきました。
「餃子一日、百万個。」でお馴染みの餃子の王将です。
確か本日、金曜日はサービスデイで五十円引きのはず、、
ビンゴでした。
しかもあんなに空いている王将は久々でした。
お持ち帰りで二人前頼みましたよ。
すぐ出てきました。
所要時間、一分くらい。
アツアツです。どーゆーことやねんっこの早さ。
そして家帰って発泡酒片手に餃子です。
男の昼飯って感じでサイコーにアガるシュチュエーション。
明日はいよいよマキタスポーツのライブやなぁ、、楽しみ。
なんて思いながら乃木坂46聴きます。
どないしょ、よみうりランド握手会も明日やん、、、
でも朝から昼過ぎくらいまでやから一日つぶす気になったら
どっちも行ける。
生駒ちゃん、みてみたいしなぁ、、。
あかんあかん、創作活動できる貴重な時間を無駄にしてまで行くほど
価値のあるイベントではないはず。
そんな、どーでもええ事を悩みながら餃子パクパク。
うん、間違いない味。

そんな中、妹からメールです。
今日はお母さんとお父さんの結婚40周年の記念日やから
電話くらいしたってや。
うん。知らんかった。
おめでとうございます。

ゑ ゴツいあっちゃん ケント紙にアクリル 



外人ばっかり

CA3C0679

昨夜のニュースゼロ。
アメリカの水爆実験で被爆した日本人男性が、
放射能の恐怖を伝えるために
全国で講演をおこなってる、というニュース。
74歳。おじいさんです。
46歳で肝臓がんになったとか。
その原因は不明なんですが、、と、曖昧なナレーションで
放射性物質の影響を匂わせていました。
じいちゃんが講演でどんな話してるのか知らないですが、、、、
肌のつやも良くてハキハキと喋って、めっちゃ元気やん。
スタジオで鈴江アナが深刻そうな顔で
「放射能による被害が、、。」
とかなんとか言ってるんですが、ギャグにしかみえませんでした。
完全に意図したものと逆の効果になっていると思います。

あいかわらず、東京女子流を聴いています。
制作活動に弾みがつく。
セカンドアルバムも楽しみ以外何もありません。
そんな中、ハロプロ関連のライブにも久々に行ってみるか、と
みてみましたが最近、タダかせいぜい出しても4000円までな
料金設定になれてしまっているせいか、6000円はするハロ系ライブは
敷居が高すぎます。なんとかならんもんか。
リリイベとかでもいいんですけどね。
でもあの手のやつはライブそのものの楽しさとはまた違いますので
出来ればライブ単体を楽しみたいかな、と考えております。
アップフロントさん、今はとにかく顧客獲得に走るべきですよ。
天下とりましょうや!
で、昨日ですけど渋谷にあるピンクカウって店でやってる
「ドクタースケッチ」なるイベントに参加してきました。
要するに、モデルさん呼んで軽く酒でも呑みながら
みんなでスケッチしよう、というまぁアメリカンな試みです。
実際、アメリカ人の方が企画しています。
ご興味ある方はネットで検索してください。
ヒントはいっぱい散りばめてますので。

自分が知ったきっかけは
渋谷でクロッキー(素描?要するに早く描く練習)してる時、
外人に声かけられたんです。
「アナタ、スケッチキョーミアル?タブンコレスキダトオモウ。」
と名刺を渡されました。
「Dr.Sketchy's Tokyo」とありました。
さっそく家に帰って調べまして、これは面白そうだと参加したわけです。
まずね、店みつけたはいいですけどまぁ初心者には敷居高いとこでした。
石壁に囲まれた入口には地下へと続く階段。
勇気を奮っておりていきます。
すると階段が途中で左に曲がってる!
何とか階段をおりた勇気をここでまたふるい立たせなければなりません。
「なむさん!」
気合一閃、目をつむりながら曲がり下りますと
やっと扉です。しかも木。
店の中身がまったくみえない。
あるのはオープンとかいてある札だけ。
「お前、これ開けるの相当のつわものやぞ。」
自分の中では前田慶次くらいしか思いつきません。
オープンなんて軽いもんじゃない、
「この扉開けし者、誠の勇者なり。」
くらいのノリです。
開けましたよ。
前日にアイドルちゃんたちの頑張りを観ていたおかげです。
そしたらね、、酷いです。また右に曲がってるんです。
しかも、ほの暗い。
ダンジョンか!ウィザードリィを思いだします。
もうここまで来たらね、腹すえてますからズンズン行きました。
そしたらホールみたいになっててですね、壁にでっかい油絵とか
飾ってあってなかなかおしゃれな雰囲気の店でした。
ただ凄いのは、、、外人ばっか。
白人、黒人。鬼畜米英です。
これはねぇ、、まぁ予想してたんです。
だから自分、戦闘服として
コカコーラのロゴが胸にデカデカとプリントされた緑のトレーナーを
きていったんですが、誰も弄ってくれませんでした。
ほったらかし。
そりゃそうです。よぅ知らんおっさん日本人が一人入ってきた所で
いちいち気にするやつはいません。
でも悲しかったのは、たぶん自分を誘ってくれたであろう主催者の外人も
全然、触れてくれないんです。
飲み物は?とかも聞いてくれない。
「スケッチですか?二千円下さい。」っていわれただけ。
後はステディな連中とプッシートークです。
こっちはポッツーンです。
でもまぁ、ここは治外法権。外国です。
自分から動かないと。
かまってちゃんなサービスに慣れきった日本スタイルは通用しません。
注文できるとこ探して店内うろつきましたよ。
以外と広い。絵もいっぱい飾ってある。
みるからに外人ぽい絵ばかり。
けっこうかっこいいなぁ、、なんて思いながらやっとBarスペースをみつけました。
「ビール。」
「二種類ございます。」
腕にモンモン(タトゥー)入れたにぃちゃん。どうやら日本人です。
「キリンで。」
「600円になります。」
普通に売ってくれました。
ハッシシとかスピードを紛れ込まされたらどないしょ、と一瞬でも思ってたんで
安心です。
瓶ビールラッパ飲みで、サービスとしてついている軽食に手を出しました。
サラダと他二種類はタコスみたいなピザみたいなやつと、チキンのなんか、、
とにかく初めて食べるものでした。美味しかったです。


そしていよいよスケッチが始まる。
モデルさんが呼ばれ、豹柄のボディスーツに黒いショールを羽織った姿で登場。
外人好きするオリエンタル顔な女性です。
最初は一分ポーズでその後、二分、五分、十分、二十分と増えていきます。
逆に服はどんどん薄くなっていき、、最後はほとんど裸。
乳首はなんか房飾りのついた金色の二プレスで隠されていました。
いちいち服ぬぐ時に
「ヒューヒュー」とか指笛とかいかにもなノリも挟まれていて馬鹿っぽい。
いやこれはこれで良い。
前半こそ、線にためらいがあった自分も後半はノリノリでした。
もちろん、うまく描くとかそういう事じゃなく楽しんでかけました。
終わってから、隣でずっと描いていた外人にも話かけましたしね。
英語なんで何言ってるのかさっぱりでしたけど。
まぁそこは笑顔キープで握手です。
なんか、わくわくする体験でした。
また行きたい。

ゑ そこで描いたクロッキー クロッキー帳にペン





Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • イチローは辞める 僕は遅漏
  • 変態性欲ここにあり ボイパに見るエロ
  • 夢見た15年はどんなんかなぁ⤴︎
  • 真野恵里菜の軌跡が起こした奇跡
  • 最強OG真野恵里菜とトラックドライバーの話
  • 弱気男子退部届
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード