おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

前田さんが辞めました。

オニ

ミスターラジオ 永六輔さんが土曜ワイドでこんな事をおっしゃっていました。

「昔から知ってる寄席の芸人さんと同じように自分が年をとるの。当たり前なんだけど。
芸人の成長をずっとみれているわけですよ。これは幸せな事です。」

新しい接し方を教えてくれたというかなんというか。
なるほどな、と思いました。
で、先日ユーストで道重さゆみの「モベキマスって何?!」という番組をみていて
あ、これだな。と感じたんです。
自分自身、モーニング娘。との出会いというのは言うのも憚られますがもの凄くおおきく。
娘。きっかけで知り合った友人もいますしライブに行った数も多いです。

だから、番組で一人で饒舌に喋るみっちげをみているとね、成長したな。
なんて勝手な親心でみてしまうんですよね。
でも多分、永さんが言っていたのもこういうニュアンスに近かったんじゃないかな、
乱暴な言い方で上から目線というか。
だからダメなんじゃなくてむしろ愛情持ってみれる。
そんなん気持ち悪いですけど。

でもこれをアイドルで体験できるってすごいですよね、
永さんの場合はほとんどが芸人さん、それも寄席などの文字通り、
板の上でやり続けている人達ですから成長を追えるんですよね。
でもアイドルだと活動期間が短い、とされていたから不可能でしたもん。
今はいろんな情報の出し方があって徐々にアイドルの価値観が
変わっていますから。息もながくなってきた。いいことだと思います。

で、結局前田憂佳の引退話につながるんですけど。
スマイレージのライブには数回しか行ったことない僕ですけど、ゆうかりんは本当に
神に選ばれし者でした。圧倒的に可愛かった。
大好きでした。

もうええ年こいたおっさんになるとね、それこそ修羅の道なんですよ
アイドルを応援するのは。これがJさん豪さんのようなカタギじゃない人ならいいですよ。
こちとら一応、一般人ですからね。
やっぱし嫁も反対するし他にもたくさんしたいことあるし。
だめだ、つまらんグチになりました。すみません。

豪さんも言うていたけど、アイドルって割にあわん商売なんでしょうね。
誘惑のジャンルが広くなってる現代社会でアイドルを多感な少女が続けるってのが
難しいんでしょう。心の底から好きじゃないと。
いや、それも何かチープな表現だな、心の底から好きかどうかを決めるのも自分ですからね。
好きなことやってそれが仕事になるのが一番なんて簡単にいう人がいますけど、
好きも嫌いも自分でコントロールできる感情ですから。
ようはゆうかりんは自分に負けたんですよ。
別に負けはとりかえせばいいだけですから、死ぬわけじゃないからね
これから先、自分とどんどん何回戦でも勝負すればいい。

あかりんがももクロやめた時よりゆうかりんがスマイレージを抜けた事の方が
ショックがでかい。
自分の中で、成長をみたいと思わせてくれるアイドルだったからでしょうね。
何はともあれ残り数か月、全力でスキちゃん。


立体 オニ 紙粘土にアクリルで着彩


久しぶりのロック

わんこ

縁あってアイドル以外のライブに行きました。
吉祥寺GB。
札幌バーストシティというタイトルでおそらく札幌出身のバンドが五組出演。
まず客が割と年齢層高めだったのが面白かった。
若い人もいるのですが妙齢の方が多かったです。
出演者の年齢も同じくでした。
年齢をがっつり聞いたわけじゃないので実際は老けてみえるだけ、
かもしれませんが。

これでも昔はバンドやってる友達が多く、その影響で一応60、70年代の音楽
を聴きかじった程度の人間。ライブハウスにもよく行ってました。
その裏でアイドル握手会や京橋コムズガーデンにも足を運んでいたんですが。
とにかくですね、久しぶりにみたロックバンドのライブは楽しかったです。
もはやほとんど伝統芸能と化している様式美の世界。
郷愁を感じながらもやってる人のパワーが伝わってきていいなぁかっこいい。
そう思いました。
ただ、好きな人は好きだけれどあの音やパフォーマンスが
今現在の刺激物としては物足りない感じ。
ロックンロールより刺激的なものが世界に溢れてしまっている。
もはやどんなジャンルでもそうなのかも知れないですけど。

こないだラジオでテレビはつまらなくなったのか?なんてテーマで
議論していましたがラジオでこんなテーマて。
完全に上から目線やんラジオ。
多かれ少なかれテレビが日本のメインストリームをいく時代は
もう確実に終わったな、と思った瞬間でした。
伝統工芸の職人や斜陽産業に携わる人々をそれこそ
上から目線で心配してあげる番組を数々とやっていたテレビですが、
まさか自分がその立場に追いやられる時が来ようとは。


話がそれました。
で、ライブ中印象に残った言葉がありまして
やりにげパンティーズというバンドの方が言っていたんですが
「ロックだとかそんなんどうでも良くってさ、ただ俺は面白い事がしたいんだ。」
ってのですね。
もうね、グッときました。
価値観がグラングラン揺らいでる時代なんですよ今は。まさにモラトリアム。
正確な意味は知りませんけど強引につかっちゃいますよそんなもん。
地震ですよ地震!そんな状況なんです。夏なんです。
日傘ぐるぐる、僕は退屈~

調子のりすぎました。
とにかくですね、ごちゃごちゃ言ってる暇はない!
鈴木おさむ、ラジオで考えてる場合じゃない!って事ですよ。

ゑ わんこちゃん ケント紙にアクリル


芸人

CA3C0417

こないだかなり遅ればせながら今年のキングオブコントを
観てましてふと思ったんです。
お笑い芸人てめっちゃおるやん。
まさに全国総大阪化ですよ。

僕が小学生くらいの頃、大阪はまさにそんな感じでした。
全国区ではないけど大阪ではそこそこ名の知れた芸人さんがたくさんいてました。
皆さんローカルなテレビ、ラジオによく出てらしたから。
独特のおっさんノリ、とでもいいましょうか。
当時まだ若者の僕からすればローカルな芸人さんのノリが妙に古くさくて
笑うというより興味深くみていたのを思い出します。
出てくる人がみんな楽しそうだったんですよね。
ぐだぐだしゃべるだけの番組が多かったですから。
こんな遊んでるだけで仕事になるてええなぁ、、、と無邪気に思っていました。

懐古趣味です。でもあの頃の大阪の空気が好きでした。
東京にきて十年以上経つので大阪は未だにそんなノリなのかもしれないですけど。
でもこちらでみている限り、関西の芸人もみんななんかいわゆる芸人じゃないんですよね。
ひびきが違うんです。昔の大阪の芸人から感じていたものと。
抽象的な話で申し訳ないです。

で、何がいいたいかと言うとある時期から急激にお笑いに対して興味をなくす
自分がいるんです。
性格にいうとテレビ的なお笑いというのか、まさに今の状態ですが。
何でやろうか、と結構悩んでいたんですよね。
面白くなくなった、とかそんな単純な理由じゃないのはわかるんですけど
イマイチのれない。
年をとったからだと決めつけた時期もありましたがそれもしっくりこず、、、

やっとわかったのが、あのノリがないからだ。って事なんです。
昔の大阪芸人のノリです。
本当は大阪とか東京とかそういう地方の話じゃないのかもしれない。
もっと単純に昔の芸人ノリ。これにつきるのかもしれません。

それはいったい何なのか。説明できればかっこいいんですけどね。
とんねるずまではギリあって、ダウンタウンにはない、、、
そんなふわっとした説明になってしまいます。
いや、とんねるずももうないかもしれない。

演芸場や誰かのライブにいくと別に全然楽しいし、いちいちそんな変な事
考えてないんですけどね。
テレビとかでみると、ついね。考え込んでしまいます。
なんかわかりかけてきた気もするな、、、ライブ感?!
やっぱやめます。

ゑ 新宿の、どっか。 キャンバスにアクリル
記事検索
ギャラリー
  • 身の上考えソング
  • 6月8日はロックの日
  • 今日から俺 荻窪の人になる?
  • komaking邸での狂宴
  • 下ネタって素敵やん?
  • 雨だからこそ、唄うの大事。
プロフィール
金曜夜21時は新宿南口 LUMINE2前でアイドル紙芝居。 お仕事依頼oniyamada_office@yahoo.co.jp HP https://t.co/vfIUpvHH1g ブログhttps://t.co/vfIUpvHH1g
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード