おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2012年03月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

あぁちゃんだよ。

CA3C0723

さて花の金曜日らしいです。
本日は新宿にヤボ用。
昼だったので友達に会う前に、大好きなさくら水産を
みつけたので、ABCどの定食にしようかなぁ、、、なんて
嬉しい悩みをかかえている所に友達登場。

「ご飯食べた?」
と、きく自分に友達、あっさりと
「食べてきた。」

ものの見事にさくら水産ランチの夢がつぶれました。
結局、食欲も軽くなくなったんで、喫茶ルノアールでそうですね。
二時間半くらい過ごしました。


さて、女子流紹介もいよいよ佳境に入ってまいりました。
いよいよ歌姫登場。
小西彩乃さん。あぁちゃんです。
まぁちっちゃな体にパワフルな声。
つぶらな瞳が健気でたまりません。
先日の沖縄女子流では一人、Tシャツをインするファッションで
全国のイナたい女子好き男子のハートをがっちりキャッチしました。
本当、今思いしてもなぜただ一人だけTシャツをインしていたのか。
謎は深まるばかりです。
さすがの、金田一さんもお手上げでしょう。
自分といたしましては、やっぱ彼女の歌声にアイドルとしての気合を感じます。
その通る声を一度きいてごらんなさいな。
赤羽末吉さんの名作中の名作。
「スーホの白い馬」を思い出しますから。

さて、明日31日はいよいよ四月より六本木にオープンするライブハウス、
虎寅虎のプレオープンイベント。
光栄な事に紙芝居をやらせてもらえる事に。
畢竟、気合もはいるというものです。
いつかの伝説を作るために。
まだまだ前向きに進むきっかけになれば、と思ってやみません。
前向きになりたいのは自分なんですけどね。

よっしゃー。
ベッキークルーエルにあいたい!

ゑ あぁちゃん イラストボードにアクリル


酒とアイドル

CA3C0722

正直申しまして。
自分が一番びっくりしたのは、
ある日のブログアクセス数が千人越えしてた事。
ありえません。
何やら機能に不具合が出たに違いないと思っております。
というか、その後相変わらずの一桁台で推移してますので
問題はありません。
あまり色々気にしてるとやっちゃあいられんもんです。
あぁー思う存分、下ネタがいえる!
うんこちんちん、朝っぱらからオナニーオナニー。


明けの日は家に帰ってたっぷり寝てもやっぱりボーっと
していまいます。
眠い。
そんな眠い目をこすりながら今日一日、まんじりともせず
考えていましたるはやはりアイドルの事でありました。
いったい世の中に女性の事が嫌いな男子がおりましょうか。
いや、ゲイの方たちでさえ、女性が嫌いかといいますと
決してそうではありますまい。
むしろ、仲良くやっております。
ゲイと女性の愛称は最高なんです。
全てドラマや映画から仕入れた知識ですので
本当かどうかは知りませんが。
そんな事はどうでもよろしい。
太田光の文章が嫌いです。
全然、面白くないから。
芸人としてあれほどまでに地位を獲得されている方が
ここまでくだらない、文章を書けるものか、と驚いてしまいます。

テレビブロスの連載とか酷い事この上ないです。
相方の粘土が回を重ねるごとにうまくなっていっているのに
太田光の文章は、うまくなる気配が一向にない。
だいたいあの人は向田邦子が好きといってみたり、
ちょっと俺、わかってる感を出しすぎるきらいがあります。

「本業だけやってたらよろしいねん。
変な色気、だしなはんなや。」

思わず明石家さんまっぽい注意の仕方をしてしまいました。

ほらすみません。
気づけばすぐ横道にそれるダメな自分。
女子流ちゃんですよ。
女子流ちゃんのセカンドばっか聴いてるので
頭がおかしくなりそうです。
ついこないだ、散々絶賛したんでもう言う事もないかと
思っていたんですがいやはや出てくる出てくる、褒め言葉。
今一番いいたいのはこれですね。

女子流ちゃんのおかげで、お酒がおいしくて仕方ありません。

いや、実はね。
日本酒を本気で呑んでみようかと思っとる昨今なんです。
やっぱ毎日、発泡酒じゃ、ね。
自分から貧乏を呼び込んでどないすんねん、と思うでしょ。
病は気から。思いも気から。
もっとライフスタイルをみつめなおさにゃいけません。
そこで登場、日本酒ですよ。
勝谷誠彦メールマガジンなんぞをみてますとね、
ちょいちょい出てきよるわけです。
うまい日本酒エピソード。
えぇなぁ、と。大人やなーと。単純に憧れますわな。

でもなかなか、キッカケがないと飲まないでしょ日本酒。
居酒屋いっても、とりあえずビール世代ですし。
なんか、きっかけ欲しいなぁなんて思ってた矢先だったんですよ。
先日、絵描きながら女子流ちゃんのアルバムきいてまして。
まぁ気分が良くなってきました。
絵もあらかた完成してきたし、いっちょガソリンいれるか、
と発泡酒投入したんです。

ここらあたりでながれた曲が「僕の手紙」ですわ。
しっとり心にしみる歌声&酒。
いいですね。もうさんざんスパークルとかダブリューエムエーディーとか
アガル曲聴き倒した後の「僕の手紙」
酒うまいわそりゃ。
あぁーたまらんなぁ、、、
で、余韻にひたる間もなくの「ドントビークルーエル」
なにこれ。
今、書いててトリハダ立ちましたよ。

だって僕たち、欲しがりさんですから。
しっとりムードはほどほどに!
ほらほら酒のピッチがどんどんあがります。
気づけば三本目の発泡酒「のどごし生」です。
で、「ドントビークルーエル」が終わったのも束の間、
「ライアー」です。
事態は留まる事をしりませんよ、こんなん反則ですわ。
ここらあたりでもう完全に絵筆は止まってしまいました。
逆にぐんぐん進むススム発泡酒!!!
そして酩酊。
めぃてぃ想いながらの酩酊。

で、「ロックユー」でしょ。
限界を超えて、と歌詞が出てきますけど
もう完全に自分の酒の限界は超えています。
でも絶対、ダイジョーゥブゥ~  笑って!
何度でも何度でも、、、、、
あれ、自分どこにおんねやろ?
とまぁこんな状態になりましたから。
顔から何からまっかっか!
いやぁね、びっくりしますよね。
「眩暈」を覚えます。

まだまだこんな調子で綴りたいとこではありますが、
ほどほどにしまして。
この調子で酒飲んでいけるなら、呑む酒を日本酒に変えたら
いけるんちゃう?
日本酒やりながらの女子流ちゃんなんて、最高やない?
と思っとるしだいです。



ももクロが与えてくれたもの

CA3C0721

本日は仕事終わりに高円寺まで出かけました。
紙芝居師、逆襲亭ゴジラさんの紙芝居を観に行ったのです。
会場というか、演じられていた場所のカオスな空間に
何より度胆をぬかれました。
店員さんも美少年かと思ったら女性でしたし。
まだまだ世の中、知らない事だらけです。
おどろきは留まる事をしりません。

例によりまして、仕事を適当にこなします。
今日一日、仕事始まりから終わるまでの間に
考えていた事はただ一点。
ももクロはアイドルに新しい価値をつけた。これです。
その価値とは、、、
お笑いが好きだった自分がお笑いに興味をなくしていった理由の
一つとして、お笑い芸人=かっこいい、この理論が成立するように
なってからだ、という話は以前しました。
これは松本人志が世間に与えた功罪だと思っております。
だからこそ自分はアイドルにおもしろの要素をみつけだし、
夢中になったわけです。
やっぱり人からは馬鹿にされてなんぼ。
でも裏で必死で水かきしてる姿こそあこがれる。
そういう意味ではこないだ自分が激賞したAKBの映画なんかは
アイドル、実は必死で頑張ってるやん。
な部分をここまでか、と余す事なく伝えているので本来なら褒めれるような
ものではないのかもしれません。
しかし、それはそれとして。
好きなものの前では自分はただひれ伏すしかありません。
理屈を超えて湧き上がる感動を抑える事なんてできない。
あの映画は良かったそれだけであります。

閑話休題。
ももいろクローバーZ。
やはり自分が思う所の馬鹿にされながら、
でもただ馬鹿にされるんじゃない。
といいましょうか。
つまり、アイドルファン気持ち悪い。だからそもそもアイドルなんて気持ち悪い。
こんな図式に風穴をあけてくれた。
それがももクロだと思うわけです。
ここにはパフューム、AKBの果たした役割もすごく大きい。
つまりやっぱり、アイドルの世界なんていちげんさんお断りなんです。
でもAKBのブレイクによっていちげんさんのハードルが低くなった。
誰でも手頃にみれる存在になった、またそういう価値観が生まれた
んですね。

そこへきてのももクロ登場です。
アイドル、というものを演芸にした。
これ、なんか知らんがおもろいんちゃう?
世間は今、遠巻きに様子を伺いながらアイドル、
特に女性アイドルという存在に「おもしろ」を見出しつつある。
これひとえにももクロちゃんが提案したアイドルの楽しみ方なんです。
もちろん、マニアと言われる方々はとっくにこの、演芸としての
アイドルに本能で気づいていた。
だからそれはそれで楽しかったんです。
でもいかんせん、世間には届かなかった。

いいですか?
今、僕たちは日本アイドル史上歴史的な大転換期に立っている。
ここはまず、間違いないはずなんです。
だから以前から口をすっぱくして自分がいっております。
2012年。
アイドル、女性アイドルに注目できない全ての表現者に明日はないです。
間違いない(長井秀和創価学会)

そういった意味ではたとえ、村上隆だろうと大根仁だろうと
(気に入らん人には気に入らんとはいえ)
やはりわかってらっしゃる、と思います。
「おもしろ」をです。嗅ぎつける嗅覚の鋭さとでもいいましょうか。
これを「革命」とわざと大げさに言い換えてもいいです。

なんとかかんとか、アイドルの可能性を広げよちよち歩きながらも
進んでいる、ももいろクローバーの存在はデカいです。



なんて事を遅ればせながらみた
「さんまのまんま」出演時の
ももクロちゃんから感じました。

彼女たちに完全にあきれ返ってる、お笑い怪獣の図。
一昔前ならアイドルに対してこの扱いは考えられない事でした。
娘。がとんねるず石橋とからみ、かなりその辺検討していたとは
思います。
しかし、これはあくまで石橋の力による所が大きい。
石橋というフィルターを通して初めて、
あ、ジョンソンとか保田って面白いんだ、アイドルだけど笑っていいんだ
と世間がなっていったわけです。

だからそれ以後、AKBなどがやっている番組に代表されるように
アイドルがむちゃぶりに答えるみたいな番組が成立していくんですが
つまるところそれはやっぱりお笑い芸人さんの軒下を借りてやってる
という域を出ない。
ももクロはそれをずんずん突き崩しつつある。
つまり馬鹿にしていいアイドルではあるが
しっかりとアイドルらしいアイドルとでもいいましょうか。
三流である事に開き直り、自虐ネタをするんじゃなく
三流である、とみせながら実は一流を垣間見せる、
その瞬間をみせる事ができる、それがももクロなんだと思ったわけです。
AKBは何か、松本人志的お笑い感とでもいいましょうか
アイドルの権威づけに一役買ってるきらいがあるんですが、
ももクロはそれが無いんです。
絶対、権威なんか持てない構造を作ってる。
いいですねアイドル。いいですねももクロ。


自分はもぅチケットも取れない事だし、
あまりにも世間への届きが早かったことも
あり、ももクロには距離を置いてみてしまっていますが。
まー以前にもかきましたように、一番のひっかかりは
抜けないアイドルという、そりゃまぁどうしようもない部分なんですが。
つーか、自分に問題ありなんですが。


やはりまだまだ池波正太郎にはほど遠いですね。

ゑ 紙芝居製作中!来たれ六本木「虎寅虎」 

   3月31日19時プレオープン



紙芝居のこと

CA3C0720

まだまだ、寒い日が続きます。
しかしここ何日か、晴れているので嬉しい。
昨晩は金星、月、木星が一列に並ぶなんて
現象もあったようで、ツイッター上でも
ちょっと話題になっておりました。
だからといって、外にでてわざわざみる、なんて事はなく
家で女子流のユーストなどをみて過ごしましたが。


ご縁がありまして、今度四月に六本木にオープンする
ライブハウス「虎寅虎」のプレオープンイベントで
紙芝居をやらせてもらえる事になりました。
これは嬉しい。
いったい、いつの頃からか。
紙芝居に興味を持つようになりまして、
関係書籍をあたったり、演じているのを観るように
なったりするうちにこれはぜひ、自分でもやってみたいと
思うようになっていました。

しかしやはり、現代において紙芝居は
幼稚園や福祉施設でみせるものがメインとなってしまい、
単純に楽しい、見世物としての機能がありません。
紙芝居の魅力の一つに「オドロオドロしい」というのが
あると思うんですが、そういったものをみれないんです。

かなり前ですが、横浜の博物館で街頭紙芝居の展示をやっていた
時にみた、いわゆる昔の紙芝居にはそういうオドロオドロしたものが
たくさんありまして、これを当時の子供たちが観ていたんだと思うと
それは実に羨ましい環境だなぁ、と思ったものです。
とかく世間は子供の教育にかんしては色々五月蠅くなりがちです。
特に現代は過保護が過ぎるきらいが、あるのでなおの事。
結果、残ったのは教育紙芝居的なものがほとんど。
後は民話です。
民話だって本当はエロ、グロ、ナンセンスの塊みたいなものが
多いし、だからこそ面白いと思うんですが、紙芝居として残っている
ものはそんな所が完全、とはいかないまでも排除され
エラくソフトに、無味乾燥としたものばかりになっています。

もちろん、童心社や教育画劇などの出版社がメインとなって今も紙芝居を
作り続けておられるのは素晴らしい事ですし、教育紙芝居とひとくくりに
語りましたがもちろん、それはそれとして奥深い世界であるなぁと
感じてはいます。
けどやはり、紙芝居の魅力はもっともっと土着的といいましょうか、
原始の力があるはずなんです。
そういったものを引き出していければ。
必ずや、面白くなるに違いない。そう考えてやみません。
エラそうな事を長々と書き連ねた割に自分が作っているのが
アイドルを題材にしたものだとなるとちょっとばかし、おいおいいってることと
違うじゃねーか、となるかもしれませんが、同じです。
少なくとも自分の中では。

ま、いずれにせよ。
演じれる場が与えられるというのは純粋に喜ばしい事。
本当は自分でそれこそなりふり構わずやれるように
ならにゃならんのですが。
近いうちに必ずやその根性を手に入れたい、と。
常日頃からそう思っております。思うだけは自由。


ゑ イベントでやる予定の紙芝居の一幕。 

情報化社会

CA3C0719

本日は快晴でした。
自分はというと、ひとしきり仕事を終えたあとは
嫁さんと食事に。
牛鉄に行きました。
知り合ってはや八年。
二人で焼肉屋さんにいったのは、初めてです。
何やら新鮮な気持ちになりました。

そもそも、牛肉嫌いの嫁さんですから、
二人で飯を食うというシュチュエーションで
焼肉という選択肢はなかったんですが、今回は
まぁたまには付き合うか、なノリを出してくれまして。
それでめっちゃ高い、豪華な焼肉屋に行こうなんて
考えもしたんですが牛鉄で落ち着きました。
リーズナブル!
何て素敵な響きを持ったカタカナなんでしょうか。
池波正太郎的大人グルメ生活にはほど遠いようです。

世間的には前田敦子のAKB卒業発表などがあり、
盛り上がってるのでしょうか。
最近、世間との距離の取り方を完全に見失っているので
何もわかりません。
これはいつのまにか、何となく、、、テレビをつける。
何となく、、新聞に目を通す、、、、
そんな習慣が無くなってしまったからに他なりません。
おまけに職場でも以前ほどぺちゃらくちゃら話さなくなりましたし。
ツイッターを流しみる。
後はヤフーやグーのトピックス。勝谷誠彦メールマガジン。
これが自分の情報、今のところ全てです。
これではダメな気がするから、現代社会はこわい。
おちおち寝てもいられません。
しかし、つまるところ情報なんてものはあればあるほど翻弄されるわけ
でして、メディアリテラシーを持てなんて事もいわれるわけですが、
そんな高度な技術、こちとら身に着けたくもないです。
世の中には普通の人が知らない、いろんなカラクリがあるんだよ。
なんて事言われたら、ウハウハでしっぽふって近づく自分ではありますが、
いざ、聞いてみたらその情報にふりまわされ世間に拗ねてみたりします。
まぁアホなだけ。みにつけたくもない、
なんて言わずにすぐさまリテラシーを身に着けるべきでしょう。
わかってはおります。

でも最近読んだ「幻獣ムベンべを追え!」って本なぞを振り返って
みますに、世の中には狩りなどをして暮らす人もたくさんいる、
というのを知るわけですよ。
情報など、そんなに入る事もない辺鄙な村で
そこだけで守られるルール、慣習。
けれど人々はたくましく、つつましく、しなやかに、したたかに、
生きていく。
いいなぁ、、、、
情報と時間、国際的という名のもとにはかられる人民奴隷化計画。
そんな現代日本に住む自分にしてみりゃ、憧れの生活ですよ!!!!




はっ!\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?


、、、今、改めて自分のメディアリテラシーのなさに慟哭しております。

ゑ 東京女子流 ゆり 大人に憧れる少女です。 紹介が雑。
記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ