おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2012年04月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

BUBKAリニューアル!

CA3C0774

アイドル好き好きとかいいながら、、、
全然テレビを観ていません。
なんでかといいますに、他にネットや本などで楽しむモノが
増えた結果テレビの優先順位が下がっていった、と
こういうわけです。
でも昨日、久々に見たんです。そしたら気づきました。
アイドル結構出てるんですね。
いや、ももクロちゃんがアイスのコマーシャルにでてるとか
そんなふわっとした情報はいくらでも知ってましたが、
何せ昔のようにずっとつけてる、なんて事をしなくなったので
誰がどの程度でてて、、みたいな勢い、熱を感じる機会が
なかったんです。
それがどっこい、どうですかこのアイドル特需。
AKBを始めとして、女子アイドルをテレビでみない日が
ないっちゅうくらいよくでてるじゃありませんか。
こんな時代が来るなんて夢みたいです。
なのにあまりテレビをみなくなった自分。
思いつく理由の一番は嫁さんですね。
アイドルの何か、をみたりきいたりしてるだけで
機嫌が悪くなるからメンドクサイ。
いやだからあんま刺激しないようにしよう、
とこうなりますわな。
そうなると必然的にテレビは遠のきます。
頼れるのはユーストなどの動画ですが、これもほとんどおえません。
好きなのを繰り返しみる、、みたいな行為にはしってしまいがち。
結果、自分の心の拠り所はBUBKAだけになるのです。

そんなこんなで今月からBUBKAが大幅リニューアル。
何と遂にゆきりんがインタビューに!
すごいですね、雑誌として
ついにあっちの世界にいったんだな、と。
感慨深い。
この改革は編集部としても勇気がいったと思います。
ニッチな層に支えられてきた雑誌がメジャー所に行こう、と決断した。
そんな気概を感じました。
何をいってるんだ!やすすインタビューとかしてたじゃないか!
と言われるむきもあるかとは思います。
しかし何というか秋元康という人ならBUBKAくらい、
出るかもしれんという空気があるじゃないですか。
あいぼん(加護亜依)が出た時も衝撃でしたが、あれもねぇ、、
こんな言い方はどうかと思いますが現役感はなかったですから。
そこいくと、ゆきりんとの邂逅というのはですね。
なまなかな事ではないです。
これを改革と呼ばずしてなんといおうか。
おまけに写真集より抜粋のグラビアまでのっとるんですよ。
どうすんねん、攻めすぎやろ。かっこいいけど。
まだまだ夢中になるしかないやないか!
森田さん、あんた男だよ。

ゑ 何ができるのか、、、

イタリア料理屋

CA3C0773

本日は快晴。
汗ばむくらいでした。
みなさん、いかがお過ごしですか?
おっさん、ボロボロです。
何だかんだでゆきりんの写真集が気になりすぎて。
いじはってんと買う方がいいんでしょうね。
よし、待っててね。ゆきりん。

さてそんなこんなで。
友達の家に、飯食いに行きました。
非常に充実していました。
何より自分がいかに小心者かを知った。
そうはいってもしかたない。
色々迷う事ありながら突き進むしかない。
なんのはなしや。
そんなわけでイタリヤ料理屋にいったですよ。
新所沢にある割とオサレな。
ぶっちゃけ旨かったです。
割とあっさりしてましたな。
イタリア料理屋にいくと、けっこう油っぽいなと思う店が
多くて。
自分だけなのかな。
すぐ胃が重たくなるんですよね。
だから一瞬、うまい!と思っても
何か全部食べきれなかったりとか。
つまりそんな感じ。
そこへいくと、新所沢の店は本当に優しい味で。
落ち着けました。
でもあまりに、楽しかったんでちょっとはしゃぎすぎましたかね。
あまり店の雰囲気に相応しくなかったです。
申し訳ありません。
イタリア料理ってなんで静かに味わう、
みたいな店が多いんですかね。
けっこう騒げるのんてカプリチョーザくらいやないですか?
そこ行くと中華料理屋は幅広い。
騒げる店あり、落ち着いて食べれる店あり。
なんだかんだいって、日本人。
まだまだ西洋コンプレックスがあるんやないですか?
だって確かに、フランス料理もスペイン料理も結局、
あんましわいわいできる店、ありませんもんね。
中華やインド、タイ、ベトナム、、、アジア系の店はすごい幅広く
あるのに、、、
西洋料理となればピリっとしよります。
どーかと思います。
そんなに媚びる必要ありますかい?
ミシュランとか、えらい重宝してるけど。
あんなタイヤ小僧の何がすごいんか、ピンときませんわ。
ただの太りすぎのおばはんにしかみえませんけど。
きたなシュランてつけたら怒られた、だからコーナータイトル変えました
とか意味がわかりません。
権威づけに一役かってどうすんねん。
ほんまえぇ加減にして下さいや。
あぁ腹立った!
気を静めるために大好きな映画
塔の上のラプンツェルでもみよーっと!
あれ?ま、これはアメリカ産やから。

ゑ まち マーメイド紙にアクリル 







景観

CA3C0766

RYUTistのライブ映像をみまくって頭がクラクラしてます。
この中毒性はこわい。
完全にドラッグやで!
新潟ってどんだけ懐深いとこやねん。
上杉謙信好きとしては無視するわけにはいかんなぁ。
ちょっとまて自分、上杉謙信好きやったっけ?
確かに戦国武将、神7には入ってるけど、、、
自分の推しは真田昌幸やったはず、、、忘れるとこでした。
それもこれもRYUTistが悪い。
そういう事にしときます。
待ってろ新潟。こめどころ。
必ず、お金落として帰るで~。
それにしても。
雪深い地の人々にしてはヲタも含め結構、ノリノリです。
日本国民も変わったなぁ、、、
明治史に残る英傑たちが草葉の陰から感慨深げ。
そんな図が浮かびます。
大阪が一番、ノリがいい。
なんていってたのは今やむかしの事なのかも知れません。
頑張りや、大阪人。

さて下北沢です。
一番街商店街の方で5月に紙芝居をやらせていただく縁もあり、
この辺りをブラブラする事が増えてまいりました。
南口と反対、一応北口側になるんですかね。
まぁ一番街商店街です。
人もまばらで割と寂しい通りです。
南口が芝居小屋など集中しイモ洗いのごとし
人の波なのに対してこちらは比較的落ち着いています。
さくっとふらついてみますに
古本屋、自転車屋、金物屋、蕎麦屋、ラーメン屋、、
どれも割と古くて昔ながらの趣をだしております。
しかし、そこはくさっても下北沢ですから、他にも
ちらほらと若者向けの店がまじってまおりまして、
他にはない、らしさがあります。
けっこう、いいもんです。
コンビニ好きの自分ではありますが、
この商店街の並びにローソンが一軒。
ここが気になるとこです。
はっきりいってローソン、いらない。
商店街の景観を妨げています。
気の流れがあきらかに違ってるんですね、ここだけ。
さすがアメリカもんは傍若無人に人の心のスキマに
入ってきよります。
アップルとかアマゾンとか、、まぁそりゃこっちもたくさん、
アメリカンな恩恵を受けてくらしております。
前述しましたようにコンビニエンスも大好きですよ。
しかし、かれらはズカズカと入り込んでですね、
ルール、秩序をガラッと変えるんですわ。
これまでのものはいかにも、古いものでございって
レッテルを貼る。
痛し痒しですね。
一番街を歩いてみますにやはりローソンいらない、と
そればかりが心に残りますもん。
とはいえ。
紙芝居をやるのは少し先ですが、自分に限らず
この商店街に紙芝居屋、見世物屋の声が入れば
ずいぶんと良い気がします。おさまる気がします。
それは情緒を生み出し、人がめぐる通りの一端を担うと思うのです。
想像するに楽しくなってまいりました。
後は、人をどう集めるかです。
それが一番問題商店街。

ゑ 昔の絵がでてきました。 ケント紙にアクリル、ボールペン




喫茶店の気

CA3C0765

本日は曇り。
スカッと晴れてくれません。
HARAJUKUというMOOK本を買いました。
きゃりーぱみゅぱみゅとももクロZが表紙を
飾っています。
過剰+過剰という感じの組み合わせに
勘弁して!となる方もおられるとは思いますが、
自分的には好物です。
事実、中身の記事はさほど面白いものではありません
でしたが、グラビアは良かった。
ももクロちゃんを若い女子に向けどんどんアピールしていこう、
との作戦なのでしょうが彼女らがどこまでその層に
響いているのか、自分には知るすべもありません。
考えてみればヲタクな活動もすでにやめ、ライブ会場などにも
一人で向かい、終われば淡々と帰る、を繰り返していますので
友人などもできにくい、といのが現状です。
昔なじみのモーヲタも今はてんでバラバラになり
久しくあってもおりませんし。
そろそろヲタ肌が恋しくなってきているのでしょうか。
最近、アイドル現場にも若い女子が増え、いっぱしの可愛い子と
話してるヲタ男子などをみるにつけ、非常に羨ましい。
とはいえ何も若い女をどうこうしたい、という事ではなく
ただ単純に、ヲタクライフを充実してる感に憧れるだけです。

そんなおっさん、ひとり。
休みの日にフラッと喫茶店に出かけました。
そこは以前にも少しだけ紹介したことのあるお店。
一度いっただけですっかり気に入ってしまったのです。
ログハウス、といいましょうか。
全体が濃い茶の木材で統一されている内装がいい。
壁にある三つの小窓からひかえめに光がさしこみ
その店内に趣をくわえます。
昔、日本は木でできた家がほとんどだったといいますが、
この国特有の湿気をおびた外気の感じと、木の家というのは
実にすばらしい情緒を生むのだな、と実感する思いです。
ここは広さもそれほどでもなく、よって席もさほどありません。
6、7人がせいぜいといった所ではないでしょうか。
実際、二人で来たとしてもちょっと困るかもしれません。
あまりお話できる雰囲気じゃないんですね。
あくまで空間を楽しむ、
という空気が出来上がっているようなお店です。
自分好きする昭和の香りただよう、インベーダーゲームが
置いているような喫茶店、とはまた違うんですが
実にきにいりました。
全てがいい。
こんな店があるんだな、とひそかに感動。
コーヒーがまたうまい。
対してコーヒー通でもない自分ですから、きどった事をいうつもりは
ありませんが、単純に濃いめの味が好きなものでして。
とても自分好きするバスン、とくる濃いコーヒーであります。

この日、自分以外に来ていたお客が
年の頃なら四十そこそこの小太りの男性。
ディスクユニオンの袋からCDやLPを取り出し、ジャケットをながめたり
CD開いて中の解説をみたり、、コーヒー一杯で
自分の空間を存分に楽しんでいました。
これは「気」ですね「気」。
ドトールで同じようにCD開いて、、とかできるし、
やってる人もいてましょうがやはり気持ちが違います。
そうやっているその行為を自分が心いくまで堪能する。噛みしめる。
いわゆる充実感を味わわせることはドトールにはできません。
それが出来る、喫茶店なんです。
いや実際、その人がどうかはわかりませんよ。
でも一連の動作やってる時、
めっちゃええ顔してはったんですよ、その人。
そこから勝手に感情移入しただけです。
でも、それがいいじゃないですか、そういう人の心にちょっとだけ
入り込める感覚を提供してくれる、そんな場なんです。
この喫茶店。
おまけにミラクルもおこりましたよ。
その人、お会計の時こういったんです。

「あの初めまして。〇〇と申します。
自分、遠方に住んでいてなかなかすぐには
これないですけど、また来ます。
よろしくお願いします。」

〇〇はもちろん、名前ですよ。
さすがにそこは知らない方なのでふせますが。
はっきりおっしゃってました。
普通自己紹介なんてしますか?喫茶店で。
もちろん、そこは長くやってる店らしく店のマスターも
落ち着いてますし、数々の伝説がある感がビンビン伝わっても
くるんですが、にしてもです。
マスターに自己紹介てよろしくお願いしますて。

思わずいってしまったんでしょうね、その人。
思わずこぼれる言葉、思わずでる感情。
そんなの目の前にして、この喫茶店に
惚れないやつなんていないでしょう!

ゑ どっかの住宅 マーメイド紙にアクリル


お酒をのむとグダグダ話す。

CA3C0764

ついこないだから話題にしてる
我らがゆきりんの写真集ですが、様々な雑誌の先行カットを
みるにつけ、ますます駄作の感が強くなる。
大丈夫か、これ?
おそらく第二弾写真集が出る二年あまりの間に、ゆきりんの
グラビアが出すぎたあまり、ネタ切れでも起こしたのでしょう。
それとも単純に、箭内が悪いのか。
自分にはしるすべもありません。
ただ一点だけ自信を持っていえることは、ゆきりんは悪くない!これだけです。
購入するかどうかにつきましては今の所、検討中ではありますが
とりあえずゆきりんを信じています。
大きすぎるお乳に疑惑もきせられてるようですが、
それがたとえ偽物だろうと本物だろうと、
自分が一生触れられる事が出来ないという事実は変わりません。
だからどちらでもいいのです。
さわらぬ神にたたりなし。
なんのこっちゃか、わかりません。

お酒は好きですか?
こうきかれれば自分はどう答えてよいものか。
悩みます。
決して嫌いではありませんが、たくさん呑むかというと
それほどでもございません。
あくまで、たしなむ程度です。
若い頃から部活などで肝臓を鍛えればよかったんですが、
もやしっ子ですのでとても無理です。
おまけに、あまりいい思い出もないんですね、お酒。
何かと言えば喧嘩になったり、、、
といっても一方的に殴られるだけとか
暴言はいて嫌われるとか、調子にのって下半身出す、とか。
まぁ悪酔いの極みです。
こんな事いってはなんですが、
仕事のグチめいた事を延々と繰り返したりするたびに、
あぁ酒の席でいいたい放題言ってるだけでかっこわるいなぁ、
と自己嫌悪に陥るのです。
これまでは極力、言わずにおいてきました。
しかし最近、ひどいです。
だからあまり職場の呑み会に参加しないようにしてたんです。
なのに、ですよ。
昨晩、久々に職場の連中と飲んだです。
もちろん、グチを言わぬよう注意しておりました。
結果的には無理でしたね。
まぁー出るわ出るわ悪口の嵐。
ああいったものはまた、興にのってくると拍車もかかりまして
実際はそこまで思ってはないが、
気持ち上乗せでいってしまったりする。
楽しいなぁー楽しいなぁー、と
その場では皆さんご機嫌なんですが、、、

帰り道、激しく後悔。
やってくる慟哭、嗚咽、七転八倒。
あんな事やこんな事、話さんでええ事まで喋ってもうた。
ばかばかばかばか俺のばか。
そんな気分が押し寄せてまいります。
よくほら、言いたい事いえてスッキリした、なんて言いますわな。
けどダメだと思うんですよ、本来。
言いたい事は言えたかもしれませんが、
物事は一切解決されてませんから。
一ミリだって動いてやせんのです。
これがどうも、やるせなくさせよるんですね。
そういえば散々喋った後の自分に一人がこういってましたっけ。
「中学生みたい。」
「そう!そやねん。俺はいつまでも十五の気持ちを忘れんでぇ!」
悦にいって答えてしまいましたが、考えてみれば恥ずかしい話です。
今、若干変な汗が背中をつたいましたよ。
もぅ38やのに、、、今年、9やのに、、、、
十五の気持ちとか、、、、、
すみません、地獄はこちらの方向で大丈夫ですか?

記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ