おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2014年02月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

生駒里奈という生き方


はい。
今日は家にこもってひたすらに制作してました。
紙芝居。

マクドナルドはハロープロジェクト 

ってやつです。
結局、完成は無理でしたが
だいぶん進んだと思います。
もうひとふんばり。

思った以上に場面が多かった、ってのが
まず問題だった、とは思うんです。
しかしこれは仕方のない部分なので。

これからどうするか、ですよね。
どもならんのですけど。

さてそんなことよりも、
その後、ちょい休憩しようかと、
BUBKAの生駒里奈インタビューを
読みまして。 
いや感動したね。
というか感動しすぎたね。
あの子はねぇ、色々と語りしろのある人物なんですよ。

特にここ最近、センター離れてから特に、
面白に磨きがかかって 来てる気がします。
覚悟の現れなんでしょうか、ライブでの煽りは
もうかなりの手慣れ感ですし。

正直、しっかりしすぎてきて
正統派アイドル、な良さはもうあまりないのですが、
タレントとしての凄みみたいなものをなんとなく
感じて、、素敵です。

結構、がっつり気になる人になりましたね。
僕の中で。
まぁ乃木坂はみんないいんですが、やっぱイマドキ芸能界、
アイドルがあまたいる中では彼女くらいの気迫がないと
生き残れない気がします。

うん。
何かわかった。
乃木坂46の弱み。
これ結構、大事かもな。
と自分一人で納得する。

 

侍と何か企画


昨日は遅くに帰りました。
江古田での紙芝居。
乃木坂•天下一品夢のコラボ
という紙芝居をやりました。
そこそこ受けたので良かったです。
一安心。

それはそれとして。
本当に僕のことを気に入って下さった方が
いまして。
ちゃんと芸をみにきていただける。
有難い話です。

だから、というわけではないですが
その方の面白さも感じております。 
なんといいますか。
ただものでない感じ。

結果、一緒に何かやりましょう、
という話になりまして。
嬉しいですね。

果たして何ができるのか、、、
となると悩むとこではあるのですが、
なんせその方の武器は刀。
侍である、ということですから。

となるといたって単純にチャンバラ、を
やってもらおう、、、、
なんて思ったりしますが。
それだと面白さも半減な気がするんです。

どうしようかな、、、、
なんて考えます。

絶対、面白くなるはずなのに、、、、
そのやり方がイマイチつかめない、という、、、

でも折角持ち上がった話。
形にしたいと思います。
皆さん、本当の侍をみたくないですか? 

大組閣祭りを終えて。


春は別れの季節です。
それぞれ新しい場所やその他、
みなさん色々と旅立たれることだと思います。

はい。
AKB48グループの大組閣祭りがおこなわれました。
僕はお仕事でみれてはいなかったんですが。

というかそもそも乃木ヲタは、あまり関係ないと
勝手に考えておりました。
AKBの公式ライバル、なんていいますが、
実情はライバルというにはあまりに力に差がありすぎる。 
まだまだ乃木坂46としてカッコたる地位と実力を
築いてからでないとなんもならんな、、、くらいにしか
思っていなかったので。

それが。
まさかの兼任です。
生駒里奈。
AKB48。

つい先だってのコンサートでは彼女、
大活躍でして、ココぞという時に会場を煽る、
加えてガンガンと猛烈な動きでのダンス。
正直、迫力すげェな。
と感じていました。

で。
ちょっと気になったのは
ソロ曲の「水玉模様」で泣いていたんですよ。
なんでかなぁ〜、横浜アリーナってデカイなぁって
思ってんのかなぁ、、、くらいに考えて
僕はあんま気にしてなかったんですが。

こういうワケでしたか。
ブログをみる限り、本人は前もって
聞かされていたみたいだし。

いいですね。
僕はアリだと思います。
悪くない、と思う。
兼任だし。

何より、僕はあの子をかなり買ってます。
人間として、ですよ。
責任感っていうかな、
なんせ男前なんですよ。

センターだった時は進んで、
前に行こうとする意思があったし、
他のどのメンバーよりも乃木坂46の顔である、
という自覚も持っていたように感じます。

どんなとこで感じるか、って
ブログなんですよね。
彼女は凄い繊細な文章でいて、
語ってる事は熱い、という。

あとはライブでも要所要所で、
生駒男前!を凄い感じます。
いつの記事だったか、忘れましたが
ライブ中での生駒の発言にグッときた体験を
綴ったことがあったはずです、確か。

まぁとにかく。
僕にしてみればいいニュースです。
乃木坂46のセンターがあんなにコロコロ変わる
現状にあっては、生駒ちゃんの活躍の機会を
果たしてどうしたものか、と運営も頭を悩ませていたでしょう。

おまけに乃木坂にいて、
今の彼女はどうも悪目立ちしかしていませんでした。
アイドル性が驚くべき低さなんですよ。
動いてる彼女をみてもらえばわかります。
誰よりも乃木坂らしいのに乃木坂のイメージにあわない。

何と言っていいかわかりませんが、
ワチャワチャしすぎなんですね。
落ち着きがない。
この辺はコアなヲタでないと感じられない部分なので
これ以上に踏み込みはしませんが。

とにかく僕は応援します。
変わらず乃木坂46を。
そしてここへきて、まさかのAKB48を。

あ、あかん人の応援してる場合じゃなかった。




 

路上紙芝居、他の場所

昨日は下北沢一番街商店街、i-PARKでの路上紙芝居。
淡々と行いました。
朝は曇っていたのですが、昼過ぎからそこそこ持ち直し
たこともあって中々に人がきていたように思えます。

今回はあえて、子供用のネタをする事なく
全て大人向けでいかせてもらいました。
挑戦です。
昼間からこれでいけるのか、挑戦です。
結果はまぁ割と大丈夫だったと。
そこそこいけたな、と。
そんな印象。

ただ時折、目を輝かせて近づいてくる
子供たちに非常に申し訳ない気分はなりました。
下ネタがいかぬのだな、やっぱし。
もっと怪奇で異様な世界観のものならおそらく大丈夫に
違いない。

いや、泣くかもしれんがそれなりに楽しんでくれると思う。
一刻も早く怪奇物を増やさねばなら、と
決意をあらたに致しました。

それにしても。
いかんともしがたいのは、このままでは
金にならん、という事ですね。
実際、ただ淡々とするだけなのでお金なんてそこに
発生しようがない、基本この場では受け取れない。
そういう決まりですから。

こうなれば。
また、さすらう しかないです。
さすらう、、、なんていいますとカッコいいですが
単純に他の場所でやるってだけなんですけどね。

うぅん、、、どこいいかなぁ、、、模索。
とりあえず三軒茶屋とか近いんでいってみるのも
いいかな、なんて思っております。

あとやっぱこないだみたい秋葉原よね。
路上は結構、規制多いとこやけど夜なら出来たもんね。
うん、考えてみよう色々と。

 

乃木坂46横浜アリーナでのライブ

 
寒い。
もういいですか。
寒すぎてお◯ん◯んが縮みあがります。

はい。
昨日は乃木坂46、二周年記念ライブが
横浜アリーナでありました。
もちろん参加しました。
乃木坂46は大好きですから。
公けには四時間ライブなんて言われていますが、
ノンノンです。
ゆうに五時間はありましたよ。
もちろん間に休憩などを挟んではいましたが。
ともかく。
とてつもなく長いライブでした。
なんせ全曲やりますからね。
これまで発表され続けてきた曲全部です。
もちろん衣装チェンジやセットの都合もあり、
色々と工夫が入ってくるわけです。
そりゃ簡単に時間かかりますわな。
どうですか、皆さん。

申し訳ないけど。
乃木坂46にはこんなんもうやって欲しくない。
僕の本音はそこです。
こないだもいいましたが、散々煽るんですよ。
頑張りってやつを。
ひたむきってやつを。

でもね勘違いしないで頂きたいんですが、
そもそも。
本家AKBやももクロだって結果論として、ですよ。
そういう熱さ、一生懸命さがファンに伝わっただけで
もともとそこを煽ってたんじゃない。 
あくまで自然発生的にそうなっただけです。

だから今の乃木坂の「ひたむき」 の押し売りにはもの申したい。
実際、プリンシパル公演も第3回を迎え、ますますその「ひたむき」 
アピールは加速度を増しています。
即刻やめて頂きたい。
僕は単に可愛い女の子達を愛でたいのです。
いいんですか。
「夢見るアドレセンス」に完全に流れますよ。
いいんですか。

まぁいいんでしょうけどね。
そうなりゃ僕の行き着く先は決まってますしね。
いいませんが。

ともかく。

お嬢様方のお戯れ。

それが乃木坂46のコンセプトだと
勝手に思っている僕には 今の売り出しは不満なんです。
だから今回のライブも満足度は低い。

110点です!

、、、、、、、、みなまで言わすな。
100点は絶対越えるよ乃木坂46やねんから。
そんなもん。
そりゃ曲の良し悪しで語るとなると、
100点超えする曲は少ないけれども、や。
そうなのよね。
特にガールズルール以降、曲まで僕好みじゃなくなってきた。
悲しすぎる、、、、。
勘弁してほしいです。

五時間における長丁場をみて、僕の胸に去来したのは
乃木坂46、そろそろやめどきかな。
ということです。
哀しい結末。
せっかく次期曲はなぁちゃんがセンターだというのに。

頼むぞヤスス。

あ。
ちなみに制服のマネキンと君の名は希望、
この二曲の演出は物凄いかっこよかったです。
あがりました。
それに伊藤万理華の個人PVの曲。
全部いい。
いまさらですけど。
ここに希望をみます、僕。

 
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ