おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2014年03月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

お祭りとフジテレビ


今日、いいともが終わりました。
僕はすっかり観なくなっていました。
ここ十年近く。

一番観ていたのは(おかしな話ですが)
小学校高学年から高校生くらいまで、でしょうか。
とにかくテレビが生活のすべてだった頃です。

家に帰り夜十時くらいまでずっと観ていました。
僕が子供だったころは、
深夜はラジオ、その他はテレビ、
みたいな人が多かったと思います。
チャンネルはほぼフジテレビ。

今のイメージとはまるで違う、
とにかく尖ったことをするテレビ局。
それでいてどメジャー。
そこが凄かった。

邪道なのに王道なんです。
まるで2、3年前のAKB48のようです。
いいとも、、ひょうきん族、、27時間テレビ、、、
これらは特にフジテレビそのものでした。

ひとことでいうとお祭り感です。
終わらないバカ騒ぎ。
あり得ない。
あり得ないことが形になってる。
成立してる、そんな面白さ。

知らぬ間に。
その規格外の面白さが普通になっていきました。
いちいち波風たたなくなった。
それはただ、そこにあるもの、になった。
だから。
いいとも、が終わるって聞いても何の感慨もわきませんでした。
殆どの日本人がそうだったはず。
みんなの中ではいいともはすでに
終わっていたからです。

たまたま今日。
特大号を観ました。
何の気なしにつけたら、タモリとさんまが喋っていた。
あの頃みたいに。
懐かしいなぁ、、、ノスタルジックな気持になりました。
さんまが口角泡を飛ばし、タモリがそれを冷静に諌める。
伝統芸能をみる感覚で二人のやりとりを眺めてました。
それだけ、です。
そしてそのまま、終わるのかな、、
と思っていました。

すると、状況が変わります。
ちょうどさんまが清水ミチコに大竹しのぶの
物まねをふった時でした。

でてきたのです。
ダウンタウンがウっチャンナンチャンが。
さらにとんねるず、爆笑問題、ナインティナイン、
笑福亭鶴瓶、、、

祭りが、始まった!

何十年ぶりかな、、
ちょっと忘れていた高揚感でした。
テレビに憧れ、絶対祭りに加わるぞ!
そう信じていたあの頃。
当時の気持ちに戻ってしまいました。

面白い。
生でみていて良かった。
今、ここでみないと意味がなかった。

それが終わって。
僕はテレビを切りました。

武井武雄展

花見が終わり。
わざわざ遠くから来た友人一人と
次の日を過ごしました。
外はあいにくの雨。
よって昼からの紙芝居がなくなり。
二人で喫茶店に行ったり、
カレーを食べにいったりしました。

おじさん二人仲良くつるむってのは
なかなか気持ち悪いもんですが、
話すうちいつまでも消えない青春の香りが、
漂ってきたような気になりまして。
年甲斐もなくはしゃいでしまいました。

で。
日本橋高島屋で行われている武井武雄展へ。
見応えありました。
何より自分の画力のなさを実感させられる、、、。
思いっきり鈍器で頭をなぐられたような気分になりました。
あぁ恥ずかしい。

武井武雄という人は本当、不思議な作家です。
デザイン的でありながら、
その画面内レイアウトがかなり大胆です。

ともすれば、デザインセンスないんじゃないか、、、
と思ってしまうほど。

もちろん、まるでセンスのない僕が言うのは筋違いなんですが、
絵をみていますと、
この感じでここにこういう配置せぇへんやろ、、、
なんて、きにかかる部分が結構な数あるのですよ。

時代の違い、なんでしょうか、、、
そう言い切ってしまえない、何かがある。
答えはでません。
ただ、今の子供は興味わかないでしょうねあんまし。
それはなんとなくわかります。
ディズニーやらサンリオやらに比べると、
今の時代に受ける、キャッチーさがないですもん。
人や動物の表情もこわすぎるし。
武井武雄が当時、どういう位置であったのか。
今でいうディズニーキャラ人気に近かったんでしょうか、、

そんな事ばっかし考えていました。

お花見のスタート


今日は快晴。
お花見日和です。
うちの前の家、庭の桜がさいております。
窓をあけると目に飛び込む、鮮やかな色に
心がほんのりとあたたかくなります。

そういうわけで今日は旧友どもと花見なのですが、
お昼は紙芝居。
下北沢一番街商店街i-parkにて。
それを終え、お花見場は井の頭公園へと向かいます。

桜は、、咲いているのでしょうかね。
わかりませんが。

とりあえず。
絵本コンペに出す予定の作品を
手直ししつつ、お昼の準備でもしますかね。
今日の過ごし方、としましては。

そういえば昨日、写真を撮ってくれた女の子以外にも
何やらカメラマン、、(最近はフォトグラファーというんですか?)
のマネージャーだ、とおっっしゃる女性がこられまして。
名刺をいただきました。

写真家の方は中嶋琢さんとおっしゃるそうで。
今度、写真展もされるそうです。
5月31日。
BARでやるようで二千円かかります。

う、、ん、、さすがにいきなりで二千円は少し尻込みしてしまう。
何しろ、こちらは貧乏人ですからね。

二千円あればツーショットチェキ二回まわせますやんか。
アイドルちゃんとの貴重な時間。
それくらいの価値が果たしてあるやいなや、、、
考えずにはおれません。

そんなわけで。
乃木坂46、「気づいたら片想い」のそろそろ発売に向け、
ようつべでのPV公開ラッシュが続いております。

本日は「ロマンスのスタート」です。
これめっさいい。
映像最高。
こんな日常に出会えたらもう自分、明日死んでもいい。

ていうか。
どう想像してもこんな可愛い子らばっかし連れて
カラオケってどんだけ素晴らしいシチュエーションやねん。

あと、ずっと可愛いねんけど後半の倒れた主人公の顔のぞきこむ
西野さんね。
たまらんね。
これ、どっかで売ってないですかね。
可愛いが過ぎてしょんべんちびりそうになりました。
実際、少しちびったんですけど。

大丈夫?何してんの。

とかいって馬鹿にされたいね!
もう、、そのままどぶ川に投げ捨てられても
笑ってられる自身ありますよ!

はい。
そんなわけで終わりです。
ロマンスは絶対、スタートせぇへんな。

帰ってきたヨッパライ。

腰を痛めました。
何をしても痛い。
でも新宿に道端紙芝居へ。

新宿はどうも賑やかです。
声を相当大きくしないと雑踏にまぎれてしまいます。
出だしは不調。
チラ見する人はいるものの、足をとめてみる人は少ない。
隣でレミオロメンを熱唱している人は数名の女子が取り囲んで
おります。

その内、チラホラと人が集まりだしました。
宿無しのお父さんとカメラ持ってる女の子。
主にこの二人だけでしたが。

女の子は写真をバシバシとってくれました。
知り合いにいつもバシバシ撮る人が一人いるので、
そんなに意識しないで通常業務に取り組める。

あと宿無しのお父さんは完全に酔っ払ってますが、
別にこないだの人みたいに絡んでくるタイプではなく。
折りたたみの椅子に座って、発泡酒持って。

「いやぁ〜、いいなぁ。」

なんて、かなりご陽気な様子。
おまけに女の子もいるもんだから上機嫌にも
拍車がかかります。

僕はまぁ淡々と紙芝居。
川口春奈にあいたい、を演っていますと
件の親父が、

川口春奈!俺も描いたよ。

と突然、どこかに消えたかと思うと、
すぐに戻り持ってきました二枚の絵&ファイル。

二枚の絵は川口春奈と思われる少女です。
色はついていません。
白い紙にペンで描かれています。
肩くらいまで。

僕が言うのもなんですが、
相当味わい深い、いい絵でした。

すげー、ウマイ!

やんやとはしゃぎますと、

売ってやるよ。一枚百円。

そりゃ、高いよ!

すかさずいいましたよ。
そこへ警察登場。
今回は無駄な反抗はやめよう、と
粛々と従いますと妙な誓約書に指紋をとられました。

さすがに横暴じゃないのか、これは。
妙な事件があった時に手っ取り早くしょっぴかれて
やってもないこと、やったとされて、冤罪被害受けるかも。

やつらはそれぐらい平気でしますからね。
こわいわぁ、、、
袴田さんの事もあるし、
ついこないだ読んだ「殺人犯はそこにいる」
を思いだしましたよ。

その後、宿無し父さんと一杯やりました。
道端で。
喧嘩が強い自慢が始まりましたが。
全て面白かったです。
俄かには信じられないお話ばかりで。

俺、これからラーメン屋台手伝うんだよ!
すぐそこに店出すの。

とのことで、腹も減ってたし食べる事に。
確かに店はありました。

俺は手伝ってくれって事で呼び込みやってんの。
兄ちゃん、食ってきな。
おでんも美味いよ。

と、おっしゃる。
以前から屋台のラーメンには興味があったので、
ちょうど良かったです。

味は普通でした。
どちらかと言うと、二回目はないです。
食い終わって、わかってはいましたが、
一応聞きました。

あのお父さん、この店手伝ってるって言ってたけど、、、

いや。関係ないっすね。知らない人です。

割と若い店の兄ちゃん、ぶっきらぼうに教えてくれました。
はい。やっぱり。

春奈さんのキスシーンは死活問題

久しぶりに銭湯に。
やはり夏より冬の方が行きがいがあるように
思います。
湯船につかり、ガンガンに体をあっためて
すぐさま外にでるとひんやりとした夜風が心地いい。
そんなもんです。
お勧めです。
ま。
もう季節は春になるんですが
なぁに、夜は少し冷え込みますのでね。
今日も孤独を噛みしめる。

そんな僕の気持ちを癒してくれる、アイドルちゃん達。
本日はマイフェイバリットアイドル、殿上人。
川口春奈さんについて。

この夏公開の映画「好きっていいなよ。」
での、キスチラシなんてのが広く宣伝されだしました。
これです。

無題















おま、おま、おまえ、、ちょっとまてや。
ちゅう、ちゅう、ちゅう、、、しとるやないかい。
おもいっきし。
しかも別バージョンまである。

_h512_w909_m6_otrue_lfalse















ううぇえええ~ん(ノД`)・゜・。

見たくなかった、見たかった!
見たくなかった、見たかった!

、、、、混乱しておりますが。
劇中内のみならずこうしてポスターでもキス。
こりゃ間違いなく、テイク40くらい(妄想)やってるって事でしょ。
そりゃ、プライベートも入れれば1000以上はちゅうしてると、
推測される春奈さんですけれど、こうやって衆人環視のもとに
キス顔さらけ出すってのはちょっと、どうなのよ、お客さん!

相手役の福士蒼汰君は僕、割と好きなメンズなんでまだ許せる、
といいますか男前が美人とちゅうするのはそりゃアリですよ。
だいたい40まで生きて明確に出た答えが、
綺麗な顔の男や女は性格もいい、ってやつです。
不細工な男女は確実に性格も悪い。
または悪くなくても相当歪んでいる。
間違いない。

いずれにせよ。
早いとここの映画のチラシを映画館からとってきて
種市先輩のとこきりぬいて、自分の写真貼っつけよう。
そんでそれをまた映画館のチラシんとこに戻す、という
意味のない犯罪に取り組んでみよう。
いや、あかんよ!
記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ