おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2015年08月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

少女かわいや。


どうも鮒おじさんです。
口からまだ鮒の臭いがします。


昨日、新宿の街を歩いてましたら、、

安保法案反対!

と叫んでいるサングラスの男性が一人。
、、、昨日は8月30日ですよ。
この手の思想の方はみんな国会前に出払ってる、、。

なのに、、、、。
なぜ?新宿に?
しかもお一人で。

正確にいうとその横にそっと傘をさしだす方が
いたのですが、拡声器で呼びかけてるのは
お一人でした。

30日に、あえて、新宿。
一人で。
、、、ざわざわした。

昨日は少し、紙芝居の新しい形を模索、、
といえば大袈裟ですが、
ある方と会食。

名前はだしません。
仮に少女さんと致しましょう。
実に有意義な時間でありました。

いまだ胸にある昂揚感よ。
あぁ、、いいものができそうな予感。
手前味噌だろうが、いいのです。

本来の僕の変態性、、、というか、
もっと人間の情念、どろどろしたような
部分を出す、、そして何より冒頭に出した
一人デモに感じた、、、

違和感、とでもいいますか
心がざわざわする感じ?
こういうのを想起させるには、

少女さんの協力は実に
有難い。
そう思っております。

もっともっと変態的に。
異能で異常。
そんな世界を紙芝居でお届けしたい、、、、


うん。いい傾向。
アイドルとする紙芝居。

夢が一歩現実へ。
しかし。
少女さんには、
かえって失礼かと、前置きをしながら。

昨夜はまるで、デートをしているかの
ようでありました。
考えれば嫁さんと別れてから、というもの

恋愛、恋、女性とのなんたら、、、
とあえて距離をとり続けていた日々。
女性と二人で食事、なんて事がないわけでは
ありませんでしたが、

それはあくまで、
且つて知ったる、、、
旧知の仲という間柄あっての話。

初対面、とはいかぬものの
こんなにあらたまってお話するのは、
おそらく初めて、、ですよね。

みたいな方と夕食などというのは、
本当に久しぶりでして。
しかもロリコンまっただ中の僕から
してみれば

諸々、嬉しい悲鳴しかない。
まさにデート。
夜なのにデート。

、、とはいえオヤジ御用達の居酒屋に
つれていき、色恋にアリがちな
甘いムードなどビタイチないのですが、、、

、、、これはリア充というのでしょうか、、。
そうみる向きもあるかもしれません。
だが決してリアルが充実してるわけではない。

紙芝居がまったくブレイクしてないでしょう。
おじさんは年だけとる、、、、
何を持っての充実か。

色欲紙芝居師おに山田がおくる、
めくるめく、変態紙芝居世界のブレイクをもって、
充実としなければ意味はないでしょう!

そう思うのです。
少女よ有難う。
、、あぁそうか。
今日は夏休み最後の日なんですね。

おじさんはお仕事にいきまして、、
後は、本日も地味に創作いたします。
少女の事でも考えながら。

ゑ 少女地獄 


この感動を共有したい。


いまだ口から鮒の臭いがする。
やまだです。
児童の遺体を遺棄した疑いの山田浩二は
刑務所で知り合ったやくざに養子縁組して

山田になったそうで、本当は違う苗字だと、
週刊誌に書いてありました。
よかった。山田じゃなくて。

はい。
そんな事はどっちでもよくて。
V6の井ノ原さん、、、イノッチが、

こないだのМステ終わりで、
「この感動を共有したい。」
と、モーニング娘。’15新曲
Oh my wishのセリフパートを言ってくれた!

という事で、、、ヲタ。
娘。ヲタがざわついておりました。
実に喜ばしき事かな、、、


古くは、「うたばん」での
中居・石橋両氏の娘。いじりが
人気を更に飛躍させたように、
元からジャニーズとの
愛称はさほど悪くはないハロプロ。

付き合うメンバーが出てくるのも、
むべなるかな。
それでも悪くならない関係性。

芸能にはまるで素人のおじさんですが、
やはりこれはハロプロがかなり、ジャニーズの
仕組みを参考に地固めしている部分も
大きいのではないか。

それでも。
僕が現在、中学生であったなら
あまりジャニとはからんでほしくない!
と本気で思ったでしょう。

童貞はこわい。
いまだってまったく心根は
変わっておりませんが。

なににせよ、イノッチさん
有難うございます。

それで、ですね。
偶然なのか、意図的なのか
わかりませんが。

日刊サイゾーの方で、
構成作家であり極度のハロヲタと
して有名な御仁 相沢直氏が

たまたまV6、井ノ原快彦さんについて、
かなり持ち上げた記事を書いておりました。
その直後のイノッチ、

「この感動を共有したい。」

発言でありましたから
これが彼なりのハロヲタ作家へのお返し、、
なのだとしたらかなり、粋です。
そう思うことにします。

9月に入りかけ、、、
池袋サンシャイン劇場界隈では
道DOUと称しまして、

ハロプロ関係の方々が、日本の伝統芸能に
触れる機会が試みられています。
色々、やってるでしょ。

僕は縁あって、和楽器の方々には数名、、
本当に数名ですが、
お世話になっておりますので
誰か一人でもメンバーと、

絡んだ人がいた日にゃあ、、、
しばらくその人と飲みあかしたい
気分なんですが、、、。

幸い、といっていいのかなんなのか。
今んとこいないようでした。
そんな事いったら、
他の分野で結構数名、すでに
からんでる人がいるんですけど

普通になんて事ない顔してますけどね。
それが何か?的な。
波風立たないようにしてるだけ。
腹の中ではもだえています。

一番、共演したいのは僕なんですよ。
握手会とかじゃなくて。
いや、本当に共演、、、とかなったらさすがに
ちょっと考えますけどね。

あまりに失礼なので。
だって、、、同じ空気すったらあかんよ。
不敬よ不敬。

でも、、もしかなうなら、、。
誰と紙芝居一番したいかなぁ、、、
現役メンバーだと間違いなく宮本佳林さん
ですけど

僕、彼女の横で声出せないよ。
だいたい今、鮒の臭いするし。
歴代、、、歴代で言うと誰でしょうね、、、

加護さん、藤本さん、後藤さん、、小川さんかな。
そうやな。
この四名はヤバいな普通に。

でも結局、前田さんと島村さん。
二人に挟まれて紙芝居、、、、
なんて事になったら、、、あぁ!もう!あぁ!もう!

この感動を共有したい。
あ。

ゆうかりんと付き合ったり、
今の嬉唄ちゃんにも彼氏がいるかもしれないけど
そいつらに言うとくけど、

お前どうせ妄想やろwww
おじさん乙

とか思ってるかも知れないが、
お前らは物質、としての二人しか
みていないのか?

つきあってると、
嫌な思いもするだろう。
そりゃあいい事もあるだろうがな。

こっちはそんなん超越して、
夢の国で過ごしてるから
こわいものがないんだよ。

どっちが得かわかるか?
、、、あぁ、、、僕、何いってんねやろ。
頭クラクラしてきた。

そろそろ池に帰ろうっと。

ゑ TIFにて。

tannba
まだやっぱ、、、
ビールはキツいようやな、、、
すぐ酔う。

どうも。
何とか膿を吐き出して
社会復帰できた模様、山田です。

口、凄い臭いよ。
腐敗臭。
鮒みたい鮒。

あぁ、、そうか。
僕は鮒だったのか。
今更気づいたぞ。
自分のなんたるかに。

だからこの動画、何回みても
集めて投げキッスしてしまうんやな。
いよいよ末期やな。

それにしても。
なんの因果か住んでいる、
東京都世田谷区。
ここホンマ、人口の8割が田舎者やな。

昔、お父ちゃんに

「東京なんか行くな!
あんなとこ田舎もんしかおらんねんから!」

って本気で怒られたけど、、、

あぁ、、、こいつ(父)そうとう
自意識が肥大しておかしな事になっとんなぁ、、、
大阪人ってまじでタチ悪いな、って思ったもんですが。

生まれたとこや皮膚や目の色で、
いったいこの僕の何がわかるというのだろう、、、
Byブルーハーツ

の言葉にもあるように。
人の価値は人でしかわからんもんやないの
お父ちゃん。

そうそう。
世田谷区の話。
確かに小金持ちは多いです。

だから東日本大震災の時も一番、
パニックになってたからねここの住民w
下種。下種いなぁ、、、世田谷。

まぁ僕はこのくらい、
自意識の肥大した人間に囲まれていた方が
落ち着けるんですけどね。

なんの話でしたでしょうか、、、
そうですね。
最近はどうなんでしょうかね。

モーニング娘。’15におかれましては。
ミュージックステーションに出演。
その勇姿を僕もYouTubeなんかで拝見しました。

お見事!
アッパレ!
ズッキ!


期待を裏切らぬリバウンド。
リバウンド、、、というと聞こえが悪い。
原点回帰。

ドヤ顔は工藤さんだけで充分です。
ズッキはそのままでいいんだよ。
太ってる太ってると言うやつにはいわせておけ。

どう考えたって柳原可奈子よりは
痩せている。
というか普通に街でみたら可愛いから。


アイドルやねんから、
プロとしてそれはアカンやろ?
やと?

誰が言うとんねん。
どうせ女とロクに会話もできひん、
青い二歳のガキやろ。

えぇか?
えぇか?
えぇのんか?

鈴木香音は、、、、
アイドル、である前に、
ハロー!プロジェクトなんじゃ。

野中美希風に言うと、、、
Hello!Projectなんじゃ。
ハロプロの良さはその包容力!

落語と一緒。
人間の業の肯定。

明石家さんまと一緒。
生きてるだけで丸儲け。

そういう世の中の偉大さっていうか、
意識の外の意識みたいなもんを理解しろ、
とは言わん。

そうじゃなくとも。
なにをかいわんや。

たかが容姿のちょっとした変動で
一喜一憂するんじゃないよ
バカ者が。

覚悟なきものは去れ。

ゑ 可愛いよぅ、、、丹波哲郎。写真提供ナックルズザ・タブー

膿を出し切る。

喉が腫れてから、、5日目。
なんとか、どうにか復活の兆し。
久々の長引く風邪にほとほと参っておりました。

なんとかなったよたぶん、、、。
喉が腫れて炎症を起こす病気、
咽頭なんちゃらかんちゃら、、と
いいまして。

実は僕、何度もなっております。
いつの頃からか、風邪といえば、喉。
そればかりをくりかえすようになっていたのです。

ですので。
対処方法としては、、ひたすら寝る。
あと炎症部の膿を出す、、、
これしかない。

抗生物質やらで炎症をおさえつつ、パンパンにまで
膿をためると、自然に破裂するのでそのタイミングを
まつのです。

下手に病院へ行くと、炎症部を切開され膿を出し、、
検査入院1週間、、、となるので、(経験済み)
とにかくひたすら粘って、耐えます。

食事もろくに喉を通らないので、
水分とゼリー状の栄養物のみをたんたんと摂取。
病院ならば、、、点滴も打ってくれます。

そんなこんなで。
ひたすらにやり過ごす、、、
良くなるのを待つ日々が続いていたのです。

そして昨夜、、といっても今朝か。
夜中3時頃、、、
ついにきたのです。

口中に生臭い、、、
とても気持ちのいいものじゃない臭いが
広がります、、、

膿です。
布団をとびだし洗面台に顔を近づけ
嗚咽。

何度も何度も嗚咽。
出るわ出るわ、ドス黒い、、、
濁りに濁った血の塊のようなもの、、、

ヘトヘトになりながらも、
とにかく出しきらねばならん、と
何度も何度も繰り返しオエオエしました。

、、、おそらくこれで一難さったはず。
満身創痍で布団にもどりますと、
いつの間にやら眠っていたようで。

気づけば今、です。
まだ、、体のダルさが残っております。
しかし確かに少しは楽なよう、、。

どちらにしても、
ハロ!ステ、グリーンルーム共に
朦朧とした意識の中でみていますと

何だか、現実味がない。
夢の国にいるようで、、、
はるなんが司会してましたよね?
あとはゆめのんとりこりこが出てたのか。

はるなん、いいですよね。
ちぇるといいはるなんといい、、。
あまり前へゴリゴリと出ないタイプの人が
僕は好きみたいです。

宮本佳林さんだけ異質。
彼女はスターとしてどうしたって今後、
見続けたい、、、から仕方ないのです。

ハロ!ステは二度目になりますが、
ダンス部のとこは見ごたえすごいです。
真剣みがひしひし伝わる。

あんなに何かに懸命に取り組んだ事、、、
僕ないもの。
できなくても、、、やろうとする姿勢が大事なのだと
つくづく思い知らされます。

練習着、、、ツアーTシャツやスェット姿で
まったく着飾っていない彼女たちですが、
それもすでにして美しい。
たまりませんがな。

おじさん、風邪でへばってる場合じゃないぞ、
とつくづく反省致しました。

次はハロ!ステ紙芝居部を始動させてくれんかな、、、。
こうなるとおじさんにも付け入るスキが
できるのに、、。



夏の夜に。

si
ますます喉の腫れがひどくなり、
ろくに食べれない状態に。
仕事も休み、家でずっと寝ていました。

、、、、少しましになってきたのかな。
なので少年サンデー買えてない。
尾形春水さんの水着、、、どうだったんよ。
パレオつけてないよねパレオ。

先日、週刊プレイボーイをチラ見したところ、
いよいよ9月には森保まどかさんの写真集が
でるとのことで。
楽しみであります。

今日は何も話題にする事がないのですよ。
今はただ、ハロ!ステみてます。
やっぱダンス部は見ごたえありますよね。
こういうのどんどんやってほしいな、と思います。


駄目だ、、思考力がない。
緊急措置として、和楽器グループ
ざ・五人囃子さんがこないだ
お寺でやった怪談の会で

僕の作った紙芝居、
「三人の女」を
やってくれた、、、との事で
その原稿を。

なにせ紙芝居なので、文字だけだと
伝わりにくいかも、なんですが
夏なので。



三人の女


1、おかけになった電話は現在、電波の届かない所におられるか、
電源が入っていないためかかりません、、、、

「なんででないんだ。」
八月のうだるような暑さにうんざりしながら俺は電話をきった。
もう何度もかけている。午後4時。

かなえは今日、バイトが休みのはずだった。
話がついたらすぐに電話する、と伝えていたのに、、、じめじめとした湿気も
てつだって、苛立ちがつのる。さすがにヘトヘトだった。

どこかで休もう、と店を探す。思い直してすぐにやめた。かなえとは結婚を
考えている、無駄な出費はしない方がいい。




2、缶コーヒーを片手にぶらつくと公園をみつけた。
ここですずんでいくか、、虫除けのスプレーもある。俺は結構マメなのだ。
「気が利くよね、そういうとこ好きだなぁ、、。」
さっき別れをつげたばかりの女、ひなこの顔がうかんだ。

あいつはよくそんな事をいっていた。馬鹿にされることはあったが、
そういうマメなとこが好き、といってくれた女はひなこが初めてだった。
別れたのは失敗だったかもな、、もう少しつきあってもよかったかも、、



3、「どうして!」とあいつは言った。なきじゃくるその姿をみながらこりゃ
化粧をしなおさないとオフィスに戻れないだろうな、、なんて考えてた。
「どうしても何も、飽きたんだよ。」

別れる時は変な情はかけない方がいい。可能性の目をつむのが一番の優しさだ。
彼女はさらに激しく泣いていた。もうどうしようもない。
「とにかく。そういうことだから。」
俺はいいおいて逃げるようにその場をはなれた。




4、でもひなこは、夜が最高だったからなぁ、、げびた笑いを浮かべながら
また、かなえに電話をかける。
おかけになった電話は、、、、やはりつながらない。
なんなんだいったい。乱暴にきった。





5、いつの間にか公園では二人の少女がボール遊びをしていた。
こんなオフィス街の真ん中に子供なんて住んでいるのか、、

不思議に思いながらみるとも無しに眺めていると
こちらをむいている少女にどこか見覚えがあった、、、。        
そうだ、あいつだ。水戸リカ。今朝、ひなこの前にふった女。




6、いちいち会うのも面倒くさくてラインで別れを告げたのだ。
リカのことだからきっと電話してきたり、
会ってはなそう、、なんていわれると思っていたのだが、

今のところ何もなく安心していたのに。
まさかこんなとこでそっくりな少女にあうなんて。
気持ちいいもんじゃない。



7、もう行こう、、立ち上がろうとして缶コーヒーをのみほすと、
足元にボールが転がってきた。
「すみませーん。」

リカに似た少女がそういって手をふった。舌打ちをひとつしながらひろう。
つい肩に力が入り強めにほうりなげた。
少女にむかってとんだボールが
その頭にあたってしまった、その瞬間。


8、じつにあっさりと首がとんだ。瞬く間にあふれる鮮血。
「人殺しー!」
もう一人の少女が俺にむかって絶叫した。
冗談じゃない。なんなんだいったい。
慌てて公園を後にした。



9、振り返ると少女たちの姿はなかった。
あふれた血も何もかも消え、

そこにはただ深閑とした静寂があるのみだった。
気味悪くなってすぐに離れる。
もう家に帰ろう、、かなえからの連絡もない。



10、自宅アパートにつき、階段に足をかけた時、
あのボールが転がりおちてきた。
まさか、、似たようなボールなんていくらでもある、、。

目でおいながらそう考えていると階段の上から強い視線を感じた。
全身をはう悪寒。誰かがいる、、
「うわぁ~!」
恐怖を打ち消すように大声をあげ俺は逃げ出した。



11、アパートから離れるとよくいくコンビニの明かりがみえた。
それで少し落ち着きをとりもどす。
疲れでもたまっているのかも知れない。
何か買って行こう。


歩き出すと電話がなった。
かなえではない、さっきふったひなこだった。
「どうして帰ってこないの。ずっと待ってるのに。」
待ってるったって、、どこで、、
足を止め何気なくそこからみえる、
アパートの自室に目をやると、、ひなこがいた。



12、真っ暗な部屋で薄気味悪い笑顔を浮かべている、、片手にはあのボール。
「とってよ」
とてもとどく距離じゃないのに彼女の手を離れたボールが俺に向かってきた。
「うわぁー!」
気力をふりしぼってとにかくコンビニにとびこんだ。



13、「いらっしゃいませぇ。」愛想の悪いいつも店員。
その態度が妙に心地よく感じる。適当にものをカゴに放り込みながらかなえに電話する。
お客様がおかけになった、、、やはりつながらない。

さすがにちょっとおかしくないか、、今日は妙な事が多すぎる。
ひとまず会計をすませこうなれば友人の家にでもとめてもらおうと考えながら店をでた時、
肩を叩かれた。




14、ラインでふったはずの水戸リカだった。
「元気?、、って本当はあんたが聞くんだよこっちがふられたんだから。」
笑いながらリカは俺の顔をまじまじと眺める。
「どうしたの、顔色悪いよ。」
俺は黙って目をそらした。
こいつの家は近所だからこのコンビニで会うのは珍しいことじゃない。
しかし、、、何かひっかかった。

「まさか待ち伏せしてたとか思ってない?、、半分正解。なんとなくここで時間つぶしてた。
だってラインでさよならって、、あんまりじゃない?
こっちは結構真剣だったんだし。」
リカは俺の手をつかんできた。

彼女は基本、明るい。
そのぶん感情の起伏が激しいから面倒くさい女だと思っていた。
とはいえ、いざとなれば、、こんなにあっさりするもんなのか、、
今の俺にはこの明るさがありがたかった。


15、「悪かったな、、ゆっくり話そうか。」
彼女の手に指をからませると、
「相変わらずね。」
リカは強く握り返した。


16、久しぶりだった。かなえと出会ってからこの女の価値は特に下がっていた。
一緒にいてもつまらない。
ましてや寝るなんて、、そんな気にならなかった。
だがたまにはいい。リカの横でかなえに電話をする。

この電話は電波の届かない所におられるか、、
やはりつながらない。もう夜もおそい。
送ったラインの既読はされているのに。

「誰にかけてるの?」
眠そうな声のリカ。それを無視して服をきて部屋をでる。
「どうしたの、帰るの?」
答えている暇はない。かなえの住む最寄り駅だけは知っている。
ひとまずそこに行ってみるのだ。



17、玄関で靴をはく。ボールがあった。
これは、、間違いない、あのボール。
こんなのさっき入った時はなかった気がする、、、
強い視線。全身をはう悪寒。リカが立っていた。
「そのボール、、買ったの。なつかしくて、、
子供の頃、よく友達と投げ合ってたのに似てたから、、、」

声がでない。、、そして俺はきづいた。この女とコンビニを出た時にあった。
その時感じた違和感。あの店には、俺しか客がいなかった!
「うわぁ!なんなんだ、お前。」
慌ててとびだした。


18、もうどこをどう走ったのかわからないくらい夜の街を奔った。
比較的交通量の多い道に出てようやく歩をゆるめる。
落ち着いてだいたいの位置を把握する。

もう一度、かなえに連絡する。まずはライン。
心配だ、連絡くれ。すぐに既読がされる。
少し歩き出す。連絡はない。たまらずかけた。


19、トゥルルル、、なり続けるコール音。
夜の国道を歩きながら、いいようのない殺伐とした気持ちになっていた。
りか、ひなこ、かなえ、、、
三人とつきあってようやく一人にしぼる決心がついたのに。

ふった二人には気味の悪い思いをさせられるし肝心の相手は電話にもでない。
、、もう全部がばからしくなってきた。いっそ他の女をみつけようか、、、
どうせすぐにみつかるだろう、、、、
ガチャリ。



この電話は電波の届かない、、、
「いいかげんにしろよ!俺を馬鹿にしやがって!」
たまらず叫んだ。すると無機的なメッセージの女の声がとまった。
どうしたんだろう、、、
「おーい、かなえ?かなえ?」

声をかける。すると
この電話は、、、と、またながれだした。
この電話は 、電波の届かない世界におられるためかかりません。
あなたへの最後のメッセージです。

、、、一瞬、何を言ってるのかわからなかった。再びおとずれる沈黙。
今、俺に語り掛けてきてなかったか、、耳をそばだてた。
最後のメッセージです。


20、地獄に落ちろ!


21、たまらずへたりこんだ。生暖かいものが地面をぬらす。
もらしてしまった。、、とりおとしたスマートフォンが青白い光をはなちふるえている。


22、そこには画像だけがあった。ボールで遊ぶ二人の女性、、、いや、それはボールではない、、
よくみてみると、、人の頭。


23、血にまみれた、かなえの生首だった。 

記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ