おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2017年01月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

変わらずに続ける


うぅん・・・・アプガの大事なお知らせって。
(2)オーディションの生配信番組の事だったのか・・・

ていうか2月2日なんてすぐじゃないか。
いよいよ決まるんですね。

・・・・そうか。
どうするのかなぁ。

2期メンバー募集!
と宣言した時点からあんまし話題にもなっていないのに、

どういう「面白」に持っていけるんでしょうか・・・
期待と不安、入り混じった感じ。
見守るしかできない。






「7LIVES アップアップガールズ(仮)の生き様」
とりあえずメンバー個人のインタビューところまで読みました。

後は全曲ライナーノーツと、ご家族からのメッセージ、
山田社長のインタビューでおしまい。

うぅ・・・内容が濃すぎる。
それでもまだ足りない。

もっと読んでいたいくらい。
全て読み切ればまた改めて感想を・・・と、

したいんですが、果たしてどのくらいの人が
興味あるのか。

相変わらずアプガのいばらの道、続いている気がします。
まぁんな事言いだしたら、キリがないし

僕なんてもはやいばらどころか、
ぐちゅぐちゅに腐った道を歩いているわけで

彼女らとは比べるべくもございませんが。
はい。



アプガをみてこの本を読んでいますと、
ついつい考え込んでしまうのは、

世の中、
面白い事をやっていたからといって

見合った評価をされるもんでもない、という事実です。
わかっちゃいるけど、こりゃ切ない。

だったら適当にしよう!
なんて割り切ってもどうなん?と思いますしね。

年寄りみたいな物言いを承知でしますが、
僕も長い事、いろんなアイドルをみてきたよ。

アップアップガールズ(仮)のようなグループは
ちょっと無かったですよ。

「史上初」
「他がやりそうもない事」

をたくさんしているから、これまでに無かったと
いっているのではありません。

もっと全体として、
少し突出したグループなんじゃないか、

という話をしたい。
ずばり、一つは6年間です。

変わらぬメンバーでやり続けている。
本来、グループならば当たり前。

当然すぎてかえって見過ごされてしまう。
だけどこれ結構重要。

でんぱ組かアプガくらいじゃないですか。
6年間メンバーも名前も変わらないってのは。

・・・・知らんよ!
そんなロコドルまで網羅してないわ!馬鹿!

おっとすみません。
ヲタクを相手にするとたいがい細かい指摘してこられるので

予防ツッコミを入れさせてもらいました。
あくまで、ドルヲタ界隈で

そこそこ名の知れた
(やっていけてる)アイドルグループ内の話です。
ご理解ください。

話を戻します。
一人ならいざ知らず、

団体であれば長く続ける、
それ自体が難しいと思うんです。

同じ人らが面突き合わせて
毎回絡んでいれば、ギスギスして当然で

はっきりいって本人たち、個人の努力では
いかんともしがたい部分だってでてくるはず。

ましてやアイドル。
フレッシュさだって失われてしまう。

それでも6年間。
対して大きな変化もなく。

やってこれているのは、とてもデカい。
何も一ファンが偉そうに言う事ではないかも知れませんが、

アップアップガールズ(仮)。
7人のメンバー。

変わっていくものの中で、変わらずにいるものが
あるという事をもっともっと自慢していいと思うんです。

落ちこぼれ集団なんかじゃない、
立派なグループですよ。

まして5000人近いお客さんを呼べるんだし、
たいしたものです。

他のグループみたい脱退や増員、、、
もしくは名前変えたりしてるのとは

一線引いて、
「ウチら変わってませんから!」な

打ち出しをもっとやっていい。
やってほしい。

図らずも2期が加入するんですが、
これまたどういう方向なのか

今一つぼやかされていますから、
まぁなんともいえません。

一筋縄ではいかぬ。
おさまるところにおさまらぬ。

そんな仕掛けをうっすら感じてしまう。
ここもまたアプガの良さだと思います。

落ち着いてみれない。

だがそこが、なんというのか・・・
悪くないんです。

ざわざわする。
何も全てパッケージにくるんで、

しっかりリボンつけてプレゼントせんでも、
心に残る事、あるじゃないですか。

あれに近い。
ちょっとした不安。

そしてまたこの不安を楽しめる。
アプガは楽しむ余地を残してくれる。

この辺が、
ちょっと他にないアイドルだなぁ、と。

48、46、ハロプロ、
ましてやBiSなど他のグループでは

こうもいきませんよ。
だいたい不安は的中し

絶望し、悲しみ。
諦めるしかない。
・・・・こんなんばっかし。



全てのアイドルがアプガを
見習えとはいいません。

ていうか唯一無二。
絶対にこれだけは、アップアップガールズ(仮)の

強味として持ち続けてほしい。
たぶん30超えてもグループアイドルできます。

なんならそこで売れるかもしれない。
そんな気持ちを抱かせてくれる。

・・・・・いいグループですほんま。
うまいもんはうまい。

ゑ もっと観ろ!アプガの皆さんに申し訳ないわ!
























遂に発売!アプガ本

o2384337713849356891
さて皆さん。
ここへきて待望の書籍が発売されました。

もちろん
アップアップガールズ(仮)の、
「7LIVES アップアップガールズ(仮)の生き様」

の話です。
いやぁあ・・・・探しました。

今日は発売日。
されどお仕事の僕。

でも絶対、今日に手に入れたい。
手に入れてみせる。

以前も綴ったかも知れませんが、
世田谷という地域。

意外と大型書店が少ない。
アプガのネームバリューを考えると、

申し訳ないが小さな書店には置いていないはず。


頼みの綱は、ヴィレッジヴァンガード下北沢店。






ただアイドルに関してはかなり保守的。
流石に、姫乃たまさん関連は下北沢出身だけに

ちゃんとしてはりますが、
ハロプロなんてハの字もない。

大森靖子さん関連はあるのに、です。
アプガ本・・・・・置いていたならごめんなさい。
先に謝っておきます。

ハナから無い、と決めつけ
のぞいておりません。
ビレバン下北沢。

とりあえず用賀にいったついで。
間の時間を利用し三軒茶屋まで自転車こぎました。

TSUTAYAです。
ちょっとおしゃれなTSUTAYAです。

代官山や二子玉川にはかないません。
くさっても三軒茶屋のTSUTAYA。

アイドル本、割と頑張って置いてくれています。
ここなら!と期待を込めて訪れました・・・・。

無かった。
乃木坂や欅坂、、、ももクロはあるのに!

アップアップガールズ(仮)は無かった!
ふざけんな!

可愛い手帳置く暇があったら、
アプガ本おきやがれ!

だから、いつまでたっても
中途半端に洒落た飲食店が

出来てはつぶれ、できてはつぶれするんだよ!
バカ!

・・・・・・呪詛の言葉はこれくらいにして。
冷静になります。

次のお仕事現場までさほど時間もない。
仕方あるまい。

あんまりやりたくなかったけど。
渋谷に行こう。

渋谷なら間違いない。
・・・・行きました。

若者の街、渋谷。
渋谷にはなんでもある。

無いのは、寿がきやラーメンと
スーパー玉出くらい。


でも他は・・・ほぼある。
それが渋谷。

タワーレコードに行きました。
当たり前です。

嶺脇社長案件のアプガ。
タワレコなら確実!

・・・・・無かったです。
ひょっとしたらいつも小粋なタワレコのこと、

前日にすでに売っていた・・・・
フラゲできたのかもしれません。

30日にしてすでに売り切れていた、
そういう可能性もないわけではない。

ただ・・・・今日は無かったです。
売って無かったです。

ビッチ!
嶺脇社長にひとこと言うておくか!

・・・そんな気持ちになりました。
50冊くらい納品しとけやこら!

あんたらが率先して買うとかなあかんもんやろうが!
BUBKA置いてる場合ちゃいまっせ。

だいたいBUBKAもAKBやったんちゃいまんのか。
いつの間に乃木坂や欅坂メインになってまんねん・・・・

ハロヲタ全て切って48にいったのに、、、
46に行くなんて、、、、、

・・・・・おっと。
BUBKAの事言ってる場合じゃなかった。

とにかくタワレコになかったので、
わが軍、後藤真希将軍曲で有名な

スクランブルにあるTSUTAYAに行ったんです。
・・・・ありました。
三冊。

アイドル本関連コーナーにしっかりと。
TSUTAYA渋谷店、グッジョブ!

それでいい。
それでいい。

いくら周囲に、乃木坂46
橋本奈々未が表紙のUTBを

写真におさめたり、ペラペラとめくりながら
乃木坂話に興じる若者数名がいたりしても、

気にならない。
なんならわざと肩に触れるくらい、

連中に近づいて、
そのそばで寂しそうにささっている、

アップアップガールズ(仮)本。
「7LIVES アップアップガールズ(仮)の生き様」


とってやりましたよ。
かっこいい。
表紙かっこいい。

妙な媚びを売らん。
お前らかっこえぇで。












で。
絶賛、読み漁ってるんですが。

こらアカン。
ここには夢がつまってる。

アンジュルム、和田さんの心の底から
彼女たちを讃える言葉をみよ。

大森靖子の、なんと繊細で且つ
本当をとらえている言葉にふれよ。

素晴らしい写真、
素晴らしいスタッフ。
素晴らしい仲間。

戦う事を決めた彼女らが、
今なおそれを辞めず、立ち向かっていく事の

いかに尊いことか。
ひたすらに馬鹿なことか。

馬鹿は馬鹿であるからいい。
そういう気持ちにただ浸れる・・・・

とてもいい本じゃないか。
もっとじっくり読まねば。

内容は軽々に語れません。
ちょっと時間をください。

読み込みます。
皆様には、

僕がその時一緒に買った
週刊プレイボーイ、
武田玲奈ちゃん初めてのベトナムグラビアと、

史上最強女子 川口春奈さんの最新写真集
先行カットの肢体をぜひとも拝んでおいていただくよう・・・・

お願いしておきます。
川口春奈さんもひとつよろしく。




子供大好き子供欲しい!女の子!

C3TrHkeVUAQHZpm
しんどい時はしんどいですよね。
今日は、しもきた天狗祭りのお手伝いでした。

下北沢一番街商店街のお祭りを、
手伝うようになって早いものでほぼ4年くらい・・・が
立ってしまいましたけど、

何が悲しいって、
しもきた天狗祭りが思ったほど、
世間に浸透していないんです。

・・・・なんでなんだろ。
そこそこ人は来るし、盛況ではあるんですが
圧倒的に知られていない・・・・

なんだか寂しい。
ただのお祭り、といえばお祭りです。
天狗が街をねり歩くくらい。

けれどそれなりに、面白いですよ。
何より子供たちがとても楽しそう。

今日は僕も、紙芝居したんですけど
子供受けするのをメインでやりました。

「やって!もっとやって!」

とせがまれておじさん、
かなりはりきりましたよ。

おかげで、どっと疲労感。
楽しかったんですけど。

僕ら大人は正直、子供をなめていると思います。
絵本作家になりたくて、

けっこう頑張って絵本描いてましたけど、
その時ずっといわれてたのが

「あなたの話は、大人っぽい。子供にはわからない。」

相当悩みました。
大人っぽすぎる・・・・・・・
どういう事なのか。

で。
結局わからなくて。
全然理解できませんでした。

そんな自分でしたが、やっぱり子供が大好きです。
子供が欲しかった。

子供に喜ばれたいと改めて思いました。
なんちゅうのかな・・・・・

下ネタでもいいと思うんですね。
ヘタに子供だましになるよりは、

きちんと下ネタをやりきった方が、
それはそれで子供には受けますよ。

何か・・・取り払いがたいものとして
心に残り続けるはず。

さらっとながれていく話よりも、
大人になってふとした時に、思い出してしまう、、、

それくらいの方がいいじゃないですか。
なので、これは下ネタだから駄目だとか

グロい、えぐいからいけない。
それこそ大人のエゴじゃないか、
と言いたいです。

紙芝居をやるようになってすごく思います。
いかに「子供向け」とは名ばかりの、
「子供だまし」な人が多いか。

いい子ちゃん養成講座じゃないんですから。
もっと自由な空気で、

じゃんじゃん好き勝手子供の前で
やった方が絶対にハマりますって!

・・・・・・うん。
紙芝居の世界は奥が深いです。

てんぐ祭りももっともっと
盛り上がってほしい。




SHARING観に八王子


昨日は、映画「後妻業の女」で、
僕的大注目、

樋井明日香さんが出ている
「SHARING」という映画を見に行って参りました。

これは去年、、おととし?公開されていたのが、
再演となったようです。

正直な感想としましては。
怖い。

これにつきます。
ざっくりいうと

東日本大震災をテーマに、
「君の名は」みたいに

過去、現在を言ったり来たり、、、なお話。
不穏な空気がずっと流れているので、

観ていて安心できるシーンがものすごく
少ない。

息苦しさがずっと続いていく感じ。閉塞感。
観ている間も、ひょっとしてまたあんな大きい地震が

今ここで起こるんじゃないか・・・と、いう気持ちになって
とにかく落ち着いて観ていられなかったです。

語りすぎない部分、、、がたくさんあるので、
観てる側がどうとでも受け取れるような感じなんですけど、

ひとことでいうと玄人受けする映画、と思いました。
僕は基本、そこまで映画好き人間ではないので

正直な話、もっとわかりやすくしてもらった方がいいなぁ、、と
思ったんですが、
樋井明日香さんがたくさん観れたので楽しかったです。

反原発デモのシーンで、車いすのおばあさんが、
独特の節回しで、

故郷が放射能まみれで帰れない、みたいな歌を
拡声器で唄うシーンがあるんですが、

なんだかんだでそこが一番怖かった。
なぜかといいますに、

イデオロギーが、ぐわっと出てきたからです。
全体、そこまで押しつけがましくはないんですが、

あそこだけ妙に、怨念めいていて
いやぁ・・・いつも思う事ですが、

振り切っているものは怖いです。
中庸が一番、難しい。

けれどもどこかでは振り切らないと、
本気なんて出せないような気もします。

イデオロギー以外では神様ネタ。
「SHARING」では
聖書の一節とか、十字架などを映して

絵として重厚感が出ているんですけど、
意味がないというか。

十字架とか、聖書とか
例えば絵を描く場合、見栄えには持ってこいでしょ。

象徴的じゃないですか。
歴史があるし物語を感じられる。

それだけに洋の東西を問わず、
扱うにはかなり繊細。

宗教画じゃあるまいし
例えば絵を描く人としてそれを

絵で描く事の意味っちゅうのは、
考えてないようで、、、やっぱ考えるんですよ。

らくがき、なら別にいいんですよ。
人に売る、ちゃんと見栄えのあるものにしよう、

とした時の話ですけどね。
なのでやっぱり映画でも一緒だと思うんです。

篠崎監督が、安易にそういうのを使ったんでなく
身近に感じていた(キリスト教系の学校出身など)から

自然に出たのかも知れないんですけど、
別に無くても良かったんじゃないかなって。

あくまで素材としての神様、な印象で。
ご自身が上映後の質疑応答で
「僕は神様の存在を、あんまり信じれない。」

みたいな発言をされていたので、
その感じが出ていたんでしょうか。

若いころ聖書を含め、キリスト教についてめっさ勉強した、
と言ってはったので

もっと深い意味をもって使ったのかもしれません。
僕がアホすぎてわからなかった可能性も残しつつ・・・。








ちなみに公開館だったニュー八王子シネマは、
20代の頃、多摩美で売店のにぃちゃんとして

ずっと働いていた僕が今回、初めて知った場所でした。
こんなとこに映画館あったんか。

全然知らんかった・・・・・。
気にした事なかった。

久々に行く八王子は、やっぱり
居心地良かったです。

やっぱり、というのはなんだかんだで
東京で住んでて心地いいのは多摩地区、、、
(特に町田)だと勝手に思ってるからですが。

オリンパスホールはコンサートとかで、
たまに行くんですけど

市街を歩いたのはまじで、
5年ぶりくらいでした。

あんまし変わってない。
古本屋がなくなったくらい・・・。

いい感じで田舎のヤンキーみたいなんが
まだまだいたのに安心しました。

お金もとられんかったし。
元からそんなに入ってなかったけど。


























超身内に向けたお願い。

o2384337713849356891
昨日、髪を切りに平間まで行ったんですけど
その隣が「かしまだ」なのね。
びっくりしました。

いつもkomakingさんが、「かしまだ」と
商店街の入り口を朝も早くからアップする・・・アレです。

アレ、と言われても知らんがなという話ですけど
僕のツィッターのタイムラインではあがってくるんです。
「かしまだ」

妙にパワーのある言葉だと思いませんか、
かしまだ。

漢字だと「鹿嶋田」だそうで、駅名も地名も
当然この表記なんですけど

平仮名「かしまだ」に感じる強烈さはなんなんでしょうか。
komakingさんにぴったりな気がします。
光る眼鏡と「かしまだ」はお似合い。

おっと。
おじさんがおじさんの話をしてる場合じゃなかった。
即刻、やめる事にします。




ハロプロの話。
つばきファクトリーがいい。
特にここのところ、いい。

そんな話がハロヲタ界隈で、でておりまして。
いよいよハロ!ステの中でも新曲、
МVが少し公開されました。

「初恋サンライズ」
これ嫌いな人おるんか?と
思うようないかにもハロ曲。

つんくさんではないようで、
山田祐輔という人が作曲。
井筒日美作詞。
編曲近藤圭一となっております。

色々並びたててみた所で、
例によってよくわからん僕ですが

つばきファクトリーは結成されメンバー増員されるまで
かなり陽の当たらない所を歩かされてきたイメージで、

メジャーデビューとなり
いよいよ本格始動か、な良曲揃いで
嬉しい悲鳴となりました。

Just tryはつんくさんのようですが、正直今回
僕ら周りで一番人気は「うるわしのカメリア」です。

2ちゃんねるではクソミソに書かれていますが。
しかしたまに除いてもあそこに書き込む連中は、
いっちょ前の事は言うくせに、

結局、負け犬の遠吠えなので
その澱んだ空気がたまりません。

嫌いじゃないのよ。
好きでもないし、参加しようとは一切思わないけど。


おっと話がそれました。
「うるわしのカメリア」はカントリー・ガールズ支持派
としては、カントリーにあげても

良かったんじゃないか、あげてくれ、と思います。
正直、つばきは新メンバーへの気持ちが
まだ低いので何とも言えんのです。

特に小野田紗栞。
注目しない人はいないんじゃないの、
というくらい目立っています。
けどピンとこない。

浅倉樹々さんや新沼希空さん、
みんな大好き小片のりさまる。

なんといっても山岸理子さん。
新メンバー加わる前のつばきが

実に座りがいいなぁ、と思っていただけに
なんだか釈然としません。

新メンバー入って良くなったよ、と
言う人も多数なので別に否定はしませんが、

気持ちの持っていきようがいまんとこなくて。
現場では一度しかみていないというのも、

原因かもしれないので、そこはしっかりと
参戦する方向で行きたいなと思っているわけですが。




しかし皆さん!
1月30日には、
アップアップガールズ(仮)のドキュメンタリーフォトブックが

発売しますよ。
いったいそんな英語あるのかい、という
誰もが当然するであろうツッコミをしつつ

気になって仕方ないこの書籍のメイキング動画が
アップされておりました。

いやぁ・・・いいですね。
こちらも。

こちらも、
というかこちらの方が僕は断然期待してるんですけど

つばきは曲、アプガは書籍。
そもそも比べるものではありませんでした。
すみません。

話戻します。
当然、ファンしか買わないと思うので

僕もきちんと購入しまして、
このブログでしっかりとファン以外の方へ

購買意欲を喚起したいと思います。
ノー下ネタでいくつもりです。
真面目な方向でいくつもりです。

でも書籍事態が、
真面目な内容じゃない場合があるので

その辺は柔軟に。
いずれにせよ楽しみで仕方ない。

七人の侍っぽい表紙。
これみるとやっぱ映画とか作って欲しいですね。
お芝居でもいいけど。

音楽じゃないとこで、活躍する7人がみたい。
バラエティー番組でもいい。

Juice=Juiceの宮本佳林さんが、
パフォーマンスでこそ光りたいみたいな話をして

流石!かっこいい!
ってファンが絶賛するのはめっさわかるんですけど、

好きだからこそ違った一面もみたいじゃないですか。
彼女らの場合はドラマ「武道館」が

あまりに最悪の出来だったので失速してしまいましたが。
(今思い出してもアレは惜しい、惜しかったです。)

AKBが豆腐プロレスとうドラマをやってるみたいですけど、
一番、そういうのに向いてるのはアプガじゃないんですか。

同人の世界を見渡しても
なんでそういう展開にならないのかな、と

疑問を感じます。
人気がないんでしょうけど。
本来、同人は同人でしょ。

商業向けやないはずなんやから
誰かやってよ作ってよ。

超身内に向けた提案となりますけど、
俺為さんや原田健太郎さん?
描いてくださいよ!アプガで。

格闘系の作品作って下さいよ。
原田さん!こぶしは別にいらんよ。

・・・・よぅ考えたら原田さんは会った事なかったな。
会った気になってただけで。
鍋パーティ来ないかなぁ・・・夏わかめは来るのに。

僕にはできない!
描けないんです!

いかんせん
そういう要素が皆無なので。

淫夢なら得意です。
ただこれも描く絵が馬鹿みたいなので、

全然エロくない問題が横たわります。
あぁ・・・・ススキノ。






























記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ