おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2017年03月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

大人な佐保さんのライブ

アップアップガールズ(仮)
佐保明梨さん、ソロライブ。

「チェンジ&デストロイ」
いつもは7人のメンバーが、

今回は一人です。
一人で最後までやりきる佐保さんの姿。

ファンからしてみればいいイベント。
ファンクラブイベントなノリなのかな。

大成功だし、
僕らは相変わらずkomakingさんがいたので、

やたら意味不明な言動が面白くて
それはそれは素敵な時間を過ごさせてもらっていました。

佐保さん、ピンのPVが流れたんですが、
今さら言うのも失礼ですけど、彼女はあんなふうにあまり喋らず

映像だと、とてもスラッとしてて
普通にイケてるなぁ・・ってなりました。

もし自分の職場にいたらきっとドキドキして、
遠慮がちにしか話せなさそう・・・・。

接する態度があの・・・
いつもの感じだったらこちらも慣れて、

普通に話せるのかしれないけど、
やっぱりちゃんと綺麗な女性でした。

ハロプロなら。
ファンクラブイベントって銘打ってグループのメンバー、

一人が活躍できる場があるので
それでいいと思うんです。

スペシャル感も出てだからこそ盛り上がる。
けれどアプガだと、

ソロでやるならそれなりの意味を感じてしまいます。
本人や事務所が、別に深く考えず

武道館後のご祝儀のつもりや佐保さん一人で
どれくらいの人を呼べるのか、をみてみる。

くらいの考えでも否定はしないけど
今、このタイミングでする事なのかな・・・と、少し思って。

だとしてもどんな曲するのかなぁ・・・って
楽しみになるじゃないですか。

蓋を開けたら、ソロ曲2曲とアプガの曲だったです。
ソロ曲はねぇ・・・・好き嫌いあると思うんですが、

僕は最初に唄った、「ショータイム」よりも2曲目の
「マイワールド」の方が好きです。

でもどっちもタイトルがなんかとってつけたみたいで、
どうものりにくい。

そういえば武道館でのソロをかけて、
メンバーが対決する・・・「そろそろソロで唄いたい」って

イベントが武道館前にあって。
例によってkomakingさんに招待されて、

行った記憶があるんですけど。
あの時もどっちかといえば、メンバーに一人でやられても

どうも座りが悪いというか。
良くも悪くもアプガは7人で成立するグループなのかな、

って印象を強くもったんです。
これってなんなんでしょう。

アイドルを育てるプロじゃないから、
イマイチよくわかってないけど、

凄い複雑な心境ですけど・・・・・
やっぱしハロプロ凄いなぁってなりました。

佐保さんのソロをみて。
だと、思うんです。

ハロプロ、すごい。
歌やダンスはよく知らんが

ハロー!のあの感じ。
プロフェッショナルって部分、

軍隊的なストイックさに裏打ちされた美は
他のアイドル真似できないんだなぁ、と。

佐保さんのソロライブをみて改めてハロプロの
ごつさを実感してしまったっていうか・・・。

そりゃあ有象無象のアイドルでは、
どこもハロー!にかないませんよ。

いくら乃木坂、欅坂・・・美人揃いでも
そうじゃない。
舞台に立った時の問答無用の説得力は、

ハロプロが最強なのかもしれん、と。
不特定多数に届けるショーをやってるんやハロプロ。

それでも僕はアプガを取ります。
気づけば大好きなグループになってましたから。

ただアプガがハロメンを超えるくらいの、
力をつけるにはやっぱ圧倒的に足りないモノが

あるんちゃうかな。
集客力とかビジュアルっていう目に見えてわかるのじゃなく。

もっと芯の部分。
7人ですよ。

(2)がいてもいいけど、大事なのはアップアップガールズ(仮)
7人で勝負をしていく事だと思います。

佐保さんに力がないとは思いません。
今日のソロをみて、やっぱこの子の踊り方や声・・・・

全部好きやぁってなりました。
7人の中で一番、華があると思います。

グッと大人な感じの衣装もとても似合っていたし、
一人で唄えている喜びがにじみ出ていました。

なので。
好きなんです。

そりゃ僕は仙石さんの方が好きになったし、
佐保さんには何も言えないです。

けど好きですよやっぱし。
こんなにも(勝手な話)身内感でいれるアイドルなんていない。

しかしおそらく、48やももクロ、ハロー!でないアイドル全てに
当てはまる要素だと思います。

僕は巡り巡って、今アプガにきているだけで。
なので身内感、親しみやすさは代替可能な要素が

めっさあるんですよ。
なので危険ですよ。

チェンジ&デストロイじゃなくて
チェンジ&デインジャーです。

佐保さんソロはファンクラブ!って割り切ってやらないと
(アプガサイドはそのつもりかもしれませんが)

ゲスの勘繰りやめれません。
考えすぎ、で終わればいいんですけど。



あぁ。
やっぱ7人で勝負かけよう。

ハロプロに勝つには、そこで突破するのが
正攻法じゃないですかね。

好きですよ!
僕はアプガが大好きですよ!

佐保さん、ソロライブお疲れ様です!
とても素敵でした。

アプガ以外の曲を聴きたかったです。
童謡とか民謡。

演歌でもいいかなぁ。
ビートルズとかも歌ってほしいですよ。

最後に。
これはあんまし言って良い事じゃないかも
しれないですけど。

ライブの最後、佐保さんがみんなにお礼をいって
手を振りながらはけていくとき。

客席の上階にハロプロリーダー、
アンジュルム和田彩花さんがいらしたんですね。

「あれ?!あやちょじゃない?」

一人のヲタが指さしたんです。
周囲の人らもつられてそちらをみやる。

「あやちょだよ!あやちょ~!」

上階に向かって手をふるヲタさんたち。
佐保さんにケツを向けて。

けれども眉一つ動かさずに
笑顔で手を振り続ける佐保さん。

いや、、、それは。
どうなんですか。

いかがなものか、って
半ば言ってるみたいになりましたが、違います。

良くも悪くも、身内感ってそういう事なんだと感じたんです。
だって今回、主役は佐保明梨さんですよ。

あやちょはお客さん。
失礼じゃないか。佐保さんにも和田さんにも失礼じゃないか。

それでも怒れないのは、アプガが、親しみやすさで
やってきたからなんだろうなぁ、と

思いました。
緩急が難しい話。

アプガ。
僕はもっともっと見ていくつもりです。





















僕は認知厨ぢゃない。

69149_756_e993c7c3_f84d8e64
もっぱら仙石さんの事を考えるようになり
眠れぬ毎日を過ごしているんですが。

いつも行く知的障害の男子、というか男性。
結構、いい年齢ですがその振る舞いはとても幼い。

なので、つい男子と思ってしまうんです。
彼はとても面白くて。

自分が直近、気になる言葉を繰り返す。
例えば。

「サミット(スーパー)行きたい」
「TSUTAYA行きたい」

そんな感じ。
ドラえもんとか藤子不二雄アニメが好きで、

しょっちゅう観ているので、歌もうたえる。
ドラえもんの歌で

空を自由に飛びたいな~♪

の後、

はい、タケコプター。

じゃないですか。
彼は唄うときいつも指を頭の上に持ってきて

はいタケコプター

ってやるんですね。
なので、これは他のもやってくれるかもしれん、と。

こぶしファクトリーの
「チョット愚直に猪突猛進」を教えたんです。

ちょ、ちょ、ちょってとこあるでしょ?
ちゃんとやってくれました。

こんどはアップアップガールズ(仮)の
何か、を教えたいと思います。



それだけ。
仙石みなみさんです。

皆さんにとってはマジでどーでもいい話ですが、
なんで僕はここまで彼女に肩入れするようになったのか。

語ってみたい。
こないだの秋葉原定期ライブで、

ストッキングかぶるの嫌で泣いた話はしました。
はい、まずはアレです。

可愛すぎませんか?
何でもやりそうなアップアップガールズ(仮)において、

ストッキングを頭からかぶるの嫌で泣く・・・って。
とぅっっっっても可愛いらしくて。

まさにアイドルやな、と。
まずここで一回、グラッと心がゆれましたわな。

それでも佐保さんです。
佐保さんが常に君臨してはった。

ライブをみているとやっぱ目立つし、
何より明るい彼女のキャラクターは目を奪われます。

ですが。
ここでまた事件です。

握手事件です。
komakingさんの強引な握手強要によって

僕はアプガの皆さんとニギニギする事、
幾星霜なんですが。

・・・・あ。
別にいいんですよ。

ニギニギするならするでそこはもうやりきりますから。
心情では、いまだに過度の接触行為は

反対派でありますが。
アプガの皆さんと、ほんのひととき親交を温めあうのは

やぶさかではない。
二回いいます、やぶさかではないんです。

結果。
「山田さん!」

ですよね。
仙石さんの。

「山田さん!」
名前呼んでくれる。

いつ行っても名前を呼んでくれる。
ありがたい。

認知してくれている。
・・・・おっと間違えました。

それが有り難い、のじゃない。
なんか・・・・名前だけ呼んでくれてるのが。







可愛いの。
とっても可愛いの。

好きにしかならないの。
好きなの。

「ただの認知厨ですやん!」
ブサイクなジャミロ熊井に切れのある
ツッコミをされましたけど、

それでも違う、と言いたいね。
違う。
認知厨じゃない。

彼女が。
彼女の口から・・・

「山田さん!」

これが嬉しいんだ。
始めて山田でよかったと思った瞬間。

社長と同じでよかった。
僕も今度返したい。

「仙石さん!」
と。

そう・・・これはきっと・・・・・



恋。







monstar&moonstarおしゃれ。

monstermoonstar-2
あぁ・・・・仙石さん・・・。
どうも。

アップアップガールズ(仮)の赤い子が、
脳内でずっとダンスしています。

もうどうしたらいいんやろ。
切ない恋心です。

はい。
昨日は、お仕事の合間をぬって
わざわざ観劇に行って参りました。

monstar&moonstarっていうやつです。
原宿でしたよ。
しかも裏原なんて言われてる、そいつぁ洒落た一角です。

自転車であの辺、通る事はよくあるんですが、
がっつり歩いたのなんて久しぶりすぎる。

道行く人、みなお洒落。
気おくれしてしまう。

昔は馬鹿にしてたんですけど、よく考えたらファッションで
勝負しよう、なんて人は

ここいら歩いてマウンティングしあうわけでしょ。
それはそれで生き方ではあるのかなぁ、と。

プロの服飾デザイナーも諸々、
参考にしつつ街を歩いてるはずですし。

どーしても気になるとしたら、
時折みかけるブス顔の男や女ね。

確かにカッコはお洒落。
ただ・・・・ブス。

悪いとはいわんよ。
人を美醜で判断するもんじゃない。

ただ・・・・ブス。
これだけは伝えたい。
すみません。



はい。
なんで芝居に行ったのかというとね。

樋井明日香さんが主演しとったからです。
なのでまぁ期待は裏切らないに違いない、と。

実際に裏切られませんでしたよ。
樋井さん演技うまい!

・・・・そもそも歌やダンスのうまい下手がわからん僕に
演技のうまい下手がわかるんか、と問われれば

えぇもちろん、わかりません。
胸をはっていいます。

せやけどほら僕、彼女の役柄っちゅうの?
3種類みてるから。
映画二本と今回のお芝居。

役柄全部違うんですけど、全部その役に見えるんです。
実在感っていうんですかね。

だから本当の彼女はどれなんかわからん。
これは演技うまいって言ってえぇ種類の奴じゃないでしょうか。

ともかく。
ほぼ出ずっぱりな彼女。

芝居内容が結構、シリアスなので
そりゃあもうプレッシャーなはず。
えらい!プロ!


お芝居の内容は、どこかの地方都市の女子が
東京に出てくる話です。

ざっくり言い過ぎで全然、面白くなさそうでしょ?
でも違うんですねこれが。

多分、僕の説明が下手なだけです。
うっちゃってもらって何が良かったか、を伝えます。





あいつのまわりで、常に誰かが死んでいる。



噂を立てられ周囲から白眼視される男。
そんな彼を兄に持つ妹。
話はこの妹、スイ(樋井明日香)中心に進んでいきます。

テーマっちゅうかキモはたぶん、
人間はウソかホントかよりも

そうありたい、そうあれば、という物語を
信じるようにできているのかもしれない・・・・

って事だと思うんですけど、
SNSを始め情報にまみれている現在だからこそ、

語れる視点だなぁ、、といっちょ前に思いました。
若い。

おっさんには無理。
想像外の感性。

完全に無理って事もないでしょうけど、
取材とか若い子ともっと接するとか・・・色々頑張らないと、

その辺のリアルみたいなのはとても描けません。
演出して兄役でも出てた濱田真和さんって人が若い若い。

知らんけど。
たぶん、若かったです見た目。

20代後半じゃないですかね。
なので、ディティールみたいなんを、わかってはる。

なのに話の内容が早熟、
大人じゃないと書けないんじゃないのって感じで。

ただ重いんじゃなくて、ちゃんと深みもあって
すげぇなぁ・・・と。

ただただ感心。
はっきりいってしまうと、

僕の好きなジャンルじゃないし
若さゆえ、の二枚目演出あるんですよ。

ハロプロ演劇女子部とはわけが違う。
ダサさ、がない。

クールでスタイリッシュ。
・・・・・話少しそれますけど、
ある人が、クールでスタイリッシュというのは、

何も言ってないのと同じ、といっていましたが
それは置いておきまして。

とにかくちゃんとかっこいいわけですな。
その辺は自分にない要素ではっきり、いけ好かないんです。

せやけどね。
そんなん小さい事です。

それくらいちゃんとしてました。
テーマへのこたえは出さない、まとめ方もスマートでした。

ウソかマコトか。
何が、真実か。
何が、真実になるのか。




高齢者を相手にしてる仕事柄、よく思うんですよね。
見えてないものが見えたとかいうじゃないですか。

でも見えてるんですよ本人には。
間違いなく。

それってどっちがほんまなん?
見えてない僕なんか見えてるその人なんか・・・・。

哲学や宗教的観念の話。
ベタすぎてどーでもいい話。

そうなんです。
無駄。

だけど、そう思っておろそかにしてきたから、
現在になってけっこう、

突きつけられてる問題なんじゃないかなぁ、と。
考えすぎかもしれません。

等とまぁそういう自分の考えが飛躍する要素を
持ったお話でした。

いやぁ・・・ちょっと。
若い子の才能にジェラシージェラシー(モーニング娘。’17)

とまでは
いかないけど(若くないしそもそも立ってるとこが違うし)

おっさんも頑張ろう、と思わされました。
一番好きなとこは、
教師の内面吐露シーンですね。



友達が一人いなくなったのを
きっかけに、

友達を探そうと授業を抜け出そうとする
生徒を前に取り乱すんです教師が。

熱血というより悲鳴なんですけど、
それを聞いて生徒が

「だからなに?」

みたいな反応で。
まさに今!今どきっぽい。

僕は、おそらく教師の人の
年齢設定くらいなので特にわかる。

絶対こんな感じなるんやろうなぁって。
そもそも教師自身に問題があるのも、

最初に描かれているのですけど、
おそらく世の中の大半の大人が

たぶんこんなん、っちゅうのが想像できて。
妙に切なくなりました。

でも、この後
教師の授業が少し変わるんですよね。

その辺が希望やなぁ・・と。
素直に感動。

ここまで!ここが好きなとこ。
ここで終わってたらめっさ良かった。




納得いかん、のは。
どうも理由が別にあった、、、らしく。

今日までの芝居なんでネタバレ勝手にオッケーで
いいますけど。

癌なんです。
先生、癌とわかったからなんです。

なので好きな事を教えたい。
生徒に伝えたい、という・・・・・

いや、それいらんやん。
なんでそっちにしたん。

内面だしたとこで変わった、
でえぇやん・・・・。
めちゃ残念。

全体として良かっただけに心残り。
あそこなぁ・・・・。


樋井明日香さんは文句なし!
多分、演者の誰かといい関係でしょうけど
文句なし!

僕にはみーこがいます!
仙石みなみさん!好きや!












ハロプロであること。

27日のひなフェス、
こちらも盛り上がったようです。

ブースの方では例によって、
ハロプロメンバー達がわんさかあらわれ

数々の商品を売る、ヲタが買う。
という光景が繰り広げられたようです。

ヲタの心情になれば、実に至福の時間なんですが
当然、ブースに出品している人の中には

アイドルに興味のない人も多いでしょうし。
そう思うと。

なんか羨ましいというか、
興味なければ普通に横に佳林ちゃんがいても、

「あぁ。きれいな子やね。」
くらいの感覚で、接する事ができるんだろうな、と。

ぅううん・・・・。
アイドル好きになるのんやめようかな。
そっちの方が結果、得っぽいぞ。



いや、もちろん冗談ですけど。
沁みついたものはとれませんので、
今さら卒業できません。

でもほら、ハロメンが販売ブースに入ってさ。
隣のおっさんが、普通の顔して

例えば、落花生パイの箱を渡してる姿なんかをみますとね。
忸怩たるものが、ね。あるっちゅうか・・・。

いやあんた、横に前田こころちゃんがおるのに
なんでそんな普通の顔なん?
耳まで真っ赤でもええんちゃうの?

ヲタクではない、というのは実に強いと実感。
そんなひなフェス「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう」

ですが。
嗣永桃子プレミアムと銘打たれたライブの終演予定時間と、

アップアップガールズ(仮)のライブ開始時間がまるで同じ。
13時半。

こんな事ってあります?
いやそりゃあどこかで何かがかぶるのは必然、

それもまた醍醐味なのも事実ですけど、何も嗣永さんの回に
アプガをあてがう事もないやないの。
なんて殺生な。

そりゃあ僕は行ってないです。
日曜日はお仕事なので、行かなかったんですよ。

でもほら、アプガアプガと日頃言ってる身からすれば
もっとハロヲタに行ってもらいたいやないの。

そりゃあそんな時間にぶつけたらあかん。
結論から言えば、15分推しで

ライブ終わってもみんなしっかり観れたみたいですけどね。
土曜日よりも人が集まってて、

盛況だった模様です。
ブースにアプガが出た時も、結構たくさんの人が

群がっていたとの報告もききました。
去年は、

シャ乱Qまこと並に人が集まってなかった事を思うと
隔世の感があります。

僕も2016年は、ブースをうろつきアプガに
何度もすれ違うのに、肝心の宮本佳林ちゃんに会えず

ぶぅぶぅ言ってた記憶が。
1年でこの変わりよう・・・わからんもんですほんまに。

それでもアプガ人気が出てきているのは、
どうやら間違いないので、

ここらでいっちょ、基本ハロプロ時々アプガなスタンスの人らを
一気に基本アプガ時々ハロプロくらいに持っていく時期なんじゃないか。

ハロー!とアプガは出所が同じなので、
混同してしまうんですけど、よくみると完全に別物ですし。

アイドルがえらい盛り上がった時期、
4・5年前は急先鋒だったのも今は昔、

アイドルブームに陰りが兆して、このまま続けていくには
必然的に変化を余儀なくされている。

元ハロプロエッグなんてのも
ドルヲタにはすでに、いらない情報になっていると思うし。

ハロヲタを取り込むここが最後のタイミングな気がします。
なのでもう来年、ひなフェスはでなくてもいいくらい。

今年中に完全に別物であるとこ見せつけないと、
あかんのじゃないですか。

ハロー!の弊害ってのがあると思うんです。
例えに出して申し訳ないですがまさに

Juice=Juiceなんてその典型。
ごらんなさい。

武道館を一つのゴールに、去年一年かけて感動を作ってきた
ことの弊害が出ているでしょう。

自分らの扱いに、地団駄ふんでるそうじゃないですか。
僕も期待して聴いた新曲

「地団駄ダンス」のあまりの惨劇に、
「やめてあげて!」って叫びそうになりました。

ハロー!である事で一定のファンは見込めるけど
そこから先への活路が見いだせないってのは、

これ中々のもんです。
一年、二年目はいいけれどやはり3,4年とたってくると

完全にブレてくる。
ハロプロって色がついてしまって、

外から需要を見込めない悪循環。
ハロプロそのものが更に広がるのが

本当は一番なんだけど、無い袖はふれないので、
今のジュースは本当にキツい、可哀想です。

それでもパフォーマンスで
きちんとしたものを見せれば、

なんて本人たちは思ってるかもしれないけど、
どうなるんでしょうか・・・・・。

なので、アプガです。
ハロプロ予備みたいなとこにいれば

そりゃあ一定の何かは、あるんだろうけど
もうそれに頼ると損しかないとこへ来たのかもしれない。

もっというとすでに来てたのかもしれないけど、
やはりズルズルとしがみついてくれたおかげで、

僕は彼女らに気づけたので、感謝はしております。
でもやっぱそろそろ、もういいでしょう。

脱ハロプロ宣言しましょう。
いやもうすでに正式なハロプロじゃないのでややこしから、

脱赤羽橋宣言しましょう。
ハロプロ、アップフロントである事の苦悩はこれから、

Juice=JUiceがしょってくれます。
戦ってくれると思います。

そうなれば、
アップアップガールズ(仮)に従うのみです。

人間関係、しがらみ・・・色んな事情があるんでしょうけれども。
一つ、よろしくお願いしますよ!




































ひなフェス2017年の爪痕


しかしひなフェスは楽しい。
今回、僕はハロー!のライブ観なかったですが

それでも全然面白いんです。
ブースがたくさんあるけど、よくみると

けっこう怪しげなものもたくさん。
ものは試し、と。
カラーセラピーを無料体験しました。

自己啓発臭が半端なかった。
先生といわれる茶髪の人が、
選んだ色でその人の特性を診断?してくれる。

黄色を選ぶと、「万能」と言われました。

万能・・・・・僕が?
勃起障害やのに。

「すごいですねー!素晴らしい!」

無味乾燥な言葉を投げかけられ、
大声で笑いそうになったんですが、こらえて。
でも結果、笑いました。

アホすぎる・・・・。
来年、ブース出そうかな。

それはともかく。
例によって、ハロメンが品物を売りにくるんですよ
そりゃあもう至福です。

研修生の前田こころちゃんがお菓子を2千円で、
売ってて誰も買ってあげないので、つい

「買います!」

って言ってしまいました。
横におったジャミロ熊井に金を出してもらう。
すまん。

いやぁ・・・まえここ、可愛かったなぁ。
あんなん本当に存在してるんやなぁ・・・。

・・・・忘れていました。
恒例のシャ乱Qのまこともみました。

淡々と業務をこなしていました。
たぶん、心のスイッチを切ってるんだと思います。

きっと芸能界をサバイブしていくのに
必要な技術なんでしょう。

でも昔からですけど、アップフロントは何かっちゅうと
上っ面の良きこと、偽善事業にすぐいっちょかみします。

会長が古すぎるんだと思います。
そろそろ・・・・。


はい。
で、アップアップガールズ(仮)です。

展示ブースの真ん中にでっかいステージがあるし、
てっきりそこでやるんか、と思っていたら・・・

まさかの平場。
しかもハロー!メンバーがプレミアムと銘打って

繰り広げているライブステージ目の前です。
舐められてる。

干されてる。
温情かもしれませんけどね。

あくまで主役はハロプロ、のひなフェスだから。
しかしねぇ・・・・・だったらはよ48グループ蹴散らせよ!
時間かかりすぎてるねん!

あっというまに向こうも10年たってしまったやないの。
歴史だけ重ねて、企業価値あげる能力ないんなら

自然淘汰されてまいますよ。
売るグループ間違ってるんやおまへんか!

などと。
愚痴も言いたくなろうもの。

まぁいいんです。
アプガですアプガ。

あんな糞みたいなステージでも
明るく元気に押し切るとこ、めっさ好き。

迷惑メール防止SONGもベタで可愛い。
みんなで唄うのとか楽しすぎる。

佐保ちゃん、段取りが全然頭に入ってないし、
新井さんが頑張って仕切るし

森ティーは一生懸命喋ってるけど
言ってる事がこちらの、頭に入らないしw

なんて味わい深いグループなんや。
みんな好き。

あかん。またこのノリになってきた。
軌道修正します。

アプガ、6年ですよ6年。
きっとこの深みは、大人にしかわからんのか。

だから古参といわれるハロの重鎮ヲタも、
もっと流れていいはずなんです。

若い者は、ヲタもメンバーもまかせましょうよもう。
社会でもまれて苦労してきたおっさんにこそ、

アプガの価値がわかると思うんやけど。
得てして現実に向かい合わない夢見るおっさんが多いから、

全然、しっかり観ようともしないのよね・・・。
残念でなりません。

僕は久々に紙芝居もやったんですが、
もう・・・アプガのやつだけで。

ハロプロも素晴らしいです。
けどアプガを少しでも観る人が増えればそれが何より。

ハロプロエッグを首になったとか、
富士山山頂、陸の孤島でライブとかそういうのも

確かに売りにはなりますが、それよりも僕はやっぱ
6年の重みをもっとアピールしていいと思う。

メンバー変わってないんですよ。
ももクロも6年くらいたつけど、あっちは早見あかり抜けたし。

メンバー変わらず6年はちょっとないです。
これ逆手にとらんでどうするんですか。

とかく、新規を受け入れにくい土壌みたいなもんが
アイドルグループ・・・・長いと余計そんな風潮はあります。

ならばチャオベラにいきなはれ。
よぅしらんけど、あの子らはあの位置できちんとした色を

出そうとしてると思う。
そらそうやそれが普通や。

きっかもそうかもしれません。
吉川友です。彼女もおそらく、その辺意識してるんかもしれん。

せやけど、アプガは違う。
完全に売れたがってる。
売れたい欲がすごい。

かっこいい。
気持ちいい。

・・・・・・紙芝居は全然人がみなかったです。
鼻で笑うか、一瞥されるだけでした。

なんか・・・アプガに申し訳ない。
アプガが滑ってるみたいで申し訳ないです。
悪いのは全部、おっさんです。

※・・・・これ冒頭1分だけでもみてください。
     ヲタの悲鳴、本音が入っています。
    でもやるんです!






























記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ