おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2017年12月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

2017ベストグラビアアイドル

年の瀬になりまして。
散々、悩んだんですが恒例なんでやりたい。

以前の呼称、ベスト・オブ・オ〇ペットでは
あまりに角が立ちますからベストグラビアアイドルにしました。

丸くなった紙芝居乞食です。
色々、面倒くさい世の中になってきて
おそらく戦争が近いと思うんですが、

今も昔も閉塞感の先にあるのは、破壊。
クラッシュ&ビルドを繰り返す人間のサガ。

わかった風な事を言っていますが、
心配ご無用、これから話すのは卑近も卑近。

今年最も、僕を夢中にさせたアイドルの話です。
一年の憂さ晴らしといきましょう。


第五位 武田玲奈
2a5bcd2b71c2d8ea48bf12660c1b1523

































やはり今年も入賞してしまいました。
武田の玲奈ちゃん。

池袋で夜ごと遊んでいるなんて、妙な噂も出ていますが
フェイクニュースだと信じています。

今年一年、本当に(一方的に)お世話になりました。
来年もどうか変わらず活動していただきたい。
切に願っています。

第四位 永尾まりや
f52b666a






























正直、迷ったんですがやはり僕には「手に負えない」結論に。
彼女には心の底から馬鹿にされる自身があるんですけど、

永尾さん自身にとってどーでもいい事に決まっています。
しかし彼女のグラビア仕事はとても見事だと感じますし、

無駄に値打ちをこかないでイキ切る姿勢は清々しいです。
大尊敬しています。
来年も夢をみせていただきたい。

第三位 鹿目凛
1846043f




































これはもう・・・完全に今年ブレイク案件です。
聞くところによりますと、でんぱ組.incに兼任移籍されるそうですが、

ヲタの方々は荒れてるんですか?どうなんでしょう?
まったく知らなくて申し訳ないんですが。

「彼女とデートなう。に使っていいよ」で一躍、メジャーになった彼女。
実物をみると僕にとっては若干、濃すぎる顔でした。

けれどイマドキ、ここまで個性的な顔は流行りにくいだろうに
グループアイドルの中にあって確実に頭角を現している姿はカッコいい。

来年は年明けすぐに写真集も発売されますし、
これはきっと売れるでしょうからむしろ2018年こそ本当のブレイクかもしれません。
ご活躍を期待します。

第二位 森戸知沙希
7

























ちぃちゃんの写真だけちぃちゃいのよ。すみません。
とにかく忘れちゃならない森戸知沙希さん。

ぶっちゃけグラビアで頑張った、写真集も良かった、と
手放しでは喜んでいないですが

彼女は今年一年、大活躍すぎました。
応援したい気持ちが何にも増しておりました。

なので、来年はぜひグラビアももっともっと力を入れてもらいたい。
とはいえ、ハロプロですから難しいんですけど。

いっそこれまでの常識を打ち破ってもらいたいです。
真野ちゃんなんてハロにいた時から写真集でも頑張ってたのに、

なんで誰も後に続く人がいないのか不思議でたまりません。
マネージャーの問題かなんなのかぜひ改善を願っています。

ハロプロにとっても来年は実に重要な年だろうし、
今の森戸さんは牽引力を充分備えている、と思います。

第一位 長濱ねる
20171129-00000348-oric-000-1-view





















うん。ねるさんです。
なんというのか全ていい。

欅坂46には生憎、興味がないですけれどねるちゃんには
もっとグラビア頑張ってほしいと、

心の底から思いました。
ただ写真集、グラビアで活躍する人の宿命として、

どんどん過激にならざるを得ない問題があります。
清純イメージを守りつつも、前回より満足させにゃならんのは

至難の業。
彼女ならやってくれると信じておりますけれども。

これをきっかけに欅坂の活動も追っていこう、なんて考えましたが
それをやってしまうとあっさりハロプロを離れてしまいそうで、

勇気がでません。
それくらい脅威です。

歌やダンス、いわゆるパフォーマンスの良し悪しが
観てもすぐにわからない僕みたいなバカにとっては、

彼女のような存在が、アイドルそのものに見えてしまって
ヤバいんです。

失礼を承知で言わせてもらうなら、
何もしなくても可愛い。

実際、身近にこんな子がいてひょっとして仲良くなったら
そのうち、慣れるかもしれんけど

遠くで眺めていれるうちは、超現実です。
いやぁ・・・めんこい。




はい。
駆け足でありましたが、
2017ベストグラビアアイドルを選ばせてもらいました。

言うまでもないけど独断と偏見に満ちていますので、
文句のある人は直接言うか、自分でどっかで発表してください。







金曜新宿路上紙芝居 年末ハロプロ祭り 

昨日、21時は路上紙芝居。
新宿南口でした。

年末もおしせまったこの時期に、
そんなに人もいないだろう・・・と思ったら

なんのことぁない。
故郷へ向かう帰省客なのかはたまた忘年会か、
たくさんの人でごった返しておりました。

なので早々に準備して始めますと、
どこかで見た顔の方が近づいてこられます。

三杯飯さんでした。
以前、ゴールデン街で画展やった時に来てくれた以来ですか。

久しぶりすぎて度肝を抜かれましたけども。
友達の若者を伴って観に来てくださいました。

その彼、歳を聞いたらなんと20歳!
しかも「ハロプロってなんですか?」とマジ質問。

腰砕けそうになりました・・・・
ここまで失墜しているハロプロ帝国。

路上をやっていると、これまでもこの手の話はたくさんあります。
いちいち文字にしていると凹むだけなのでしないけれど。

ハロヲタは、好きなモノどうし、内輪で可愛いやらなんやら
言うてたらいいかもしれんけど、

一般にはまるで響かなくなってきてる現実に向き合ってほしい。
フェスに出演したアンジュルム和田さんが、

ブログで忸怩たる気持ちを見事に語っておりましたけれども、
彼女くらいの発言、宣言を全てのメンバーにもしてほしいし、

みんな仲良く、なんてお為ごかしな風潮そろそろしまいにして
ハロプロには首をとりにいってほしいです。

褒め合うな。
かといって無駄にくさす必要もないですが、

実にぬるい平和思想が業界に蔓延しているような気がします。
どうせ裏で足の引っ張り合いしてるんだろうし、

正々堂々、対決姿勢を打ち出した方が面白いと思うんですが
いかがでしょうか。
聞いていますか秋元康先生。

話がそれました。
とにかくハロプロ知らない人が広がっている中、

ハロプロ紙芝居をするしかない僕は、若者になんとか我慢して
もらいながらやり続けました。

そしたら人が集まってくるの。
不思議なもんです。

まっすぐ僕の方めがけてきてくれた可愛い女子二人組もいまして、
その子らもハロヲタでした。

「紙芝居おじさん、現場で見た事ありますよw」

と言われて照れる乞食僕。
アンジュルムの紙芝居に豪快に受けていただき感無量です。

いやぁやっぱハロヲタは女子がいい。
古参はクソみたいなうじうじしたやつ多い中、

どうしてこんな女子たちはまっすぐなんでしょうか。
大事な事だと思います。

有難うございました。
あなたたちの今後に幸多かれ、と願っております。

そしてここで、一組の美男美女が紙芝居に足をとめます。
女の子がこれまた可愛らしい。

しいて言えば山木梨沙さんを、ぐっと大人っぽくした感じ。
彼女さんこれまた陽気なハロヲタでした。

「好き好き!ハロプロ大好き~!」

のっけからノリノリでアンジュルム「マナーモード」を
口ずさみ始めます。

詳しくききますと彼氏さんは全く興味がない、
との事でいつも大変なんだとか。

そこからはもうずっとハロ話をし続ける彼女さん。
今は仕事の関係で東京を離れライブ行く回数がへって

寂しいんだそうです。
実家が東京なので年末年始帰ってきている、との事。

ちなみにどちらで働いているのか伺いますと
「金沢!ゆかにゃ(Juice-Juice宮崎由加さん)地元~!」

からのハイタッチ。
そんな調子ですから。

「山木さんに似ていますね。」と言いましたら
「アタシ、大学一緒なんです!」

まさかの慶應。
どうりで全身からでるイケてるオーラが抑え切れていません。

まっすぐモテまくって育ったんでしょうねぇ・・・・
なのにハロヲタとか。
嬉しいじゃないですか!

僕がしょーもない小ボケをかましても、全部ケラケラ笑ってくれるし
実にいいお客さんです。

彼氏も感じ良かったです。
呆れつつ、が否定せず話を合わせる・・・といった調子で

「寒いから、、、そろそろ行こうよ。」

なんて言って、優しい声で苦笑い。
ベーグルにハムチーズ、そんな気持ちのいいカップルでした。

2017年も残りわずか。
ハロプロのカウコンにはどうやらライブビューイングも、

行けそうにないですが
ハロコンには参戦のおに山田です。

只今、森戸知沙希主役紙芝居
「森戸伝」を鋭意制作中で、

サンプラザ前でお披露目できたらな、と考えておりますが。
皆さんも風邪などひかれぬようご自愛ください。
きっと世界はハロプロとそれ以外。







鼠の国で大はしゃぎ

これまで僕はディズニーランドに一度しか
行った事がなくて、

それはずっと変わらずだったんですが、
家族や親戚・・・みんなディズニーと阪神が大好きなんですね。

そんな中で育ったもんだから、
様々苦痛な事は多かったんですが

そうですね。
始めてディズニーに行ったのが26歳くらいでしたか。
いっちょ前にデートでしたけど。

その女の子はディズニーランドマニアで、
いかにストレスなく満喫するかを心得ていて、

次から次へ色んなやつに目まぐるしく乗ったのを
憶えています。
実はその時もそこそこ楽しかったんです。

また来たいなぁ・・・とほんのり思ったけれども、
彼女とはデートもそれ一回こっきりで、

気づけばフラれていましたね。
ハロヲタだったから気持ち悪がられたんでしょう。

ともかく。
好きなくせに、斜めに構えるでお馴染みの自分は

ディズニーランドはヤンキー文化と見限っていた節はあります。
昔、ブログでも綴ったと思いますが

「塔の上のラプンツェル」大好き!感動した!とか言っておいて
ディズニー興味ないって何を言うとるんや、という話。



で、つい先日
ディズニーシーに行く機会を得まして。

これがあなた。
めちゃ楽しかったです。

僕が楽しいのはもちろんですけれども、
JS、JC、JKの子らがとても嬉しそうにしているのを

みてるだけで最高。
女子供が大好きな僕ですから考えてみれば当然でした。

もっと若いうちに気づいていれば、
ミッキーの中に入っていたのに残念です。

でもミッキーは中に人が入ってなくて、
ミッキーはミッキーなんだって知っていました?

とても信じられないけれどどうやら本当らしいんです。
サンタクロースみたいなもんかもしれません。

そういえば森戸さんがランドよりシーの方が好き、と
公言されていて

僕もシーに行ったのでようやく仲間入りできた、と
いうわけです。

同じくシーの方が好きです。
そうはいっても、ランドの思い出がフワッとしかないので

ぶっちゃけどっちがいいとかじゃないんですが、
森戸さんがシーというならシーです、決まっています。

ショーも何個かみましたけれど、
めっちゃハロプロっぽかったです。

いや・・ハロプロがディズニーっぽいのかしれません。
とにかく唄って踊ってが華やかで、

アングロサクソンの真骨頂をみせられました。
エンタメはわかりやすいのが、あいつらの取柄。

その変わり外交は狡猾ときているので、
侮れないらしいです。

考えてもれば小ズルいからこそ、人を楽しませる事にかけては
大得意なんかもしれません。

図らずもディズニーシーで人間の深みを感じてしまう紙芝居乞食でした。
正直、ハロメン誰か来ていないかな・・・と、

キョロキョロしていたのも事実。
それが結局、一般のJCやJKをやたら眺める事とイコールに

なってしまったのがたまに傷なんですけど、
まぁ面白かったんだからいいんじゃないか、と思います。

船やボートに乗るだけで、テンションあがってしまうし
働いてる人がみんな恥ずかしそうに頑張ってるからたまりませんでした。

人を楽しませる。

というのは、どんな仕事でも共通するテーマだと
思うんですけど、

言うは易し行うは難しで、むっちゃ大変じゃないですか。
なのでやっぱりディズニーはとんでもないもんなんですな。

僕が今さら言うことでもないですけれども。
幸い年の瀬だというのに、昼間はそんなに寒くないも助かりました。

はしゃいでいるとあったかくなるくらいでしたし。
気になったのは、カモやスズメがいるのに鳩やカラスはいないんですよね。

多分、鷹匠やとって追っ払ってるんかもしれません。
徹底してます。←妄想です。

ミッキーは写真撮影の列が凄くて、アイドル現場でしたけど
ショーの時にミニーが近づいて顔を寄せてくれたんですよね。

あまりの事に写真撮る事もできんかったけど、
奇跡ってあるんや!と胸が熱くなりました。

ご飯がどこもマズいと聞いてたけど噂にたがわぬマズさで、
惜しいなぁ・・・となりましたけど

夕食を終えちょうど出た時に、タイミングよく
花火が始まったもんだから更にテンションあがってしまって

ディズニーランドのくせに運営会社がオリエンタルランドとか
ややこしいねん!みたいな

上げ足取りは金輪際辞めようと心に誓いました。
年に3回は行っとかなあかん。











可愛い子には、めっぽう弱い。

もうすぐ今年も終わります。
年の瀬に行われましたニュースサイト、
TABLO創刊記念イベントに行ってきたんですが、

奇跡が起こりました。
なんと、あの!

伝説の超絶可愛いハロヲタ女子が
イベントを観にきていたのです。

そんな事言われても誰の事だかわからない方々に
説明しますと、

僕が毎週金曜の夜、新宿南口でやっている紙芝居に
ふらりと現れて去っていった女の子の事です。

とても可愛くてきっとアイドル活動されているんだろうと、
おもったら違っていて、僕の事も初めて見たという・・・・・

おまけに「握手してください!」と言われ
すっかり舞い上がってしまい

おに山田もついに売れた!と思いました。
雑な説明で申訳ないんですが、そんな感じです。

その子がTABLO創刊イベントにきてたもんだから、
元々はBLACK・THE・タブーの読者、

ひいては岡本タブー郎さんのファンで、
僕の事はそれ経由で知って、つまり別にあの時

道で始めてみかけた紙芝居おじさんに、夢中になりました!
というパターンではなかったんだな、と意気消沈。

同じくイベントに来ていた裁判傍聴人ライター鈴木先生に、
「残念無念ですよ!すっかりと夢みてましたよ僕は!」と

愚痴を聞いてもらっていましたら、
もうとっくに会場入りしていた美智子カレーさんの隣に、

件の女子が座っておりました。
なんというのか、

美智子カレーさんが気を利かせてくれたんでしょうか
よくわからんのですが、

突然そばに、座ってはるもんだから
童貞マインドの僕はもじもじしかできません。

そしたらなんと、女の子の方から
「あの・・・うまく話せなくてすみませんでした。」

と事の敬意を話してくれました。
なんという細やかな気持ちの持ち主なんだ。

ぐんぐん美少女ポイントがあがっていってるじゃないか・・・・・・
ツィッターで「現代アイドル画展」を知って、

そこから何かといえばロムって(死語ですか?)
いてくれていたらしいです。

全然知らないわけじゃないけれど、路上紙芝居は
始めてみた、とおっしゃりたかったんでしょう。
可愛いのですぐに理解しました。

となると、ハロプロ紙芝居を観にきてくれた、と
いう事になるがな。

山ちゃんすっかり舞い上がってしまうんだから、
ゲンキンなもんです。

確認しますとこの子は
コマキングさん、美智子カレーさん、夏わかめ、
そしてTABLOも熟読されていて鈴木先生まで知っていました。

なんたることか。
敢えて、おに山田ファミリーと言わせてほしい。

ファンを囲い込むチームなんちゃらやなんたらファミリー等と
いう呼称に日頃から

一過言あるはずの僕ですが、
こんな時は使いたくなっちゃいます。

アプガの皆さんごめんなさい。
やっぱり数少ない味方は大事にしたいものですね。

なんだか可愛い女の子が僕のファンだと、
決めつけた上で話をすすめているかのようですが

ちゃんと確認しましたから。
「夏わかめとおに山田はどっちが面白い?」と。

僕だと答えてくれました。
そりゃそうです間違いない。

二人の漫才師は、「気を使ったんでしょうね。」と
余裕をみせたそぶりでしたが、

ブサイク木村の唇は震え、三木田の顔面は蒼白だったのを
見逃しはしませんでした。

それにしてもこういう夢のような時間を僕が味わえたのも、
もうハロヲタ辞めたけれど可愛らしいお姉さん、

ゆっぴさんがこわがる美少女のそばに
優しく寄り添っていたからです。

おっさんに囲まれる美少女でなくて良かった。
だがたった一つ後悔しているのは・・・・・

彼女が某大学の文学科だというので、
僕も好き!とかつい言っちゃったんですけど

誰好き?と聞かれて「内田百閒」て咄嗟に
こたえてしまったんですね・・・・・・






・・・・・・カッコつけてもうた・・・・・・・
こういうとこや、僕のアカンとこ。

なんでカッコつけてしまったんや・・・・・・・
すっかり中二。
反省します。









長濱ねるの写真集が語り切れない。

20171211232014
はい。
クリスマス、ですか。

ケーキ食べていないです。
なぁんも縁がないんですけど。

皆さんは楽しい思い出作りに勤しんで
おられますか・・・・
羨ましいかぎりです。

本日、アイドルのライブに行くのは、
アホですね。

開き直りが痛い。
いつも言ってるけれど冥府魔道なので、

よほどの覚悟がない限り、
彼女出きたらそっち行った方がいいです。

血の通った付き合いができます。
もちろんそれはそれで面倒くさいですよ。

でも人間は面倒くさいので、
わかった上で引き受ければとてもラクです。




長濱ねるちゃんの写真集。
今年ナンバー1なのは間違いないのですけど、

まだまだ語り足りないので、
しゃべっていいですか。

ニュースサイトTABLOの岡本タブー郎という男は、
エロ本編集のプロ中のプロ。
しかも売れる雑誌編集長だったので、

グラビアに精通しているし、玄人はだしですが
最終的には旅が好きすぎて、

ロケ地で良し悪しを判断する悪癖があります。
つまり散々語っても最後に説得力なくなるんですけど、

長濱ねるさんの写真集について言われた事で
おっしゃる通り!と一つ膝を打ちました。

すごく簡単に言うと
「出し惜しみしてる。」と。

そうなんです。
決意の尻、決断の尻。

スタイルがいい、顔もいいので
こんな美少女がここまでのモノをみせている!

という驚きはあるんですけれども、
なるほどページ数に対してあまりに無駄なシーンが多すぎます。

アップや風景で誤魔化しているし。
けれど僕としてはそこは、ギリギリ清楚なアイドルとしての

矜持を保つために仕方なし、と思ってる。
「物足りない」くらいがたまらないんではないか。

これは非常に難しくて
対象年齢を中学~高校の童貞、

とんで40オーバーのどぐされはこれで満足できる。
満足・・・はしてないんだけど

これくらいで充分だ、という諦めがあります。
距離を置いてるんです。

あぁ!ヤバい!
書いてて気づいたけどまさにアカンのは
そこなんでしょうな・・・・

諦めてはいけない。
だって例えばですけど、ねるちゃんがもっと過激な事してたら

絶対に買うでしょう?
買う!力いっぱい買う!と言いたい。

なので、妥協は悪。
クリスマスにアイドルライブ行くヲタクにと一緒です。

中途半端な諦めほどタチの悪いものはない。
どうせならすっぱり諦めろ、振り向くな。
決意せねばならんのです。

なんの話や、と思われるかもしれませんが
僕が語っているのは真実です。

なので、長濱ねるさんの写真集に関わった全ての方に言いたい。
今一歩、踏み込んで欲しかった・・・・・。

何回も言うてるけど武田恵子の写真集が、
僕の生涯ベスト写真集で、

あれくらいしてくれたら全力で欅坂46ヲタになりました。
ハロプロはカントリーガールズしかみなくなたでしょう。

惜しかったな・・・・欅坂46。
強く言いたいです。

ただ、写真集の帯にアナザーカット版写真集が当たるかもしれない
応募券がついてたので送ります。

こちらではもっと過激なねるちゃんがみれるかもしれません。
だとしたら全て撤回させていただき、

ただ黙って欅坂46、長濱ねるちゃんを推す事にします。
ねるちゃん!ねるちゃん!
待っててね。

世界は・・・・・ハロ・・・・・
ハロ・・・・・・・・・プ、、、、プ、、、、

ハロプロとそれ以外かもしれん。
例外アリとひらきなおり。













記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ