おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

2018年11月

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ

659BBEF6-0779-4C3F-A17B-21CA75538B10
すっかり寒くなって参りまして
おっさんは、風邪をひいてしまいました。 

口内炎が4つもできたので、
おかしいとは思ってたんですが、案の定。

どうも寒暖差の激しさにやられたようです。
何ならずっとダルい。

でもまぁいいんですけどね。
大切な人がいるでなし、自由に風邪ひいてやりますよ。

仕事も出来るので、大した事ありません。
すぐに良くなると思います。

アンジュルムに新メンバーが加わるとなって、
ヲタ界隈では一体誰が入るのか、と

みんな楽しそうに、予想しているようです。
僕は昨日のSHOWROOMで言いましたが、

暫定カントリーメンバー、
山木さん小関さんのどちらか、もしくはどっちも、

だと思っております。
いや、何を馬鹿な事を、そんなわけないやんと

言われるのは百も承知です。
これは僕自身の願望なんです。

梁川さんが、辞めてしまって
カントリー・ガールズ4人で活動するみたいだけど、

これは正直、不安しかなくて
うやむやにされて、自然消滅、、、、

10代のカップルやないんやから、
ケジメくらいしっかりつけて欲しいのに、

事実上の活動休止状態であるカントリーで
(次回ライブ開催は発表されているものの全てが未定)
先にあげた両名はいったいどうなるというのか。

ここらあたりで、
ビシッと先行きを定めてあげたいじゃないですか。

大好きなグループが、無くなるかもしれんのは辛いよ。
せやけど、2人のことを考えなあかん。

どうしたらいいのか、、、、
そうなったらもうアンジュルム、何でもオッケーなあの

名門チームに入れてもらうのが一番良い気がしてきたんです。
何といっても、これが実現すれば

船木さんも合わせて、ほぼカントリー・ガールズなので、
ライブでカントリー曲やっても違和感ありませんし。

森戸さんが心配ではあるけれど、
ハロプロナイト主宰、クニオさんに聞いたところ

彼女は既に立派なモーニング娘。らしいし。
涙を飲んで、今輝いている森戸さんを

応援しようと決めました。
なので。

アンジュルムには残り2人が、入る。
これでどうでしょう!

決定!
、、、、、なんですか?

皆さんどうも納得しかねるみたいですね。
だってハロプロ研修生や、

まったくの新人なんて入れると思いますか?
あまりに考えにくくないですか?

あやちょが辞めて以降、
つまり先の事を考えているんでしょう?

そんな順当な、、、というか、
考えやすいパターンだったらわざわざガールズライブで、

あんなネタふりしないでしょう?
パシフィコ横浜大ホールを埋めるためだけに、

何とか持ってきたネタが、メンバー増員なのか?
いや流石にそこまで乱暴ではないと思うんです。

もっと仕掛けてくるはず。
絶対にファンがギョッとするような事ですって。

流石に、加藤紀子とかはあり得ないけど
山木さん小関さんなら、現実味があるでしょう。

何より、あやちょが呼び込んだ時の動画を
見直して欲しいんですが、

船木さんが、結構喜んでるんですよ。
こんなもん研修生で一緒だった子か、カントリーメンしか

無いじゃないですか。
年代的に船木さんと同期は、

他グループの正規メンバーばかりなので、
まさか兼任はさせるまい。

なのでどう考えてもあり得ないです。
となるとカントリー・ガールズ生き残り作戦。

これしかありません!キリッ!
、、、あかん。

胡散臭さを増すような予想してしまった。
また色んな人にウザ絡みされる、、、、いやむしろして!
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609






 

重大発表アンジュルムの紙芝居

B5B6252D-9521-4F43-AD91-0FAA4ED96FD2
アンジュルムの重大発表が、
ついに明らかにされました。

新メンバー加入だそうです。
パシフィコ横浜で、紹介されるとの事。

入れる必要ないんじゃ、、、と思ったりもしますが、
入る事にさほど抵抗を感じないのもアンジュルム。

この辺もリーダー和田さんのなせるワザなんでしょう。
僕も、すでに誰なのかが気になるばかりです。

ごく私的な理由で困ったのは、
実はこのタイミングで作っていた紙芝居が、

「アンジュルムに入りたい」というものだった事です。
これではまるで、自分が新メンバーではないか。

いやそんな事は絶対に無いんですけども。
ですが、アンジュルムは見れば見るほど、

入りたくなるようなグループなのだから仕方ありません。
わちゃわちゃしてて、楽しいきっと最高です。

一人で妄想していたらいつのまにか、紙芝居にしていました。
願わくばこの、平和なグループのイメージが

長く続くよう祈っております。
和田さんは、辞めるにあたって何も心配していない

とは言うものの、実際にどうなるかはわかりませんから。
何しろ、今はめっさ大事な時でやはりここらで

そろそろ売れてくれないと、
またダラダラと日常のようにライブをこなす日々が、

待っているだけに、なってしまいそうです。
アンジュルムなんて、お茶の間に届いて不足なしの

メンバーが揃っているじゃありませんか。
街を行く殆どの人が知っている、そんな存在になって下さいよ。

それにしても、
最近流行っているアイドルの傾向を眺めていますと、

どうもアンジュルム的なものは、
お呼びでないような気もして怖いです。

ブレイクしたグループは、ちゃんとオシャレでコンセプトも、
しっかりしています。

ハロプロはどちらかといえば、場当たり的で
それは多分、予期せぬ脱退加入を繰り返しているからだと

思うんですが、イメージを固定化しにくいとこが、
イマイチ世間に届きにくい原因にもなっているのかな、

なんて思ったりもします。
重ね重ね、カントリー・ガールズの世界観、惜しいですね。

ま、それは置いておきまして
例えばBiSHのように、大人の言うなりにやりつつ、

まるでそう思わせないような感じとか、
欅坂46もですけど、

やっぱりTVバラエティー等で先にメンバーを、
把握した状態からのが親しみが湧きやすく

ファンになりやすいですよねぇ。
ちょっと変わった人々、サブカルにばかり、

届けても仕方ないわけで。
ハロプロがメジャーにある世界、早くこい。

春は中々、訪れてくれません。
、、、、やや憂鬱になりながら、

様々にあがってくる情報を追っていましたら、
宮本佳林さんの新写真集「覚醒」の先行カットが、

何枚か上がってきておりました。
かなり攻めているように見受けられます。

さすが、天下の宮本佳林さん実にアッパレです。
何となれば、モーニング娘。’18の譜久村聖さんも、

覚悟のバックショット、
見事なヒップを見せてくれていたようなんですが、

残念な事に、僕自身がまったく彼女の魅力が
わからない猿なので、

そこはほぼスルーしてしまいました。
申し訳ありません。

佳林ちゃんさんの写真集は、
komakingさんにも買うように進めております。
おしまい。

























 

新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。

E5AEC591-E259-4234-B194-34ED672EB57C
昨日はアプガ。
新井愛瞳さん生誕祭という事で、初台ドアーズへ。

仕事終わりで、間に合うか不安だったんですが
何とかなりました。

後ろの方まで、パンパンに入っていて
こんなに人が来ているのも、久しぶりと

komakingさんからのお話でした。
なるほど、、そんなもんか。

なんて、思いながら。
昼の部は、メンバーみんながショートカットで、

スマイレージのまさに「ショートカット」を唄ったりといった、
イベント制の高いものだったそうなんですが、

夜はがっつりライブ。
それも激しい曲多めのものでした。

中盤あたりは、とくに攻めておりまして
一つ一つにちゃんとノッていたら

間違いなく異常に体力を奪われるやつでした。
新井さん本人の考案という事ですが、まさかここまで激しいとは。

アプガライブをスポーツとして楽しんでいる
ヲタクの人らは、

それはもう大喜びで、終演後の特典会待ち時間も
「まさか、ここまでと思わなかったよ!」と

嬉しそうに話している声が、あちこちから。
大満足の内容だったみたいです。

僕自身ライブ中、
何度も「アプガ最高!」と、

思う瞬間だらけだったんですが、
それはこうしていつもの5人が、

元気に歌い踊っている姿を見れて良かった、
というような生存確認にも近くて

勝手ながら、完全に身内感でした。
もはやアプガ(仮)に、情が湧いてしまっています。

でも、、、別にいいのかなそれはそれで。
不安なのは、握手会で

相手の反応を異常に気にするようにならないか、と
いう事で、何ならもうそうなっているし

これまでのように、ただ伏し拝むだけで有難い、
みたいな感情が変わっていくのがコワいです。

眼を見てくれなかっただの、
塩だっただの、とネタでなく

ガチで気にするようになってしまう。
それは本来、僕が求めるものではありませんから。

情が湧いてきてしまった以上、楽しむ為にはライブみて
チェキとって帰るのが程良いです。

チェキはネタだと思うから、撮れるんですよね。
全くもって、繊細な自分が嫌になります。

ともかく、アプガは相変わらず楽しめるし、
数あるアイドルの中でも充分、独創性に溢れていて

これまでのように、楽曲がヒットしてブレイク、、、
みたいなとこじゃない別の形で、

まだまだ売れそうな気配を孕んでいると、
思うのでまだ知らない皆さんも、

12月27日、ZeppTokyoで行われる全曲ライブに
参加してみてはいかがでしょうか。

昨日のライブを経て僕は、
アプガ新作紙芝居「こんなアイドル見たことない」を

会場前で、行う事も決めましたし。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609















































 

ちゃんさんの官能動画


これは誰にも内緒にしておこうと
思ってたんですが。

Juice=Juice宮本佳林ちゃんさんの、
○ロ動画があるんです。

心配いりません、
ごく合法的なやつなんですがね。

勿体ぶる必要もないので、言いますけど
ハロ!ステ、OMAKEチャンネルです。

一応、上に貼っつけたんで観てもらいたいんですけど。
これね、音フェチ動画なんですよ。

どうも巷で流行っているそうじゃないですか、
様々なフェチをクローズアップして取り上げる、的な。

ASMRって言うんですか?
流行りに乗っかったといえば、そこまでだけど

だってあなた、そこは天下の宮本佳林ちゃんさんですから。
もう、、見応えが違います。

騙された、と思って一度じっくり観てもらいたい。
エロいです、たまらんですよ。

別に脱いだり、エッチな言葉でせめてきたりなんて
全然ありませんし、

そういう目で見なければ特に、何も感じないでしょう。
女ヲタからすれば、また変な事言い出したおっさん、と

呆れ返るくらいかも知れません。
ですが、違うんですエロスは快感。

好きな音を、じっくり堪能する様はまさにそれ。
うっとりとした佳林ちゃんさんの表情をごらんなさいな。

実に気持ち良さそうじゃないですか。
好きな人がが酔いしれているのを観て、興奮しない馬鹿はいません。

むしろ平然と振舞えている方が、おかしいんです。
ドキドキが止まりませんでした。

まるで、その、、、恋人同士の秘め事であるかのような
感覚になりました。

宮本佳林さんという所もいいんです。
なぜなら、彼女はそこはかとなくウチに秘めたる狂気の持ち主。

そこに、一種の変態性を感じます。
尋常ならざる求道者の趣きです。

最近、実は○○ヲタクなんですと、
表明されるタレントさんが多いですが、殆どが眉唾ものです。

ところが、佳林ちゃんさんは違う。
彼女はガチです、ガチ過ぎて引くくらいなんです。

ひょっとすると、アイドルであったばかりに
抑えられた異性への欲求が溢れ出てしまうのかも知れません。

恋愛とセックスは絶対に違うので、
恋愛したければすればいいのに、と思ってしまいます。

ただ若い男は全身これ性欲だから、
セットメニューで考えがち、その場合は

「あなたの事は好きだから付き合うけれど、
セックスはしないよ。

そういうの、ファンを裏切る事になっちゃうし、
私は嫌なの。」

と、こうハッキリ言えばいいんです。

僕らアイドルヲタクは、
だいたいがキスに始まる性行為をして欲しくないだけで、

無ければいいよ、と思っているんです。
なんたってマニアの基本は所有欲ですから、

佳林ちゃんさんと、知り合える環境にない以上、
どこまで行っても赤の他人だから、

勝手に、妄想で、所有しています。
心から謝りたいです。

そして今回のような動画を、
ドロップして頂いた懐のデカさを讃えたい。

事務所グッジョブです。
ここ何日か続けて名前を出してるので嫌なんですけど

あの光る眼鏡komakingさんも先日のイベント以来、
すっかり佳林ちゃんさんに夢中で、

おそらく次作の写真集も5冊くらい
買いかねない勢いなんですけど、気持ちはわかります。

始めて彼と意見があった事に、恐怖を覚えてしまいます。
、、、それは、まぁ置いておきまして。

このように、宮本佳林ちゃんさんはあの動画で
確実にファンを増やしていると思われますので、

散々、気持ち悪いこと書いてきましたが
どうか一つ、平らかな心で頂ければ嬉しいです。

まだ観ていない、アンチ佳林ちゃんさんや
ハロプロ興味ない、チーム負けん気ヲタの皆さん。

ぜひ堪能して下さい。
新しい世界へ、ようこそ。

僕の好きなのは絵本をめくる時の宮本佳林!
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609














 

アンジュルムからのお知らせ。

01619C2E-A19C-4C4E-8B31-67F1ABD71E3FECFCD2AF-11BF-4D60-9447-A93751CE0A05
本日、
アンジュルムから重大発表があるそうです。

なんなんだろう、、、。
気になりますねぇ。

だってあんまし何も思いつかない、
今度、パシフィコ横浜で大ホールコンですよ。

何を今さら言う事があるというのでしょうか。
しかしいつも思いますが、

こういうのそろそろ
やめてもらえないものですかね。 

まるで刺激がないと何も楽しめない人ばかりと、
思われているようで、落ち着きません。

僕もSHOWROOMを毎日やっておりますが、

とにかくニュースがなければ、話題も生まれにくいので

なぁんも話す事ない時、
確かにあるんです。

それでも、何とかなっている。
少なくとも

おに山田SHOWROOMにくる方々は特別な話題性を、

期待してはいない、という事です。
それはもちろん、

僕が面白い事言わないのもありますが、
とっても絡みやすい男なんでしょう、

その辺をなんとなくわかってはる人らが、
おちょくりに来ているんかも知れません。

しかし、有り難い話です。
だって色んな楽しみ方ある中で、45歳独り身のおっさんを

ちょっくらからかってやろうかい、な
テンションでいてくれているなんて、、、素敵やん。

加えて、うちの常連さんはほぼチーム負けん気ヲタで、
メジャーアイドル界でいえばド底辺です。

もう地下と言われても、反論できないくらい。
それでも、何とか歯を食いしばりこれまでやってきています。

なんなんでしょうね、この感じ。
僕としては、いぎなり東北産こそ将来有望、

飛躍していってくれそうで期待しまくりなんですけど、
アプガ(仮)さんらの夢も捨てきれないんです。

この度、新作紙芝居「こんなアイドル見たことない」を
完成させ路上にて披露したんですけど、

僕のとても想いを込めた作品になりました。
真面目に考え、真面目にメッセージをのせた

アプガの紙芝居なんです。
願いが叶うなら一生ふざけて生きていたいけれども、

そうは行かない現実みたいなんを、表現したつもりです。
所詮、表現なんで何の足しにもならないですけれども。

そういえば昨日、
上々軍団のイベント終わりで「仲間」が数人、

来てくれましたが
komakingさんの撮ってくれたアプガ紙芝居の画像が、

自分的にめっちゃ良くて、最高でした。
紙芝居の枠込みで、「いい絵描くなぁ〜」

と思ってしまいました。
これまで紙芝居は殆ど全て、

どこかで自信がなかったりもして
初披露は不安の方が多いんですが、

アプガの新作「こんなアイドル見たことない。」は、
全然ありませんでした。

それくらい自分のストレートな表現、
今このタイミングで5人アプガの紙芝居を

作れたというのが嬉しいんですよね。
これで、しばらくお客さんが増えない現実とかを、

さほど気にせずアプガ(仮)のライブを楽しめる気がします。
だって実際、楽しい!そう楽しさしかないですし。

、、、話がまったく別になっていました。
毎日、話題を生み出さなきゃならない辛さにまつわる話でした。

人というのは、やっかいなもので刺激を感じて満足するなんてなく、
どんどん強い刺激を求めて行くものです。

その結果が、社会を作り上げているんだ、と
思うんですけれど、

こんなん止めようとしたって止められないし、
そもそも生きる事を否定しかねないから辞めますが、

情報が溢れて、
すぐキクのが欲しくて仕方なくなっています。

つまり情報摂取がまず一番上にあり、その後スポーツや
アイドル、あらゆるエンターテイメントが並んでいる感じ。

これでは、皆さん疲弊してしまうでしょう。
心の病が流行る由縁です。

なので、僕は半ば意識的に刺激を受けないようにするほどで、
こんな面倒くさい事ありません。

けれどそうでもしないと、
アイドルを楽しめなくなりそうでこわい。

願わくば、アンジュルムのお知らせが、
大運動会開催!やメンバー全員と鍋会開催!などで

ありますように、、、。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609














 
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ