CA3C0673

興奮して眠れません。
こんな体験がまだできるなんて。
人生は結論をいそいではいけない。
それを確信する夕べでした。
まずは嶺脇社長に感謝でしょう。
ありがとうございます。
自分もこんな形でアイドルちゃんたちに貢献できる
人間になりたかった。
気づけば時すでに遅し。
加齢臭と口臭をまき散らし、鼻毛伸ばしたい放題で死んでいくであろう
自分に、情けなくて涙もでません。

何のこと?
と思われる向きもあるでしょう。
ざっくりと説明致しますと2月28日ZeepTokyoにて
タワーレコード主催のPOP'nアイドルなるイベントが行われたんです。
これが、まぁなかなかの神イベントでした。
神イベントになかなかって表現もどうかとは思いますが。
アイドルユニットサマーフェスを思い起させる、いや盛り上がり的には
あの時以上の、時代来た感。
はっきり言いますと今、アイドルに興味を持たず過ごしてるクリエイターは
全員地獄に落ちるべきです。死んでください。
今回、どれほど面白かったか、何て話はまた冷静になってから
ちゃんと伝えたい。
だからいったん寝落ちします。
別に眠くもないですが、ちょっとばかし高揚感が強すぎる。
酔っ払いみたいなもんなんでこうなるとまぁいったん寝た方がよい。

起きました。
雪の東京。まだまだ降っております。
これはちょっとすごいです。いつまで寒いの続くやら。
で、昨日の続き。
自分は1Fスタンドの結構、後ろの方でした。
アイドルちゃんたちの姿がギリ見える、みたいな位置。
オープニング、バニラビーンズだったんですが、
ゲスト&MCって扱いだったんで曲数も少なくサラッとやった印象。
唄や踊りのインフレが凄い昨今のアイドル業界で、
このテンポでやる事の重要性よ。もっと評価されてもいいと思います。
打順としては二、三番手くらいでも良かったかも。
でLinQです。初見です。
楽しかった。
普通に新鮮な目でみれたし、やっぱ福岡から来てるんで気合入ってました。
ライブ終わりに
「乃木坂の三秒はがしいくなら、LinQ推した方がいいんじゃね?」
なんてしたり顔で語るピンチケ二人組もいました。
彼らにはこれだけ言って置きたい。
あほか、握手の質で推しを決めるな。
こっちも長い事、アイドルみてますからね、ピンチケどもには厳しいです。
他にエラそうにできるとこがないし。
LinQさんに関してはですね、あのアダルトチームみたいなのありましたね。
あれ、微妙でした。
LinQだけのライブであれはあってもいいんかもしれませんが、
昨日の現場は生き馬の目を抜く戦場。
本体でがっちり勝負した方がいいんじゃない?無粋で申し訳ございません。
で、スパガです。スパガ。
みんな可愛いね。
自分の周りでも若い連中がノリノリでした。
ある意味、アイドルの正しい姿をいちばん体現しているのが
スパガなのかもしれないです。
でも絶対、あみたとかヤラシイでぇ~男の事大好きやでぇ~。
お前らポイって捨てられんで~。
夢を壊しておきます。
そして女子流ちゃんです。
とりあえず、始めに。
下品な表現をお許し下さい。
しかし人は本当の感動にであえば少なからずこういった現象になるに違いない。
要するに、、、、フルボッキ!
お母さん、生んでくれてありがとう。
四人ではありましたが、圧倒的なパフォーマンスでございました。
背伸びをして精いっぱい頑張る。
自分たちの知ってる、限界の大人感を出す。
これはもう女子流ちゃんの最大のテーマでしょうし、
それがめいっぱい出せてたんじゃないかと。
何より衣装がよかった。ぶっちゃけ、エロい。
なんですかあの、観客にあたえる罪悪感は。
我が尊敬する
マキタスポーツの言葉を借りるならまさに悪性のエンターティメントです。
ごちそうさまでした。

そしてそして新生スマイレージです。
元ハロヲタの自分はあのハロのヲタ質も含めやっぱここは帰るべき場所なんやな
と感動しかしませんでした。
自分は割とすぐ感動するんでその感動は安っぽいんですが、それでもですよ。
曲がやっぱ乗れるんです。
全然かっこつけてないし、そんな気もない。
要所要所につめられる「おもしろ」な要素(ダンスや歌詞)もおもいっきり
滑ってるんです。
つんくボーイ、ひいてはハロープロジェクトほどお寒い集団はない。
絶対的なすべりっぷり。
でもね、、、2012年。
自分は今回ある事実に気づいてしまいましたね。


ハロプロはいわば滑り芸なのだと。
「なんでやねん!」で心を掴む。
だからちょっと異質でも、ハマるともう抜けられない。
そんなパワーを生み出すんです。
ドリームモーニング娘。とかなんでやねん!って思いますよ。
そんなん言ったらスマイレージが増員したのだってゆうかりんが
やめたのだってみんな「なんでやねん!」なんですよ。
真野ちゃんにボーイがでしゃばってきたのも「なんでやねん!」やし。
BOUNO!にでしゃばったのも「なんでやねん!」
しかしねぇ、、、これがハロープロジェクトなんですね。
突っ込み待ちの美学。
これはきっと化学反応です。長い時間をかけて熟成してきて初めできた味。
そんな「なんでやねん」でつまった歴史。
それがハロープロジェクト。帝国の強さと重み。


今回の感想結論。
アイドルユニットサマーフェスを「スキちゃん」で掴んだスマイレージが
再び「スキちゃん」で全て持っていったという事です。

ゑ 絵本製作中