CA3C1924
昨日は小学校で「かたりとおしばいの会」。
引き続きじゃがいも塾 外丸麦さんの計らいで、
一昨日と同じメンバーにておこなってきました。

下北沢の商店街で小学生、というか子供相手にはだいぶ
やっていますので対して不安はありません。
ただひたすらにやるだけです。

ここらあたりでひとつ、ドスンとくるものを
ガキ相手に披露したい、なんて欲求にもかられるのですが
そこはそれ。
あくまで小学校内ですのであまり過激なのはできません。

落語の紙芝居やらをやりました。
唯一できたのは「人間椅子」ですか。
これはどうかな、、、と思ったんですが割とじっくりと
きいていましたね。

集中されてた、というか。
まぁ、でも基本この某小学校の子供たちがみんな
いい子ですよ。
すれてない感じ。
大人しくなるときはちゃんとそうしてるし。

お客さんに助けられた、という所でしょうか。
いずれにせよこういう機会をあたえてくださった
外丸麦さんには感謝です。
誠に有難うございました。

その後、久しぶり元職場の人と飲み。
ありがたいことにお仕事をいただきました。
打ち合わせしながら飲むってどうよ、、、と
おもいつつも、まぁこんな時じゃないとね。

今、現在自分がぬけた職場がいかに人がいなくなって
大変か、を散々きかされました。
あぁ、、これはいかぬ、な。
長谷川平蔵ばりにそう思わずにおれないくらい、
おそるべき大量退職です。

これが現実。
介護業界というのはもはや、
社会体制として機能不全といっていいんじゃないでしょうか。
でもそれって、この国のあらゆる分野で起こってきている
ことのような気もうっすら、しています。

今日お世話になったような教育現場でもそうでしょうしね。
抱える問題はそりゃもう底なしですよ。
今も昔もそうだったんでしょうが、なんといいますか今の方がその、、、

末期症状感がすごい気。
体制の崩壊。
悲しいかな、中にいる人はそういうのわかっていながら
日本という国は外圧でしか現状を変えれない場合が多い。

台風がくるように、
一掃する力、でないともう
どうすることもできんのじゃないか、とつい泣き言です。

現状をみながらちょっとずつでもいいから、
自分がこうなればいいなぁ、、
と思う方向に向かっていくしかなさそうです。

ゑ 今描いている紙芝居(途中)