昨日は、島村嬉唄ちゃんを求めて
鎌倉、由比ヶ浜に行きました。

ウソです。
ネパール人の友達が海の家をやってるので、

会いに行ってきたのです。
普段は三軒茶屋のアジア料理屋で働いてるんですが、

毎年一夏を由比ヶ浜で過ごします。
外見もすっかり海の男っぽくなって笑ってしまいました。

流石に、嬉唄ちゃん並の女子はいませんでしたが、
水着ではしゃぐ若者は、たくさん。

楽しそうでした。
ま、僕も相当はしゃいで

おかげで、エラく疲れてしまいました。
よぅ眠れた。


はい。
週刊ヤングジャンプに、Task have Funの熊澤風花さん

水着グラビアが巻末掲載。
堂々6ページ掲載されています。

とんでもなく可愛いのですが、
このお方、ドルヲタの間ではすっかり注目されており、

満を持してのグラビア展開に、界隈がぞわぞわしています。
冗談ではなく、普通に売れる。

このままグループ、
Task have funとしてどこまで行くのか気になる所ですが、

少なくとも熊澤さんは、
どんどん有名になってく事でしょう。

明らかに華がある。
橋本某とか、軽く越えてきそうです。

グラビアも期待通りの内容で、
発売日当日、つまり昨日のSHOWROOMには、

一時間強で、5000人以上が集まっていました。
ご本人も流石の反響に終始、

嬉しそう。きゃっきゃと配信しておりまして、
やっぱりアイドルは、もっと有名になりたくて、

日々夢追っているのだ、と思い至ったしだい。
いつも同じ客ばかりを目の前にしていれば、

モチベーションも下がっていくばかりでしょう。
そういう意味では。


我らがハロー!プロジェクト。
特にカントリー・ガールズの面々は現在、

果たしてどんな心境なんでしょうか。
会社員のように、仕事の一部として割り切って、

カントリー・ガールズやっているんでしょうか。
考えたくないけれど。




遂に、新曲「待てないアフターファイブ・傘をさす先輩」
配信されました。
もちろん皆さん、購入されたと思います。

最近、梁川さんの表情に暗い影がさしているように
見えてとにかく気になって仕方ないんですが、

そういう諸々の心配をひとまず置いて、
それぞれ二曲を堪能しました。

待てないアフターファイブの方が僕は好きですが、
傘をさす先輩のしっとりしたメロディーも、

嫌いではありません。
いずれの曲も大人っぽいムード満点で、

メンバーもどんどん大きくなってきたんだなぁ、と
好々爺の気持ちにさせてくれます。

いやぁ・・宜しいよカントリー・ガールズ。
どんどん突き進んで下さい!

・・・・と言いたいところですが。
カントリー・ガールズはこのように、

配信限定でシングルを出していますので、
リリースイベントもありませんし、

ライブもハロコンには出ますが、単独では次回、
11月に東京で一度きり、あるだけなので

大々的に活躍しておりません。
こういう場合、みんなで一つの目標を立て、

高みを目指すというよりも、現状維持がまず大切、
みたいな感じになってしまって、

やる気が削がれたりしないんでしょうか。
少なくとも積極的に打って出る、みたいなのは

出来ないでしょうから、自然とパフォーマンスに
影響が出てくるような気までします。

他のグループみたく
ほぼ休みらしい休みなしで、ライブやイベントを連続でやられても

とうてい全てに顔を出すことも出来ないので、
カントリー・ガールズの活動ペースはもうちょっとだけ

あってくれれば、、、くらいのスタンスなんですが、
冒頭で述べたように、何よりもメンバー自身のモチベーションが、

重要ですので、
これがどんどん無くなるようでは困ってしまいます。

大きな目標持つにしても、
グループがあるかないかわからんでは、

これまた、、ねぇ。
まぁいいや。あんまし暗い風には考えないようにしよう。


そういえば、島村嬉唄ちゃんが
インスタグラムやってるみたいですね。

確認してないので、曖昧情報ですが、
コメントでカントリーを抜けた事について、

謝罪らしき発言をしているらしい。
何ていい子なんや。
B2312778-5689-4DC6-A1E8-AD94BD308C9F













ママとノリノリで画像あげて
在ろう事か、ビキニではしゃいでる彼女をみて

卒倒しそうになったけど、
僕も海にいって思いました、そりゃするわ。

楽しいんよ。
何よりも、今を楽しんでいる証拠やないの。

いや、、だからこそ、もう芸能界に未練もないんかな、、
と悲しくなったんですけど、

幸せに今を過ごしているならばそれが、何よりじゃないか!
嬉唄ちゃんバンザイ!嬉唄ちゃんさいこー!

・・・・カントリー・ガールズは物語を背負ったグループです。
無くすなんて絶対にしないで下さい。

欲しがりません勝つまでは。
おしまい。