397D8A2B-7DCB-4ADD-B590-E981B1760003
昨日は、新宿南口ルミネ2前で
ハロプロ紙芝居だったんですが 、

開始早々、警察に阻まれ
まだ何もしていないのに、来られた事が腹立たしく、

ついゴネてしまいまして。
気がつけば1時間、ずっと罵り合い。

途中から
「だからお前が辞めればいいんだよ。
お巡りさん、早くわっぱかけちゃえよ!」

と関係ないおっさんが、警官の頭越しに
乱入してきて、更に頭にきました。

「暇人が!どうせ無職でする事ないんだろ馬鹿!」

と言い返してやりますと、
顔を真っ赤にして、怒っており面白かったです。 

・・・あぁなんて大人げない自分。
せっかく来てくれたkomakingさんや

いっしーにも申し訳ない事を、
してしまいました。すみませんでした。


それで。
帰ってただ、路上紙芝居を止める日本社会への、

やるせない愚痴を言うだけのために
SHOWROOMやろうと、したら、、、

まさかの、梁川さんのハロプロ卒業発表です。
来年の3月だとか。

一気に全てのやる気が失せました。
ハロプロなんて、面白くありません。

喪失感がすごい。
嬉唄ちゃんが、辞めてしまい虚しい心の穴を、

埋めてくれ、カントリーをまだまだ見続けたい、と
思わせてくれたのは、

間違いなく梁川奈々美さんで、それはもう何度も
繰り返す事ではありませんが、

大晦日のカウントダウンコンサートで、披露した
「愛おしくってごめんね。」の冒頭セリフ、

嬉唄ちゃんパートを、
彼女が引き継いでやったからこそでした。

2016年、1月1日のブログにも
その事を綴ってあります。
http://oniyamada.com/archives/2016-01-01.html


今読めば、ちょっとどうかと思うくらい、
恥ずかしいノリですけど、気持ちはあの時と

何も変わっていません。
補足するなら、たった2年とちょっとの間で

梁川さんは随分と綺麗になられました。
不器用でまっすぐな彼女のような存在が、

ハロプロにいるからこそ、
僕らは佳林ちゃんや森戸さん、上子さんにりかこさんなど

挙げればキリがない、
エース級の方々を心置きなく推せたのです。

わかってくれるかなぁ、、、この感じ。
今のハロヲタで、梁川さんを悪く言う人なんてどこにもおらず、

実は心の底から、みんな君が大好きだったし、
きっと全幅の信頼を置いていましたよ。

辞めるにあたって、
決断をしたブログを何度も読み返したけど、

ごめんなさいね、
一体なんで辞めるのか理解できなかったよ。

心あたり、というか
僕の中で勝手に感情が暴走していて、どうしたって

兼任人事を恨んでしまうし、稲場愛香さんさえ、
憎くて仕方がない。

あいつが全ての元凶で、あいつの所為で、
カントリー・ガールズはおかしくなってしまった。

返してほしい。
あの楽しかった時間を、返してもらいたい。

すみませんね。
本当は違うんです、稲場さんは関係ない。

梁川さんの決断だし、
カントリー・ガールズはそういうグループだったんですきっと。

何を言ってもどうにもならないし、
変わるわけではないけれど、僕は今、

ハロー!プロジェクトに前向きになる気分ではなく、
ほとほと呆れている、というか

付き合いきれない気持ちしかありません。
何度も出会いと別れを繰り返し、それでも続いていくのが

ハロプロで、ヲタはそういうの慣れっこで、
わかってるからまた、別の推しを見つけて、、、、とか

そういうんじゃないです。ほとほと疲れました。
何も面白くありません。

いつまでたっても、売れないのに
無駄にOGばっかり重宝して、それもすぐ裏切られて

ハロプロ好きです、と公言する有名人ばっかりに
頼って、後はハロマゲドンからこっち名物になってる

電撃人事をしまくり、人の心を弄ぶ。
ちゃんとした立派な会社かなんか知らんけど、

全部が、どーでもいいです。
早く本当の意味で、メジャーアイドル集団にして下さいよ。

、、、どんな顔して5日のライブを楽しめばいいんだ。
もう、何をするかわかりません。

しょうもないなぁ、、、。
世の中、くだらなすぎる。

アイドル応援する前に、自分が頑張れよ。
、、、考えれば考えるほど、後ろ向きになるばかり。

ハロプロなんて言葉も見たくありません。
梁川さん、あなたは本当に凄い人でした。

嬉唄ちゃんプレッシャーなんてとんでもないのに、
まだ中学生の君がそれを全部背負って、

あんなに堂々とごめんね、した姿を
僕は一生忘れません。

腹の底から笑い泣きしましたよ。
アイドルって面白い!ハロプロ最高!と、思いました。

君を想う時、
アイドルは決して歌やダンスのうまさなんじゃなく、

在り方なんだ、と確信します。
人の気持ちを変えるのは、やっぱり人だし、

あなたがカントリー・ガールズで見せてくれた
パフォーマンスの全てが、今ではとても愛おしいです。

変な風に茶化してばっかで、すみませんでした。
どうしようもないファンで、すみませんでした。

そして、これまで有難うございました。