0F088759-EB14-4001-A610-254708EF8EBC

それにしても。
僕は頭を抱えてますよ。

相変わらず大活躍のTask have Fun
熊澤風花さんなんですが、

またもグラビアやってくれはりまして。
非常に嬉しいんですよね。

でも巻末なのね。
巻頭じゃないんですヤンジャン。

週刊ヤングジャンプですね。
えなこ、っていうコスプレイヤーが表紙なんです。

僕は熊澤風花さんのが可愛いし華があるし、
程よく小悪魔だから

きっと表紙向きだと思うのに、
なんかイマイチ響いてないのかヤンジャン編集部。

そんなだから乃木坂46某さゆりんごとの、
スキャンダルが僕の頭から消えないじゃないですか。

どうしてくれるんですか。
早く熊澤さんを表紙にしなさい。

・・・・なんて。
逆恨みも甚だしい、花田虎上氏おに山田です。

はなだまさるしは、甚だしいにかかってるんです。
分かりにくいと思って補足しました。

恥ずかしい行為。
そんな事はどっちでもよくて、

熊澤風花さんに話を戻します。
巻末にしたのはわけがあって、

デジタル写真集を販売したみたいです。
美味しいとこはこっちにあるから、

どうぞ宜しくってやつですね。
なるほど中々、商売上手じゃないですか。

ヤンジャン編集部さん、
さっきの乃木坂46某さゆりんごの件は謝ります。

もう死人に鞭打つようにさゆりんご、さゆりんご
なんて繰り返しませんから

どうか許して下さい。
デジタル写真集より普通の写真集が好きな僕だけど

ちゃんと買いますので大きな心でお目こぼし。
そもそも熊澤さんの表情で癒される身の上です。

巻末グラビアも最高に良くて、
最後まで熊澤さんかな、、、と思ったら

キムタクゲームの宣伝でズッコケました。
プレゼントかなんか知らんけど、このキムタク若すぎます。

ピエール瀧や遠藤賢一が、まんまなのに
なんでキムタクだけ90年代のままなんでしょう、、、。

そういえば池袋駅の地下通路などで見かける
西武のポスターにもキムタクがいるんですけど、

これまたフォトショップで加工しまくってて
気持ち悪いいんですよ。

なんやろう、、、
全然、潔くないですよね。

歳とってシワも増えたかもしらんけど、
だからこそ増す渋みってのがあると思うんですよね。

イマドキは猫も杓子も、
ただ若くありたいと、見かけを気にするばかりで

自分に自信がない証拠がとんでもないじゃないですか。
せめて、最先端をいく芸能人の方々には

歳を重ねる事の素晴らしさ、
みたいなのを体現してほしいです。

ここ最近じゃ亡くなってしまいはったけど、
樹木希林さんくらいしかいなかったんじゃない?

みんなこざっぱり、のべつ綺麗にみせようと
あらぬ方向へ躍起になってる。

少し前になるけど、近藤サトさんが
グレイヘアーで堂々と、みたいな触れ込みで

取り上げられていた事あったんですが、
それだってねぇ、、、グレイヘアーって。

白髪でいいと思うんですよ。
そんなとこで気張っても自分が辛くなるだけの気がします。

、、なんでしたけ。
キムタク、なんでキムタクの話になったんだろう。

そうヤンジャンの一番後ろ、
ゲームの宣伝&プレゼントからでした。

かの大スター、木村拓哉さんがですよ。
そうやって見せかけの若さにこだわってるのが、

なんか悲しくてねぇ、、。
基本、堂々と振る舞うのが持ち味の人だったはずが、

エラい小市民な感覚なのねぇ、、と思って。
そりゃあみんな韓流スター好きになりますよ。

もういいじゃない。
ちゃんと重ねてきた年輪を刻んで行きましょうよ。

、、、誰に言うてるんでしょうか。
自分にですね、これは多分。

いつの間にやら熊澤風花さんのグラビアから、
遠く離れてしまいました。

いや、実はそれほど離れてもなくて
だってこんなに可愛い彼女だってそのうち、

歳をとってしまうんです。
蝶よ花よと持て囃されるのはほんの一瞬で、

今のような平和な時代が
これからもまだしばらく続くのを前提で言えば、

実は30歳を過ぎてからの方が永い。
なので、若かりし頃、過去に拘泥すればするほど

今を生きられなくなってしまうじゃないですか。
そんな詰まらん事ないじゃあありませんか。

そうだから僕はナウ、いまここ。
高校一年生の熊澤風花さんを楽しむのです。

水着グラビアを堪能するのです。
あぁ、、、堪らない。

でも本当は。
里仲菜月さんの水着グラビア、ずっと待ってる。
おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

寒い時期に行く覚悟!
これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609