82A3ECC1-5C02-4357-B5D9-50EA5B3F1AD5

てなわけで、全曲ライブですよ。
アップアップガールズ(仮)。

80曲フルコーラスです。
一部、二部、三部とわかれてまして、

前日の疲れが残りまくってた僕は、
ちょい遅れてしまいました。

致し方なし、で会場に着きますと
さっそく始まっていたので、まぁ観てました。

正直、眠いしダルいしで気分悪かったので
もおーぉおお、、、8時間もライブすんなよ、と

ぶっちゃけ思ってました。
これは変な話なんですが、ライブ会場って息が詰まりそうになりません?

お前、アイドル行く資格ないがなと怒られそうですが
実際、そうなんです。

乃木坂46も初期に全曲ライブやってたけど、
あれは日本武道館だったし、

広いので気にもならなかったけど、それでも
長いなぁ、、と思ったし

結局、あのライブで僕が印象に残ってるのは、
まりっか’17をやった伊藤万理華だったりします。

乃木坂46ソロ曲は、
生駒里奈もやってたけど一応表題曲だし、

あくまでオマケでしかなかったはずの、
まりっか’17がいかに評価されていたか、が良くわかる。

扱いとしては確か、
ライブ中盤のオマケコーナーだったと思いますが。

おっといつのまにか乃木坂46の話になってました。
すみません。

とにかくZeepTokyoに8時間、すし詰め。
次回は絶対に、入退場自由にして欲しい。

そういう後ろ向きな気持ちで、
ライブ参戦するのは初めてだったんですが、

ダルさ全開で、ずうぅっといてると、、、
あら不思議。

どんどん元気になってきました。
それもこれもアプガの力。

例によってライブ上等魂で、グイグイ引っ張ってくれました。
流石に疲れてないわけないけど、

声も全然出ていたし、身体もしなやかに動く、
やっぱこの人らプロやわぁ、、、とうっとりしてしまいました。

特典会が無かったのも、
(僕にしてみれば)嬉しくて、

やっぱ純粋にライブで勝負する方が、
真っ当でカッコいいです。

アプガは実力的にそれができるんだから、
そうすればいいのに、だとしたらグッズの売り上げも下がって

実入りが少ないんでしょうねぇ。
ここは悩みどころです。

中規模アイドルの抱えるジレンマ。
何とか10年目にはぶち破って欲しいです。

しかし、なんであんなにずっと動けるんだろう。
アプガ、オリンピックの競技にしたらいいんじゃないの?

滅多な事じゃできませんよほんまに。
特に三部は、アゲ曲多めでお馴染みのヤツが立て続け。

おっさん楽しくて、脳汁が溢れました。
おかげで今日もグッタリよ。

生欠伸が耐えません。
いい事です。

帰りは、お馴染みkomakingさんや田中さんと
久々にあったアサクラさんに加え、

一部で山越さんの偽物と評判の、、、
ボォル、、、なんか横文字で申し訳ない

全然覚えられてない人と一緒だったんですが、
感心したのはアサクラさんです。

荷物が多い田中さんに声をかけ、
「持ちましょうか」とめっちゃ紳士!

彼がそんな事するまで僕はずっと、
単に荷物の多い女性、という認識でしか無かったです。

きっとその辺がモテる男とモテない男の違いなんでしょう。
反省しております。

アプガを通して思うのは、
お客が重要な要素を成す、という部分で、

新興のいぎなり東北産も、
その色を継いでると思うんですが、

キャリア7年のアプガは、
本人たちの完成度がエゲツないぶん、

客を力技で引っ張っていく強さがあります。
パフォーマンスでみせる表情に、

いい意味で余裕を感じます。
実は、僕のいる席少し前方に

どの曲でもまるで微動だにせず、いっさい動かない人が
1人いたんですが、全員発狂してるアプガライブでの

地蔵スタイルはかなり悪目立ちするので、
メンバーがそちらに近づくたび、

視線が彼に向いてて乗せようと試るんですが、
まったくダメだったんです。

それでも、何かちゅうっと近づいて煽ってましたよ。
なんという健気さだろうか。

そりゃもちろん、
ライブの楽しみ方は人それぞれなので、

別にその人を責める気はないし、
後ろからなので見えんかっただけで実は

笑顔全開やったんかも知れませんから。
ただ、ライブの主導権は5人にあるし、

そうやって常に、
パフォーマンスで圧倒してくるとこは、

中々、他グループ真似できないと思います。
これが例えばいぎなり東北産だと

お客さんと同じ目線で、楽しむ感じがあって、
そこはもう好みの問題です。

少女期だからこその魅せ方、
と言うのでは東北産はめっちゃ真っ当。

アプガは安定の、エンターティナーで
あんなもん盛り上がらない人は、ただの捻くれ者ですよ。

81曲目にやっていた新曲アゲノミクスは、
何だろうな、、、よくわからんくらい酷かったけど、

これから仕上がってくるんかも知れんので、
今は今後を見守るばかり。

こないだの愛愛ファイアーもそうですが、
何やかやで5人でも、脳のシワがとれる系曲をバンバン増やす

方向に行くんでしょうかね。 
唇にナイフやプロミストレイン、好きなんですけどねぇ。

なんかものごっつ難しい立ち位置なんやろうけど、
これからも頑張って欲しいです。

いやん、普通の応援してしまった。
おしまい。