6BB7187C-33E6-4882-A858-E42796DD9DAA

北海道、
厚真町へ行った次の日は

東京に戻る日でした。
夕方の飛行機に乗るまでの間、

とにかく札幌を満喫しようと、
カントリー・ガールズヲタクはお馴染みの

時計台はもちろんのこと
本場のスープカレーを味わったり

雪印パーラーとやらでアイスクリーム、
食べたりしたんですが何よりそこに飾ってある

絵がとても良くて、しばらく見入ってしまいました。
原田泰治のような感じなんですが、作者不詳。

今さらですが、店の人に聞けば良かったと
後悔しています。

何より楽しかったのは、
少し話が前後しますがススキノで、

「探偵はBARにいる」でしか知らなかったんで
まさかあそこまでデカい歓楽街だとは

思いませんでした。
今やもう都内でも見ることが殆どできない、

店舗型の風俗店がビル丸ごと!
そんなとこが広い通りに乱立しており、

そういうとこに、行く行かないは別として
普通にテンションは上がります。

やっぱり日本のいいとこは、
性に対して開かれたマインドだと思うので、

考え過ぎない程度に、あけすけな気持ちを
みんなが持てるようになればいいし、

その為にはススキノで見られるような光景は、
失われて欲しくない、増やして欲しいくらいです。

性に対して寛容な気持ちが広がれば、
アダルト産業も商売上がったりな面あるかもですが、

それよりも受ける恩恵が大きい気もします。
実際、わかる人にはわかるでしょうが、

エロ動画だって日本ほど
細分化されてる国は無いだろうし、

出演者へのリスペクトも結構、持ち合わせているからこそ
握手会やイベント、、、

そのほか著名な場で活躍出来るんだろうと思うんです。
僕は自分がいわゆる性豪でないので、

正直、
そうなった所で何かが変わるわけではないんですが、

ススキノを歩いてみて
「賑やかでいいなぁ。」としみじみしました。

で、そのススキノにある「ミルク村」という
ソフトクリーム専門店、

これはaruiteruの北海道出身某常連さんが
おススメの店だというので、行ったんですが

予想以上に楽しかったです。
何より店の内装が凝っていて、

おそらく昔はスナックだったのか、
壁から何からびっしりとヨーロッパ、

ロココ調な衣裳が施されています。
なのに、テーブルやイスは昭和40年代くらいの

レトロな感じなんですよ。
全体にアンバランス、なのに妙に成り立っていて

注文を取りに来る人もとても綺麗なマダムで、
一瞬、違う国に迷い込んだ感覚になりました。

ふるっているのは、
そこで出されるソフトクリームの食べ方で

もちろん普通に食べても美味しいんですが、
100種類以上のお酒の中から数種類を選んで

それを少量、回しかけて味わう、、
というものでした。

僕が知らなかっただけで、
別に新しい食べ方では無いらしいんですが、

おそらくそんなにポピュラーでもないはずで、
新鮮で面白かったです。

まぁ、、そんな感じで
ダラダラと書いてきましたが

「なんやそれ!
結局デートやから楽しかったんやろ!」

と言われればそれまでです。
実際のとこ、アプリから何からモバイル関連を

いとも簡単に使いこなすだけでなく、
女性にしては珍しい一度でも通った場所は完全に

把握できる驚異の方向感覚キャプテンのおかげで、
一切、惑う事なくノンストレスで札幌を満喫できまして

齢45にもなるおっさんは、ただただ言われるがままに
ついて行ったようなもんで

何でしょう、、、自分の不甲斐なさというか
少しは頼れる男に成ろう、そんな気すら無いのんかと

自分が情けなくなったりもするんですが、
それに関してはもう、、そうですね。

返す言葉がありません。
開き直ってしまうこの情けなさよ。
おしまい。