姫乃たまさんの10周年ライブ、
アフターパーティに行きました。

なんとその日、
朝5時半くらいから始まっていたそうで

僕が仕事終わり、
向かったのが19時ちょい過ぎだったから

始まってからすでに14時間くらい、
経過してたというわけです。 

その割にたまちゃん、元気な感じで
あいも変わらず、とても可愛いらしくご丁寧に

接していただく。
芸歴10年といえ、まだまだお若いからなのでしょう。

僕ならとっくにへばっています。
たまにあで元ハロヲタスカラベさんも当然のように

いらしてて、
「僕も朝から居ますけど、
たまちゃんは昨日の夜からですよー。」

と、満面の笑顔で
ご機嫌な音楽に身を任せ、踊っていはりました。

今回は、前日フミさんをお誘いしたんですが
喜んで参加してくださって

「たまちゃん可愛いですねー。」と
ちょっと普通のアイドル現場ではない独特の雰囲気を

それなりに楽しんではるようでした。
僕も色々考えたら、結局たまちゃん現場は時に

寝てしまうくらい落ち着くし
肩に力入れないでいい気になるというか、

のんべんだらりとふわふわ出来るのがとても心地いいです。
ただこういうムードはやろうと思って

すぐに出来るものでも決してなくて、
長年の蓄積の結果でしょうから、さすがとしか言えません。

多くの現役アイドルの人たちも
一度、お客さんとして足を運んで

こういうやり方もあるんか、
と知れば少し心が楽になるんじゃないでしょうか。

それくらい、僕からみた昨今のアイドル現場はまず演者たちの
息苦しさに溢れている気がしてなりません。

ツィッターでみる限りでも、主にピンチケ、、なのかな、
何とも言えないですけど

ただ馬鹿騒ぎしたいだけの馬鹿な連中が、
集団で過度な行為をするようなとこが散見されてますし。

僕は本当にそういう奴らが一番嫌いで、
有り余る力があるなら、本当に一対一で殴り合いでも

すれば良いんよ、としか思えないから
さっさとそうして欲しい、アイドル現場に来ないでと

思っています。
集団心理というのか烏合の衆で、

1人じゃ何も出来ないくせに、友達おったら常軌を逸した馬鹿騒ぎ。
やっていて恥ずかしくないんですかね。

そういう場をこなしてるアイドルさん本人たちも、
きっと心が荒れてくに決まってるし

だからこそ姫乃たまちゃんが提供するような、
弛緩できるハッピーな空間がいかに貴重である事か。

この良さは文系だからなんですかね。
そうは言っても体育会系のノリ全部が悪いんじゃないし

カラッとした抜けるような馬鹿さがあれば
僕は大好物なので、

その辺はケースバイケースで使い分けていく
もんなんかも知れず。

一概にこれはアリ、
それはナシみたいにも括れないですがたまちゃん現場は、

特に両国RRRは令和になっても、時代に相応しい模様です。
そのようなわけで

しのごの御託を並べてきましたが、
図らずも大団円、大事なたまちゃんパートの前に

やる事になったおに山田紙芝居でしたが、
そこそこ受けていたようで、ほっと安心致しました。

今回、意識してハロプロ要素グッと抑えたら
気づけばチーム負けん気濃度が

高い内容で、
アプガ(2)のホットパンツ、

岡田ロビン翔子のトラックドライバーに
姫乃たまちゃん紙芝居二本、ヤリのマン。

都合五本。
フミさんが見た事ないの、、、と

思って「ロリコンはつらいよ。」やるつもりが
見事に持ってくの忘れるという

言わなきゃバレない失敗もありまして、
自分としては100点満点!と言えない哀しみもあったんですが、

何よりも最後の姫乃たまちゃん10周年ライブ振り返りと、
ミニライブが楽しかったので

感無量、言うこと無しです。
今回、何度か僕の展示にもたまちゃんと

一緒にいらしてくれた事もあるALiさんが、
ライブ演出を手がけたというので、たまちゃんと一緒に

登壇されていたんですが、
普段じゃない、人前で話す彼がとってもカッコ良くて

「なんやこの嫌味のない佇まいは、素敵すぎるやないか。」
と軽い衝撃を受けた事を言い置いて、

この場をしめたいと思います。
おしまい。