昨日、書いたブログが
皆さんを心配させたみたいで申し訳ありません。

本当にありがたい話、
感謝してもしたらない程です。

もう少し、詳しく言いますと
岡本タブー郎さんと仲違いしたとかそういうんでは無くて

僕のワガママ、
続ける気力が無くなったんですね。

でもほら、
絵を描いたり話を作って紙芝居したりするのは

やっていて楽しいし、
自分が自分らしく出来るとこだと思いますから

おそらく死ぬまで続けると思います。
ただ、これまでと同じやり方をするというのは、

例えば画展にしたって、
岡本さんプロデュースでそれにのっとって

やっていた部分が大きいので、
続けるのは不義理です。

なので当面は、コンペ系に出したり
SNSにあげる形をとるつもりです。

まぁそれも、出来れば、、という話なんですけど。
といいますのも何かと最近、

身辺がバタバタしてまして
ひとまず訪問介護業に専念したいんです。

やっていて嫌な仕事ではなく、好きですし
薄給ではありますがそれは自分のやり方が悪いだけなんで

もっと稼ぐ気になれば全然、できますし。
それもあってアイドルライブに行く回数は

ぶっちゃけグンと減るかもなんで、
当然現場で紙芝居はそんなに出来なくなる。

ライブビューイングやらで参加した気分は補うつもりです。
ガレット&ソックスaruiteru宣伝のために、

荻窪駅の前で紙芝居なんてのは増えるかもしれんけど、
今のとこそれよりもまず、

やっている最中の創作物を仕上げられればという感じです。
いずれにしてもこれまでのようなやり方では、

無くなるんですが自分自身の創作意欲が切れたわけじゃなく、
何が何でもお金にならんと意味ない、認められたい!

という意志よりか
自分が面白いと思う事をやっていける範囲で

やっていければなぁ、、、なんて。
はっきり言ってアマちゃんな思考で

アホ丸出しかもしれません。
でも難しいのは、決してこれまでのやり方が

楽しくなかったわけじゃないんですよ
それよか出会う人がみんな面白くて、

40歳前後がこれまで生きてきて
一番充実してた気すらしますし、

いやもう、、、使い古された言葉ですけど
全部が宝物でした。

世の中には大変な気持ちで生きてる人
たくさんいるのに自分だけこんなに幸せで

いいんかなぁ、、と何度思った事か。
そしてその感覚は今でも続いているんですよ。

例えばですけど、昨日ね。
komakingさんが荻窪aruiteruへ行って

くださったみたいで、
なんか心配されてるやん、、、というね。

ほんま恥ずかしいはなしでたまらない。
うん 単純に彼がキチガイやけど出来た男なんです。

いや、、、キチガイやから
そんなんするって話かも知らんけどw

コマさんだけでなく、冒頭書いたように
今回様々な人から心配の連絡などいただきなんと言うのか、

本当にすみません。
きっと大げさに書きすぎたんですよね。

だからせめて夏わかめ木村さんの
面白さに挫けた!と書いたんですけど。

あの動画はマジで木村さんの狂気、
どうかしてる部分が凄い出てると思うので皆さんも、

罵倒しながら観たら良いと思います。
どうか宜しくお願いします。 おしまい。