057E8111-B331-44AF-98AC-9072C5B01B94

今日は暑かったですねー。
異常でした。

聞けば夏なんだとか。
なんやねん!まだ五月やぞ。

そんなこんなで、
ハロプロ界隈ではアンジュルムックが

一番気になる事なんですが、
なんせまだ手に入ってないので流石にもう

Amazonに頼る気になってきました。
新宿とか行く機会無いしね。



6月8日(土)の大人の紙芝居ナイトのため、
下ネタ全開紙芝居を作っているんですが

ひとまず3作が完成しました。
色は塗っておらず、当日お客さんの反応をみて

路上で使うかどうかを決めるつもりです。
今回、アイドルネタは井上玲音ちゃんのやつと

岡田ロビン翔子さんしか無いんですが、
どれもおそらくご本人が見る機会があれば

「気持ち悪い」だの「サイテー」だの
言われないようなライト作品に仕上がっています。

僕が望むのは
「また馬鹿な事やってらぁ。」と笑える世界で、

外で紙芝居するのもその一貫です。
しかし最近、なんだかんだいって自分もどうして

頭が硬い、と自覚する事が多く
まずは自身をもっと柔軟にしなければならない、と

つくづく思ったりしています。
変なとこ素直じゃなかったり、構えたりするんですよね。

そのせいで得した事は一度もなく、
このままじゃ行けないと思うんですが、いまだ克服できません。

下ネタは世界を救う、と思っているのに
エロに対してある種の聖性、過剰な潔癖を求めてしまう

手前勝手さもあります。
頭が中二なんですよね。

久々に女性とちゃんとお付き合いするようになって、
その事を実感しています。

そもそもオナニーが好き過ぎるとか、
相手をないがしろにする、さいたるもんじゃないですか。

おいおいいきなり何を言い始めたんや、と
思われるむきもあるでしょうが、いやほんとこれ大事な話ですよ。

訪問介護という仕事柄、
人の事をまず考えてやらないと何もならないのに、

何の事はない、ジブンジブンジブンだらけで
いやはや困ったもんなんです僕。

「なりたい自分になる」
みたいなの信念にやって来すぎたせいかまったくもって

人に合わせる事をしないまま大きくなっんかもしれません。
「なりたい自分になる」なんて

余程でないと無理で、殆どは
「その場に合わせて自分になっていく」んじゃないでしょうか。

そしてそれは何も悪い事じゃなくて、
続けているうちに「それが自分になる」んですよね。

環境が人を作る、とはつまりそういう事で
まずそう出来なければ協調性が身につかない。

無くてもいいんですよ、生きる力さえあれば。
ただ現代は協調性があってこそ楽に生きれるように出来てるので

無いのはまず、話にならないというか
生きるの一つだって大変になると思います。

、、、だからね、普通はしんどいよね。
身体が自然に生きる力を身につけるまで。

たまには息抜きしたくなるじゃあないか。
それがアイドルだったりSEXだったりするんでしょう。

下ネタ紙芝居もその末席に、ありたい。
6月8日はロックの日、、じゃないけれどやってる事だけは

「ロックやん!」by つんく
と言われたいのでぜひ皆さんいらして下さい。

なんだかなんだかありえない。
おしまい。