annjyu
バスツアーショックから、まだ抜け出せないでいます。
おじさんです。
ネットに上がってくる写真などみるたびに、
うらやまな気持ちにしかならない。

僕が今、嶺脇社長だったら絶対に参加してたのに。
やっぱお金って大切ですね。
ベランダの椋鳥の巣と、部屋に入ってくる蚊。
そんなものに悩まされている内は貧乏暇なしです。

社会の底辺、這いつくばって生きている
40おやじは今日も朝から仕事でした。
当たり前。

障害者、独居老人、のお世話をした後は
昼から時間があきまして。
こないだ、好き勝手にアイドル話を聞いてもらった
ライターの方と落ち合う。

僕の紙芝居を預けていたので、その返却に。
わざわざ世田谷まで出向いてもらいました。
申し訳ない。

こないだは初対面だったので、
一方的に僕の話を聞いてくれたのですが、
お会いするのも二回目となると、少しくだけまして。

まぁ、出るわ出るわ。
オモロイ話。
流石にいろんな人に取材されてるだけあって
話があっちこっち行きます。
でも聞いていて引き込まれる。

いちいちオーバーリアクションなのもいい。
こりゃこの人、インタビュアーとしてプロやなぁと
関心しました。

まだお若いのに立派です。
花はないですけど。
僕に言われてもって話ですよね。
そりゃそーや。

ハロプロ話。
今回、動画をだいち企画の協力で
制作したんですけど、
おじさんハロプロに入る、宣言しました。

貧乏暇なし、ジッと手を見るおじさんが
なにをかいわんや、ですが。
今のハロー!プロジェクトをここ一番の危機とみるか好機と
みるかはもちろん人それぞれかとは思います。

地震も頻発する日本列島において、
僕は今、確実にハロー!プロジェクトは危機だと考えます。
何か、できる事、。

おこがましいけど、もったいないけど、、、
今、僕がハロプロのために、できる事。
何かな、、、と考えたんです。

もうこれは、、、、応援するしかない。
どんな形でもいい。
ちょっとでも外に届く応援。

内輪(ハロヲタ)で盛り上がるんじゃなくて、
もっと全体を盛り上げる、何かがほしい。
僕は正直、雑誌BUBKAチームにもハロにもどってきてほしいです。

なぜならJ太郎先生をはじめとする、あなた方BUBKAな人々が
僕にハロプロの奥深さを教えてくれたんじゃないですか。
なんでいまさら、、、48なんですか。

いや、48がダメなんじゃないです。
でも、、絶対、このタイミングでハロー!にもどるべきですよ。
雑誌の売り上げ、、その他のしがらみを考えれば
大人の事情。
難しいのかもしれません。

しかしハロー!プロジェクトにこそ正義がある。
柏木さんとか指原さんとかハロー!にひきぬく勢いで
頑張ってくださいよ森田さん。

話がたくさんそれましたが、
そういう意味では、手前味噌で恐縮ですが
ミリオン出版 BLACK・ザ・タブーは今一番、
ハロヲタが読むべき雑誌です。

ひとつよろしくお願いします。
Sguts!

ゑ アンジュルム