おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

つばきファクトリー

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

つばきファクトリーのアルバム!


つばきファクトリーのアルバムが、
発売されたという事で。

買っていませんが評判はとても良いようです。
さすが楽曲サイコーと言われるだけの事あります。

僕も聴きたいと、思うけれど
家にCDを聴く機械がないから、どうしようもないんです。

悲しい事実。
それでもJuice=Juiceは買っていますので、

皆まで言わずとも、そういう事なんですけれど
さてわかっていただけるでしょうか。

ただつばきには、とっても大好きな曲がありまして、
それが「独り占め」です。

アルバムに入ってるのかどうか、
ちゃんと調べていないので知らないんですが、

入ってなければちょっと、信じられないし
買う気にもならない気がします。

それくらい好きな曲なんです。
メンバーみんなの声もいいし、情景が浮かんできます。

歌詞をさらってみましょう。

独り占めはしちゃダメだと
周囲からの熱い視線
だけど恋愛てそんな風に
割り切れるの?

駆け引きとか 上手い下手は
私にはわかんないけど
なんか生きがいを感じてる
幸せよ

みんなには 悪いけど
彼のこと 渡せないな
根拠や そんなの無いんだけど
ハートが疼くの

恋愛など しばらくはね
つまんなく感じてたの
尽くすっていうのも面倒だし
逆もないし・・・

だけど彼は
今までとは全然違うんだよ
これが世間でよく言っている
運命でしょ

みんなには 悪いけど
ゆるぎない 愛となるよ
いいのよ 孤独を感じたって
彼さえ いたなら

みんなには 悪いけど
彼のこと 渡さないわ
根拠や そんなの 無いんだけど
ハートが疼くの

 
と、まぁこんな感じで。
かなり、なよなよした人物の歌です。

どちらかと言えば、本当は
好きじゃないんですが(盲目的すぎて)

曲調と、ぴったり合っていてオッケーになるんですよね。
考えてみれば一見、それは当たり前なんですが

ハロプロは意外とそうでもない、
侮れないとこがあって、

また別の効果も出るので、それはそれで
味わい深いんだけれど、

独り占め、は裏をかかずに真っ向勝負。
泣きのギターソロがたまりません。・・・・・

などと言いながら。
まったくわからないので、言葉にギターソロとか入れて

説得力をもたせたつもりです。
実際に、ギターソロは、入ってないかもしれない。

ひどいもんでしょ。
聴いていて今、どの音がなってるのかすら把握できて

いないですから。
流石にピアノとかは、大丈夫ですけどそれ以外は

ただ音として認識してるだけで、
違いのわからぬ男なんです。

本当に、自分で呆れてしまいます。
まぁ、、、いいんですけど。

音楽に素養もないやつが、
アイドル音楽を語っても何の意味もなさないわけで、

好き嫌いで話しているだけなんです。
ただ歌詞が古臭いのはわかります。

こんなベタな恋愛観、誰も共有できないでしょう。
ましてや、アイドルですから

ヲタク相手である以上、
そこにリアルはなく、あくまでファンタジー要素として

楽しんでいくしかありません。
つまりやっぱり、つばきファクトリーはハロヲタ内で

童貞の受け皿として機能してたわけで、
ヲタもその手の人が多かったんだと思うんです。

最近、変わってきたのが真実だとすると
僕ら団塊Jr.世代はますます行き場をなくしてしまうけれど、

人生は夢だらけ。
アナログヲタクの皆さんもぜひ頑張っていきまっしょい!





















 

もうサイコー!つばきファクトリー!


盛り上がってまいりました!
ブログのコメント欄。

、、、て、何だかんだで
名無し募集中さんだけなんですよね、悲しい。

もっと色んな人、
できれば面白い人に罵倒して貰いたいです。

何というんですか、どうせ人を攻撃するなら 
お互い白熱するような接戦のが楽しいじゃないですか。

別に、本当に文句が言いたきゃ
直接顔見て伝えればいいわけで、それが出来ないから

科学の力を借りて、言うわけでしょ。
だったらもっと自由でいいと思います!

昭和の大阪弁、罵り合い聞いてみたりすると
良いかも知れません。

クリントイーストウッドの映画、
グラン・トリノも参考になるかも。

近所の床屋の親父だったか、、、
とのやりとりとか最高でした。

喜びや怒りって、パワーがいるからどうせ持続しないし、
いつかは収束していくので、

返しが、面白くないと冷めてしまいます。
開き直って泣き寝入りみたいなんされると、

こっちが悪い事したような気分にもなるし。
難しいもんです。

そんなわけで、コメントが少ないで
お馴染みのブログなので、じゃんじゃん書いて下さい。



はい。
ハロプロ話としましては、

ここ最近ではあまり目立ったのがなくて、
つばきファクトリー現場が荒れてるとか、

聞くんですけど、そもそも行った事がないから
まったく知らないし、

つばきファクトリーの良さが、
まだまだ理解できないアホなので、どうか許して下さい。

曲がいいじゃない!とか言われるし
確かに今回のこの「もうサイコー!」は

僕の中でもかなり好き、今年一番かも知れないくらいです。
ただどうもそれだけだと、心動くものがなくて

以前からずっと言っていますように、
メンバーが増えてからまったく刺さらなくなりました。

まおぴんとか、個人だと全然推せますし
決意の見える写真集が出たら、絶対に買いますが、

つばきファクトリー、、ではねぇ。
こういうのって結局、好みの問題なので

明確な理由を明示するの難しいんですが、
何となく思うのは、メンバーに面白味が見られません。

イマドキ、ネットなどで掘り下げれば
個々のキャラクター、見られるんですけど

そもそも知りたい、
という気になっていない時点で、

調べもしないから、興味がわかないんです。
本当に申し訳ないと思っています。

どちらかといえばビジュアル、
レベル高めなんも理解してるんですけど、

おっさんに良くある現象、、、
顔が似たように見える問題を、

何故かつばきにだけ、僕は抱えてしまっています。
なのでなお、単体で際立ってこないんです。

流石に、きしもんが違うのは一目瞭然で、
なのできしもんは、まだ推せるんです。

そういえばキキちゃんの
デッカい口も魅力ありますけどね。

口が大きい女性は色っぽいですよね。
変な意味じゃなくて。

、、、、なんでこんな話になったんだろう。
あ、現場が荒れている話でした。

どっちにしても実情を知らないので
語りようも無いんですが、ピンチケが多いという見解で

いいんですか?
だったらいいんじゃないですか。

若いと元気ですからね。
雑な感想ですけど、実際そんな気がします。

みずしな孝之さんという漫画家の人が、つばき現場
ちょい不快な気分、、、みたいなこと呟いてて、

それに反応したヲタクがいて、
ちょいと盛り上がったみたいなんですが、

可哀想ですよね、ここぞとばかりに攻撃されて。
みずしな先生は、ハロプロ関連のイラストをたくさん描いて

ツィッターなどにアップされており、
実際にそれでお仕事もきてはるようで、

羨ましさしか無いんですが、
どうもコンサートは自腹で行ってるみたいですし、

ちょっとくらい不満言ってもいいんじゃないですか。
しかも客に言うてるんだし。

みずしな先生を叩いていいのは、
実は裏でハロメンとデキていた!とか

楽屋に忍び込んで替えの下着を盗んでいた!
とかが、発覚した時だけですよ。

よもや、そんな事は絶対に無いと思います。
僕はします。やらない!という自信が無いです。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609






































 

愛踊祭2018 まばたきする間もないこぶつば


マノフレのK田さんが、
「山田さんにオススメですよ愛踊祭!」 

仰ってくれたので、
「どれどれ」と面白半分で、

行ってまいりました水道橋。
こぶし、つばき両ファクトリーも出ると言うし。

これが、あなた予想を越える楽しさで、
腰抜かして、返ってきました。

全国各地の地区予選を勝ち抜いたアイドル達が、
全10組、優勝をかけて 

課題曲2+持ち曲 1を披露しあうのですが、
今回は「ムーンライト伝説」と「ひょっこりひょうたん島」

以前、アンジュルムがアニメ曲カバーしてた
あの流れも、この愛踊祭りからのものです。

今回は、こぶつばが、ひょっこりをやってたんですが
何気にモーニングバージョンより好きです。

もっといえば、今回やってたアイドルの中で、
一番好きな「ひょっこりひょうたん島」だったのは、

東北ブロック代表「あかぎ団」のそれでした。
歌に入る前と終わった後の、演出が古臭くて

昭和臭がふんぷんとしたのが、返って面白かったんです。
そもそもあかぎ団の皆さんが全員、お母さんみたいで、

ちょい野暮ったく、歌やダンスは達者なんですけど
洗練されきっていないビジュアルに好感触でした。

まさにロコドル。
いかにも地方アイドル然とした、色んな面で粗削りを

楽しむような場だったと思うこの愛踊祭。
ごめんなさい、僕始めてなんで知らないけど、
きっとそうです。

そういう前提で、話を進めます。
むしろ自分自身が、そういうのを楽しみたくて。

なので、その観点から言えば「あかぎ団」が、
ロコドルらしさ、溢るるグループ。

前述した、ひょっこりの演出など含め面白でした。
客席審査というので、3組選べるので、1票入れました。

「あかぎ団」として確固たるものがあるようなので、
フレッシュさは、なかったのかな、、、。

でもあの野暮な感じはとても貴重だな、と思いました。
いい意味でも悪い意味でも、

やっぱし今はどこも洗練されすぎているんですよね。
他のグループみてつくづく、思いました。

レベル高い!
これアイドルか?

って何度もなりました。
お客さんもそれなりに、哲学持ってみないと、

あっという間に置いてけぼりをくらう感じ。
だって歌やダンスのプロじゃない素人には、

何がどうなってんだか、わからんくらい高度なものに
うつる瞬間あるし、空恐ろしくなりました。

僕が、観たいのはアイドル、、、、だよね?
みたいな。

そういう意味で、一番グッときて
あぁ、、、幸せに包まれている、、、、と、

なったのは北海道ブロック代表の「まばたき」でした。
とにかく可愛いらしい。

課題曲も、どちらか忘れたんですけど、
敢えて、音に外して踊っているようなとこが、ありまして、、、、

音楽素人の僕が、頑張って説明すると
ダンスのキメ、ピタっととめるようなとこを、

普通リズムに合わせてやった方が、決まるんだろうけど
そこを外してくる、という意味です。

裏でとる、、、と俗に言うんかも知れません、
知りません。

ただ、その「裏でとる」あっさりしたもんじゃなくて、
腰をこぅ、、、ぬるん、と、、、うぅ難しいな。

とにかくエゲツない可愛いんです。
興奮しすぎてすっかり好きになってしまったので、

もう何も伝わってない、と思うんですけれども。
のびしろもめっさありそうで、いかにもアイドル。

期待値も充分高い。
今回は、オーディエンス賞を受賞しはって、

僕も当然、一票入れたしそりゃアイドルヲタクは
大好きに決まっています。

断然、応援したいです。
あと、気になったのは東海ブロックのTwinkle。

めちゃロリ。
唄う歌は、「どやさ、どやさ」が耳に残る奇曲。
面白かったです。

タイトルもふざけています、
「時にはムーブメントもいくよ、くるよ」


他にはびっくりする事があって、
トップバッターだったスリジエ、

センターの子が、どこかで見た顔だな、、と
思ったらなんと

T.I.F2018の時、つばきファクトリーに向かって
「ブス!」と叫んだわーすたヲタのピンチケ、

奴らと一緒に居た子じゃありませんか。
そう言えば僕が

「可愛い〜。え?友達なの?」

とか言った時、ピンチケが

「アイドル!アイドル!」

言うてたなぁ、、、、。
みんなのアイドル、という意味と思ってました。

でもやっぱりおい、ピンチケ。
アイドルと友達ならやる事は一つじゃないか。

お前、さては腰抜けだな?
早いとこ飛び込んでみなさい。

きっと、勝っても負けても世界は広がる。
応援しています。


とにかく愛踊祭を死ぬほど堪能したんですけど、
総合的にみて、やっぱしハロプロえぇなぁ。

となったのは言うまでもありません。
つばきもこぶしも、とにかく眩しかった。

スキル集団として語られる事の多い、
ハロプロですけれど、彼女らの凄いのは

アイドルらしい可愛いさ、までも演出できるとこなんだ、
と改めて思わせてくれました。

たかがアイドル。
可愛いだけを言えればいいけど、

可愛いだけじゃ駄目な時代。
それでも、可愛いくある事を諦めない。

ハロー!プロジェクトの底力を垣間見ました。


審査員は、みんな面白かったですね。
火曜The Nightの岡ちゃんも面白かったし、

ミキティー本物さん!
言葉持ってはるわぁ・・・・。

いちいちグッとくるもん。
さすが二丁目。

「熱やひたむきさだったりはあるけど、
元気や笑顔を前面に出すグループが今は少ない。」

なんて、割と審査の冒頭で言うてはって
「せやねん!」

って膝打ちましたもん。
それですねん!それ!

さすが名曲「耳をすませば」の人や。
惚れた。

、、、、、でも、シツコくて、
申し訳ないんですけど、やっぱほら。

カントリー・ガールズが、
完璧に、やり切ってるんですけどね!←どやさ

大好き!
おしまい。


北海道地震への支援
まだまだ募集しております。

詳しくはこちら。宜しくお願い致します。
https://www.oniyamada.com/items/13342609


 
























 

つばきファクトリーより検察ファクトリー


日中より電話が鳴り続けるも、
知らない番号なので無視してました。

留守電が入ってる。
そしたら東京検察庁でした。

人を殴って20万円の件。
詳しく言いますと、普通に道歩いてたら(正確には自転車)

金髪グラサンの若者に、並走されニヤニヤとついてきます。
気味が悪いので、止まって

「なに?」 
と聞きましたらおうむ返し。
これを繰り返すのです。

イラついて少し声を荒げますと、さらにそれもマネしてくる。
カチン、ときて手をあげてしまいました。

その後、ヤツも殴ってくるしそこを止めに入られるしで
てんやわんやのうちに警察へ。

怒りが収まらず事件にしてもらったんですが、
有り体に言って「あんたが先に手を出したんだからあんたが悪い」

こうなったんです。
その結果、20万円の罰金。

なんじゃそれ。
一気に、死にたくなりました。

、、、という顛末。
その後、事務所に文書みたいなのが郵便で、

何度かきてたんですが仕事で不在。
宅配と違って日本郵便の再配達は、配達員直通がなくて

経験のある方ならわかると思いますが、
とにかく手間がかかるんです。

ハナから払いたくない金の催促状、
面倒くさい再配達願いをなんとなくほっぽらかしてるうちに

時はすぎ。
そんな事もあったよね、、、と忘れかけてた矢先の

電話だったので、心臓が縮みました。 
やっぱ逃げ切れないよね、、、、。
当たり前なんですが。

そんなような事で、生きる気力を失ったおに山田です。
探さないで下さい。





つばきファクトリーの勢いがとまらない様子です。
先日、行われましたラクーアのリリイベには

ピンチケ、、、いわゆる若者集団が大挙し、
かなり目立った行動をとったようです。

僕は行ってないので、事の経緯がわからないんですが
どうもハロヲタではない、日頃みかけない人が沢山いたようで。

これは実に素晴らしい。
まさしく売れてきた、という事で歓迎しかありません。

同時に一部、ハロヲタが拒否反応を示すのもわかる。
なんとなくとはいえ、長い間同じ集団の中で形成されていった

暗黙のルールというものは、自然発生的に生まれていきますし
正しい正しくない、は置いておきまして

そこへ、ある一定の目立った数の異文化が急に入ってきますと、
恐怖心、警戒心などが出るものです。

ましてやヲタク、ましてやおじさん。
保守的だし、若いパワーそのものへの脅威もあるでしょう。

まさに、僕が粋がる若者に手をあげたように。
動物的防衛本能に素直に従えば、そうなります。

思わずSNSで
「もう来ないで欲しい!」と言っちゃうのも無理もなし。

なので、そういうのお互いですけれど
軽く受け流すくらいの気持ちでいませんか?

「あぁ、、さもありなん」
こう心で思えばいいだけであって何も目くじらたてて

お互い罵りあうものでもないでしょうに。
それこそ実際にツラ突きあわせれば絶対に、言わないですむような事を

わざわざ言葉にしてしまっているだけじゃないですか。
僕も性格が悪いので、この手の揉め事は超がつくほど大好きですが、

なんというのかヲタク、とくにハロプロ界隈でこういうのは
あんまし見たくない。

結果的にハロプロの印象が悪くなるのが嫌なんです。
ヲタクめんどくせーwで終わればいいけれど、

些末な事でいちいち揉めすぎ!ってのが、強く感じます。
つばきファクトリーがこれで本当に売れてくれれば、

いよいよ我が軍も、晴れて天下の表舞台に返り咲き!って
なりますし、そうなればもう色んなヲタクがやってきて

それはそれは、これまで以上にわちゃわちゃするでしょう。
いいも悪いもあるに決まってる。

それらを全て飲み込んで、皆んなで楽しんだ方が
きっと世の中、、、いや自分自身が面白くなると思います。

そうだ、そうなんだよ。
考えれば考えるほどに些末な事で、若者に手を挙げてしまった

自分の馬鹿さ加減に涙が出てきました。
誰か可愛い子に癒して欲しいけれど、近くに誰もいないので

つばきファクトリー
「今夜だけ浮かれたかった。」MVを観て死ぬ事にします。






 

つばきファクトリー対アンジュルム

つばきファクトリーの評判が鰻のぼりです。
こないだ、荻窪ガレット&ソックスaruiteruでもその話になりました。

僕はそこで、
「とはいえ、世間に届くのはアンジュルムだと思う。」

と、言ったんですが、これに対して周囲からは、なぜ?の嵐。
その時、漠然としか説明できずイマイチ納得が得られなかったので、

ここで改めて、思うことを述べてみます。三つあります。
まず第一に、歴史が違う。

スマイレージ時代も含めると、断然アンジュルムの方が長く、
大袈裟にいえば、壮大なサーガがあります。

語れる物があればある程、紹介しやすいし、
今はネットでかなり辿れますから、追体験する事で思い入れも加わります。

それと同時に各メンバーのキャラクターが、浮かび上がってくるし、
いかにアンジュルムが個性的、曲者揃いであるか、までわかります。

そういえば
「つばきは(アンジュにくらべ)個性がない。」

とも言ったのですが、これも当然のように、全否定されました。
でもちょっと待って下さい。

よく顔を見比べてみると、つばきメンバーは系統が似てやしませんか?
せいぜい、きしもんと山岸さん、、ギリ新沼さん、といった感じ。

知らない人にはきっと見分けがつかないです。
アンジュルムは違う。

バラエティーに富んでいます。
こういうのキャッチーだと思うんです。

最後に曲。当然、多い。
いくらここ最近のつばきが名曲揃いだといっても、

スマイレージ時代まで含めると到底かないません。
すでにアンジュルムの力でスマ曲だって自分たちのものにしていますし。

それをいったら、つばきだってベリの曲やるし含めたら、名曲度あがるよ、
と言う方もいるかもしれませんが、

僕に言わせればベリーズ工房の曲はまだまだベリーズ工房にしか、
唄えない曲なんです。

いくら他がやっても、カラオケの域をでません。
アンジュルムは溢れる魅力でここへ来て何とか、

スマイレージの魅力を越えてきている、と思います。
なので「有頂天LOVE」しようが「スキちゃん」しようが、

気にならない、むしろアガる。
、、、ま、多分に思い込みの部分あるでしょうが。

それだって結局、卓袱台を返す事になりますが、
僕自身は世間に届かせるのに、曲の良し悪し関係ない、と思ってて

やっぱり二番目にのべた個々のキャラクター、
それぞれの色が見えやすい事が一番重要な気がするんです。

つばきは、やっぱり弱いですよ。
DVDマガジンやラジオ、ブログなど見ないと伝わらない個性は、

ファンにしか共有できませんもん。
TVなどマスのメディアが弱くなってる以上、

不特定多数に響くのは顔面含めた見た目だし、アンジュルムは
そりゃ群を抜いて個性的です。

以上が、僕が考えるアンジュルムの方が世間に届く理由です。
ちなみに、まず3つを最初に打ち出すといい、と

教えてくれたのは夏わかめ、ミキタさんです。
さすが、高学歴の高卒は違うな、と思いました。










 
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ