おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

アップアップガールズ(仮)

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

宮崎さんが辞めて25歳定年説を考えてみる。

272A8C30-4229-499A-9EBA-60FF5CA57F01

Juice=Juiceのザキミヤさんが辞めます。
ハロプロ25歳定年説らしいんですが。

もはや時代は変わりつつあるので、
30、40歳でもアイドルできるし続けるかどうかは、

本人しだいだと思うんです。
今は、中々人が死なない時代で口から食べられなくても、

生きていけるし、ボケて何もわからなくなり、
寝たきりでも大丈夫だったりで、

老いる事や年齢の無意味化が急速に、進んでいると
思うんですが、まだまだ何かと言えば

年齢で括りたがる人が多く
「もう歳だからさ。」

が、口癖のようになっている人は良くいます。
真面目な話をすると僕は、

もはや年齢関係なしと思っていまして
ネタで熟女より少女、とか40歳過ぎて

未だ年収100万以下など言いますが、
ぶっちゃけ何とも思っていません。

熟女で充分に魅力的な人もたくさんいますし、
自分自身、生活に困っても無いですし。

なので今回、ザキミヤさんが辞めるにあたって
一番思ったのは、アプガさんの事でした。

ここまで来たら行くとこまでいってほしい。
40歳過ぎてもアイドルやってたら、

もうそれはちょっとした革命で、
考えただけで、面白そうです。

職業アイドル定年は死ぬまで、となれば
たぶん、その言葉の意味も変わってくるし

受け止める側も変化していくに違いない。
そういう、いつか訪れる新しい世界のとば口に

僕らは立っていて、
だとしたらこの先、楽しみしかありません。

ザキミヤさんには申し訳ないけれど、
辞めない選択をしているアップアップガールズ(仮)さん、

とっても素敵やん、と思ってしまいました。
誤解のないように言っておくと、別に辞めるザキミヤさんを

責めてるんではなく、
アンジュルムの和田さんだって同じように年齢で悩んで、

決断した面も大きかっただろうし、
こないだの飯窪さんもきっと同じでしょう。

ですが、もう若者が文化の中心であった時代は過去で
特に日本を思ってみれば、若い人少なくなってくんだもの。

昨日、文章を読み込む力のない、
自称鈴々舎馬風一門という方から

立川談志師匠を悪くいうのは許さん!と
お怒りのコメントを頂いた手前で言うのもなんですが、

落語や講談、能に歌舞伎。
およそ伝統芸能と呼ばれるものが、これまでいまいち世間に

届かんかったのも、
そもそも大人が文化を楽しんでいた時代の産物だったからで、

今、何度めかのひそやかなブームがきているのでさえ
これはつまり、いやきっと偶然では無く必然だと思えてきます。

これからは、じっくり腰据えて
永く深く、楽しむのが本流。

アプガ姉さん、勝機が見えてきましたね。
おしまい。






















 

来年2月の現代アイドル ko!making gold!

29DD2EB8-25C9-4446-8043-52E29C31F01C

寒くなって参りました。
つい口癖のように、言ってしまいます。

いよいよ画展を来年の2月にひかえまして、
のんびりと過ごせなくなってきました。

これはつまり、
アイドルライブにそない行けなくなるという事です。

今日も実はハロプロ研修生発表会だし、
アンジュルムの舞台、アタックNo.1などあるんですが、

とてももう無理です。申し訳ありません。
ヲタク失格とどうぞ罵って下さい。 

昨夜は我が心のキチガイ、komaking邸へ出かけました。
買っていただいた絵をお届けに上がったんですが、

もっと簡単にいえば、遊びに行ったんです。 
とにかくkomaking邸はAV機器が充実しているし、

おかげでチャオベラチンクエッティやら、
アプガやらを大画面で堪能しました。

僕のうちはテレビ、及びブルーレイなどを
再生するハードも無いので、およそそういうモノを観て

過ごす、なんて事はないもんですから
仕事柄、人の家にお邪魔するたびデッカいモニターに

度肝抜かれるんですが、
コマさん家もそんな感じ、いやそれ以上で

とにかく何でも見放題みたいな状態で、
言ってしまえばちょっとしたアトラクション施設に、

来ている気持ちで興奮します。
僕にとっては非日常で、楽しいんです。

それで気づいたんですが、
僕っていつのまにかすっかり貧乏が身体に染み付いてました。

まったく、お恥ずかしいかぎりです。
おそらくこのブログを見ている30代後半から

50代くらいまでの方は、人並みに収入もあるでしょうから
デカいモニターであったりとかパソコンと連動するテレビとか

音響機器やらとにかく、普通にある程度は
ちゃんとしてると思うんですよ。

僕ってよく考えたら上京して約20年間。
生活レベルが殆ど変わっていない。

こんなに変化の激しい時代にあってまったくの
ノー進歩ってどうかしていますよね。

改めて、クズであると自覚しました。
そんな事はさて置いて。

komaking邸。
昔の後藤真希さんライブ映像もなんか観れる。

U-NEXTたらなんちゃららしいんですけれど。
僕、このごっちんのライブ凄い好きで、

3、4回くらい参戦したと思います。
懐かしい〜!と眺めてみたら、、、めっちゃユルい。

そもそもテンポが現在と全然違っていて、
はぁ、、、なんやかんやで、

今の子ってやっぱ達者やったんやなぁ、、、と
口ぽかーんでした。

特に酷いのはMCね。
台本通りこの上なく、そりゃ当時だってツッコミつつ

見ていたんですよ、
どーしようもねぇなぁ、、、なんて言いながら。

だとしても、とにかく前時代的。
あのスター、後藤真希さんが儚げ、頼りなくうつります。

思えば、そういうスキを愛でる事が、
アイドル文化に残っていたからこそ赦されていた空間で、

やはり現在は行くとこまで行っとるといいますか、
あきらかにアイドル、求められている質が高いです。

どっちがえぇか、と聞かれれば
やはりそれは比べられるもんではなく、

悲しいかな時代が違う、と言わざるを得ない。
けれどもやっぱり、自分が当時を普通に

楽しんでいた方だったので、
現代アイドルに対してことさら、

シビアな完成度を求める必要もないと、
思いました。

ユルく楽しむ事にします。それでえぇのよ。
はい。

しかしkomaking邸に行ったおかげで、
2月のアイドル画展で表現するアイドル絵のテーマというか、

方向性みたいなもんが、
にゅいん、と顔を出した気がします。

そこで描くアイドルは、アプガやハロプロその他諸々、
実在するアイドル風のあくまで別絵なわけですが、

2010年代の空気を折り込んだアイドル絵にするつもりです。
いやぁ、、面白くなってきました(勝手に)

そんなわけで、2月5日〜11日はアイドル画展。
荻窪aruiteruです。

その前に12月26日、
忘年会もやりますので皆さんぜひお越し下さい。
おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

寒い時期に行く覚悟!
これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609




 

新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。

E5AEC591-E259-4234-B194-34ED672EB57C
昨日はアプガ。
新井愛瞳さん生誕祭という事で、初台ドアーズへ。

仕事終わりで、間に合うか不安だったんですが
何とかなりました。

後ろの方まで、パンパンに入っていて
こんなに人が来ているのも、久しぶりと

komakingさんからのお話でした。
なるほど、、そんなもんか。

なんて、思いながら。
昼の部は、メンバーみんながショートカットで、

スマイレージのまさに「ショートカット」を唄ったりといった、
イベント制の高いものだったそうなんですが、

夜はがっつりライブ。
それも激しい曲多めのものでした。

中盤あたりは、とくに攻めておりまして
一つ一つにちゃんとノッていたら

間違いなく異常に体力を奪われるやつでした。
新井さん本人の考案という事ですが、まさかここまで激しいとは。

アプガライブをスポーツとして楽しんでいる
ヲタクの人らは、

それはもう大喜びで、終演後の特典会待ち時間も
「まさか、ここまでと思わなかったよ!」と

嬉しそうに話している声が、あちこちから。
大満足の内容だったみたいです。

僕自身ライブ中、
何度も「アプガ最高!」と、

思う瞬間だらけだったんですが、
それはこうしていつもの5人が、

元気に歌い踊っている姿を見れて良かった、
というような生存確認にも近くて

勝手ながら、完全に身内感でした。
もはやアプガ(仮)に、情が湧いてしまっています。

でも、、、別にいいのかなそれはそれで。
不安なのは、握手会で

相手の反応を異常に気にするようにならないか、と
いう事で、何ならもうそうなっているし

これまでのように、ただ伏し拝むだけで有難い、
みたいな感情が変わっていくのがコワいです。

眼を見てくれなかっただの、
塩だっただの、とネタでなく

ガチで気にするようになってしまう。
それは本来、僕が求めるものではありませんから。

情が湧いてきてしまった以上、楽しむ為にはライブみて
チェキとって帰るのが程良いです。

チェキはネタだと思うから、撮れるんですよね。
全くもって、繊細な自分が嫌になります。

ともかく、アプガは相変わらず楽しめるし、
数あるアイドルの中でも充分、独創性に溢れていて

これまでのように、楽曲がヒットしてブレイク、、、
みたいなとこじゃない別の形で、

まだまだ売れそうな気配を孕んでいると、
思うのでまだ知らない皆さんも、

12月27日、ZeppTokyoで行われる全曲ライブに
参加してみてはいかがでしょうか。

昨日のライブを経て僕は、
アプガ新作紙芝居「こんなアイドル見たことない」を

会場前で、行う事も決めましたし。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609















































 

アンジュルムからのお知らせ。

01619C2E-A19C-4C4E-8B31-67F1ABD71E3FECFCD2AF-11BF-4D60-9447-A93751CE0A05
本日、
アンジュルムから重大発表があるそうです。

なんなんだろう、、、。
気になりますねぇ。

だってあんまし何も思いつかない、
今度、パシフィコ横浜で大ホールコンですよ。

何を今さら言う事があるというのでしょうか。
しかしいつも思いますが、

こういうのそろそろ
やめてもらえないものですかね。 

まるで刺激がないと何も楽しめない人ばかりと、
思われているようで、落ち着きません。

僕もSHOWROOMを毎日やっておりますが、

とにかくニュースがなければ、話題も生まれにくいので

なぁんも話す事ない時、
確かにあるんです。

それでも、何とかなっている。
少なくとも

おに山田SHOWROOMにくる方々は特別な話題性を、

期待してはいない、という事です。
それはもちろん、

僕が面白い事言わないのもありますが、
とっても絡みやすい男なんでしょう、

その辺をなんとなくわかってはる人らが、
おちょくりに来ているんかも知れません。

しかし、有り難い話です。
だって色んな楽しみ方ある中で、45歳独り身のおっさんを

ちょっくらからかってやろうかい、な
テンションでいてくれているなんて、、、素敵やん。

加えて、うちの常連さんはほぼチーム負けん気ヲタで、
メジャーアイドル界でいえばド底辺です。

もう地下と言われても、反論できないくらい。
それでも、何とか歯を食いしばりこれまでやってきています。

なんなんでしょうね、この感じ。
僕としては、いぎなり東北産こそ将来有望、

飛躍していってくれそうで期待しまくりなんですけど、
アプガ(仮)さんらの夢も捨てきれないんです。

この度、新作紙芝居「こんなアイドル見たことない」を
完成させ路上にて披露したんですけど、

僕のとても想いを込めた作品になりました。
真面目に考え、真面目にメッセージをのせた

アプガの紙芝居なんです。
願いが叶うなら一生ふざけて生きていたいけれども、

そうは行かない現実みたいなんを、表現したつもりです。
所詮、表現なんで何の足しにもならないですけれども。

そういえば昨日、
上々軍団のイベント終わりで「仲間」が数人、

来てくれましたが
komakingさんの撮ってくれたアプガ紙芝居の画像が、

自分的にめっちゃ良くて、最高でした。
紙芝居の枠込みで、「いい絵描くなぁ〜」

と思ってしまいました。
これまで紙芝居は殆ど全て、

どこかで自信がなかったりもして
初披露は不安の方が多いんですが、

アプガの新作「こんなアイドル見たことない。」は、
全然ありませんでした。

それくらい自分のストレートな表現、
今このタイミングで5人アプガの紙芝居を

作れたというのが嬉しいんですよね。
これで、しばらくお客さんが増えない現実とかを、

さほど気にせずアプガ(仮)のライブを楽しめる気がします。
だって実際、楽しい!そう楽しさしかないですし。

、、、話がまったく別になっていました。
毎日、話題を生み出さなきゃならない辛さにまつわる話でした。

人というのは、やっかいなもので刺激を感じて満足するなんてなく、
どんどん強い刺激を求めて行くものです。

その結果が、社会を作り上げているんだ、と
思うんですけれど、

こんなん止めようとしたって止められないし、
そもそも生きる事を否定しかねないから辞めますが、

情報が溢れて、
すぐキクのが欲しくて仕方なくなっています。

つまり情報摂取がまず一番上にあり、その後スポーツや
アイドル、あらゆるエンターテイメントが並んでいる感じ。

これでは、皆さん疲弊してしまうでしょう。
心の病が流行る由縁です。

なので、僕は半ば意識的に刺激を受けないようにするほどで、
こんな面倒くさい事ありません。

けれどそうでもしないと、
アイドルを楽しめなくなりそうでこわい。

願わくば、アンジュルムのお知らせが、
大運動会開催!やメンバー全員と鍋会開催!などで

ありますように、、、。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609














 

アプガやアンジュルムの紙芝居

27265A5A-C8B0-4801-BB0D-04E1A02D4FDB
訪問介護のお仕事が忙しくて。
あんましアイドル行けてません。

今日もまた、行けなさそうです。
いいんです、そういう時もある。

合間をみて、紙芝居と絵本の制作をしています。
絵本はまたどっかの賞に出そうと思って描いてます。

紙芝居はアプガとアンジュルムの2本。
まずは、アプガの方からやり始めました。

5人になってはや一年 、
7人時代が過去になりつつあります。 

この1年間は、彼女らにとって苦難の道だったでしょう、
僕だって興味を失いかけました。

チャオベラやPASSPO☆解散などを経て、
いよいよ次はアプガか?

という空気が出来上がっていく中で、
それでも続けます、と宣言して実際今のところ、

まだ何とかやっています。
諦めが悪いなぁ、、、なんて思ってたけど、

40を半分すぎて、低収入のおっさんが
絵を描いて、未だそれで飯食おうとしてる

しょうがない夢追い人である自分に、はたと気づきました。
アプガ姐さんには何も言えません。

それどころか、彼女らはまだまだ若いから、
やり直しが聞くし、可能性だって無限大。

羨ましいったらありゃしないです。
まだまだあと、五年、十年とアイドルやって欲しいと、

思って、全力でエール送っています。
だから今作っているアプガ(仮)の紙芝居は、

とても想いがこもっていて、
早くお届けしたくてウズウズするくらいなんです。

正直、アプガヲタには一部を除いて
まったく認められていない紙芝居野郎ですが、

もうそこは、諦めました。
好きだから届ける、これだけの事です。

そういえば、
昨日のリリイベにもりしやロビン、比嘉さんといった

且つてのアイドルたちが
サプライズで登場したそうですが、これはアレですよね、

各グループのファン、遺族に対するメッセージですよね。
友よ、約束しよう。迷ったらここに集合♪

そう、アンジュルムの「友よ」精神です。
みんなで戦国時代の生き残り、

アップアップガールズ(仮)を応援しよう!
という呼びかけに決まっています。

高校野球で負けたチームが、
勝ったチームを応援するあの、イズムです。

だからさぁ、マジで新規とかなんちゃら関係ないから
気負わずにアプガ現場へ来て下さい!

と強く言っておきます。
まぁ、なんとなく被ってる人も多いでしょうしね。

全ドルヲタが、皮を被った床上手で、
アプガはこれからますます愛愛ファイアーです!


そして、アンジュルム。
この紙芝居もねぇ、、、いやめっちゃイイの!

なんか知らないけど、
僕最近、絶好調中畑清なんです。

こういうのは、周期があるから今の間にがっちり運を
掴んで置かないと、

今までずっと取りこぼして来たから、いけません。
絶好調の後に中畑清と言ってしまった時点で、

相当ヤバいんでしょうが、今日くらい許して下さい。
とにかくアンジュルムの紙芝居、早く観てもらいたい!

さっきからずっと自分で言うなや、
とおっしゃる方々もおられるでしょう。

それはもう、そうなんです。
むやみやたらにハードル上げると、

自滅しか道はないのわかりつつ、
本当にえぇの出来てしもたんですもの。

そりゃ叫びたくもなるじゃないですか。
叫んでいたい。

先輩後輩に連なる上下関係、体育会系のノリが
心底嫌いな僕なので、

アンジュルムの多様性が実に心地いいし、
正義は必ず勝つ、という言葉を信じるならば

彼女らのような思想信条を持ったグループにこそ、
勝利を掴み取って欲しいんです。

敬意を払う、なんてのは自然とそうなるもので、
社会の制度で作られるもんじゃきっと無い、

そう思い続けて生きてきました。
お子ちゃまだと笑えば笑え。

その結果の貧乏暮らしなら、甘んじて受けます。
そうまでして、人並みの収入を得ようとは

思っていませんので。
アンジュルムは、和田彩花さんの計らいで、

一旦全てを許す、という観点にたって
徐々に出来上がっていったグループだと

感じておりまして、
そこにはもちろん2期メンのサポート、、

というか、活躍も大いに付与しているはずです。
そこへ持ってきての3期、4期、5期後輩たちの

無双ぶりですから。
はい。

なんか妙にアップアップガールズ(仮)と
アンジュルムの話になってしまいましたが。

いぎなり東北産が、
温泉旅館で泊りがけのイベントするって知って

いても立ってもいられないよ!
リアル若おかみは小学生じゃないですか!←メンバーは中学生。

あぁ!行きたい!
1月6日て(泣

12月30日、仙台Pitのライブに参加するのに
その一週間後じゃあ、、早すぎるよぅ、、、、。

そんな何遍も東北行けない、お金がないもの、、。
貧乏なんて、、嫌だぁ!
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609




 
Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • 初S行かずに、いぎなり東北産話。
  • ハロコンとヲタクの事。
  • 2月5日からのアイドル画展へむけまして。
  • 金曜路上紙芝居 ハロプロは盤石な気がする。
  • NGT48 山口真帆の真相
  • NGT48 山口真帆の告発
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード