おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

アップアップガールズ(仮)

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

久々アプガの定期ライブと姫乃・里咲ツーマンの感想

42A0CC10-2F02-41AF-9861-0C914CAD7923

本日はアプガの定期ライブ。
Hey mateことkomakingさんにお誘いいただき

ギタハロさん共々、参戦して参りました。
すると久々、スコットもいて4人で観ました。

そもそもアプガもこの定期公演が無くなって久しく、
なんと半年以上ぶりだそうです。

確かに客足も遠のいてきたのか、
おまいつばかりで、そんなに新規が入ってる様子は無くて、

若干の寂しさがあったんですが、
今回はメンバーがそれぞれ衣装を交換して現れて

それだけでちょっといつもと違う感がありましたし、
ソロ曲まで、お互いの衣装通りに変えてやったりだとかしてて

見応えがありました。
3月3日というのでBerryz工房結成記念日だから

ベリ曲やったり「初恋サイダー」や「走れ」まで
盛り沢山の内容にお腹一杯、堪能しました。

例によってkomakingさんの誘導で握手にも参加しましたが、
森ティーに「青い衣装も似合いますね。」と

言うつもりが「紙芝居おじさん!久しぶりですね!」
と言われてしまい

何も返す言葉が無かったです。
いやぁ、、、アプガは「行けば楽しい!」とは

komakingさんの名ゼリフですが、まさしくそうだと思いました。
どうせおんなじ曲やるしいつもと一緒でしょ、

何て思いながら結局、面白いなぁと
そこそこ納得して帰ってこれるんだから大したもんです。

別に今さら言う事じゃないけど、ちゃんと歌って踊れるし
充分すぎるくらい凄いもんを見せてくれているんですよね。

世間に届かないのは、もう単に運としか言えなくて
だとすれば世の中というのは非情なもんで

でも仕方ないんよね、と少し悲しくなったり。
まぁいちいち、気にしててもしゃないんですけどね。

それでライブ終わり、4人で飲みに行ったんですが
ここで面白かったのはスコットで

かなり重度のハロヲタだった事が判明しました。
だってココナッツ娘。のAYAKAが

ハロプロに興味持つきっかけって
ちょっとどうかしてるくらい古いでしょ。

「ハロプロはやっぱり曲が面白い。」と言うのは
もちろんのこと、

スコットなりのハロプロへの拘りみたいなものも
聞けて面白かったです。

ギタハロさんは、相変わらずでしたけど
会えば妙に安心するあの感じがたまりません。

日頃あんなに初対面の人に
自分で率先して見せるテレビ番組出演動画を

スコットには出し惜しみしてたのも、
可愛かったです。

それでそのままkomakingさんと共に、
姫乃たまちゃん、里咲りさちゃん

ツーマンイベントに行きました。
里咲さんを生で見たのは初めてだったんですが、

歌が独特で面白かったです。
結構、好きかも。

たまちゃんはなんか知らん、
お会いするたびに輝きが増しているようで、

唄っている時の場を支配する感じとか、
姫乃たまを今見ているなぁと、つくづく思えるのがいいです。

まさに幸せ空間を生み出すスペシャリストでした。
4月30日のパノラマ街道まっしぐらも俄然、楽しみです。

2人それぞれのライブが終わった後に、
トークショーがあったんですが

それも結構、
突っ込んだ話をするので興味深く観れまして

なるほどやっぱりエンタメ業界、
大変なもんやなぁと今気づきました。

でもねぇ、一番良かったのは
里咲さんがギター弾きながらたまちゃんが唄った

「ねぇ王子」でしたね。
僕も訪問介護仕事の方で予想に反して、

ならぬ失敗をしてしまったばかりだったので
里咲さんのギター共々、すんなりと入ってきた歌詞に

あやうく泣きそうになりましたよ。
踏み止まって良かった。
おしまい。

北海道募金。
また地震がありました。

4月23日〜25日、厚真町へ行きます。
必ず渡しに参ります。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。


もう少し、お力をお貸し下さい!
https://www.oniyamada.com/items/13342609














 

ナイトフライトな夜

はい。
おに山田のアイドル画展が迫っています。

皆産アイドル好きらしいですね。
どんなんが良いんですか?

僕はこのブログで散々述べていますように、
性の対象としてのそれと尊敬が入り混じっているんです。

あんまし理解されないんですがね。
何でかはわかりません。

自分では整合性がとれているので。
何事に置いてもそういうものかも知れないですね。

自分で思うほど人は理解してくれないし、
それはわかっているのに期待してしまう、、、みたいな。

まぁ色んな感情や想いがないまぜになって
表現活動は成り立つんでしょうし諦めています。

難しいものですね。
ただめちゃくちゃ楽しみなんです僕。

アイドル画展。
だって来る人みんな面白いから。

たくさんの何かを貰えます。
これを説明できるようになれば大したもんでしょうねぇ。

でも実際問題として、
感謝感激雨嵐でおりますし、嵐といえば大野君が

世間に言われん下手こいたんかなぁ。
コワイよね昭和的芸能界。

平成も終わろうとするこの時に、
昭和芸能界とか言うのおかしいけれど

そう言うのってありますやん?
森田童子がいくら売れても関わりたくなかった気持ち、

みたいなね。
わかります。むかし芸能業界だいたいみんな性豪ですしね。

そもそもがブラック企業じゃないですか。
なのに今さらどの口でブラック企業叩くのか、というね。

世の中は矛盾で成り立ってます。
あぁそんな人生。

はい。
アップアップガールズ(仮)さんがタイで撮った

ナイトフライトの動画が上がっていました。
好きですねんこれ。

アプガさんは5人になって積極的に大人っぽい雰囲気や
楽曲を取り入れてはるんですが、

イマイチ跳ねなくて苦戦してます。
僕はせやけど凄い好きなんです5人アプガの大人曲。

アイドル戦国時代の申し子みたいなとこが、
7人時代はあったと思いうけど五人になってそれが抜けた。

だから魅力的というかはっきり大人のグループです。
とても可愛いらしいです。

本当にこういうのみんな待ってたんじゃないですかね。
そりゃロリコンだから若手にも期待するけれど

アプガさんの立ち位置ほどすっと入ってくるものは無いです。
だから今回のアイドル画展でもちゃんと参考にして描きました。

アプガ最高アプガ大好き。
ここだけは間違いないんです。

なので、もし良ければ。
誰か来て欲しい、、、。

贅沢は言いません!
せやけどせやけどね。

そろそろどうかお願い致します。
とって食ったりは致しません。

絵を買ってくれ、ともいいません。
ただもしも願いが叶うなら。

顔だけ出してくれてもえぇんやで。
おしまい。

北海道募金。
阪神淡路大震災から24年。
あの時は、本当に大変でした。
北海道もきっとまだまだです。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。

これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609


 

ありがとう鞘師里保


はい。
冬だと言うのに、らしくない日が続いてます。

いいんだか悪いんか良くわかりませんけど、
快適なんでアリです。

ところであの鞘師里保さんが、
ひなフェスにゲスト出演するそうです。

ハロヲタどころか、鞘師里保が辞めたのきっかけに
ヲタ卒した人までもれなく腰抜かしています。

だってアップフロントも辞めはったやん。
そのニュースがあって半年も経ってないうちに、

まさかこんな事態になるなんて誰も予想していません。
誰か戦略的な人が仕掛けてはるんでしょうか、、、

とにかくビックニュースです。
下手をすれば道重さゆみさんの時より熱量あるかも。

僕以外、語る人少ないけど
道重さん復活に関しては何だか残念、

と思った人はきっとそこそこいたはずです。
それはあの、戻ってきた今となっては如何にも

大仰な卒業コンサートが原因だと思っているんですが、
その話はとりあえずいいです。

鞘師里保さんはそこへ行くと、
あっさりとし過ぎていたしファンも消化不良を感じていました。

なのでこの度の復活?、、、といっていいかわからないけど
ゲスト出演を歓迎しない人はいないでしょう。

おかげで現役メンバーが霞むのは否めないですが。
それでもまだ、ひなフェスにゲスト出演という事しかわからないので

どういう形になるのか、
というワクワクが強くなるのは止められません。

チケット争奪戦でしょうなぁ、、、。
うぅん。

さすがに当日券大好きの僕も早い事手を打たないといけないです。
この後、どうなるかはわからんけど

ここだけは逃しちゃならぬ、と思ってしまう。
大事な局面です。

アプガ新曲、アゲノミクスのジャケ写みて
チャオベラの一期一会MVと同じとこやん!とか

言うてる場合じゃありませんでした。
だいたいアゲノミクスて何やねん。

口にするのも恥ずかしいタイトルなのは別にいいけど、
曲が何回か聴いてもまだしっくりこず

困っています。
路線を変えようとして変えきれぬいじましさに、

座りの悪いものを感じつつ、
とは言え、アゲ系の曲をなるべく減らす事のメリットは

見出しにくい状況なのは痛いほどわかるし、
だから悩みがつきません。

先日、というか昨日ですか。
アプガについてトークするイベントが関係者各位で

行われたようで、
そこに我らがkomakingさん観覧されたようなんですが、

僕も行けば良かったといささか後悔しています。
、、、でも今はあかんのよ。

なんせ2月5日〜11日までのアイドル画展。
こちらが迫っていますので、なるだけライブやイベントには

参加しないようにしないと、後がありません。
踏ん張りどころの紙芝居乞食なんです。

でもそれも一長一短というか、
結局溜まったものを吐き出すためにオナニーに

頼ってしまうしそこでもまた、
いつも以上に興奮してしまって終えたら返って疲れてしまう。

悪循環とはこの事です。
誰かの声を聞きたいけれど、何も言わずに話を聞いてくれるのは

お母ちゃんしかおらず、
仕方ないので孤独を抱きしめ過ごしす毎日です。

あぁ、、、鞘師里保復活よりも
今の僕に必要なのは素晴らしき世界。
おしまい。













 

宮崎さんが辞めて25歳定年説を考えてみる。

272A8C30-4229-499A-9EBA-60FF5CA57F01

Juice=Juiceのザキミヤさんが辞めます。
ハロプロ25歳定年説らしいんですが。

もはや時代は変わりつつあるので、
30、40歳でもアイドルできるし続けるかどうかは、

本人しだいだと思うんです。
今は、中々人が死なない時代で口から食べられなくても、

生きていけるし、ボケて何もわからなくなり、
寝たきりでも大丈夫だったりで、

老いる事や年齢の無意味化が急速に、進んでいると
思うんですが、まだまだ何かと言えば

年齢で括りたがる人が多く
「もう歳だからさ。」

が、口癖のようになっている人は良くいます。
真面目な話をすると僕は、

もはや年齢関係なしと思っていまして
ネタで熟女より少女、とか40歳過ぎて

未だ年収100万以下など言いますが、
ぶっちゃけ何とも思っていません。

熟女で充分に魅力的な人もたくさんいますし、
自分自身、生活に困っても無いですし。

なので今回、ザキミヤさんが辞めるにあたって
一番思ったのは、アプガさんの事でした。

ここまで来たら行くとこまでいってほしい。
40歳過ぎてもアイドルやってたら、

もうそれはちょっとした革命で、
考えただけで、面白そうです。

職業アイドル定年は死ぬまで、となれば
たぶん、その言葉の意味も変わってくるし

受け止める側も変化していくに違いない。
そういう、いつか訪れる新しい世界のとば口に

僕らは立っていて、
だとしたらこの先、楽しみしかありません。

ザキミヤさんには申し訳ないけれど、
辞めない選択をしているアップアップガールズ(仮)さん、

とっても素敵やん、と思ってしまいました。
誤解のないように言っておくと、別に辞めるザキミヤさんを

責めてるんではなく、
アンジュルムの和田さんだって同じように年齢で悩んで、

決断した面も大きかっただろうし、
こないだの飯窪さんもきっと同じでしょう。

ですが、もう若者が文化の中心であった時代は過去で
特に日本を思ってみれば、若い人少なくなってくんだもの。

昨日、文章を読み込む力のない、
自称鈴々舎馬風一門という方から

立川談志師匠を悪くいうのは許さん!と
お怒りのコメントを頂いた手前で言うのもなんですが、

落語や講談、能に歌舞伎。
およそ伝統芸能と呼ばれるものが、これまでいまいち世間に

届かんかったのも、
そもそも大人が文化を楽しんでいた時代の産物だったからで、

今、何度めかのひそやかなブームがきているのでさえ
これはつまり、いやきっと偶然では無く必然だと思えてきます。

これからは、じっくり腰据えて
永く深く、楽しむのが本流。

アプガ姉さん、勝機が見えてきましたね。
おしまい。






















 

来年2月の現代アイドル ko!making gold!

29DD2EB8-25C9-4446-8043-52E29C31F01C

寒くなって参りました。
つい口癖のように、言ってしまいます。

いよいよ画展を来年の2月にひかえまして、
のんびりと過ごせなくなってきました。

これはつまり、
アイドルライブにそない行けなくなるという事です。

今日も実はハロプロ研修生発表会だし、
アンジュルムの舞台、アタックNo.1などあるんですが、

とてももう無理です。申し訳ありません。
ヲタク失格とどうぞ罵って下さい。 

昨夜は我が心のキチガイ、komaking邸へ出かけました。
買っていただいた絵をお届けに上がったんですが、

もっと簡単にいえば、遊びに行ったんです。 
とにかくkomaking邸はAV機器が充実しているし、

おかげでチャオベラチンクエッティやら、
アプガやらを大画面で堪能しました。

僕のうちはテレビ、及びブルーレイなどを
再生するハードも無いので、およそそういうモノを観て

過ごす、なんて事はないもんですから
仕事柄、人の家にお邪魔するたびデッカいモニターに

度肝抜かれるんですが、
コマさん家もそんな感じ、いやそれ以上で

とにかく何でも見放題みたいな状態で、
言ってしまえばちょっとしたアトラクション施設に、

来ている気持ちで興奮します。
僕にとっては非日常で、楽しいんです。

それで気づいたんですが、
僕っていつのまにかすっかり貧乏が身体に染み付いてました。

まったく、お恥ずかしいかぎりです。
おそらくこのブログを見ている30代後半から

50代くらいまでの方は、人並みに収入もあるでしょうから
デカいモニターであったりとかパソコンと連動するテレビとか

音響機器やらとにかく、普通にある程度は
ちゃんとしてると思うんですよ。

僕ってよく考えたら上京して約20年間。
生活レベルが殆ど変わっていない。

こんなに変化の激しい時代にあってまったくの
ノー進歩ってどうかしていますよね。

改めて、クズであると自覚しました。
そんな事はさて置いて。

komaking邸。
昔の後藤真希さんライブ映像もなんか観れる。

U-NEXTたらなんちゃららしいんですけれど。
僕、このごっちんのライブ凄い好きで、

3、4回くらい参戦したと思います。
懐かしい〜!と眺めてみたら、、、めっちゃユルい。

そもそもテンポが現在と全然違っていて、
はぁ、、、なんやかんやで、

今の子ってやっぱ達者やったんやなぁ、、、と
口ぽかーんでした。

特に酷いのはMCね。
台本通りこの上なく、そりゃ当時だってツッコミつつ

見ていたんですよ、
どーしようもねぇなぁ、、、なんて言いながら。

だとしても、とにかく前時代的。
あのスター、後藤真希さんが儚げ、頼りなくうつります。

思えば、そういうスキを愛でる事が、
アイドル文化に残っていたからこそ赦されていた空間で、

やはり現在は行くとこまで行っとるといいますか、
あきらかにアイドル、求められている質が高いです。

どっちがえぇか、と聞かれれば
やはりそれは比べられるもんではなく、

悲しいかな時代が違う、と言わざるを得ない。
けれどもやっぱり、自分が当時を普通に

楽しんでいた方だったので、
現代アイドルに対してことさら、

シビアな完成度を求める必要もないと、
思いました。

ユルく楽しむ事にします。それでえぇのよ。
はい。

しかしkomaking邸に行ったおかげで、
2月のアイドル画展で表現するアイドル絵のテーマというか、

方向性みたいなもんが、
にゅいん、と顔を出した気がします。

そこで描くアイドルは、アプガやハロプロその他諸々、
実在するアイドル風のあくまで別絵なわけですが、

2010年代の空気を折り込んだアイドル絵にするつもりです。
いやぁ、、面白くなってきました(勝手に)

そんなわけで、2月5日〜11日はアイドル画展。
荻窪aruiteruです。

その前に12月26日、
忘年会もやりますので皆さんぜひお越し下さい。
おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

寒い時期に行く覚悟!
これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609




 
Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • こんな夜更けにバナナかよ面白い。
  • まことの生き様
  • イチローは辞める 僕は遅漏
  • 変態性欲ここにあり ボイパに見るエロ
  • 夢見た15年はどんなんかなぁ⤴︎
  • 真野恵里菜の軌跡が起こした奇跡
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード