おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

カントリー・ガールズ

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

愛には愛で応えるカントリー・ガールズ

29041550-7E06-4726-8D4D-DD47E3E8CE84
カントリー・ガールズの
ライブも終わり、すっかり落ち着いたおっさんです。

梁川さんの事については、
ライブ後の飲み会でも散々、話しまして

色々と考える事もありながら、
彼女の今後を応援するしかない、という

ごく当たり前の結論になりました。
僕らはただのヲタク、他にする事もできませんので。

本日は、今さらですが
4周年ライブ、楽しいというか何というか、

実に複雑な心境でみた、その感想などを。
まず会場についたのは、昼を過ぎていまして

グッズ販売も、締め切っておりました。
とはいえ、梁川ショックを引きずっているので、

いっぱい買うつもりも、もはやなく。
とりあえず、始まるのを待とう、としたら

宮崎県からやってきたMさんに、
声をかけていただきました。

久しぶりの再会。
前回のカントリーライブ以来の事で、

積もる話も、、となるはずが、やはりここでも
尾を引く、梁川ショック。

まさかの事態を受け入れきれない、
大の大人が2人、まんじりともせず立ち竦む様は、

まぁ、、縁起が悪そうです。
「まさか解散発表とか、無いですよねぇ、、」

ほら、発言もこんなに後ろ向き。
僕たちは、そうまるで駄目な人間でした。

やがてもう一人のMさん、宮崎さんも合流し、
ともかく座席が違う3人は会場入りが始まると同時に、

各自バラバラに。
僕は後方だったので、そんなに良く見えるとこでは

無かったんですが、もうこの際、
席なんかどーでもいいので、一旦気持ちを沈め、

5人の登場を待ちました。
会場内の諸注意を告げる映像が流れしばらく後、

お馴染みC・O・U・N・T・R・Y、
Overtureにのせて、カントリー・ガールズが現れます。

いや、もう素敵。
そうとしか言いようがない。

なんなんでしょうこの、華やかさ。
おぉ!セットがあるからや!

そうなんです。
だいたい黒バック、、、要は何もないのがデフォルトだった

カントリー現場で、
まさかの階段と柱のセットが、ありました。

なんと喜ばしい!
いや、、きっと普通は当たり前ですが、

そうも行かぬのが、大人の事情。
特にカントリーはしゃない、と半ば諦めていただけに、

嬉しい出来事でした。
5人のパフォーマンスにも気合いがみなぎっておりまして、

スキル面でいえば、みんなやはり、
エラく力をつけてきている様子でした。

たまにしかやらない割に、レベルがグンと、
上がっているのを目の当たりにしますと、

あながち兼任も悪くないのかな、と
思ったりもします。

特に船木さん以外の2人は、兼任先グループでも
苦戦している感じを、

何度か見受けましたので、
ホームといえるカントリーでの堂々たる立ち振る舞いは、

いやはや胸が熱くなって仕方がない。
梁川さん!勿体なすぎますよ・・・・

もちろん、忘れちゃならない兼任組だけじゃなく、
小関さん山木さん(カレッジは企画モノ扱い)だって、

魅せてくれました、まず何がって
2人ともとても綺麗、すっかり大人の女性です。

こうまでもいい感じの5人が、
可愛らしい楽曲を、次から次へと繰り出す様は

とにかく心地よくて、
あぁ僕は今、アイドルを見ているんだ、

という快感に酔いしれていました。
これなんです、本当。

ただオイオイ馬鹿騒ぎするだけが、脳じゃない。
いや、そりゃオイオイも言いますけどね。

騒ぐ事にやたら前のめりで、
本来の楽しみを忘れた、なんていう人は

一度、カントリー・ガールズに来てご覧なさいな。
そこにあるのは、古き良きふるさと。

牧歌的な空気です。
可愛らしい女の子を合法的に

ただただ愛でたい人間にとって、
実にカントリー・ガールズは、ぴったりです。

いくらメンバー個々のスキルが上がっていようと、
失われていない、彼女らの良さです。

でも改めて思ったけれど、、、
「小生意気ガール」ほんま、好きやわぁ。

イントロかかったとたん、
ウホッて声でたもんね。

有難う、ほんま有難う。
手をあわさんばかりに、聴きほれました。

そして本当にあっという間、体感時間10分で
アンコール、例のMCになるわけですが、

それは昨日、書いたので、もうくどくど言いません。
全部、終わってみれば

やっぱりカントリー・ガールズは最高で、
梁川さんに対しても、ただ3月までを大切に、

見守るだけだ、と決心がつきました。
ライブ後握手会、行ったけど

5人には、ただ深々と
「有難うございました。」と頭を下げる僕。

(仮)のTシャツでしたけどね。
船木さん、目ぇ向いて(仮)見てましたけどね。

森戸さん、しかめっ面でしたけどね。
誤解しないで欲しいんです、これは僕の中の

メッセージソングなんです。
カントリー・ガールズはハロプロの中で仮モノみたいに

扱われてますよ。
そんなん無礼ですよ、と会社へ対する意味を込めてるんです。

Tシャツの後ろ、背中にはこう書かれています。
「愛には愛で、応える夏」

・・・・暑苦しいでしょ?
ただカントリー・ガールズに、言いたかったんです。

誰もわかってくれないでしょう。
でも本当は5人とも、立場があるから何も言えないだけ。

実際、僕に会えばこういうに決まっています。
わかっているのに・・・ごめんね。←この曲も大好き!

めでたしめでたし。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609




































 

カントリー・ガールズは振り向かない。

8B1162E8-3E50-42FF-85A4-A8F1696F9B36
「カントリー・ガールズは家族みたいなもの・・・」
言葉がつまり、肩を震わせる船木結を見た時、

これまで彼女らが、守ってきたものが
壊れていったような気がしました。

ーアイドルは笑顔を届けるのが仕事。
どんな時も決して涙を見せてはいけないー

嗣永桃子の残した言葉です。
良くも悪くも彼女はプロで、どんな時でも徹底してタレントでした。

芸能界は、おそらく20年くらい前から徐々に、
素をさらけだしている(ように見える)人が、

面白がられるようになってきていて、
実はその事自体は、上岡龍太郎が早い段階で指摘していました。

加えて、だから自分はもう未練がない、身を引くんだと、
鮮やかに去っていったんですけれど。

一周回って嗣永桃子は「アイドル」の皮を被り、
素を見せないで、売れる事に成功しました。

これは、彼女が芸能界でやっていくための血肉となり、
カントリー・ガールズへ受け継がれていきます。

後輩たちは、見事にそれを守りやってきました。
そりゃもちろん、手放しで褒められるような出来では

無かったし、正直なとこ桃子の達者な部分まで真似たのに
誰一人としてセンスは、無かったです。

カントリー劇場という言葉が、ヲタク達の間で
言われていたように、

お寒いのが、面白いでしょ?という
実にアイドルらしい、ユルい許しの中で、

しかし彼女らは彼女らなりに、精一杯演じていました。
そして僕は、それが大好きでした。

何より可愛かった。
人前で、妙な紙芝居なんてやる身でもある中、

やり切ればどうにかなるんだ、という事さえ
教えてもらった気がします。

とにかく、彼女らが徹底して守り抜いていた
素の姿を見せないでいるスタイルは、

実にオールドスクールなアイドル感だったはずなのに、
今や一番、フレッシュにうつるくらいになっていたんです。

アイドル戦国時代かなんだか、
とにかく一生懸命、ガムシャラにやる事が素晴らしく、

そしてそのありのままをさらけ出す事が、
支持を得る要素の一つに、なってしまった世界で、

ふうわり、ゆるく、
宙に浮いてるようなカントリー・ガールズの、

なんとカッコよかった事か。
稲場愛香さんが、突然居なくなった時。

忘れもしない、Zeppダイバーシティでのライブで。
彼女らは何も語らなかったんです。

当時はそりゃ不満爆発ですよ、
何で言わんねん、と。こっちは真相を知りたいんや。

シレッと、いつもと同じカントリー劇場を、
繰り広げるメンバーを観て、お金返せくらい思いました。

でもそれは、当たり前で
カントリー・ガールズはそういうグループでは無かったんです。

嗣永桃子が、辞める時になって、
ようやく僕はそれに気づきました。

そして思ったんです、これこそがアイドルだ。
でも遅い、遅すぎました。

ーアイドルは笑顔を届けるのが仕事。
どんな時も決して涙を見せてはならないー

昨日、
船木結がしやくり上げるように涙し、

続いてそのまま梁川、小関、森戸、山木、、と
挨拶は続きました。

そんなアイドル、
カントリー・ガールズが確かに、泣いていました。

それでも森戸は気丈に振る舞い、
小関をフォローし、なんと立派な挨拶をしました。

その姿は、まるで、、、モーニング娘。でした。
悔しいけれど、

カントリー・ガールズ森戸知沙希の姿は、
霞むほどにしか見えなくなっていて、

皮肉なものでそれが一番、嗣永桃子が残したもの、
カントリー・ガールズのポリシーを

受け継いでいるようにも、見えて。
途端に僕は、とても寂しくなりました。

もう、、、この子達は成長してしまっている。
またしても、気づくのが遅かった、、、、。

ーアイドルは笑顔を届けるのは仕事。
どんな時も決して涙を見せてはならないー

カッコいいなぁ!おい!
そんなん僕、無理!

やなみん、ハロプロ辞めても
あんたならきっと何でも出来る!

















 

カントリー・ガールズはどうなるのか。

09850A42-A0C1-4DF0-BB0B-E17E1940AF1C

















昨日は、結婚式で紙芝居。
無事終えました。

新郎新婦、及び来賓の方々にも
おかげさまに好評で、ほっと胸をなでおろしています。

紙芝居終わってホッとしたのか、
シャンパンを飲みすぎてしまい、

二次会会場へ、行くまでにウダウダと
道に迷ってしまう始末でした。

ちょうど、横浜馬車道はお祭りをやっていて、
明治時代の紳士淑女みたいな仮装をした方々が、

通りを練り歩いておりまして、見学したりなんかして。
そういえば新郎新婦のお二人も、見事な和装でしたので、

どうかすれば、街にすっかり馴染んでいた事でしょう。
残念ながら、そういうのは見れませんでしたが。

何とか辿り着いた二次会には
ギタハロさんもやってきていて、楽しんではりました。

仕事とはいえ、
こうやって一通り結婚式に携わっていますと、

みんなとても幸せそうで、
あぁええもんや、と心が和みます。

僕は昔から、大勢がわいわいやる中、
一人それを眺めてるのが好きなので、

紙芝居などで携わる事が出来るのは、
有り難いもんなんです。

自分も参加者だったら、
一人でいたくとも、中々そうもいかず

途中でフラッと、抜けなきゃ行けないですし。
よくそれで「あれ、あいつどこいった?」と

心配されることもありますので、
直接あまり関係のないこのような場は、実に貴重。

まだまだヤル気満々ですから。
機会があればぜひ、遠慮なくお声がけ下さい。

終えて、ギタハロさんと2人、
飲みに行ったんですけれど、

梁川さんの話をすれば、暗くなってしまうところ、
彼のおかげで、いくらか穏やかで居られました。

ほっておくと、語れば語り足りないくらい出てくる
不満、愚痴。

どうせ言っても詮無きことです。
梁川さんはいなくなるし、

カントリーはどうなるかわからないですから。
今はどうやって、アイドル趣味をやめようか、、、と

考えているとこ、でとりあえず彼女が卒業するであろう
3月までは付き合うつもりですが、

その後はもうきっぱりと足を洗いたいです。
出来るかどうかでいえば、あんまり自信もないんですが、

まぁぶっちゃけ、ショックを埋めるぐらいの楽しさが
あればいいけれど、なんか別にそこまでもなさそうです。

いぎなり東北産だけが唯一、心の救いで、
これもまた東北が拠点なので、そう頻繁にお目見えする事もなく

観たい気持ちが満たされぬまま、募ります。
もはや齢も40を半分過ぎ、未だに表現一つで

生計を立てられぬ、売れない男からすれば
それくらいが、ちょうどいいスタンスなのかもしれませんね。

今回、東北産は新メンバー加入が発表されましたが、
彼女らは3年を経ても、まだ一応レッスン生グループで、

正式なデビューはしていない形ですので、
多少、流動的な事があるのも当然だし、

実は東北産、三代目、四代目と居るそうなんです。
そもそも今、いぎなり東北産と言われている彼女らも

元は二代目いぎなり東北産を名乗っていたし、
9人組でした。

僕が知った時が8人だったから、
詳しく知らないですけど、

ラジオなどで、今も活躍してはります。
湊梨沙さんと言います。

どうも本人がモデル業的な方に、
力を入れて行きたかったみたいで、脱退したようなんですが、

このように、ハロプロ以外でみてみても
グループアイドル、加入脱退は当然の出来事で、

いちいちそれについて、一喜一憂してたら
付き合いきれない、というのが実情です。

そんなの当然、わかっているから今までは何だかんだも、
やってこれたわけですが、

カントリー・ガールズだけは、ね、、、。
紆余曲折あって、嗣永さん卒業を経て、の

5人だったので、思い入れみたいなものが
知らぬ間に、どんどん深くまで入っていたんでしょうか。

とにかくなんだか心が重い。
アンジュルムのリリイベももう休もう。
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609













 

稲場愛香VS島村嬉唄 カントリーライブへ向けて。

D937B2E3-AFAF-4C26-9FE4-DB2F9EB47AE7
ハッピーハロウィーン!
何でも、簡単に乗っかるおっさんです。

年齢的に、ハロウィンなんてない子供時代を
過ごしてきましたので、

あの手のモノが街に溢れ始めた頃は、
大反対でしたが、みんなが楽しそうなんで、

何でもいいや、
と思うようになりました。 

地域の伝統的なお祭りだと、
どうしても地元住民にならねばならず、

しがらみで、大変そうですが、
ハロウィンはもっとこう、子供会的なノリで

出来そうですもんね。
自分に子供がいたら間違いなく、

一番張り切るイベントでした。
とはいえ、おっさん一人暮らしだからこそ、

こうして呑気に構えてられるだけで、
実際に子育てしてる人たちからすれば、毎日が忙しく、

ハロウィン程度で、
本気に張り切ってもいれないかもしれない、

どうなんでしょうか。
独り身の気楽さ、最近つくづく思ったりします。


我がハロプロに置かれましては。
アンジュルムリリイベ、こぶしファクトリーはライブと、

相変わらず活発な活動が、続いているようで
何よりでして、

僕も、顔を出したいところ、お仕事で参加できないんです。
なので、せめて今日は池袋に行きたくて、

朝から頑張ろう!と張り切っています。
でもね、いずれにしてもね、、、。

もう僕、心がすっかり5日のカントリー・ガールズに
飛んじゃってるんですよ。

土曜は結婚式で、紙芝居をやりに行くし、
日曜、赤坂BLITZでChu-Zのライブあったりと、

何かと行事が目白押しにも関わらず、です。
気分はもう、、あの5人に会いたくて仕方なく。

完全に飢餓感を煽られております。
やっぱり、船木さん梁川さん森戸さんは、

カントリー・ガールズですよ!
と強く言える日ですから。(あくまでカレッジ、、は企画モノ)

しかも、皆さん驚かないで下さい。
あの天下の島村嬉唄ちゃんが、インスタライブ初め、

我々の前にそのお姿を、時折見せてくださる今となっては、、
彼女が復活する事さえ夢想するようになりました。

よもや、とは思うがワンチャンあるで!です。
彼女の圧倒的アイドル性は、現役を退いたとはいえ

健在で、むしろ高校生になって輝きをいや増し、
高みにいっているのは、もう皆さんご存知だと思うんですが、

忘れないでください。
彼女は、カントリー・ガールズだったんです!←強めに(フォルテ)

どうですか、これ。
戻って来るかも、、と、思いながら見た方が、

ワクワクするでしょう?
とかく最近、アンジュルムやJuice=Juice最高と、

ヲタは軽々に口にしますが、どう考えても面白いのは
カントリー・ガールズじゃないですか。

こうやって嬉唄ちゃんの一連の流れも、
カントリー神話として楽しむのが、ヲタの嗜み、

ヲタしなみだと、思います。
そうやって、初めてJuice=Juiceに目を向けてみますと、

稲場愛香ですよ。
目の上のたんこぶ、取れないシコリ。

こんなもん、嬉唄ちゃんが復活した日には、
(敢えてフォルテな罵倒)消しゴムのカスみたいになりますよ。

今どきのヲタは、みんな恐がって
まるで腫れ物にさわるかのように、稲場さんを評してますが、

実際、嬉唄ちゃんが戻れば薄情なもんで、
まるで何事も無かったかのように、

稲場さんに捨てるに、決まっています。
僕が見るに、稲場さんは一度居なくなった時に、

ガチ恋で彼女を推していた人を、全て無くしてるんです。
かつて、まなかん信者だった者もはっきり言えば、

今の稲場さん、言うて2推3推し、、、
下手をすれば4推しくらいではないでしょうか。

1推し、と自信もっていえる層は、
ぶっちゃけめちゃ少ないと思います。

稲場政権は、極めて脆弱。
写真集でどれくらい巻き返せるのか気になりますが、

オデッセー出版に期待すると馬鹿をみます。
くわばらくばら。

僕は性格が悪いので、嬉唄ちゃんが俄かに姿を表すようになって
ハロメンの心境、いかばりかと考え

ウキウキが止まらなくなるんです。
「しょせん、素人だから!」

と、ハロプロメンバーである事の誇りで
自分を保とうとする人もいるでしょう。

嬉唄ちゃんやっぱり可愛いなぁ、、、と、
ヲタよろしく楽しんでるのは、れいれいやキキちゃん、

上子やスマ2期メンくらいじゃないでしょうか。
後は、みんな瞳がギラついているか不感症です。

あ、夏焼さんはハナから気にしてないのは、
当然だと、思います。

あの人は考え方がおそらく皇族です。
個人的に、タイプではないけどその辺は、認めざるを得ない。

おそらく一番、意識してるのは、
きっとスキルのみを頼みの綱にしている方々で、

敢えて名前は出しませんが、
だからこそアイドルという文脈に置いて、

スキル至上主義に走るのは、違うんではないか、と
クドイですが、常から言う所以です。

そして、ここまで来たら僕も開き直って、
性格悪いついでに、少し突っ込んで妄想申しあげますと、

稲場さんなんてまさに、その最たるもんでないかい?と
突っ込んでやります。

、、、おっといけない、こうやって書いただけで、
彼女の気持ちを慮って、

勝手にゾクゾクしてきました。
興奮してしまっています。人非人ですみません。

稲場さん、一度はハロプロ、カントリーヲタクを裏切った人。
いくら高待遇で再び迎え入れられたとはいえ、

背負った十字架のデカさに気づかない程、
鈍感ではありませんよね。

だからこそ、真摯にひたむきに、
パフォーマンス、技能を研鑽する事によって、

観客に認めもらおう、
信頼を取り戻そうとしていると、思うのです。

その意気や良し、僕はそんな彼女を支持しています。
健気で可愛い。

ただそれと、
アイドルとして好きか、は悲しいかな別。

完全に島村嬉唄さんに、負けております。
むしろ稲場さんアイドル性どんどん無くしている。

僕の心情を述べましたが、これはおそらく結構な
ハロヲタの総意で、

彼女自身は、だからこそ恐がってるに違いなく、
防衛本能として「しょせん、あっちは素人だから!」

と、思っている事でしょう。
、、、全部、邪推。

しかし、こうやって観るとなんか楽しくなってきて、
稲場愛香さんそのものにも、

ますます興味が湧くから不思議なもんです。
勝手にのせて遊んでる感じ。

、、、いずれにせよ。
11月5日が楽しみ!関係者席、誰が来るかなぁ、、?

最後になりましたが。
、、、本当は森戸さん!期待してるんだよ!
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609


 























 

チーム負けん気 勝ちたいんや。

6DB90242-26E3-4365-BD53-E9C8F8785A61
どうしても。
チーム負けん気の話をすると、

誰も聞かぬ、という。
僕はそれが悲しくてなりません。

別に良いのよ、俺たちは良さがわかってるから。
なんてスタンスで応援される方もいらっしゃいますが、

ことアイドル本人にしてみれば、売れてなんぼ。
商売が成り立ちませんし、

人気出た方がモチベーションが、上がろうと言うもので
越したことないはずなんです。

なので、もっともっとファンを広げて欲しいというのが、
本音でして、惨めな姿見たくないじゃない。

昨日ね、ハロプロライブは
メロン記念日さんが出てはったんですよ。

あの、メロン記念日ですよ。
アイドルライブでモッシュやダイブを当たり前にした

伝説のグループですね。
This is 運命が出た時、ヲタクどもに与えた衝撃は、

今でも鮮明に思い出しますよ。
あれこそ、奇跡が起こった瞬間でした。

そんな、、、伝説のグループですよ。
お願い魅惑のターゲット、これもメロン曲ですよ。

しっかりセトリに入ってたらしい。
名曲よね。

それを歌い継いですっかりモノにしたのが、
アップアップガールズ(仮)ですよ。

でね。
なのに、ね。

メロン記念日がまさにライブやってる最中、
アプガはラグビートークしてたのよ。

岡本タブー郎さんも言うてはったけどね。
悲しみしかないよ。

なんで、ライブ見れてないのよ。
わけわからん後輩が、後ろで踊ってたらしいやんかいさ。

可哀想な、アップアップガールズ(仮)。
でも昨日も行ったけどこんなん言うたらあきません。

思うのこそが可哀想。
あくまでエンタメは楽しく。哀しみを笑いに、笑顔に変えて

お送りしてこそじゃないですか。
たとえ影響力がない、とはいえ僕がここでこうして

哀しみを発信し続けるのは、アプガ姐さん方にも
申し訳なさすぎるんです。

そんな事ない!
あの人らめっさカッコいいんや。

それをちょっとでもいいから、皆さんにわかってもらいたい。
伝えていきたい。

そう思ってやみません。
YU-Mません、じゃないです!やみませんです。

そりゃあさ。
いぎなり東北産のが素直に楽しめますよ大好きですよ。

カントリー・ガールズも同じく。
諸々、複雑な感情もありつつやっぱめちゃ楽しいよ。

アンジュルム、ようやってはる。
頑張ってもらいたい、というか充分売れそう雰囲気満点。

わかってる!わかっちゃあいるんです!
敵はもっと強大で、恐ろしいもんです。

そう秋元エージェンシーね。
帝国の4846ね。

いっそマシンガンぶっ放す勢いで、蹴散らしたいと思ってるけど
その前にまず、負けん気勢はウチなる敵に勝たないと。

どもなりませんよこれ。
でもどもできませんよこれ。

だから僕、決めました。
アップアップガールズ(仮)5人ね。

5人の紙芝居作るよそんなん。
作る方向で動き出してるんですよ。

どんなんかなあ(笑福亭仁鶴)
いわゆる絶叫系のがキャッチーで、

紙芝居では心掴みやすいけど、それはやめて
まずは真面目に、良さをわかってもらえるようなものになれば。

とりあえず。
5人を可愛い、というのはやめよう。

これは当然、吉川友さんも含む。
実際問題、綺麗なんです。

それは見ればわかる、会えばわかる。
でも、彼女らをそういう観点から評してももう響かないし、

言い方悪いけど、ドルヲタ的にはベテランさんてだけで
乗れない人種もいますから。

そうじゃないよ、と。
アイドルの楽しみ方はもっとたくさんの振り幅があって、

そういう見方をすれば、
きっともっと面白くなるよ、と言いたいんです。

なのでエロく楽しむのもいいでしょう。
そういう目で見ても、シレッと素知らぬフリするくらいの

器量がアイドルさんたちには、備わってますから。
だから一時期、吉川友だってバンバン出しまくってたんやろうし。

他にも、面白タレントみたいにイジりまくっていいんですよ。
絶対に、大丈夫。

そりゃ多少、傷つきはるかもしれんけど、
ファンのいらん気遣い、忖度、強張りが

新規を寄せ付けない空気を時に、生み出しもします。
程々に、するのが丁度いいと思うんです。

どんなでもいいから興味持ってもらって、
現場でライブを目の当たりにしたらば、

これ、おれ舐めてたぞ!
と気づくでしょう。

こうなると逃れられないじゃないですか。
カッコいいじゃないですか。

うぅん、、そうか。
今までここで綴ったような感じの、紙芝居にすればいいのか。

よしやってみます。
まずは気合を入れるために、いぎなり東北産

「天下一品」でも聴くとするか。
おしまい。







 
記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ