おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

カントリー・ガールズ

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

ダブルユーでサンジャポに出たよ。

D9DC1B4A-ACF0-4B51-99AB-9E8A795CBA11

ひなフェス2日目。
今日はライブも入れないし、疲れたので参加しませんでした。

昨日の話になりますが、
なんと言ってもダブルユーと鞘師里保さんで

大盛り上がりの1日でして、
それは仕方ない事かも知れないし当たり前として

敢えて手厳しい事を言いたいのは、
鞘師里保さんです。

これからどうするつもりか知らないけど、
いったいどういう心境で参加しはったのか。

モーニングの曲をやったそうじゃないの。 
なんなんそれ、そんなん許されるんですか。

、、、あぁあ。
またハロヲタに嫌われるやろうなぁ、、でもやっぱり

なんか変ですよこれ。
細かい事を気にせずに楽しめばいいんか知らん、

でもやっぱ僕はイマイチ納得いきません。
小煩くてごめんなさいね。

それで、ダブルユーです。
入ってないけどそんなん「I wish」やられたら泣くわ。

僕は辻加護卒業コンサート、
代々木体育館入れずに外で音漏れ聴いて涙流してたんですよ!

まさかここへ来て、また観られないなんて考えもなかったよ。
そりゃ今どき、ゴニョゴニョしてみる方法は

いくらでもあるんですけどね!見ますよ!
で、とりあえず夜公演Juice=Juiceプレミアムまで

SATOYAMASATOUMI を冷やかしてたら、
吉川友&仙石みなみ仲良しコンビが何か売ってたんです。

買う気は全く無かったんですが、一緒にいたフミさんが
「山田さん、呼ばれてますよw」と。

はて、とみますと吉川友さん
「おに山田さーん買って下さい!」と手招きしてはる。

まさかの名指しで流石に逃げられなくなって、
よくわからないスープを1000円で買ってしまいました。

その際、横にいた仙石みなみさんが
とっても可愛いかったんですが、

きっとお互い好き同士だから意識しあったんでしょうね、
声をかける事も出来ず吉川友さんに

「紙芝居、頑張って下さいね。」と
言われて普通に「有難うございます。」でした。

ほんでから名古屋の変人、チーク卿さんに会って
フミさんと3人少し遅い昼食タイム、、、と思ったら

TBSテレビサンデージャポンの人に声をかけられたんです。
ダブルユー復活について聞きたかったと言うので、

もちろん大いに語りましたよ。
入ってないし、観てなかったんですけどね。

「僕はこの後のJuice=Juiceプレミアム
に入るんですよ!」

とそのまま、稲場愛香さんの話に入り
彼女が元々所属していたカントリー・ガールズが

いかに素晴らしいグループかを切々と語りました。
それでハロプロ紙芝居もやったんです、爪痕残さないとならん。

とにかく精一杯やったら
「あの、、ダブルユーの事を、、、」と言われたので

「あいぼんとは出身地が同じなんですよ!
郷土の誇りです。」

自信満々でこたえました。
いやもちろん、今回の見事なライブについても

涙ながらに語りましたよ、
全部ツィッターで仕入れた情報だったけど。

そんなこんなで自分がTBSラジオ、
爆笑問題カーボーイのリスナー歴15年男であるのを

最後に伝えてバイバイしたんですよね。
そしたらバッチリ放映されてたらしい。

テレビ無いので観れないんですが、
これもまたゴニョゴニョして観ます。

でもあんなに熱くまなかんについて語ったのに、
採用されへんって何でやねん。

無理もないかも知らんけど、
やっぱし僕らヲタクにとって大切なのは

これからのハロー!プロジェクトじゃないですか。
昔とった何とやら、でこうしていつまでも

ネタになるのは有難い話なんだろうけど、
もっと現実メンバーが注目されるようになって欲しいなぁって

心から思いますね。
ぶっちゃけ、安倍なつみや後藤真希、

加護亜依、松浦亜弥に藤本美貴etc、、、
素晴らしい才能溢れる方々でしたけど、

全然、稲場愛香や宮本佳林
佐々木莉佳子に森戸知沙希、船木結その他いっぱいの

現行ハロプロメンバーのが断然凄いですよ!
これはハッキリ、誓って言えます。

いつもなんやかや言うけど、それはマジでそう!
ライブでもらった感動の数は圧倒的に現在進行形!恋愛進行形!

お願いしますよ世間の皆さん。
ハロー!プロジェクトはいつだって現在ー今ーが

最高に面白いんです。
どうかサンジャポきっかけでファンが増えますように。

世界はハロプロとそれ以外でできている。
おしまい。

北海道募金。
また地震がありました。

4月23日〜25日、厚真町へ行きます。
必ず渡しに参ります。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。


もう少し、お力をお貸し下さい!
https://www.oniyamada.com/items/13342609





















 

弱気男子退部届

 
はい。
昨日は朝から夕方くらいまでお仕事でした。

荻窪aruiteruで2周年記念のプレパーティが
あったらしいんですが、

ここ最近、aruiteruに行きすぎなので
やめたんです。

そしたらめっちゃ盛り上がってる。
そらそうやろうなぁという感じでした。

僕が思うに、キャプテンはとびきり美人ではなく
どちらかと言えば

未知やすえ(わかるかなぁ)くらいな適度さで
物事全てをノリで解決する逞しさに溢れているせいか

会って話せばまぁ大概の人が好きになる、
そんな人柄です。

そりゃあ何をやっても楽しい空間作る才能に溢れています。
何か悩みを抱えてる人は

ぜひ荻窪aruiteruに行くのがいいでしょう。
おそらく適当なアドバイスで、気持ちだけは上向くでしょう。

どうも夏わかめ、三木田さんもご機嫌でカラオケしてたみたいで
おぉ良かった。あいつ現場復帰果たしたんか、と安心しました。

木村さんとも話していたんですが、
別に漫才続ける続けないはどっちでも良くて、

何も考えずとにかく動け、と言いたかったんですが
それは何故かと言いますと、

彼の気持ちが良くわかるからです。
僕もどちらかと言えば、やくたいもない事を

ウジウジ考え続け、
全然動く気にもならず一人で塞ぎ込む癖があります。

そうこれはまさしく癖で、
意識がどうしてもすぐそっちに引きずられるんですね。

だから気づいた時点で早めに、無理矢理、
考えないようにするんが、いいんですよ。

つまり三木田さんは
今すぐ飛び込む勇気、を持てば良かった。

何はともあれ、
鼻に付く歌のうまさも健在で

「相変わらず腹たつ」
あいつが戻ってきていたようで一安心。

友達にはなれませんw
それで、ですね。

久し振りにハロヲタ友達のMさんに連絡してみました。
沖縄に移住しはったからね。

どないしてはんねやろう、と気になりまして。
どうやら職場飲み会の最中だったらしく

「もしもし山田さん? 今ちょっと酔っ払ってて、、。」
と呂律の回らない様子でした。

すぐさま切ろうと思ったんですが、
わざわざ場所を移動して電話に付き合ってくれました。

「ハロプロの話が出来ない。
梁川奈々美卒業について話したい。」と

切実な訴えを聞いてますと、あぁそうだよな、と
こちらも少しセンチメンタルな気分になります。

こないだの卒業ライブ、稲場愛香発言では無いけれど、
Mさんとは不思議な縁で繋がってる気がしていて

僕も無性に話をしたい心境だったもんですから、
かけ足ではありますがカントリー話で盛り上がりました。

沖縄というとこに、僕は行った事がなくて
ここ最近入ってくる情報といえば、

基地問題ばかりで、
正直いいイメージが(人というか土地)まるで無く、

そんなとこでMさん達者で暮らせてはるんやろか、
と思ってましたが何の事はない、

普通に生活する分には、何も東京と変わらないみたいです。
当たり前でした、すみません。

彼とはたくさん話をしたくて
画展や自分の事を言おうとしたんですが、

何だかんだ言うて手紙に書いた方がいいと思いまして、
したためる事にしました。

まさにカントリーヲタクだからこその
「書いては決してのI LOVE YOU」です。

住所教えて下さいね、と言ったんだけど
酔っ払ってたし覚えているのか怪しかったから、

こうしてブログにも残しておきます。
ぜひ宜しくお願いします。

そんなわけで、
弱気男子退部届。

45歳おっさんこと僕の話を終わります。
おしまい。




























 

ハロメンラジオの話


カントリー・ガールズ梁川さんが
卒業してしばらく経ちました。

元から活動殆どしてないカントリーなので、
直ぐに何か変わってるでもなく、

メンバーのブログ読むくらいで事足りています。
でも感傷に浸るのが関の山で、

そうすると寂しさばかりがたまってくので、
やっぱり何も見ないのが一番かな、と思ったり。

4人を応援しないわけじゃないけれど、
ひとまず他の事考える事にします。

いぎなり東北産の話を最近、してないなぁと気づきまして。
ラジオはもちろん聴いてるし、ブログチェックも欠かさないので

実質、大好きは継続中なんですが
なんせライブハウスツアーが東北各地だけで、

ハロプロみたいに映像ばんばん出てくるわけじゃないので、
やきもきしています。

東北産を知るようになって、
ハロプロがラジオ面でいえば全然面白くないのが

今まで以上に良くわかったりするのも新鮮です。
それはきっとアレダメ、これダメとしちゃいけない事、

言っちゃいけない事が多いので、
自然とメンバーが萎縮してしまう故かもしれません。

中で佐藤さんだけは異質だったりするんでしょうが、
それはあまりに特殊な例で、

しかもラジオ向きかと言えば違うだろうし
東北産のメンバーらに比べればやっぱり少し窮屈にうつります。

なので僕は自然、聴いててラクな
東北産を楽しんでしまいます。

東北産ラジオは及川アキヒロ氏、
通称おいちゃんが

しっかり進行しているのも聴きやすく
そういう意味じゃあ、

明石家さんま、村上ショージのいるヤンタンも
圧倒的にそうです。

ハロプロ系は道重さんがやっていた
「今夜もうさちゃんピース」で人気再浮上した面が

大きいから、
ラジオはきっと大切にしてるし、

たくさん番組あるんですけど
道重さんだってそもそもヤンタンで

レギュラーだったので影響受けまくったはずで
もっと他人、上々軍団じゃなく絡ませて良いんじゃないでしょうか。

きっと元からラジオ的お喋りがうまい人っているけれど
日頃の鍛錬でも充分、上達する分野だと思うんですよね。

前もいいましたけど
鈴木愛理さんと宮本佳林ちゃんのハロドラは、

なんだかんだいって、宮本さんのキレキレっぷりが
心地よくてたまりませんで、

ハロプロで唯一僕が、素直に楽しめるラジオです。
でも拙い喋りで、規制が多い中

ひたむきに頑張ってお話ししているメンバーを、
親のような気持ちで聴く感覚も当然わかりますから、

何が正解なんて話じゃないんですよね。
カントリー・ガールズもやなみん卒業前夜の

5人放送は、涙無くして聴けない回だったし
彼女らの、何でもないような事が幸せだったと思える

お喋りは大好きです。
なので結局は何でも良いという話、なんじゃそれ。

自由だから活きる子、不自由だから燃える子
たくさんのタイプがあるでしょうから

自分はどのタイプか、
推しはどこに当てはまるのかなどと

考えながら聴くのもまた一興。
ラジオは良いですねー。

、、、おしまい。

北海道募金。
また地震がありました。

4月23日〜25日、厚真町へ行きます。
必ず渡しに参ります。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。


もう少し、お力をお貸し下さい!
https://www.oniyamada.com/items/13342609















 

梁川奈々美卒業


はい。
困難荒波大歓迎、紙芝居乞食です。

とは言いながら実際に困難を目の前にすると、
ただただ慌てます。

なんの力にもなりません。
昨日は梁川奈々美さん卒業という事で

Juice=Juiceとカントリー・ガールズの
合同コンサートを観に行きました。

といってもライブビューイングです。
夏わかめの木村さんと荻窪aruiteruのゆかさんこと

キャプテンとドリカム状態でした。
いや、いきものがかりの方が今っぽいかもしれません。

ともかく。
しっかりとこの目で確認しました。

梁川奈々美さんの勇姿。
当初は合同コンサートに何やねん!と憤りを感じましたが

いざ始まってみれば、めちゃ良かったです。
こういう組み合わせの妙といいますか今後別のグループ同士でも

ぜひやってもらいたい。
当然、長いハロプロの歴史の中で2組のグループ共演というのは

無かったわけではないんですが、
Juice=Juiceとカントリー・ガールズって本当にくっきり違うので

それはそれは面白かったです。
比べるものではないだろうし、当然安定の気持ち良さで

ハロプロ最強神話は続くなこれ、と膝を打ちました。
こうやって実力をしっかりと持っていても

正当に評価されない現状、
ここまで来ると誰が悪いというのでも無い気がしてきましたが

梁川奈々美さんが辞めると決断したのは、
あながち間違ってないんじゃないかな、

という気にまでなってきます。
これ程までに人気商売というのは残酷なんでしょうか。

並みの神経では出来るものではありません。
出て来ていた全メンバーが凄い。

これを前提にした上で、
あえて言わせてもらいます。

涙のリクエスト、
梁川サックスで幕をあけたカントリーパートは、

最高のつるべ打ち。
リリース当初、なんで今さらチェッカーズのカバーやねん、と

憤ってた事が嘘のような気持ちになりました。
だって歌詞の世界と辞めていく梁川さんが

シンクロするんやもん。
まるでこの日の為に出来た曲みたいやないか。

それでブギウギラブね。
僕はね、カントリーに行かなくなった夏わかめや岡本さんに

ずっと言うてたんですよ。
今のカントリーはホンマにええよ、見たらわかるよ、と。

そりゃ正直、
いちげんさんにはキツいグループになったかもしらん。

でもある程度、順を追ってみてると沁みるんですよ。
それはハロプロ全グループに言える事かもしれんけど、

カントリーはね、
そもそもスキルはそんな評価高くなかったんです元々。

だから余計にグッと来るわけですわかりますこれ?
一言で言えばうまなっとるがな!が

めっさ伝わるんですよ。
特に前段でJuice=Juiceが出てるから余計にそれ感じる。

まぁとにかくそこを味わって頂きたかった。
これにつきます。

下世話な見方としては、やっぱり稲場愛香さん。
この子、カントリー・ガールズやったんやからね。

何あのシレッとした感じ。
いやそうやるしか無いのもわかるんやけどさ、

あんな空気そうそう味わえるもんじゃないし、
誰もが言うてる事ですが、

最後の挨拶シーンでの船木結名演説潰し技ね。
少し詳しくいいますと、

船木さんがめっさいい別れをしはったんですよ。
泣きすぎて何言うてるかわからん面白さ。

まさにカントリー・ガールズの体現で、
ここでまた等の主役、

梁川奈々美さんが、気丈にしてる様が可笑しくて
これだけで、充分な号泣案件

いい雰囲気で終わりそうだったんとこに、
全てを相殺する稲場愛香の

「ごめんね、私トップで挨拶したから色々混乱して、、
ハグ忘れた、今やらせて。」

これね。
良かったよねぇ、、、。

思わずカントリー!カントリー!と
叫び出しそうでしたよ。

カントリー・ガールズというグループの持つ
歪さが全て出ていた名場面でした。

いやぶっちゃけそんな稲場に腹立ってんのよ。
でもだからこそまなかんやないか、となるんです。

あの子、いいよあの感じ。
まなかん一推しって今きっとおらんもん。

でもそこが良い。
得体の知れなさって魅力的じゃないですか。

しかも案外、周囲からそう見られてる人って
実際付き合えば全然違うって事多いですしね。

まなかんは、今回の主役じゃないんですけど
やっぱ持ってる人物なんだな、と改めて思いました。

あ。
梁川奈々美さんが主役だった。

彼女がいたお陰で、
嬉唄ちゃんがいないカントリーを

受け入れられた僕であったので、
その点で本当に居てくれて良かったと思います。

短い、、、とは言うが四年も、
楽しませてくれた事は変わりがないですし。

お疲れちゃん、ですかね。
ずっとハロプロ好きでいてね。
おしまい。


北海道募金。
また地震がありました。

4月23日〜25日、厚真町へ行きます。
必ず渡しに参ります。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。


もう少し、お力をお貸し下さい!
https://www.oniyamada.com/items/13342609

















 

カントリー・ガールズ 山木梨沙と森戸知沙希

D7B77F33-D226-400F-A00E-ED0C51457C6F

いよいよ明日は、
梁川奈々美さん卒業でして、

僕は何だか微炭酸、しゅわしゅわしています。
すみません間違えました

そわそわと浮足立っています。
本当に梁川さん、居なくなるんですかね。

俄かには信じられないまま、
山木梨沙さんと森戸知沙希さんの話をしたい。

2人はすっかり大人の女性で、
デビュー当時の初々しさがとても眩しい程です。

最も成長が著しいんじゃないでしょうか、
山木さんはソツなくMCこなすし、

森戸さんはモーニングに入ってから、
カントリーでのステージング、雰囲気がガラリと

変わったように思います。
本人も仰っていましたが、苦手なトークだって

そう感じさせないようになってきているし。
大人になるというのは、ある種の喪失感を伴うもので

若干の寂しさが残ります。
今思えば、デビュー当時のカントリー・ガールズは

フレッシュで可愛く、
そこに嗣永桃子さんが混じっているというので、

ハロプロ中、
一番タレント性があったグループだったと思うんですが、

あにはからんや。
島村嬉唄ちゃんの早すぎる脱退を皮切りに瞬く間、

ニッチ化していきました。
たらればではあるけれどもしもあの時、

嬉唄ちゃんが辞めずにいてくれたなら、
ハロプロ事態の世間への届き方も変わっていたかもしれません。

つくづく、惜しい人を無くしました。
前田憂佳と島村嬉唄の喪失は間違いなくハロプロを

現在の位置に留めさせる結果を導き出しているといえます。
だからといって、

残されたガールズである
山木さん森戸さんがダメなのかといえばそうではなく、

島村さんが居なくなったから、
嗣永さんが後を託したからこそ、今輝きを手に入れた2人だとも

言えるでしょう。
私達こそがちゃんとしなきゃ、と圧を力に変えたのです。

なのでもちろん、
カントリー・ガールズがもっと人気出てもらえれば

それに越した事ないんですが、
無いものねだりのアイウォンチューとはこの事で

ますます世間に届かなくなってく一方なのを、
いいさそれでも生きてさえいれば、と構えるしかありません。

本当はこういう時間を、どう暮らしていくかが
大切なんだろうしカントリーが好きですと言ってる以上、

きっとこういう時こそを大切に
紡いでいかなければならないはずなんです。

だからこそ現在、
山木さん森戸さんの存在は、とても大きい。

どうかこのまま堅実に、あともう少しだけ
頑張ってもらえれば、、、、などと

贅沢を行っておりますが。
僕は梁川さんが抜けて4人になったカントリーに

まずはしてもらいたい事がありまして、
それはミュージカルなんです。

現在、こぶしファクトリーを除く他の
ハロプログループはどれも人数が多すぎて

舞台でそれぞれメンバーを活かそうと思っても、
どうしたって全員にスポットを当てるの

無理じゃないですか。
そこいくと4人て絶妙だと思うし梁川さん卒業して

しまったから、それぞれ背負うドラマが
更に深みを増してめちゃ良いと思うんですよ。

どうでしょうかね。
演劇にならないんなら、何なら僕がまた紙芝居にしましょうか。

それにしてもいやぁ、、、
やっぱしカントリーがハロプロで一番、

面白味のあるグループだな。
おしまい。





 
Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • 下ネタって素敵やん?
  • 雨だからこそ、唄うの大事。
  • 頑張りこりこがコリコリ?
  • 6月8日(土)は大人の為の紙芝居イベント
  • Juice=Juiceの流山に行ったんや
  • Juice=Juiceの流山に行ったんや
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード