おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

チーム負けん気

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

いぎなり東北産、ハロヲタを黙らせる?


昨日、komakigさんに聞いたんですけど
アプガ(2)がミックスを打って欲しい、と

言ったそうです。
一応、わからない人に説明しますと

曲間、基本的には曲が始まって、
歌い出しまでの間に打つ、タイガー、サイバー、、

という例のアレです。
ハロプロはあまりしないのが、通例になっていて

そういえば、聞いた事ないなぁ、という印象。
どっちでもいい、と思っていました、というかあんまし

気にした事なかったので、
僕自身は言われてみれば、といった感じでした。 

ところが、今回アプガ(2)がそう言った事により、
結構ヲタク(主にハロプロ系)の間で話が盛り上がってて 

面白い事になっております。
ミックス否定派、いまだそこそこ多いみたいで、

僕のよく知る俺為さんなんかは、
「フェードアウトしようかな」と、

ひっそり他界まで匂わせておりました。
これが現実というヤツですね。

でも、やるにしろしないにしろ、
ハロプロってやっぱり他のアイドルグループとは、

明らかに違っていて、それは知らない人からすれば
全然わからない事なんですが、

ちょっとでも知って、他のアイドル等眺めていきますと
明らかに、感じてくる事だったりします。
そんな話を、これからしたいんですが。





そうです。昨日、東京工業大学、
そして夕方は、ららぽーと豊洲に行きました。

Let’s goいぎなり東北産です。
今年の仙台、TBC夏祭り以来、

すっかり夢中になってまして、
なまじ活動拠点が東北で、東京に来る機会がそもそもなく、

それだけでもう飢餓感が凄いので、
来てくれるならなんとしても、観たくなります。

もちろん自分が、遠征するのが一番なんですが、
腐ってもハロヲタで貧乏人。

秤にかけたらどうしたって、
ハロプロに比重を置いてしまうので、

中々、難しい問題なんです。
今はまぁとりあえず、たまぁに仙台に行こうかな、

くらいの気持ちでいますけれども、
いつみても楽しくて、可愛くて、

若いという利点を体現しているグループなので、
これはもう、今見ないでどーするの?という気持ちに、

させられてしまうのです。
昨日の、東工大ではマイクトラブルとしきりの悪さに

見舞われ充分なパフォーマンスが出来なかったんですが、
それでも本人たちは見事、やりきっていた、と

僕は思っています。
「あれでお金とるのはどうか、と思います」

なんてkomakigさんは、言うんですけど
そもそも東工大のアイドル研究会「とこじょ」が主催で、

いわばゲスト枠なんだから、
東北産を責めるのは、違うと思う。

しかも100歩譲ってそれで、
ちゃんとパフォーマンス出来てないって感じたなら、

もう一度、別のとこで、万全のもの見て判断しよう、
と考えてもいいわけで、状態最悪のステージ観て、

アレはダメです、で結論づけるなら
それはどーせ初めからそういう目でしか

観ていない、という事ですよね。
暴論だしその後、ららぽーと豊洲もあったんだから

そっちに来れば良かっただけじゃないの?
と、、、、昨晩のSHOWROOM でも

つい熱くなってしまったんですが。
ただ。

やっぱりハロプロやチーム負けん気などは、
東北産に比べると、

見事な対応力を持っていると思います。
それは、タイ・ジャパンフェスでのJ=Jであったり、

どんなとこでも、完成度高いライブをこなす、
アプガであったり、見れば一目瞭然で、

そういう観点に立っていえば、
正直、いぎなり東北産はまだまだです。

ですが、これはやっぱりハロプロ系(負けん気勢含む)が
凄すぎるんです。

いかにも当たり前にサラッとこなすから、
ちょっと触れただけじゃ気付かないし、

心を通りすぎてしまうんです。
皮肉を込めていえば、

ミックス打つのに夢中になヲタクじゃあ、
そういうの一切、頭に入って来ないと思います。

だから、ハロプロはエゲツないんです。
アイドルのプロ。

なのでkomaking さんの感じた部分は、
ある意味で、その通りなんかも知れません。


では僕が、なんでここまで東北産に惹かれるのか。
ハロプロよりも、ある面では劣っていても

他の面で凌駕しているからです。
まず、ここが一番重要なんですが、

ハッキリとあるのが、メジャー感です。
サブカル臭がまるでないし、地下系アイドル好きにありがちな

スノッブなイヤらしさとも無縁です。
いぎなり東北産、という名前のおかげなのか、

都会のダメなヲタク(ハスに構えて一段上から見ている感じ)
排除に図らずも成功しています。

老若男女、アイドル知らない人にも、間口が広い。
そしてこれはおそらく、ももクロ始め、

スタダ勢の強みなのかも知れません。
これねぇ、、、めっちゃ思います。

僕はある時期まで、はっきりスタダを舐めていて、
それはももクロが、あぁいう売れ方をしてしまって以降、

ここ10年近くずっとそうだったんですけれど、
一つには、ももクロがまるでちゃんと

唄えてなかったというのがあります。
こんなん言えば、またややこしいんですけど、

歌の上手さ、アイドルに絶対必要なものじゃない、
と思っているし別にいらないですし、

そもそもあんまわからんし、今でもわからんし。
ただ下手なら下手、として楽しむ姿勢ですよね。

例えばミックス打つならそういう現場だ、みたいな。
ももクロについてごちゃごちゃ言い出す連中への

ツッコミ防止の為に付け加えると、
僕は、5人時代からZ初期あたりまで散々、行き倒してて

実際、東日本大震災当日だってタワレコ新宿の
ももクロリリイベ行く途中で、地震になって

イベント中止の憂き目にもあっています。
新宿東口ゲリライベントでめっさ集まった時もいたし。

はい。
少し話がそれました、すみません。

それで、です。
とにかく膝かっくん、それまでのアイドル文化を

少し横から攻める、というか悪く言えば
揚げ足とりな要素がどんどん濃くなって来てたし、

そういうので一気に売れたのが、
ももクロだったので、

その後いくらエビ中やらしゃちほこなど
出てきても十把一絡げで、見てたんです。

揶揄する意味で「あぁ、、、例のおもしろアイドル達ね。」
みたいな感じ。

これも良く話しますけど、極力エロを消していたのも
好きでは無かったです。

ただなんとなく、そうやって自分の中で決めつけたイメージだけで、
10年近くが経ってたもんだから、

不用意にみた、いぎなり東北産で、衝撃を受けたんですよね。
まさか、こんなに実力派な一面を

出せる団体になっていたなんて、、、という。
それで、他の桜エビーずやらばってん少女隊など

とにかくスタダ、、、スタプラ勢に触れてみたら、
あなたこれ!

みんな達者。おまけに面白い。
それって、、、もう無敵じゃないですか。

メンバーも顔の造作とんでもなく高いので、
大衆に届きやすい要素しかありません。

ハロプロは顔の造作、バラエティーに富んでるんですよ。
そこが良いんですけどね、ただ今はそれだと

届きにくいから、、、
、、、ふと、ここまで綴ってて思ったんですけど、

ヲタクもスタダ系の人って一線引かれてますよね多分。
なんか、、、数あるアイドルヲタク団体の中でも、

交わる要素が低い、といいますか
全方位的な人が、あんましいないイメージ。

そこはハロヲタと、カブるんですけど、
ハロは原理主義要素を自分達から生み出してるけど、

スタダはなんとなく、
他ヲタとの距離で、そういうポジになっていった感があります。

だからどーした、って話しですけれども。
とにかく。

いぎなり東北産はまだ3年目で、未来があるし、
中々どうして実力派、おまけに面白い、

ともなればこれは、もう本当に陽性しかなくて
メジャー足り得るに充分な資質だと思うんです。

なので僕は、出会えた事がとても嬉しい。
もっと知らない人に見てもらいたい、

触れてもらいたい、と思っています。
ただ紙芝居にするには陽性すぎて、

ネタ作りにくいんですよね、、。
単に好き!を絶叫するだけの、

応援紙芝居なら出来そうですけど。
、、、はっ!それで良いのか!
おしまい。

北海道地震、募金手渡し。
おそらく11月末か12月頭には行けるか、と。
皆さん!まだお願い致します!

もう後、ちょっと!詳しくはこちら。
https://www.oniyamada.com/items/13342609














































 

チーム負けん気ファイナル


昨日は、渋谷www-xへ。
チーム負けん気の最期のライブに行きました。

チーム負けん気というのは、
吉川友、チャオベッラチンクェッティ、
アップアップガールズ(仮)からなるグループです。

元ハロプロエッグ出身で、
もう15年くらいの付き合いがある、いわば同期。

生き馬の目を抜く芸能界で、
苦楽を共にしてきているので、簡単に「仲良し」というので、

割り切れないものがあります。
「絆」というのも何だかチープですしね。

とにかく、僕自身に引き寄せれば引越しなどを
経験しているせいか、はたまた人望か

幼い頃から付き合いのある人が皆無なので、
チーム負けん気のような関係は、憧れです羨ましい。

しかも同じ仕事にずっと携わってきた、
単なる友情じゃない連帯意識もあるでしょう。

はっきり言って、
ステージでの皆さんカッコ良かったです。

日頃、アイドルは売れなきゃ意味がない事を
公言して憚らない身ですが、

本当に大切なのは、そんな事じゃないと思いました。
生きていくのと、売れるのは関係ないからね。

チャオベッラチンクェッティ、略称チンクエは
8月2日で終わってしまうんですがメンバーの人生は、

そっから先の方が実は、ながいわけです。
当たり前ですけれども。

だからこそ、終わる事の美学を見せてもらいたい、
昨日もその一端を見たなぁという思いで

不覚にも僕は、グッときてしまいました。
まさかチーム負けん気に感動なんてしたくなかった。

、、、これを話せばながくなります。
好きな皆さんは、怒らないで聞いてほしい。



ザックリ言えば、吉川友さんが名付けたというその名前、
在籍しているメンバー、、、

考えてみると、全てが旬を逃した、
哀愁漂う人たちばかりじゃないですか。

もうそこは全て飲み込んだ上で、武器に変えて
逞しく振舞ってはった人らだと思うんですけども、

だからこそ僕のような新参者は、
面白がって、趣味悪いけど

半笑いの精神で眺めていたんです。
(アプガはまっすぐに好きですが)

だけど、やっぱし体感。観てしまうとアカンよね。
皆さん、とんでもなく達者ですもん。

理屈を超えたクオリティの前では、もう拝むしかできません。
楽しかったですし、泣きました。

何に泣いたかってなんて事のない。
ライブ終了近くの、ロビンの一言ですよ。

会場を見渡し、遠い目で言うんです。
「楽しかったねぇ、、、。」

こんなんアカン。
おじさんは涙腺が弱いんです。

これはもう、アイドルとして始まってからこれまで、
を含んでの「楽しかったねぇ、、、」じゃないですか。

僕は殆ど参加してないけど!
、、、でも想像できるやん。

ズシンと響いてしまいます。
それに、吉川友さんですよ。

おちゃらけた振る舞いばかりが目立ちますけど、
歌はうまいし、

昭和の歌手みたいに、
トークとのギャップが大きくてアホです。

こないだ武道館を大成功させた鈴木愛理さんみたく、
普段とパフォーマンスの差が、

タレント性になっている人って
他にもたくさんいるんでしょうけど、

吉川友さんは中でも、現状もっとも世間に届きやすいタレント性
もってはるんやないですかね。

やっぱし普通に面白いもん。
アイドルを長く続けると、減退してしまうフレッシュさと

どうやって折り合いを付けて行くか、が勝負だと思うんですが
その辺に関しても、

吉川友さんはもう頭一つ抜けてると思うんですよね。
なので、ハロヲタとかアイドル好き、

アイドルしかみないお客さんの方を向いて、動かなくても
大丈夫で「有吉反省会」とか出てはったし、

今度は2.5次元の舞台ですかね。
そういうのどんどんやって行きはる。希望があります。

ファン集めて何かする時は姫乃たまちゃんみたいに、
すれば更に上客がつくと思うので、やってもらいたいくらいです。

彼女は、もう一つ見直した事があって
ヲタ歴がまだ浅いフミさんという人がきっかが好きで、

例によってこの日も、握手したそうなんですけど
その時、本人に言われたそうなんです。

「これからはハロプロももっともっと聴いてみて下さい。」と。
、、、、なんちゅう男気や。

カッコよすぎるよ吉川友。
ハロプロなんて、身内だけど敵みたいなもんじゃないですか。

ハロヲタの半数以上が吉川友?何それ美味しいの?とか
思ってますよ!

それなのに、、、あぁ!それなのに!
ごめんなさい!全身全霊で頭下げます。

さすが小関舞ちゃんが、憧れる先輩だけの事はある!
大尊敬です。付いて行きます僕。

どうかカントリー・ガールズをお守りください。
有難う吉川友さん。



、、、考えてみれば元ハロプロエッグだし、
ここまで言うのは返って失礼だったかもしれません。

だとしたら謝ります。すみません。
もう、おいそれと

「きっかは行かん!」ってギャグでも言えなくなりました。
「きっかは行く!」ってコマキングさんにも宣言してしまったし。

吉川友に行く方の人間になってしまいました、、、、。
、、、まるでアカン事のように言ってますが、光栄です。



こうやって、前向いて頑張ってる後輩が
ハロプロの歴史を紡いでいくの、とても美しいです。

私事で恐縮ですが、ライブ前に紙芝居したんですよね。
スクランブル交差点で。

渋谷の路上は久々で、楽しかったです。
「チーム負けん気、これからライブあります!WWW Xです!
スペイン坂サクッと上がったとこです!」

とか
「ハロー!プロジェクトを一つ宜しくお願い致します!」と
連呼しまくって

東京CuteCuteのチラシを配る、、、という。
整合性のカケラもありませんでしたが。

でも、ハロヲタの方々がみてくれたり、
通りすがりに「あ!アプガだ!」と言ってくれた女子がいたりで

そこそこ身のある紙芝居タイムでした。
皆さん、有難うございました。

補足 アプガ姐さんは相変わらず楽しくて
        森ティーや関根さんがめっさ泣いてたけど、
        それも含めて羨ましかったです。


















 
記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ