おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

ハロプロ

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

金曜路上紙芝居 ハロプロは盤石な気がする。


昨日は恒例のハロプロ紙芝居。
新宿南口ルミネ2前でした。

いやぁ寒かった。
この時期はいつもそうなんですけどね。

最近よく来てくれるハロヲタ学生さんの
リクエストで、

今さらの「島村嬉唄に会いたい」を 
やったんですが、

こんな変な紙芝居もないです、だってもう会えますから。
おまけに本人が割と軽いノリで、

インスタライブでカラオケとかやってるし、
相変わらずお綺麗なのは素晴らしいと思いますが、

紙芝居作品の意味、ひいては僕自身の存在証明を
消されているようで悲しくなります。

嬉唄ちゃん!
もうちょっと値打ちこいてくれてえぇんやで! 

、、、なんて。
まぁぶっちゃけた話が気軽に会えるなら万々歳で、 
どうせ絶対に、良い関係になれるわけないし

なろうなんて考えるだけでおこがましいんですが、
果たして地下アイドルというのはどうでしょうか。

おっと、すみません。話変わってますよ。
島村嬉唄ちゃんのような、アイドルで無いのに、

すでに凡百の地下アイドルが叶わないくらい
高みにある人物には、関係ない話に入っています。

アイドルとは名ばかりの、その辺の人らの事です。
あのような事件があり且また、もう取り上げないと言ったにも

関わらず 言うのもなんなんですが、
思った事は口に出さなきゃおさまらない性格、

NGT48とはつまり名前こそ48系でありながら
単なる地下アイドル集団なのではないか、という事です。

ヲタとつながっていた云々は、
僕はまったく見ていないので真偽はわからないんですが、

これがもし本当で、
ファン同士の語り草になっているならばもうこんなもん

東京のド地下で、
ファンを食った食わないのやり取りしてるアイドル達と

変わらないじゃないですか。
きっと商業規模だって大した事なかったんじゃないの?

そう考えると全て納得行くといいますか。
今回の事が、メンバー間の諍いが発端だとするならば

さもありなんな、話です。
小さい世界で、小さな席の奪い合いやっていれば

自ずと、おこる足の引っ張り合い。
イジメの構造みたいなもんと全部一緒、繋がっています。

だから僕は、ここらでアイドルというものを
見直さなければならないと思うんです。

そもそも、もう文化は円熟期に入って
良くて落ち着き、悪くて衰退していっております。

今は坂道系の天下ですが、
48系もそうだったように無駄に歴史は続いてきたものの、

足腰が不安定、ハロプロのような盤石さが感じられません。
時代の空気に乗っかっていすぎ、といいますか

潮目が変われば瞬く間に、衰退していくような
危うさをどうしても、秋元康傘下には感じてしまいます。

乱暴にいえば、
人材をコマとしてしか見ていないとこに、原因があると

思うんですが、そんな中にいると松井珠理奈じゃないですが、
真面目で真剣に取り組む人ほど心をすり減らし、

どうにかなってしまうので、
早く抜けたもの勝ちとばかりに帰属意識が育ちません。

そこへ行くとハロプロは盤石で、歴史の積み重ねを
パフォーマンスの向上と組織作りに消化してきました。

おそらくアップフロントという1事務所であったから
出来たのかもしれず、

だから別に48系が劣っている、という話ではないんですけれど。
こうなるともう、

アイドル文化が死に体の時代では、ハロプロ一強かも知れません。
ひょっとしてそうなるでしょう。

後は、ライブ料金さえもう少し安くすれば、
きっともっと人が来るようになります。

もちろんすべて、僕の妄想ですよ。
でも何か、あぁいう事件を眺めてみて遠くから思ったのは、

何となくそんな事でした。
信じるか信じないかはあなたしだい。

そもそもそういう話でもないんですけど。
おしまい。









 

ハロプロ紙芝居 嬉唄ちゃんとシャヒンさんと文化人

F9EC50AD-E05D-4F2D-A158-E9B0BD0D4332

昨日は恒例、ハロプロ紙芝居。
新宿南口ルミネ2前でした。

いつも通り、
ハロプロやアプガの紙芝居をお送りしたんですが、

なんでしょう。
冬場はどうしても人の集まりが悪くなるので、

さほど何もなく終わりました。
修学旅行?じゃないだろうけど、

団体の中学生に囲まれたりもしましたが、
どうという事もなく、、、

淡々と過ぎていった感じ。
こんな日もあります。

ハロプロに置かれては、
ハロコンで 今日も明日も行われるんですけれど、

僕はといえば例によってお仕事で、
どうも行けそうにありません。

ただ、明日はせめて何としても、と考えていて 
それはそう2月5日から荻窪aruiteruでやる画展に、

少しでも人が来て欲しいからです。
絵が売れるのが何よりですが、まずは来てくれる人がいないと

意味がありませんので、
宣伝兼ねて、紙芝居はやって置きたい。

新作が無いのが、たまに傷ですね。
話を昨夜に戻します。

イマイチ不入りだった昨日の紙芝居ですが、
お馴染みに人は来てくれました。

元チャオベラ、現Chu-Zヲタのシャヒンさんです。
僕はすっかり知らなかったんですが、

島村嬉唄ちゃんが新年早々インスタライブを、
やっていたらしいんです。

インスタは殆ど開かないけど、一応フォローしてて
通知とか来ても良さそうなとこ、何もありませんでした。

おそらく設定の問題だと思いますけども。
おまけにライブ自体、昼間だったみたいで、

見れなかったかもなんですが、
シャヒンさんが少しだけアーカイブを残してくれてて

それを観せてくれました。
相変わらず可愛いくて、マジックオブラブを

カラオケで熱唱したりする姿はお宝映像以外の、
何者でもなく、

ぜんたい、こんな可愛い素人捕まえて、
やれステマだなんだ、と騒いだ狭量なヲタクども

全員死ねばいいのに、とまた思いました。
つまんない人生を生きるんじゃないよ!

強く言って置きたいです。
どうかすると世界は嫉妬、妬み、嫉み、に

溢れていてそれ自体は何も悪くはないけれど、
口ではいくら立派な口上述べてるやつでも、

一たびSNSに身を置けば、
浅薄な価値に基づいた感情を垂れ流してしまいます。

もうなんか、呆れるばかりと言うか
実名だすのもアレだけど、

想田和弘氏や町山智浩氏という人は、
平和だなんだ戦争反対とか言いながら、

一たび標的を見つけるとネチネチと攻撃的な
罵声をあびせたり、言論だけに留まらず

その人のパーソナルな部分にまで話を広げ、
とことんやり込めようとします。

いったいどの口で平和を語っているのか、
あんたら別にネトウヨと品性変わらんじゃないの。

ツィッターは文字数制限があるし、
となればもちろん言葉が強い方が印象に

残るのもわかるんですけど、
何というのか所詮、言葉は言葉というか。

歴史も伝統も文化も何もかも、幻想じゃないですか。
そんな躍起になってどうすんの、と思うんです。

まぁこういう風に真剣に書けば、
いやわかってる、単に遊びですよ。と笑っていわれるし、

躍起になってんのはお前の方と、
冗談を解さない奴認定されるんでしょうが、

たかが言葉が、きっかけ一つで
大きな力を持ち始める事だってあるでしょう?

あぁとにかく!
すみません、落ち着いてみます。

言わずもがなの事をつらつら述べるのは
最近、どうも疲れてきたと言うか

SNS上で、みんなギスギスしてるように見えて、
たまらんわけです。

そんなの含めてざっくり、シャヒンさんと話してたんです。
それで思ったんは、

やっぱりちゃんと生きている人はどんな人も面白いというか、
目と目、ツラとツラを付き合わせて話してると

そういう言葉でない部分も伝わってくるから、
内容も腑に落ちるし、みんなもっと会って話そうよ、と。

想田さんも町山さんも2月5日からの
おに山田アイドル画展に来てよ、と。

シャヒンさんとは昨日、いい話もいっぱいできたけど
僕の表現力ではとうていうまく伝えられないので、

ここでは語りません。語ってもしゃあない事もありますしね。
ただ何より先に名前をあげた著名人だって、

ちゃんと生きてきた人で、
会って話せば機知に富んだ大人なのは、

当たり前で、わかっちゃあいるんですが、
SNSでは子供じみててまだ僕はそれを楽しむ余裕がありません。

ハロプロはヲタク含めて
ジェラシックパークと化してるし、

なぁんにもなく、ただひたすらキャラクター化された
圧倒的平和ないぎなり東北産に癒される日々です。
おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

寒い時期に行く覚悟!
これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609
 


















 

さよなら有難うM崎さん

1E8EC928-BFB8-40AB-8FA6-330C8391E349
昨日は、
ヲタ仲間M崎さんの壮行会でした。

M崎さんは、ハロヲタ仲間です。
出会いがいつか、詳しい日は忘れましたが

同じくヲタのギタハロさんと、
僕の画展に一緒に来てくれた時だと思います。

それから新宿南口でやっている、
僕の紙芝居に時折、足を運んでくれるようになり、

仲良くなって行きました。
M崎さんはカントリー・ガールズの小関舞さんが

大好きで、同じカントリーヲタ同士として
話せる数少ない存在でもありました。

彼はハローに関しては概ね全肯定で、
他人が聞いて嫌な気分に

なるような事は一切、言いません。
勤めてそうしている、というよりもむしろ心から

思っているようで、
それもひとえに人柄のなせる業なんだろう、と

口を開けば文句ばっかの自分と照らして、
見上げた人だなぁと敬意を持って接していたつもりです。

見た目は物凄く若いですし、男前なんですけど
実は意外と歳いってるとこや人に優しすぎる面が、

可愛いらしい隙になっていて、
大袈裟でなく、彼を嫌いになる人なんて

おそらくいないだろうな、と少し羨ましかったです。
実際に、いつも荻窪aruiteruで会った時は

誰彼ともなく、M崎さんの周囲には人の輪が
出来上がっておりましたし。

不思議なんですが、aruiteru 経由で知り合ったヲタクは
会えばこちらが知らず知らず、

ホッとする人が多くて、ハロヲタに嫌われているのが
デフォルトの紙芝居乞食からすれば

とても安心できる人ばかり。
キャプテン(店主)ゆかさん含め、実にいい空気感を

醸しております。
そういう意味でもM崎さんはThe aruiteruな人でしたから、

居なくなるのはとても寂しい。
しかも沖縄は僕、残り少ない人生のうちで

行く予定もありませんからね。
M崎さんがいるなら会いに行きたいけれど、

なにぶん、銭がいるのも沖縄らしいし
こういう時だけちょっと、貧乏暮らしが嫌だな、と

思いますけれども。
絵がもっともっと売れればいいなぁ、、(遠い目)

昨日の壮行会ではずっとそういうように、
彼のいないaruiteruを想像しつつ参加しておりました。

そうです、それで紙芝居。
M崎さんは相当、たくさん見てくれているので

新宿でやっている時なんかも、
お酒片手に彼がやってくると暑さも寒さも忘れるくらい

楽しくなって、元気に演る事が出来たんですけれども、
昨日改まって彼に言われたのは、

パシフィコ横浜でやった新作紙芝居
「アンジュルムに入りたい!」がとても良かった、

という事だったりしました。
「今まで見てきた紙芝居の中で一番、
構成がちゃんとしてましたよ!」

なんて上機嫌でおっしゃって下さり、
嬉しいやら恥ずかしいやら、有り難かったです。

よく考えてみれば、構成がちゃんとしてたって
じゃあこれまでのやつはどんだけ出鱈目なんだ、と

考えると悲しみが押し寄せるんですが、
嫌な事は見ないが花です、気にしないでいきます。

一応、補足しておくと僕自身は特別これまでと
変えたつくりにしたわけではなく、

アンジュルムに関していえばもう6本目くらいの
作品になるので、ネタも被ったりしてるんです。

だからあんまし笑わせるつもりもなく、
開き直ってただ、アンジュルムに入りたい、という

素直な気持ちを表現しただけなんですよね。
だって入りたいんだもの。

いずれにしてもM崎さんのように、
熱心に僕の紙芝居を見てくれる人は、

とても貴重な存在なので
これまで有難うございました、と心から。

引っ越し前の在庫処分(笑 で、
昨夜は「山田さんと言えば帽子ですよ!」と

たくさん頂いきましたので、
これから紙芝居の時は、M崎帽子をかぶって

行う事に致します。
沖縄に行っても元気に楽しく、過ごして下さい。
おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

幸い、紙芝居してて出会った方が
北海道から出張に来てた方で。

どの辺がまだ被害受けているか、など
詳しく教えて下さいました。
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609




 

いぎなり東北産、ハロヲタを黙らせる?


昨日、komakigさんに聞いたんですけど
アプガ(2)がミックスを打って欲しい、と

言ったそうです。
一応、わからない人に説明しますと

曲間、基本的には曲が始まって、
歌い出しまでの間に打つ、タイガー、サイバー、、

という例のアレです。
ハロプロはあまりしないのが、通例になっていて

そういえば、聞いた事ないなぁ、という印象。
どっちでもいい、と思っていました、というかあんまし

気にした事なかったので、
僕自身は言われてみれば、といった感じでした。 

ところが、今回アプガ(2)がそう言った事により、
結構ヲタク(主にハロプロ系)の間で話が盛り上がってて 

面白い事になっております。
ミックス否定派、いまだそこそこ多いみたいで、

僕のよく知る俺為さんなんかは、
「フェードアウトしようかな」と、

ひっそり他界まで匂わせておりました。
これが現実というヤツですね。

でも、やるにしろしないにしろ、
ハロプロってやっぱり他のアイドルグループとは、

明らかに違っていて、それは知らない人からすれば
全然わからない事なんですが、

ちょっとでも知って、他のアイドル等眺めていきますと
明らかに、感じてくる事だったりします。
そんな話を、これからしたいんですが。





そうです。昨日、東京工業大学、
そして夕方は、ららぽーと豊洲に行きました。

Let’s goいぎなり東北産です。
今年の仙台、TBC夏祭り以来、

すっかり夢中になってまして、
なまじ活動拠点が東北で、東京に来る機会がそもそもなく、

それだけでもう飢餓感が凄いので、
来てくれるならなんとしても、観たくなります。

もちろん自分が、遠征するのが一番なんですが、
腐ってもハロヲタで貧乏人。

秤にかけたらどうしたって、
ハロプロに比重を置いてしまうので、

中々、難しい問題なんです。
今はまぁとりあえず、たまぁに仙台に行こうかな、

くらいの気持ちでいますけれども、
いつみても楽しくて、可愛くて、

若いという利点を体現しているグループなので、
これはもう、今見ないでどーするの?という気持ちに、

させられてしまうのです。
昨日の、東工大ではマイクトラブルとしきりの悪さに

見舞われ充分なパフォーマンスが出来なかったんですが、
それでも本人たちは見事、やりきっていた、と

僕は思っています。
「あれでお金とるのはどうか、と思います」

なんてkomakigさんは、言うんですけど
そもそも東工大のアイドル研究会「とこじょ」が主催で、

いわばゲスト枠なんだから、
東北産を責めるのは、違うと思う。

しかも100歩譲ってそれで、
ちゃんとパフォーマンス出来てないって感じたなら、

もう一度、別のとこで、万全のもの見て判断しよう、
と考えてもいいわけで、状態最悪のステージ観て、

アレはダメです、で結論づけるなら
それはどーせ初めからそういう目でしか

観ていない、という事ですよね。
暴論だしその後、ららぽーと豊洲もあったんだから

そっちに来れば良かっただけじゃないの?
と、、、、昨晩のSHOWROOM でも

つい熱くなってしまったんですが。
ただ。

やっぱりハロプロやチーム負けん気などは、
東北産に比べると、

見事な対応力を持っていると思います。
それは、タイ・ジャパンフェスでのJ=Jであったり、

どんなとこでも、完成度高いライブをこなす、
アプガであったり、見れば一目瞭然で、

そういう観点に立っていえば、
正直、いぎなり東北産はまだまだです。

ですが、これはやっぱりハロプロ系(負けん気勢含む)が
凄すぎるんです。

いかにも当たり前にサラッとこなすから、
ちょっと触れただけじゃ気付かないし、

心を通りすぎてしまうんです。
皮肉を込めていえば、

ミックス打つのに夢中になヲタクじゃあ、
そういうの一切、頭に入って来ないと思います。

だから、ハロプロはエゲツないんです。
アイドルのプロ。

なのでkomaking さんの感じた部分は、
ある意味で、その通りなんかも知れません。


では僕が、なんでここまで東北産に惹かれるのか。
ハロプロよりも、ある面では劣っていても

他の面で凌駕しているからです。
まず、ここが一番重要なんですが、

ハッキリとあるのが、メジャー感です。
サブカル臭がまるでないし、地下系アイドル好きにありがちな

スノッブなイヤらしさとも無縁です。
いぎなり東北産、という名前のおかげなのか、

都会のダメなヲタク(ハスに構えて一段上から見ている感じ)
排除に図らずも成功しています。

老若男女、アイドル知らない人にも、間口が広い。
そしてこれはおそらく、ももクロ始め、

スタダ勢の強みなのかも知れません。
これねぇ、、、めっちゃ思います。

僕はある時期まで、はっきりスタダを舐めていて、
それはももクロが、あぁいう売れ方をしてしまって以降、

ここ10年近くずっとそうだったんですけれど、
一つには、ももクロがまるでちゃんと

唄えてなかったというのがあります。
こんなん言えば、またややこしいんですけど、

歌の上手さ、アイドルに絶対必要なものじゃない、
と思っているし別にいらないですし、

そもそもあんまわからんし、今でもわからんし。
ただ下手なら下手、として楽しむ姿勢ですよね。

例えばミックス打つならそういう現場だ、みたいな。
ももクロについてごちゃごちゃ言い出す連中への

ツッコミ防止の為に付け加えると、
僕は、5人時代からZ初期あたりまで散々、行き倒してて

実際、東日本大震災当日だってタワレコ新宿の
ももクロリリイベ行く途中で、地震になって

イベント中止の憂き目にもあっています。
新宿東口ゲリライベントでめっさ集まった時もいたし。

はい。
少し話がそれました、すみません。

それで、です。
とにかく膝かっくん、それまでのアイドル文化を

少し横から攻める、というか悪く言えば
揚げ足とりな要素がどんどん濃くなって来てたし、

そういうので一気に売れたのが、
ももクロだったので、

その後いくらエビ中やらしゃちほこなど
出てきても十把一絡げで、見てたんです。

揶揄する意味で「あぁ、、、例のおもしろアイドル達ね。」
みたいな感じ。

これも良く話しますけど、極力エロを消していたのも
好きでは無かったです。

ただなんとなく、そうやって自分の中で決めつけたイメージだけで、
10年近くが経ってたもんだから、

不用意にみた、いぎなり東北産で、衝撃を受けたんですよね。
まさか、こんなに実力派な一面を

出せる団体になっていたなんて、、、という。
それで、他の桜エビーずやらばってん少女隊など

とにかくスタダ、、、スタプラ勢に触れてみたら、
あなたこれ!

みんな達者。おまけに面白い。
それって、、、もう無敵じゃないですか。

メンバーも顔の造作とんでもなく高いので、
大衆に届きやすい要素しかありません。

ハロプロは顔の造作、バラエティーに富んでるんですよ。
そこが良いんですけどね、ただ今はそれだと

届きにくいから、、、
、、、ふと、ここまで綴ってて思ったんですけど、

ヲタクもスタダ系の人って一線引かれてますよね多分。
なんか、、、数あるアイドルヲタク団体の中でも、

交わる要素が低い、といいますか
全方位的な人が、あんましいないイメージ。

そこはハロヲタと、カブるんですけど、
ハロは原理主義要素を自分達から生み出してるけど、

スタダはなんとなく、
他ヲタとの距離で、そういうポジになっていった感があります。

だからどーした、って話しですけれども。
とにかく。

いぎなり東北産はまだ3年目で、未来があるし、
中々どうして実力派、おまけに面白い、

ともなればこれは、もう本当に陽性しかなくて
メジャー足り得るに充分な資質だと思うんです。

なので僕は、出会えた事がとても嬉しい。
もっと知らない人に見てもらいたい、

触れてもらいたい、と思っています。
ただ紙芝居にするには陽性すぎて、

ネタ作りにくいんですよね、、。
単に好き!を絶叫するだけの、

応援紙芝居なら出来そうですけど。
、、、はっ!それで良いのか!
おしまい。

北海道地震、募金手渡し。
おそらく11月末か12月頭には行けるか、と。
皆さん!まだお願い致します!

もう後、ちょっと!詳しくはこちら。
https://www.oniyamada.com/items/13342609














































 

金曜路上ハロプロ紙芝居 YOHEYさんとヤンマガ

18A3EA4F-2974-455E-900E-AC1ED7211EA6
昨日は金曜日。
恒例のハロプロ紙芝居、新宿南口でした。

準備終わって始めようか、と
していた所に複数の若者に声をかけられる。

実はこないだの研修生発表会の時、
なんとなく紙芝居、見ていたそうです。

相田君、というヲタがいるんですが
彼の友人達でした。

みんな20代前半で、若さに溢れています。 
僕もこんな頃、あったっけ、、、、

まったく思い出せないんですが、気にせずに。
「頑張ってください!」

と別れ際にかけられた声が、嬉しかったです。 
さぁ、気合い入れよう!

と、そこへミンキーさん登場。
こないだ研修生発表会でも、お会いした、

こちらも、もちろんヲタ仲間です。
わいわい話してたら、みーにゃんさんも来られました。

このままヲタクの紹介で、全て終わりそう、
キリもないので、程々に。

有意義な夜でした。
来ていただいた方、有難うございました。



YOHEYさんといえば、パニクルーで
アイドルプロデューサーなんですが、

実は、彼の9月20日のブログが、すごい。
タイトルは「セ◯クス」

https://ameblo.jp/888296/

簡単にいえば、ライブとはセックスである。
みたいな内容なんですが、

別にそれ、例え話として言う人結構いるし、
そもそも論になるけど、

お祭りって、そういう性質を含んでいると思うので、
目新しい発想でもない。

なのに、
「大事な事なのでもう一度いいます」

と前置きして、赤字で繰り返した上で、
わざわざ「大事なので赤字にしました」としめる。

その後、セ◯クスを乱発し、
直接的すぎて嫌がる人もいるかもしれないので、

とまたまたネタをふった上で、
「合体」と、大きなフォントで言い換えるんです。

どうですか、これ?
無邪気に楽しんで、ブログ書いてる感じは

伝わるものの、圧倒的に欠けているものが
恐ろしいくらい足を引っ張って

その結果、運営がこんな事言っていいんか!
と、あらぬ怒りまで焚き付けてしまいます。

YOHEYさん!
僕が言うのも何ですけど。

敢えて言わせてもらえれば、ブログ内容。
「面白」が無いんですよ!

面白いと、思ってはるんでしょうけど
残念すぎるくらい面白くないから、

みんながびっくりするのも無理もないです。
何が面白くないかって

それは、冒頭に言いました、
ライブとはセ◯クスである、が

目新しい発想じゃない、に尽きます。
なのに、あなたはこれをメインディッシュにして

話を進め、更にひとはしゃぎ、
「合体」とやってしまう。

合体、も割と言われるやん。
誰かが言ってたけど、釣りバカ日誌やん。

ベタにベタの上塗りで、
しょーもなさに加速をつけてしまうYOHEYブログ。

僕は、そういうの自分でもやりがちだし、
下ネタ好きだし、

親近感もって、おもんないなぁwと
笑えるけど、

もしYOHEYさんのプロデュースしてる
アイドルを推してたりなんかしたら、

実は、もう抱いてるんじゃないか、と
不安になるかもしれません。

で、考えすぎてもう行くの辞めよ!って
なる場合だってあるし、ライブ会場で

YOHEYさんみるたびに、
この後しっぽり行くんかな、、、

さしずめこのライブは前戯かな、
とか思ってしまう。

そうなんです!YOHEYさん!
ヲタクはとても繊細な生き物。

アイドルとプロデューサーは、
出さず、触らず、孕ませず。

三原則を嘘でも徹底してくれないと、行けません。
セ◯クス、言うのだけでも危険。

ここまで書いて来て、
僕自身が一番、最低かなと思いますが、

そこは、ごめんなさい。
セ◯クス!


そして、この流れで
紹介するのも、いかがなものか、の

ヤングマガジン、発売しています。
ハロプロ水着グラビアです。

カントリー・ガールズからは、なんと3名。
山木さん船木さん梁川さんです。

これは、えぇ仕事!
特に山木さんは、もう・・・たまりません。

セ◯クス!
あ、これアカンやつや。

あかんついでに、いっこだけ
贅沢言わせてもらえれば、バックショットが

足りないんですよね。
山木さん、山岸さん、井上さんの

3人ビニールプールで後ろ向きあるけど、
写真めっちゃ小さくて、

見えないにひとしくて、
ネットに、なるだけ大きめのが、

転がってないかなぁ、と
探し回ってしまいました。

まだまだハロプロはバックショットに、
厳しいんかなぁ、、、。

牧野さんなんて、
休む間もなく水着グラビア攻勢してて、

せっかくいい流れなんだし、
もっともっと過激なのにしてもらいたいですけどね。

いつも言ってますけど、
せめて、スパガの浅川梨奈くらいやってくれないと、

新規ファン獲得も夢のまた夢。
お願いします!土下座です土下座。

ハロプロスタッフ、どうか検討して下さい。
おしまい。

北海道地震。
これ、本当に届けますから。
渡すところ、動画もとります。
詳しくはこちら。宜しくお願い致します。

https://www.oniyamada.com/items/13342609














































 
Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • 初S行かずに、いぎなり東北産話。
  • ハロコンとヲタクの事。
  • 2月5日からのアイドル画展へむけまして。
  • 金曜路上紙芝居 ハロプロは盤石な気がする。
  • NGT48 山口真帆の真相
  • NGT48 山口真帆の告発
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード