おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

フィロソフィーのダンス

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

Juice=Juiceに喧嘩の仕方をならう。


舐めてました。
風邪が治りません。

いやぁ長引いてる。
こんなん久しぶりで、身体のダルさが全くとれません。


少し前になりますが、
Juice=Juiceの皆さんがTBSラジオ

アフター6ジャンクションに出演されました。
つばきファクトリーについで、2組目。

どういう経緯か知らないけれど、
ウィークエンドシャッフル後期、

AKB48や乃木坂46ばかり取り上げていた事を思うと、
覚醒の感があるくらい、ハロプロをよんでくれてはる。

ひょっとしたら毎日の帯番組ですので、
他の時に、坂道系などが取り上げられているかも

知れないので、
何とも言えないんですけれど、

これで、少しでもハロプロが広がってくれれば
こんなに嬉しい事もないので、

今後も、こぶしファクトリーやアンジュルムをぜひ
出してもらいたいです。

実は僕、彼女らが出演した部分をまだ聴いていないんですけど、
きっとめちゃめちゃ褒めてくれてはると、思うんです。

それくらい、Juice=Juiceは良いです。
実力派ですし、

音楽に詳しくない自分がいうのも何ですが、
なんや知らん本格的な事を

ガンガン攻めて、やってるグループだと思います。
特にここ最近、人数が増えてからは。

反面、シブすぎる気もしてて、
アイドルとしては、結構上級者向けなんじゃないでしょうか。

Juice=Juiceのようなカラーを
受け入れてくれるお客さんが、今現在どこまでいるのか。

いわゆるアイドル好きみたいな人らには、
あんましもう、ハマっていないと思うんですよね。

わかりやすくノレる曲も少なくなってるし、
変な話、こちらがついマネをしたくなるようなスキがない。

めっちゃ喧嘩強い人みたいな感じです。
それでもハロプロだから、まだ辛うじて可愛いんですけど、

そういのって、
理解するのに、時間がいるじゃないですか。

例えば、最初から宮本佳林ちゃんさんが好きなら
彼女を通してみるから、

余計な情報なくても、大丈夫なんですけど
知らない人に届ける時に、

良さが直ぐに伝わりにくいというのは足枷です。
活路はどこにあるのか。

ついそんな風に考えてしまうのです。
そんな中、アフター6ジャンクション出演は結構大きくて、

文化的なものに、
前のめりな方々が、きっと良く聴いてるでしょうから、

こんなグループあったんだ・・・・

と、興味を持ってくれそうでは、あります。
僕みたいな純粋なアイドルファンだとつい「いぎなり東北産」がぁ!

とかなってしまいがちだし、
ぜひ妙な先入観なしで、面白いと思ってくれる人に、

刺さればいいなぁ、と思います。
それこそ、前ちょっと言うたかも知れないんですけどね。

フィロソフィーのダンスや大阪☆春夏秋冬ですか。
本格派が前に出すぎて、アイドルらしさが無いグループって

あるじゃないですか。
(めっちゃザックリ言ってますよ。念のため)

もうそういうのに、近いと思うんですよ。
・・・・でもこんな言い方したら、

ハロプロは、技能集団なので他のグループにも
当てはまると思うけれど、

やっている音楽要素とか含めて
おそらくJuice=Juiceが一番、そんな感じでしょう。

そうですね。
なので、その二組と一緒に出てみるとか

どうですか。
アイドルファンの中には、ハロプロってだけで

拒否反応しめす人がいるし、
実現したらびっくりするくらい、どアウェーだと思うんですけど

心配はしていません。
彼女らは喧嘩めちゃ強いので、

あっさりフロアを圧倒すると思います。
おしまい。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 
http://www.oniyamada.com














 

金曜路上ハロプロ紙芝居 ハロプロのフィロソフィー


僕は割と、爆笑問題が好きで
TBSラジオのカウボーイと日曜サンデーは、

良く聴くんですけれど、
このたび、裏口入学疑惑が週刊新潮に載って、

ラジオでも口角泡をとばさんばかりに、
太田光が怒っていました。

裏口入学でも何でも僕には、全然良くて
ていうか自分が学歴ないのに、何も言えません。

だいたい今さら、過去が事実と違っても
築き上げた立場は、

本物でしょうし、僕自身はあの2人の絶妙なバランスが
大好きなので

出来れば、も少しネタっぽく返して欲しかったと思います。
明石家さんまという人は、

その辺が天才的にうまくて、どんなマイナスなニュースでも
語る時は、いつも笑えるようにしてくれます。

ていうか、明石家さんまさん以外で、あそこまで鮮やかに
全てをネタにできるテレビタレントをあまりみません。

松本人志だって、やっぱりどこか真面目で、
突き抜けるような明るさが無い。

多分に、本人の人間性による部分が大きいのかもしれないですが、
とにかく笑いで商売してるんだから、

そこはよほどの人災でない限り、
笑いに変えてもらいたかったです。





はい。
金曜日は恒例の新宿南口ルミネ2前、

ハロプロ紙芝居。
先週はT.I.Fだったのでお台場ガンダム前に

なってしまったんですが、今回はちゃんとルミネ2前でした。
新作 「オゼキの竜」を携えて

のぞんだ紙芝居、早々にぷはさんや
まりもファクトリーさんといったハロヲタが来てくれて、

楽しく行う事が出来ました。
Hey mate!のkomakingひろあきさんにmasaruさん、

あき。さんやギタハロさん、メリーさんなどなど
気づけばすっかりヲタクに囲まれて楽しい一夜になりました。

そのせいか、初めましてのお客さんも
何名か観て下さって、とにかくハロプロという言葉を

連呼してたっぷり宣伝できました。
アプガの紙芝居も久々にやったし、差し入れに美智子カレーやら、

パンにワインまで頂いたりして。
実に有り難く楽しい時間だったです。

チャオベッラチンクェッティの紙芝居は、
チャオベラを知らなくてもきっと大丈夫じゃないかな、、、、

と思って持っていたんですが、
昨日の様子だと、間違ってなかった、というか

コマさんやmasaruさん、メリーさんなど
わかる人もいたとはいえ、

全然知らない人が立ち止まって
笑ってくれてもいたので、安心しました。

チャオベッラチンクェッティ、という語感だけで
面白いし、勢いでぐんぐん突破していける力があります。

さすが、ハロプロ魂です。

話が少しそれますが、
最近ドルヲタで大流行りのフィロソフィーのダンス。

ここにどうしてもハマらない僕がいて、
曲ももちろん結構、

聴きましたしライブは生で観たことないんですが、
動画ではいくらか追っています。

この間のT.I.F、大阪☆春夏秋冬とのコラボも見ましたし。
で、何が言いたいかといいますと

大阪☆春夏秋冬もそうなんですけど、実はこの二組。
本格派過ぎるんだな、と思ったんです。

平たくいえば、可愛げがない。
顔面偏差値の話ではありません。

アイドルは可愛げ、と思っている僕の考えには、
まったく相容れないだけなんです。

好きな人がいるのはわかるし実際にどのライブ映像みても
かなり盛り上がっていますし、

生なら僕だってはしゃいじゃうに違いないんです。
ただ、可愛げをもっと下さい、と叫びたくなります。

そして振り返って思うのですよ。
ハロプロ、そこは裏切らんよねぇ、と。

この可愛げの伝統を、本体離れた、とはいえ
チーム負けん気さんも、持ってらっしゃるんです。

スキ、と言ってもいいかも知れません。
チャオベッラチンクェッティ、と言ったら

吉川友と言ったら、つい笑ってしまう、、、感覚。
それを許してくれそうな気配。

つまりこういうものに、包まれているのが
ハロー!プロジェクトなんです。

それは、可愛げにも繋がってくるし、
だから最高に素敵やん、です。

・・・・プロとアマ、尊敬と蔑み、
滅茶苦茶、絶妙なラインをうまく渡っている気がします。

だからハロヲタも、でーんと構えて、
些末な事で、歪み合わずにいきましょうや、と

結局、いつもと同じ事に着地しちゃいました。
フィロソフィーのダンス、及び大阪☆春夏秋冬ファンの

皆さん、もしいたらすみません。
繰り返しますが、あくまで個人の感想なんで、

気にしないで下さい。
実際、この2組がキテるのは間違いないんですから。

僕も機会があれば足を運びたいです。
おしまい。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです

http://oniyamada.com/















 
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ