222DF9A0-296A-4404-813C-3C01937EA93C

高輪ゲートウェイ駅というのが、作られたそうです。

みんな盛り上がっています。
それよりもまず高輪、たかなわって

東京近郊以外の人はきっと読めませんよ。

しかも最近はもっぱら、「たか」といえば

「たかのはな」じゃないんですか?
はい。ごめんなさい悪ふざけ。







カントリー・ガールズのバスツアーですよ。
1月30、31日ですか。 

いや、無理。
だって2月5日から画展なんです。

荻窪aruiteruでね。
1月末は追い込みでわちゃわちゃして、

バスツアーどころじゃありゃしません。
正直、カントリーはもう梁川さんが居なくなるの

わかってから僕の中で、諦めムードが漂い始めました。
つまりもうおしまいかも、、というやつ。

もちろん、応援しないなんて事はないし
見守り続けるつもりではいるんですけれど、

もはやそれはアイドルを楽しみに行くんではなく、
上京した子供を気遣う親の気持ちです。

さだまさし風に言えば
元気でいるか?街には慣れたか?友達できたか?

と言ったところでしょうか。
純粋にただ楽しむために見るアイドルが一番いいです。

アンジュルム、いぎなり東北産、、、
Task have funあたりは、とても落ち着きます。

安心して観ていられるんです。
どうやらアイドルに限らずなんですが、最近僕どうも

刺激的な出来事を、
受け入れなくなりつつあるみたいで、

なんなら穏やかに全て過ぎ去って欲しい、と
思っているくらいなんです。

路上で紙芝居やっている身で何をか言わんやですが、
この心境については、あまりうまく捉えれなくて

ツィッターなどを眺めていましても、
どーでもいいわ、と匙を投げたくなったりします。

腐っても人間。
そういう時があって然るべきだと思いますが、

よくよく辿ってみますと、この気持ち。
ここ2、3年くらいずっとそうかも。

何とか騙し騙しやってきていただけで、
ぶっちゃけモーレツにあらゆる事を、見限っていました。

何という事だろうか、達観しています。
今自分がわかるものだけで、周囲を埋めたいんです。

YouTuberについて知ろうとも思わないし、
新しいお笑い芸人に興味を示さないのもそういうのが、

原因の気もします。
これはきっと、いかぬな、なんでしょうね、、、。

そんな事ないのかな。
もう何がなんだかわからんくなって来ましたが。

ただね。
モノ言う時代じゃないですか。

あらゆる事どもに、
黙っちゃいられない人が溢れて、

みんな違う人間だから、賛否両論巻き起こるんです。
それ自体は悪い事ではないけれど、

なんかもう、、、行き着くとこまで言ってしまって
どっちでもいいやん、と

なってしまいませんか?
どの意見も表層的で、実は深いとこまで突き詰めるのが

面白いのに、その手前でまた別の何かが起こって
そっちに飛びついてしまう。

およそそういうのを繰り返している気がします。
なんだかそれが馬鹿みたいで。

me tooもLGBTも自己責任論だって
言動の過激さの割に全てが浅薄で、

どうせお前ら根本的には何も考えてないんだから、
とりあえず深く関わる気がないんなら、

黙殺しておけよ、という気持ちを抑えられません。
ただこれに関しても、

時代が変わったというより、
およそ昔から人なんてそんなもんで、単に可視化されるように

なっただけだとも思っているんで、タチが悪いというか。
結果、期待せず、達観する、、だけになってしまうんです。

しかも、こんなん下手をすればさも僕が高みから
モノ言うてる人みたいにうつるし、

そんなあっさり切り捨てられるのも嫌。
面倒くさいのは百も承知で、

突き詰めて考えるとこにある面白を、
味わい尽くしたいだけなんですよね。

それは当然、自分ではそのように動いているつもりで、
となると自然、

合理的にはいかないので、
世間の話題から距離を取らざるを得なくなってしまう。

面白くない、と切り捨てられておしまいですから。
僕がブログを、こうしてほぼ毎日書いてられるのは、

今、席巻している情報エンタメの中では
少しだけ、無駄を許してもらえる余地があるからです。

そうは言っても、閲覧者数だって
大したことないから許してくれてない、

必要ない、と言われているのと同意でしょうけれど。
おっと話が、どんよりとなってしまいました。

何もカントリー・ガールズが原因ではないでしょうが、
これでは行けませんな。

スカッと爽快な何か、に触れる事に致します。
・・・そういえば。

もうかなり前になりますが、アプガヲタ千さんに
勧められて、ムンク展に行きました。

めちゃ良かったです。
特に感動したのは、展覧会の最期に飾られている

老境に入ったムンク本人の自画像ですかね。
そこに表現されている老人感が凄かったです。

あそこまで、
自分を客観視できるのはさすが、というか。

如何にも、
ファッション精神疾患(実際に入院はしていましたが。)

病みに憧れて病んでしまった、、、
中2スピリッツが満載で最高でした。
おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

寒い時期に行く覚悟!
これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609