おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

乃木坂46

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

顔の良し悪しでアイドルを見てみる。

ようやく秋らしくなってきましたねぇ。
いいもんです。

食欲の、、とはいいますが、
実際、野菜好きの僕としましてはきのこ類の

美味しい季節ですから、ワクワクします。
小難しい料理なんて、うっちゃって、

鍋にしていただきます。
寄せ鍋です、シンプルが一番。

毎日が高級料理だと、日常になる道理です。
やっぱり俺はチキンライスがいいや、

じゃないですが、馴染みあるものが普通に美味しい。
そう思う人間になってしまいました。


はい。
昨日のSHOWROOMで、話がアイドルの顔問題に行きまして。

これが、中々興味深かったので少しこだわってみます。
アイドルにとって顔が可愛い可愛くないは、たぶん、、重要です。

人に見られる商売だから当たり前かも知れません。
例えばですけど、48・46 ハロプロにスタプラ、ざっくりと

大きめの所属団体ごとにわけるとどうでしょうか。
個人的には初期乃木坂46の顔面偏差値レベルは、

かなりの高水準だと思っています。
実際、僕は某ルートを通じて立ち上げから

乃木坂46が出来るまで、送り手がいかに、
その辺に力を入れたのかを聞き及んでまして

なので、文句のない所だと感じます。
その後、2期3期、、欅坂46と進む中で、

レベルダウンは否めず、今はどうにか
軍服衣装や黒髪、

清楚なイメージで
品位を保っているんじゃないでしょうか。
943904C4-51F9-404D-B1E0-8F87B2D9EB3E


















0813BC45-32FD-4C91-8A37-810A7F874F47













そこへ行くとスタープラネット、スタプラは、ずっとレベルが高い。
はっきり、超人的なルックスの子しかいません。

例えばたこやきレインボー、桜エビ〜ず、
そして、、、我らがいぎなり東北産などなど、

どこをとっても美しい顔、可愛い顔の
金太郎飴状態です。
7DE385E0-A2CF-4C76-BE5C-B727D42FEF7D
















8BA5AA1C-6D87-4822-A8BF-A8D7A8002B39
















EBB5FD3A-0648-4EF2-BD26-46C8C0427AF0





















これぞスター、よくぞここまで揃えたな、というくらい
タイプは違えど美形だらけなそれに、

おそらく誰も異論は挟めないでしょう。
そこへ持ってきて、今やしっかり歌もダンスもできるんだから、

向かう所、敵なしのはずですが、
ただ一点の難、エロを感じさせないんです。

これさえ無くせば絶対に、もっと売れると思うんですが、
おそらくそれは、ずっと守り続けるスターダストの拘りでしょうから

今後もよほどでないと、このままでしょう。
一方、大好きなハロプロは上にあげた大まか2組の団体に、

比べれば断然、平均的なレベルが低いと思います。
あえてメンバー名をあげませんが、

ざっと見渡しただけでわかるはず。
そんなに顔面偏差値が、高くはないです。

いやそれでも、そんじょそこらのド地下アイドルよりは、
なん億倍も可愛いです、念の為。
0B1AE925-A6F3-4EDF-AAE8-DF872196F3DA













おそらく歌やダンスその他、何かしら光るものがあれば
まずは良くて、研修生で実戦力を学ばせてのち、

本人の成長に任せる仕組み作りが、確率されているからなのでしょう。
ただ忘れちゃならんのは、先のスタプラみたく、

もはや歌やダンスがちゃんと出来て可愛い子が
たくさん所属している事務所がある以上、

いつまでもパフォーマンスナンバー1のハロプロ!
なんて言っちゃいられなくて、他に何かこれ!と

いうモノを打ち出して行かないといけない。
そこで僕は20年間続けてきた歴史、

そのものをもっと強く打ち出す方向を提案したいです。
単純な話、それだけで他団体よりオリジナル曲数や

見せ方のバリエーションも圧倒的に多いだろうし、
長年続けてきたという事実全てが権威であり、

伝統にもなってきますので所属メンバー、個人の自信、
人格形成にも影響を及ぼしているはず。

それらはきっと、他団体とまみえた際そこはかとなく
漂う差、圧倒的な説得力となって表出されていきます。

どうでしょう。
まずは、これをヲタク達が感じる事が肝要で、

ちゃんと正面から受けとめて、見て欲しいです。
それが演者にも伝わり、多少、不細工な子だって

ほらごらん、
文字通り、いいツラ構えになってきて

愛嬌を経て、愛情が芽生え、ぐんと、可愛く見えてきます。
まさにそれは、本質的な人間の醍醐味じゃないでしょうか。

ハロプロのスタッフたちも、そこまで考えて人選していると
思うんですよ。

現代はとかく清廉潔白社会で、
そのせいか見た目で人を判断しがちです。

一見、ブームになったアイドル文化とは
まさにその最たるもの、

外見至上主義の中で育まれてきた結果だ、
と考えられなくもないですが、

人はそんな単純ではなく、きっともっと奥深い。
どうか推しの外見を多少、くさされたからと言って

気に病まないで下さい。明るく元気に受け止めて、
「ったく、わかってないなぁ。(俺にはわかる)」

くらいに考えて行きたいですね。
、、、一体、僕は誰に何を言ってるんでしょうか。

すみません、わからなくなりました。
おしまい。


北海道地震募金。
一向に動きが無くなってしまいました。
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609


























 

乃木坂46対アンジュルムの続き


昨日の続き。
そうです、アイドルの寿命はのびました。

なんで延びたのでしょう。
色んな要因があると思いますが、ひとつに

ネットのおかげもあると思います。
アイドルに限らずですが、昔は一定の収益がなければ

続けられなかったジャンルが、たくさんあって価値基準が
ほぼそこだけでした。

売れてなければ意味がない、というやつ。
ところが今は割とそうでもなくて、例えばSNSのフォロワー数やリプ数

現場でのチェキや握手といったもので評判をよんで、
収益が微々たるものでも、本人のやる気しだいで続けていけるようになった。

アイドル運営の規模もリスクヘッジで分散化、小規模化して
「売り上げ」だけが全てじゃない世界が出来上がっています。

これらはただアイドル好きの僕みたいなおっさんには、
好い事で、おかげでいつまでも浸っていられるようになりました。

刹那的に楽しむジャンルなら流石にこうまで、しがんでいられません。
有難い事です。

そのぶん、アイドル本人らにとってはアイデンティティ、
自己はなんであるか、を明確に意識しないと潰れてしまう可能性が

上がってしまっている気がします。
実態を感じないものにいつまでものっかっていられる程、

人間は強くできてません。
歌やダンススキルを高くする、というのはつまり何よりも、

アイドル本人の為であるのです。
やればやったぶんだけ身になるものは自己形成に効果てきめんなはずです。

秋元御大はそこを疎かにして、、、というよりそれよりもまずは話題性、
速効性を重要視して徹底してるので、

売れた!となってから本人らにかかる負担は相当大きいし、
自分は一体何だったんだ、、、と自己の喪失に苦しむ事になります。
辞めてしまうとけっこうキツい。

ハロプロは少なくとも、スキルをつけてますので潰しもきくし、
綺麗に辞めればアフターフォローもたいしたもんです。


、、、ちょっと話が横道にそれた感はありますが、
そうやって色々考えた結果、歌やダンスをきっちり叩き込むスタイルは

正攻法であり、息の長いエンタメに向いてるんじゃないか!
と思い至ったしだいです。

まずはそういう心意気に触れるためにも、
皆さんアンジュルムは見ておきましょう。
















 

生駒里奈さん卒業のお知らせ


最近、自分が且つて好きだったものが
どんどん終わっていきます。

きっとこうやって人は歳をとっていくのでしょう。
言うてもすでにおっさんです。


生駒里奈ちゃん卒業。
乃木坂46は大好きでした。

2011年~2013年あたりが一番熱心だったのか。
自分でブログを読み返してみて

どこもかしこも乃木坂46愛に溢れています。
すでに紙芝居もしていましたけど

ライブ会場前で行ったのは、
実は乃木坂46のZeepTokyoの時が初めてで。

http://blog.livedoor.jp/bobinamu/archives/2012-12-27.html

この時は、段ボールで作った乃木坂メンバーの
似顔絵をどんどん見せていき、

感想を聞く・・・なんてスタイルでした。
当時を頑張って思い出しますと、

ファンはみんな若くてとても暖かかった。
ブログにも綴ってますけどJCの子なんておじんさん相手熱心に、
僕の絵についてと、乃木坂がいかに好きかを語ってくれた。

あの少女もう20歳くらいじゃないか。
まだ乃木ヲタやってんのかな・・・・。
会いたいです。

毎週金曜21時から新宿南口ルミネ2前の
路上紙芝居に来てください!熱望!


僕が乃木坂46ファンを離れたのは、
生駒里奈ちゃんがセンターをはずされ、

そこからどんどんメンバー巻き込んでの
残酷ショー、勢いが増してきたからです。

暇な人は当時のブログを読んでもらえると、
有難いんですが、

可愛い子がみたいだけなのに、
辛い表情や涙ばかりをみせられて「もう・・・勘弁」

心が折れてしまいました。
実際には、生き馬の目を抜く世界。

大変な事はたくさんあるでしょう。
そんなんわかっちゃいるんで、

何もアイドルショーで見せないで欲しかった。
あの頃、AKB48総選挙にみられるような

苦悶の表情の女の子演出が流行っておりました。
というかやりだしのが、

秋元康率いるチームAKSだと思うんですけれど、
そこが、いまいち秋元せんせにノレないとこなんです。

まるで自分をみているみたいになる。
歌詞や作品世界で綺麗な事ばっかいって実は

人間に対しての思いやりがまったくない。
欲望願望まっしぐらなのが、そっくり過ぎて反吐がでます。

近親憎悪というやつ。
だったら僕だってもっと稼いでもいいはずなんやけど。

・・・・・ちょっと話がそれましたけれど。
生駒里奈ちゃんです。

彼女は「君の名は希望」まで
センターでした。

ここ!ここまでの曲はどれもとてもいい。
僕が好きなのばかりです。

そこへもってきての「君の名は希望」だったので、
乃木坂46、まさに希望しかなかったです。

なのに彼女をセンターから外すなんて。
皮肉なのは以降もどんどん売れ続けて

結局、超一線級のメジャーアイドルになっちゃったって事で。
世の中の無常を感じます。


僕にとってはやっぱり生駒里奈こそが
乃木坂46そのもので、

そりゃあ中田花奈や伊藤万理華、
齋藤飛鳥に生田絵梨花・・・

色々浮気もしましたけれど
最終的に家で、待ってくれて
「おかえりなさい。」とご飯を出してくれるのは

生駒ちゃんだと勝手に思ってたからこそ、でした。
あの子は圧倒的に乃木坂のセンターなんです。

当時、ライブでもいつも自分から声をだし、
盛り上げて、がむしゃらで、

自信なさげなのは西野七瀬さんもそうだったけど、
彼女なんてそれ以上で、何もわからないまま

ただ懸命に動いてる・・・って感じで。
そんな様が、いつだって可愛かったんです。

自分がたとえ望んでなくても、
物事を任されるような体験が

生きているとありますけれど、
そこで逃げないで飲み込んでやりきる気持ちが

とても大事だし大切だと思うんです。
そうやって続けていると、ふとした時に

自分が思う程、自分の事はわからんもんだったんだと
気づかせてくれるからです。

そういえばこないだのつんく♂さんとの対談で
マツコ・デラックスも同じ事を言うてはりましたが。

ほんまにそうなんです。
まずは飲み込んでやってみる、めっさ重要。

生駒里奈ちゃんはきっとセンターに抜擢され
乃木坂46の顔として
「おいでシャンプー」でデビューした頃、

それを心に誓ったんだと思います。
覚悟を背負いはった。

なのに大人があっさり手のひら返し。
なんという仕打ちなんでしょう。

僕が画面を通してみている限り、
センター外されて以降、

彼女のメンヘラ度は
確実にあがっていってたような気がします。

実際はどうなんか知るよしもなく。
だったとしても、決して腐らずに

これまで乃木坂46を続けてきた彼女はとても立派で、
色々いいながら結局、乃木坂46をみなくなった自分が申し訳ないです。

彼女が卒業を決めたので
僕の中でも乃木坂46は完全に終わりました。

ハロヲタとしては安心して生きていけます。
残るは欅坂46だけです。

どうなんだろうか・・・・
長濱ねるちゃんが売れておわりかな・・・と、

めっきりメジャーシーンのチェックをしなくなった
おっさんなりの、あてずっぽう。

生駒里奈ちゃんは芸能界には残るらしいので、
これから映画とか出るんだろうか。

仙石みなみさん・・・・大丈夫か。
強敵いっぱいやないか。








追記
不覚にもたまたま偶然、
西野七瀬さん主演の「電影少女」を観てしまったんですが、

彼女は映画など主演が増えてるにも関わらず、
相変わらず演技が下手で「さすがアイドル!」と思いました。

天野あい、という現実ではないキャラクターに
とてもふさわしい感じでドラマ化発表があった時に感じた

天野あいこそ生駒里奈やろ!
という気持ちもちょっと和らいだ矢先の生駒卒業発表で

モヤッとしたものありますが、あのドラマは観続けたいです。
だいたい最近、アメリカのドラマがお金かけて完成度髙いとかで、

みんなそういうのみたりしてるそうなんですけど、
ダラダラと惰性でみるようなものに

そこまで真剣に取り組まないで欲しいし、
観る奴もたいがいバカです。

みんな真面目すぎませんか?
そういう意味でも
「電影少女」はちょうどいい楽しさ。

不満をいえば、主人公がカッコ良すぎて
あの子はいっこも悪くないけど、

モテないキャラの雰囲気が一切ないので、
感情移入しづらい。

西野七瀬にいちゃいちゃされて、
インスタ映えか!と突っ込んでしまいそうになるくらい

お似合いなので辞めていただきたいです。
飯豊まりえちゃんは、めちゃめちゃタイプです。


以上、報告でした。
世界はハロプロとそれ以外!

ゑ・・・「君の名は希望」
    公式は最近の曲しかМVあげなくなってるみたいで、
    これしかなかったです。
    















命は美しいけれど、青春小僧が泣いている


taikibannseiせっかくなんで秋元康先生とつんくさんの
歌詞について、色々考えてみようと思いまして。
今更ですけど。

昨日の話の続きみたいなもんですね。
新曲対決。
今回はモーニング娘。’15の「青春小僧が泣いている」
乃木坂46の「命は美しい」
二つを比較してうだうだ、言いたい。

前提として。
まず秋元先生は大阪弁でいうところの「かしこ」
つんくさんは「あほ」
ここはわかっておいてほしいとこです。

どっちがいい、という話ではもちろんございません。
それぞれにある、差みたいなものを味わっていきたい。
結論を先にいってしまいますと、なんやかんやで僕は
つんくさんの歌詞の方が好き、とはなりますが。

青春小僧が泣いている。
誰しもがひっかかりますね、青春小僧に。
なんやねん、と。

青春が泣いている、でもいいですやん。
そっちの方が意味わからんけどいい感じ。
でもつんくさん、そこで小僧つけるんですよね。

辛抱できないんでしょうね。
ザワっとしたら。
力技でもっていく。
歌詞一部抜粋します。

いろんないろんな明日がある
いろんないろんな星がある
いろんないろんな明日がある
いろんないろんな星がある
有為の奥山今日越えて
浅き夢みじ酔ひもせず

意味わかります?
急にいろは唄が入ってきます。

ウィキペディアによりますと、いろは唄の意味は
諸説あるらしく有為の奥山、、から酔ひもせず、
までは平たく言うと、
この世に永遠なんてないって事らしい。

だとすると。
上からの流れでみてみますと、、、
ちょっとつながらない。

なんとなく、つながってる雰囲気はするけど
実際、色んな人がいますって事と
この世に永遠なんてないってのは関係ない。

でもこれで終わらないんですよ。
その後に

青春小僧が今日も泣いている。
恋愛下手って顔に書いてある。
AH くらっときちゃって青春だね
くらっときちゃって青春だね。
YO 誰ぞ。

と続くんですが。
何が「YO 誰ぞ。」や!
思わずツッコミたくなる。

こんな歌詞、確かにくらっときますわ。
そうか!
青春ってくらっとくるもんねぇ。

、、、なんて。
そんな納得でけしません。(ジジババ世代の大阪弁)
皆さん、誰かに何か伝えるときは
ちゃんとわかるように、とか対象をイメージして、、
とかいわれませんか?

ほんまは関係ないんですよ。
ぶっちゃけ面白ければいいんですよ。
気持ち良ければいいんですよ。

気持ちいい、がマックスにくると、、、
歌詞も全部、意味を感じてくるんですよね。
まさに「無理が通れば道理もひっこむ」って
やつです。
ゴリゴリの体育会系。

かたや。
秋元先生です。
こちらも中々の曲者です。

歌詞だけみますと文学の香り、漂います。
「かしこ」なんでしょうなぁ。
言葉選びのセンス、といい歌詞のストーリー性といい。
凄いです。
歌詞を一部抜粋。

命は美しい
初めて気づいた日から
すべてのその悲しみ
消えていくんだ

永遠でないもの
花の儚さに似て
その一瞬 一瞬が
生きてる意味

以上です。
大仰な言い回しをしていますが、
要するに、生きてることに意味がある、と
いってはる模様。

わかりやすい。
わかりやすい事を言葉で色づけして、
お送りするから文学ぽさが出る。

またそのチョイスする言葉が
いちいちロマンチック。
耽美なもんだから、グッと
「かしこ」な雰囲気が出る。

でも難しい言葉は一切、無いんですよね。
もう、、神業ですね。
ただ、「命は美しい」に関して言いますと

そんなん言われても。
ってなっちゃいますけどね。
すっごいデリケートな言い方になっちゃって
申し訳ないんですけど、、、

その、、、要するに、、、
えらい上から目線ですねぇ。
って事です。

いや、これ本当に悪い風にとられると
困るんですけど。
上から目線でいいんですよそりゃ。

秋元康御大ですから。
この人いないとアイドルをここまで好きには
なってないですし。

自分が出すぎな気がするんですよね。
なんというのかな、本当にそれが悪いってんじゃなく。

おれ凄いやろ圧がすごい。

つんくさんは、歌詞はアホなんですけど
優しいんですよねみんなに。
みんなってのはメンバーやヲタ。
なんなら世間に、です。

これもまぁ、、だから良いって話ではないんですが。
言葉選びのとんでも感のせいで、むしろつんくさんの方が
自己愛が強そうに思われがち、ですけど。

悪い風にいったら、メンバーに求めてる事が高すぎる。
だって、「青春小僧が泣いている」ですよ。
こんなもん、どうやってもカッコ良くするの難しいやないですか。

でも、観てくださいよ。
普通にかっこいいから。
「命は美しい」は言うたらそのまんまですよ。
乃木坂46のパフォーマンスみるとそりゃ

あぁ、命は美しいなぁ、、、って感じに

なりますわ。
ただ裏に秋元先生のドヤ顔がみえるんですよね
チラッと。

つんくさんはねぇ。
言うても東大阪出身!!←偏見
庶民感覚もってるんですよね。

商売人の息子やからかなぁ。
松本人志と秋元康って全知全能ぽいんですよね。
明石家さんまとつんくって庶民のままの気持ちって感じ。

お笑い芸人をなんではさむ必要があるのか、
ときかれればわかりません、としか答えられません。
思いついたままつづってますので。

ちなみに、僕のペンネームももちろん
つんくリスペクトの結果、ですよ。
四人兄弟の長男なんで
お兄ちゃん、、、おに、と呼ばれてたんです。

だから おに山田。
でもこれいちいち恥ずかしくてねぇ、、。
言うのが恥ずかしいネーミング。

つんく印です。
青春小僧が泣いている。

ゑ 大器晩成 
(中島卓偉さんにつんくイズムをビンビン感じます。
ただ、次の角は曲がらない方がいいと思いました。)








田崎あさひの平家みちよ化に気をつけたい。

musume
GREENROOMというネット番組が始まりまして。
これもハロ系なんですが。
ハロ!ステと基本フォーマットが同じなので、
新鮮味がない。

しかしVTR映像の部分はかなり違いますね。
少し深いとこまでいってる、、、というか。
且つてのASAYANのような感じ。

観て居る側に更に思い入れ持ってもらおう、、、と
いう意図なのでしょうか。
特にダンスが覚えられない嬉唄ちゃんのくだりは
異常に楽しめました。

横で軽々と踊るまなかんが、
なんか腹立つ。それ混みで面白い。
で、まなかんが嫌いになるか、といえば
全然ならないですし。

スタジオでの進行パートがもう少し、
突っ込んだ会話の方がいいんですよね。
個人的に徳永さん(カニ)への
期待値が高かっただけに、残念でした。

田崎あさひさんには興味があったんですが、
またたくまに平家みちよ臭がしてきましたよね。
このままだと前田有紀臭もすぐそこです。
気を付けてほしい。

いまの所、吉川友とラベンダー
(何度も言うけど表記が面倒くさいのでこのままで)
がその伝統芸能を引き継いでくれているので、
心配はないかもしれません。

光があれば影もある。
これぞまさにハロー!プロジェクト。
仕方ない。

AKBヒット以降の現在から、ハロプロを眺めてみますと
どうしても、勢い衰えているように見えるんですが、
ハロプロ独特の、なんだかな感がしっかりとあるので
時代が変われば簡単に天下はとれる。

ハロが天下をとった女性アイドル界の方が、
48グループのそれよりも、馬鹿度が凄いので、
日本が健全なんじゃないでしょうか。

乃木坂の話をすっかりしていませんが、「乃木どこ」
終わってしまいましたね。
新番組が始まってるらしいのですが、まだみれていません。

「命は美しい」という曲はとても良いと思います。
好きです。
ただ、やっぱしばらくハローにあてられて乃木や48系
みてますと、まず、、重いですね全体が。

馬鹿さ、がちょい足りない。
それが良さ、といわれればそうなんですが、
重いし、笑えない、、、みたいなとこまで来てる気がして。

根性論は決して嫌いではないですが、
ハロメンは割とその辺、当たり前として
さほど全面にださず、淡々とこなしてる。
そんな感じがします。

これはねぇ、ライブに行っても感じるんですよね。
乃木坂もしばらく行ってないですが、7時間耐久ライブとか
もう観に行く気がしませんもん。

そういう事やないやろう、と思うんですよね。
ハロも昼夜二回、、、下手すりゃ三回とか
結構、無茶しますけど。

わしら、頑張ってまっせ!をあんまりアピールしないのは、
多分に明石家さんまさん的かと思います。
48はどちらかといえば、松本人志さん的。

アイドル(お笑い)、実は凄いんやで!
を言いすぎ、といいますか。
人間として
ネチッとしてるかサラッとしてるか、
の違いなんでしょうけど。

年をとりすぎたせいかわかりませんけど、
人生何度目かの明石家さんまブームが
自分の中で起こってまして。

もともと別に好きでしたけど、
ここ最近、更にましてますね。
メディアを通したらやっぱあの人、最強です。

ゑ せんでん











記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ