おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

加護亜依

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

ハロコンいかずスクランブル


OG祭りだったハロコン、
ハロー!プロジェクト夏のコンサートが終わりました。

当日券があるとの事で、
昨日行こうと思ってたんですが、朝から腹痛。

何度もトイレに行くハメに。
悪いものでも食ったのか・・・一瞬思ったけど

心当たりもない。
いずれにせよ、下痢がおさまらないので

一つ入っていた仕事も変わってもらい、
ひたすらぐったりしておりました。

なんとか23時、SHOWROOMの頃には、
調子を戻しましたが、油断は出来ません。

そんなわけで、まんじりともせず
ハロコンの感想などネットで、漁っていたら

当然のように、
加護亜依さんや後藤真希さんについてのものが多い。

ハッキリ言って羨ましいです。
僕も観たかったし楽しみたかった。

あんまし過去の話をしてもしゃないので、
なるべくしないように心がけているんですけど、

昨日のSHOWROOMでは、ついハロコンネタから
かつてハロヲタならぬモーヲタだった頃の話をしてしまいました。

最近、古参ヲタクの一人、
りかろーさんと、ツィッター上で再会した事もあって

郷愁を誘ったのかも知れません。
後藤真希さんのスクランブルはいつ何度聴いても、

当時の記憶を呼び起こしますし、
今さら言うまでもない、名曲です。

ある映画の主題歌だったんですが、
実はこれあんまし知られていなかったのが、昨日発覚しました。

そういえば、スクランブルが出た頃はすでに
ごっちん人気に陰りが漂い始めていたように思います。

モヲタ的には、娘。をやめて完全ソロになってからの
後藤真希さんこそ面白く、語りしろが沢山ある人なんですが、

世間からはすでに、過去の人ムードが出てたんかも知れません。
当時は、めちゃ痛いヲタク(今も?)だったので、

ハロプロ以外の事は何も見えていないので、
世間の空気が記憶にありません。

ある映画、とは「17才」です・・・・
と、思って調べたら自分の記憶違いでしたね。

17才は、藤本美貴と石川梨華ダブル主演。
後藤真希さんは「青春ばかちん料理塾」でした。

たしか同時上映だったんですよ。
で、主題歌が「スクランブル」

映画はタイトルでわかるように安っぽい内容で、
たいして面白くないんですが

エンドロールと共に流れるスクランブルをきくと不思議なもので、
いい映画みた気分になって劇場をされます。

都合、5回くらい観たのになぁんも記憶になくて、
スクランブルだけはめっちゃ覚えているんです。

それくらい好きです。

あと、ハロプロ有識者の方々も
あんまし言及してくれないんですが

「噂のSEXY GUY」とかも大好きです。
今観ると印象ダサいように見えるけど、

当時から結構ダサダサとか言われていて
ご本人のやらされている感が、とんでもなかったです。

つんくのやりたかった後藤真希像と、
目指すそれが違ったので離れていった、というのは

よく言われている事ですが、
まぁそういうもんなんかな、と思います。

ただ、少なくとも僕らモーヲタの中では
間違いなくソロ後藤真希の評価は高いものでした。

とにかくライブがめちゃ楽しかったんです。
松浦亜弥、藤本美貴、後藤真希のごまっとうで並べても

集客では圧倒的に松浦亜弥でしたが、
後藤真希のライブが一番好きでした。

あややが、いい感じにスターだったぶん、
あの天才、後藤真希に影が出てきたんですよね。

それがたまらん魅力になっていました。
昔話で恐縮ですが、当時を知る人なら

きっとわかってくれると思います。
ライブがとにかく良くて盛り上がる。

それは誰しもが認めるとこでした。
だいたい今でこそ、スクランブル以外の曲もそれなりに

評価されていますが、
はっきりいって、酷評されていました。

しかしライブは最高。
それが後藤真希だったように記憶しています。

モラルで、いえばそりゃあ当時の方が僕含めて
ちゃんとしてない客多かったと思いますが、

今振り返ってみても、あの時みたいな高揚感は
ちょっと最近のハロヲタ現場には無い気がします。

昔は良かった、、、と簡単に言いたくはないけれど、
誰だって、過去を振り返れば楽しかった事は

より良く印象づけられるので、言わせて下さいな。
昔は良かった。

後藤真希さんの
「スクランブル」「抱いてよ!PLEASE GO ON」

観たかったです。
きっと涙で碌に、声出せなかったと思いますけど。


・・・・こんな感じになるからねぇ。
過去は過去。

前を向いて行きましょう!
ハロー!プロジェクトはまだまだ続くはずなんですから。

お。
どっちにしても、僕が入る事になる回は、

加護亜依さんに田中れいなさんだったのか!
れいな大好き!なんたって僕のハンドルネーム(死語)は

彼女の愛猫からとった「たまぞう」で、
昔のヲタモダチ(死語)からは「たまさん」と言われてて・・・

長くなるのでやめます。
世界はハロプロとそれ以外でできている。
おしまい。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。
 
http://www.oniyamada.com

















 

思い出は美しく、人生は曖昧に。

78CE95F0-FAB0-4A08-A9E0-7150A5582DAD



















暑い日が続いていますが、
皆さん、夏バテなどされていないでしょうか。

ハロプロにおかれては、
テレビ東京の音楽祭に後藤真希が出てきて、

古き良きモーニング娘。の余韻に、
みんなが浸っていたようです。

前々からずっと言っているように、ぜんたいハロプロは、
OGを出しすぎで、

プレミアム感も何もなく、観たいとも思わないんですが、
後藤真希、加護亜依辺りだと俄然、話は変わってきます。

滅多に出ないので、希少価値がありまして、
流石に、天下のごっちんも、現役時代よりいくらか、

見劣りしていましたが、相変わらず華が凄かったです。
どぅーまーやちさまい等のように、メンバー2人の

コンビネーションを愛でる、という文化があるんですが、
僕は当時、後藤加護の組み合わせが大好物でした。

あいぼんにとって、ごっちんは良き理解者でしたね。
慈愛に満ちていました。

考えてみたら、あの頃から後藤真希という人は、
圧倒的にスターでありながら、影を背負っておりました。

選ばれし者の、宿命なのか
他メンバーとも仲良くやっていた、、ようなイメージがありません。

仲が悪い、というよりも一定の距離を置いて、
接している感じ、といいますか。

そんな中、加護あいという存在は、当時はっきり彼女にとって
癒しとして機能していたように思えるのです。

確か元々、後藤が加護の教育係で、
それをキッカケに仲良くなっていったんじゃなかったかな、、、

田中れいなが入ってくるまで、
僕はもう本当にこの二人が大好きで、ハロモニ。などで

ちょっとでも絡みがあれば、後から何度も見返したりして、
ニヤニヤする気持ち悪いヲタクでした。

当時の細かいエピソードらしいものは、
何一つ覚えてないんですけど、断片的に思い出すだけで充分、

あの頃のモーニング娘。楽しかったなぁ、、、ってなれるし、
かえってそれが良かったりします。

今は何でも記録されて残っていくので、気軽に振り返れる。
良い事だと思いますけど、淡い思い出という情緒を失ってしまったので、

その点はっきり可哀想です。
思い出なんて美化されて育つのに、真実を突きつけられますから。

おかげで、何でもかんでも、
白黒つけなきゃ気が済まない性質の人間を、

量産していっているような気がします。
人の行動や言動は、そもそも曖昧なものだし、

答えがあるように見えるだけで、本当は答えなんてないのに、
全てを、つまびらかにしようとするのは、どうにもいただけません。

それが思い出だけでなく、エスカレートして
何でもかんでも、厳しい目で見るようになります。

お金貰ってるプロなんだから、、、とか、
そうなった原因を正直に出せ、、とか、

誰しも心当たりあるでしょう?
真面目か。

良い事に依拠していたら、間違いないから
いくらでも相手を責められるけど

それは同時に、自らの首を締め続けます。
ごく一部でいいはずなのに。

自分たちで、息苦しい事案増やしておいて、
自殺が増えてる日本なんとかしろ、とかのたまうなんて

まるで、不条理ギャグ漫画です。
見渡せば、ちゃんとしなきゃ、の呪いにかかっている人ばかり。

僕は、そういう下らないとこから降りる事に決めて、
おかげでかなり楽になりました。

どだい自分には無理な話でしたし。
自覚して、今日からもっと気楽にする!って

決めたわけじゃないけれど、
なんとなく東日本大震災以降な気がしています。

、、、、なんか、話が変な方向になりましたけど、
モーニング娘。の話です。

当時の僕は、20代も後半で考えてみれば既に、
ヤバい年齢でしたけど、あの頃はめっちゃ楽しかったですねぇ、、娘。

国民的存在でしたけど、コンサートはともかく
CDリリースイベントにまでわざわざ足を運ぶのは濃い人っていう

共通認識がまだまだあって、とにかくそういうとこ行くと、
確実に、僕含めて周囲が、汗臭かったです。

ヲタク同士、ケンカも良くしましたね。
だいたいどーでもいい事が原因でしたけど。

そう思えば、今とあんまし変わってない、、、。
何を偉そうに、ちゃんとし過ぎる事を辞めた。と宣言しているのか、、。

ほらね、人間なんて曖昧でしょ!
人間というか自分が適当なだけです。

















 
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ