おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

和田彩花

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

西野七瀬卒業発表で和田彩花卒業発表は?


元乃木坂46ヲタクとして、
西野七瀬さん卒業発表に反応しないわけはなく。

そういえば昔、よく西野七瀬について
書いてたよなぁ、、、と、

過去記事を漁ると、出てくる出てくる
乃木坂46の話。

褒めたり褒めたり褒めたり。
基本、絶賛しまくっていました。

文字量は今より多いものの、
内容は酷くて、これ本当に自分が書いたのか?

と疑う程ですが。
大まかな考え方が何も変わっていないのが、

自分でも悲しいし、
独断と偏見に満ち溢れた文章は、

読みすすめるうち、どんどん頭が痛くなってきます。
西野七瀬さんにも確かに、

ふれてあるけれど、どちらかと言えば少なくて、
話がすぐ日常の些末な事にいってしまう。

自分で、面白いと思っているのか
突然、ふざけたトーンで、書いてみたりして

でもそれも、悉く面白くなくて、、、、。
あぁ!もう!恥ずかしい。

どうか読まないで下さい。
ただ生駒さんや西野さんなど、初期乃木坂46を賑わした方々が

こうして居なくなっていく、というのは
もうあまり自分が見なくなったとはいえ、しんみりするんです。

よくよく考えてみれば、
乃木坂46は本当に立派に売れはりました。

デビュー当初はまさかここまで行くなんて、
予想もできませんでした。

どう考えても、AKBの方がまだまだ盛り上がっていたし
二匹目のドジョウを狙いに来てるだけの印象で、

直ぐに無くなる、と思っていたのに、、、。
まさかの急成長です。

なんでこうなったのか、を考えた時、
「乃木坂ってどこ⁈」というレギュラー番組は、

デカかったろう、と思います。
地上波TVの力は、当時すでに無くなってきていたけれど、

地道に回を重ねていく事で、
世間に浸透していったんでしょう。

バナナマンの存在もデカかった。
彼らだって、あの番組以降、

メイン番組が増えたような気もしますし。
乃木どこは、僕も大好きで

一週間の中で、一番の楽しみでした。
牛久大仏の頭を掃除する企画とか、

絵的にも笑ったし、クラスにいたらとんでもない美人で、
自分が喋る事もできないような女子たちが、

泣きながらそんな仕事してる、というのだけで、
ご飯何杯もいけました。

あれで個々のキャラクターに、馴染んでいけたし
みんな清楚で品が良くうつり、

非現実、非日常に触れているかのような楽しさがありました。
確かに、乃木坂46はアイドルでした。

そりゃあ今でももちろん、アイドルだし
ハロプロなんて足元に及ばないくらい売れているので、

何を偉そうな、って話ですけれど
振り返って考える時、

ハロー!はどうしてこうも、
うまくいかんもんかな、と心配になります。

地上波TVのレギュラーなんて、とうてい望めないけれど
せめて今よりも、もうちょっと、

華やかな場で活躍するハロプロを観ていたいです。
西野七瀬さんは、卒業してもタレント活動続けると

表明してるみたいですけど、
少なくとも当面は大丈夫だろうな、って

ファンでなくとも想像つくけど
和田彩花さん、どうですか?

ソロでやるみたいやけど、何をしはるんですか?
アイドル?女優?

、、、、、嫌ごとじゃなくて、
パッとしないムードが、どうしても漂うじゃないですか。

先行きの不透明さ。
本人が明確に言ってない部分もあるけれど、

これまで引退したハロプロメンバーを見てるだけで、
何となく感じてしまいます。

食えないわけは無いだろうけど、さりとて夢がない。
地に足つけて暮らす、堅実さがあるだけ。

とても大切で立派な事だと思ういますが、
僕はそういうの、

ハロメンに求めてなくて、
やっぱり普通の人じゃ想像できないような

場所に連れて行って、欲しいんです。
きっと、それは出来ると信じているんです。

結局。

西野七瀬さん卒業から、
いよいよ近づく、和田彩花さん卒業を想ってしまいました。

世界はハロプロとそれ以外。
おしまい。


北海道地震。
これ、本当に届けますから。
渡すところ、動画もとります。
詳しくはこちら。宜しくお願い致します。

https://www.oniyamada.com/items/13342609






































 

アンジュルム十人十色ツアー初日

アイドルという趣味は、
童貞だった頃の僕には、限りなく性と結びついていました。

クラスの女子と会話もあまりしなかったし、
アダルトビデオは刺激的すぎました。

ちょうどいいエロの対象がアイドルだったんです。
そこには高邁な思想もなければ、胸を熱くするような情熱もありません。 

アンジュルムのホールツアー十人十色 、初日に行ってきました。
オタク仲間、時次郎さんの計らいでC列35番という良席。

一列目は潰しているので、前です。ほぼ前です。
なのでまず、メンバーみんなが近い。

どうしても臀部や大腿部、胸元などに目線がいってしまいます。 
繁殖能力ゼロだけど男ですから当然です。

とはいえ今回は衣装も肌露出が高いもの ばかりではなく、
特に冒頭、「泣けないぜ・・・共感詐欺」という

新曲で始まった時の それはド派手で少しユーモアありの
昭和歌謡ショー的な何か、を彷彿とさせました。

まずここでアンジュルムの世界観にもっていかれました。 
この先、楽しい事しか待っていないに違いない!と

思わせてくれるオープニング。
先日にあったリーダー和田彩花さんの卒業発表も一瞬、
消し飛んでしまうくらいでした。 

曲もとても良くて、
僕としてはただガンガンにあげていくばかりであった

アンジュルムの印象に、面白の要素が加わって
また新しい面をみせてもらえた気分でした。

で、MCはさんでメドレーで16曲一気にやるんですけれど、
スマイレージ曲多めで、どうしてもスマを忘れられないオタク達も
嬉しかったと思います。

つんく曲は層がアツくて、個性が立ちまくってるので
そりゃ楽しいもんなんですが、アンジュルムは

スマイレージ時代の曲とどう向き合っていくのか、を
ここ1,2年、煩悶していました。

みんなライブみるたびに、
「やっぱりスマイレージ曲のが盛り上がるやん。」と

言いたかないけど思っていたことでしょう。
僕もそうですし。

けれど今回はぜんぜん違った印象で、
アンジュルムのスマイレージ曲だと納得しました。

個性がはっきり打ち出された、という事なのか
たんに時間が経過したからなのか、、分析できないけれど 

ステージに居たのは、2期もあやちょも
アンジュルムの人たちでした。

ずっとアンジュルムを見続けている強オタクから
いわせると「何?今頃気付いたの?」

とっくにスマイレージじゃなくなってるよ、
と言わはるかもしれません。

とにかく僕は、昨日はっきりとそう思ったんです。
これからいくらスマイレージやったって大丈夫。
アンジュルムを観ていられます。

メドレーは、スマ曲だけでなくハロプロクラシックも
やっていました。

これはたぶん、ライブハウスツアーからの流れだと思います。
笠原桃奈さんが印象的でした。

原曲の人と声が似ているようでしたね。
あの頃のあの人より可愛かったです。

そしてステージは後半戦。
と、その前にここで休憩の動画が流れます。

ハロプロでよくある悪フザケがなくて、びっくり。
もうとっくにサブカル文脈では語れない、正真正銘のエンターテイメントを

作ろうとしているんだな、と腰を抜かしてしまいました。
注釈しますと、動画内で行われた行為がプロの出来、

というわけではないんです。
あくまでメンバーの、スタッフの、心意気という意味での話。

誤解を招くかもしれないですがアイドルというジャンルの
進化の先をみせようとしている。

おそらく男性アイドルグループはとくにその境地を開拓してるんだろうけど
女性アイドルも長期化してきて自ずとそういう方向性を目指すように

なってきたんだ、と思います。
その先鞭をつけるのがハロー!プロジェクトであってほしいし

きっとはっきりそれを狙ってきているんでしょう。
立派な志の一端を垣間見るおもいでした。


さて後半戦です。
怒涛のアンジュルム曲ラッシュでこの勢いがとんでもありません。

叫ぶとしたらここしかない、
アンジュルム最強アンジュルム最高。

自然に力が湧いてきます。
メンバーみんな、なんてカッコいいんだ、、、、

カントリー脳の僕はどうしても船木結さんが気になってたけれど、
元々お上手な彼女ですからしっかりアンジュルムの風格を纏っていて

堂にいったもので拍手喝采でした。
でもやっぱりカントリー・ガールズのむすぶたんなので、
そこだけは、アンジュルムごめん、と言い置かせてください。

そして。
アンコールあけのMC。

和田さんが泣きました。
はからずも僕の目の前にきて話していたので、

頬を伝いそうになる涙が光る瞬間をみてしまいました。
胸がつまった。

感動とか、簡単な言葉で言いたくないくらい、
とても綺麗な風景でした。

僕は彼女のように真剣に生きることができない。
恥ずかしくなりました。

日常は続いて行きます。
だからこそ楽しいことやうれしいこと、

嫌な思いも嫌な事もしなければなりません。
和田彩花さんも二年後、三年後には

「なんやしょーもないとこにいきよったな。」と
嘲笑される時がくるかもしれない。

だとしても、
昨日彼女が涙を流したその姿はまぶしすぎるくらいで、

この光はきっとずっと消えないだろうな、、と
思わせてくれました。

有難うございました。
世界はハロプロとそれ以外でできている。






 

やっぱりあやちょはやめる。

一夜あけて、
いくらか落ち着いたので

和田さんのブログ、
2期メンバーのブログ、を読みました。 

一報を知った時はまさか和田さんが辞めるなんて
まったく想像してなかったので、

これでハロプロも終わりだ、となりました。
恥ずかしい事を承知でいわせてもらえれば彼女こそ

ハロプロの良心であった、と思うからです。
推すとか推さないとかそんな言葉で片付けられないくらい、

オタクみんなが大好きだったし、
嫌いな人がいたとしても、現在のハロプロをひっぱっている

彼女に文句なんてきっとなかったでしょう。 
日本国民にとっての天皇陛下、それがアンジュルム

和田彩花という人だったと思います。
僕たちはいったいいつからそれほどの想いを彼女に持つようになったのか。

色々考えてみるんですけど、 
おそらく彼女が訥々と 、アンジュルムのため、
ハロー!プロジェクトのために生活していたその姿勢に

うたれたんだろう、と思います。
個人主義が多いに尊重される風潮にあって無私の人は貴重です。

ましてそれがアイドルなんていう
自己主張の塊な職業だのに、いつだってメンバーの為を思っておられた。

こんなに、できた人間が他にいるでしょうか。
いや、できた人間じゃないのかもしれない。

自己を犠牲にしてまで大切にすべきもの、
価値あるものがハロプロにあるとは思わないから。

大好きだけれどやつらは、オタクを色んな形で裏切り続けています。
そんなの、消えて当然。なくなって当たり前です。

彼女だってこれまでの道のり、決して平板じゃなかったろうし
ぶっちゃけおよそアイドルらしい扱いなんて殆ど受けなかったに違いない。

なのに和田さんは走り続けました。
振り返ることはあったろうけど、すぐさま前をみて、

時には感情のスイッチを切って、足掻き続けた。
その事はメンバーは当然、僕らオタクたちも痛いほど理解しています。

ナンバー1にならなくていい元々、特別なオンリー1。
そんなお為ごかしではなく、ハロプロの

ワンオブゼムたろうとした和田彩花さん。
僕たちが学ぶべきものはあまりにも多すぎます。

他のために己を捨てる。
そこまで大きくふりかぶらなくとも、単純な話、

周り、周囲、チーム、所属する様々なコミュニティが
楽しめる、喜ぶことをすればいい。

自分のことなんてほっといても考えるんですから。
君たちはどう生きるか、なんて聞かれたって関係ない。

知らんがな、です。
そんなんどっちでもよくてただ目の前にあるものを

ちゃんと真正面から見つめて、
その場に良かれと思う事を粛々とこなすべし。
自戒をこめて。

和田彩花さんがいなくなるまでのこの一年で、
アンジュルムが果たしてどう変わるのか。
楽しみでなりません。

 

あやちょが辞める

桜もいよいよ散り始め、
淋しさを感じる今日この頃。

あいもかわらずその日暮らしです。
パソコンが壊れて一番困るのは、ブログ更新。

なんでか知らないけど、会社支給のスマホは
正しいパスワード入れているのに

アクセスさせてくれないんです。
困ったものでお手上げです。

仕方ないから壊れかけ、というか
イかれてるiPadを使っています。 

これがまた厄介な事に、
なにかといえば 勝手に消えます。

夢中になって書いてたら、
ぷつん、と落ちるのなんてザラでして

どうかお願い、、、もうちょっともってくれ、、と
祈りながらやっております。 

なんて書いてたらさっそく落ちましたし。
どうにもしゃないです。

なんて呑気にかまえてたらビッグニュースが。
アンジュルム、和田彩花さんが辞めるそうです。

1年後。
言葉がみつかりません。

なんかもう・・・・諸々耐えられない。

いったい僕はアイドルが好きなのか
ハロプロが好きなのか。

わからないまま自問自答を繰り返しています。
アンジュルムはこれからなのに!

なんでこのタイミングで、あやちょは辞めるんだろう。
ハロプロリーダーどうするんだろう。


様々のおもいが交錯してアワをくうばかりです。
ハロプロの良心、和田彩花。
 

緊急発表すぎて動揺しています。
あぁあぁ、、、、。

お願いします。
神様仏様ハロー!プロジェクトをお救いください。 

好きな花は、つばき。


ハロー!プロジェクトのYouTube番組
ハロ!ステがここのところ圧倒的につまらなくなって

ヲタクでも全然観ない、ともちきりなんですが
確かに、みちゃいられません。

好きな人でもこうなんだから、
好きでもなけりゃ更に誰もみなくなる。

も少しなんとかできないものか、と
じれったいです。

最新回はわれらがリーダー和田彩花さんだったのですが、
これは流石、中々に観れました。

彼女の一人語りを観ていると、
「・・・これが・・アイドル?」と頭の中が

はてなだらけになる程、変なんですが
そこに興味への源泉があるような気がします。

なので、おっけー。
ただいわゆるアイドルからは逸脱してるぞ、

という雰囲気はビンビン出ていますので、
カクゴして!




それにしてもつばきファクトリー、
ノリにのっていますね。

波がきている。
大きなうねりになって一気に世間へ認知すれば

こんなにうれしいことはないんですけど、
どうもこの盛り上がり、ハロヲタ内だけの気がして不安です。

キャラクターイメージが先行しすぎているのか、
お嬢様然としたつばきメンバーの佇まいが

切ったはったの芸能界で、やっていけるのか・・・と心配です。
今はまだ、ハロプロに守られていて

曲もいいしみんな大好き、となっているんですが
一歩出た外には色んなのが、ひしめいてますから。

僕自身は、さほどぴんときていないというか
いま一つ個々のメンバーの個性がつかめておらず

少し距離をとってみている感じです。
岸本ゆめのちゃんだけに妙なタレント性を感じるのは、

カントリー・ガールズの舞台「気絶するほど愛してる!」で、
ビリー役をやっていたから・・・だけでは無いと思うんですけれど。


カントリー・ガールズの新宿ReNY、
バレンタインイベントの様子を流してくれたのはありがたかった。

「わかっているのにごめんね。」は
カントリー・ガールズの中でも大好きな曲で、

それはもちろんМVで紙芝居をしてるから・・・・だけでなく、
やはり僕の思うアイドルらしさが全てつまっているからです。

曲そのものがとてもよくできているか、といわれると
楽曲派でもないのでまったくよくわからんのですが、

歌えば歌うほどに、カントリー・ガールズらしさが
だんだんと深まっていく・・・そんな作品の気がしています。

カントリー・ガールズは活動が不定期になってしまったので、
残念に思う気持ちはないわけじゃないけれど、

そのおかげか何なのか、メンバー5人の息がぴったりだし
雰囲気がとても気持ちいいです。

考えてもみれば、アイドルライブがほぼ毎日
どこかで行われているような現代が異常だし、

ハロプロだけでみても、
細かいイベント含め明らかに飽和してると感じます。

カントリー・ガールズの次回は6月。
ちょっと先だけど間に、アンジュルムやひなフェスもあるので

きっとあっという間にやってきます。
楽しみに待ちたい、と思います。

カントリー本でないかなぁ・・・・。
紙芝居だけでなく、またなんか作りたいですね。

本当に、創作意欲ばかりかきたてられるグループ。
カントリー・ガールズがある以上、

ハロプロはやめられません。
お前が一番。




ミロコマチコ、というめっさ売れっ子の
絵本作家さんの展覧会が芦花公園にあります

世田谷文学館で行われていまして、
仕事のあいま行ってきたんですが、

この手の人はダメです(いい意味で)
なぜなら絵に力がありすぎて、引っ張られてしまうからです。

90年代、日本絵本脳が抜けきれない僕みたいな人らが、
まだまだたくさんいてそういう人らにしてみれば

彼女が描くような絵、大好物なんです。
自由闊達、奔放な筆運び感じる数々の動物絵には、

心が震えてしまいます。
・・・・・これはいかぬ。

何を描いても楽しく、
無双感あふれる状態が出まくって気持ちよさが

見る側に伝わっている。
とても良い関係が出来上がっております。

僕自身は紆余曲折あって、
彼女のようないわゆる絵本作家みたいなのとは

違う、別のやり方で今はやっているので
うらやましさもあって色々と、くらう展示でした。

全然関係ないけど、おもしろかったのは
併設する喫茶店でお茶をのんでると、

年のころ、60歳前後。
ぱりっとしたスーツをきこなす

短髪ロマンスグレーの髭の紳士に
「つかぬことを伺いますが、あなた・・・・お花は好きですか?」

と尋ねられたことですね。
花屋さんじゃないけど、花を愛してくださいとも言われ

一瞬、新興宗教か何かか・・・・と
頭の中、混乱しましたが「じゃ。失礼しました。」と

笑顔で去っていかれました。
映画か。

そういえば、しどろもどろで苦し紛れ
答えた花の名前が「つばき」でした。

どこまでいってもハロー!プロジェクト。
切なすぎて涙があふれだすの。←これはカントリー・ガールズ


















記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ