おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

夏わかめ

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

いない相方と欲にまみれた写真集

4EA0662F-7A93-46C3-B31A-B78843797A6B

はい。
金曜の夜は路上紙芝居、新宿南口でした。

来ていただいた方々には感謝しかありません。
有難うございます。

それで、話はまったく変わりまして。
何故かと言えば僕の中でだけ話題のトピックが

二つほど上がってきたからです。
まずはお世話になっております荻窪のガレット&ソックス

aruiteruのゆかキャプテン。
2周年記念に合わせてお客さんに感謝の意を込めて

写真集発売するそうです。
アホです。

水着ショットもあるそうで、
どこに需要があるのか知らないですが本人ノリノリで

いかにも農耕民族、昭和な日本人体型を
惜しげも無く披露してるとの報告を受けております。

ある人に、
「ゆかさんは、
おに山田さんが画展してからすっかり変わってしまった。」

と嘆かれたんですが、
何の事はない。

持って生まれた何とやらと言うヤツで、
お店オープン2年目にしてついに色々曝け出したんだと思います。

はっきり言いまして彼女、
そんなもんでおさまりません、規格外です。

どうして僕の周りはこうもキチガイばかり集まるのか。
同時に自分がいかにマトモで下らない奴かを痛感します。

今度もし生まれ変われるなら、
komakingさんかキャプテン、岡本タブー郎どれかに

なりたいです。
実は岡本さんは至ってマトモなのですが、

仕事が出来るという要素を持っているので、
そこが羨ましいです。

キャプテンは全てを笑い飛ばす、
底抜けの明るさがあります。

だから僕より全然若いのに、貫禄があります。
いやちょっと違うか、

馬鹿さ加減がエゲツないって感じかな。
そもそもエロに真っ直ぐ過ぎるし。

粘着質で隠微な倒錯的要素がまるで無い。
突き抜けるような感覚です。

だからおっさんのちんぽみても、
笑っていられるんだと思いました。

「ちんぽって形状が面白いじゃないですか。
いやらしい意味じゃなくて。」

と言われた事があるんですが、
言いたい事はわかるんだけどそれ聞いた時は、

可愛くてお洒落なガレット屋さんの店主が
言う言葉じゃない気がしました。

ちなみにこんなの序の口です。
彼女のぶっ飛びは止まるとこを知りません。

意味の破壊を平気で行うし、
ついこないだ言った事とまるで違う事を、

真面目な顔して語るしとにかく、
一つ一つ真に受けていると痛い目にあいます。

それで何より大事なのは、
一見アッパラパー、ただの馬鹿と思わせといて

実は結構、、、いや、
かなりちゃんとしてるというとこです。

曲者ってきっとこういう人の事なんでしょうね。
そういうのはkomakingさんと一緒です。

彼も意味の破壊はいくらでもするし、
とにかくアッパーな感じでグイグイくるし、

モーレツにイラッとさせると思ったら、
次の瞬間、腹抱えて笑えるような呆れた発言をする。

勝てないな、と思いますよ本当に。
はい。

そんなわけで、aruiteruキャプテンゆかさんの
写真集は欲にまみれた定価三千円、

ワニブックス価格で販売するそうです。
抜くなり焼くなり好きにしていいらしいので、

みんな買いましょう。
、、、ちょっと長くなってしまった。


それで、もう一個はそんなキチガイ集団の
爪の垢でも煎じて飲んで欲しい夏わかめの話題です。

二人とも、根がマトモで国公立大学出身だから
ややこしい事この上ありません。

特に三木田に至ってはウジウジとどーでもいい事を
捏ねくり回し悩みという殻に閉じこもったきり、

出てきません。
彼、口ではいくらでも威勢のいい事言うんですよ。

でもびっくりするくらい行動が伴わないから、
いい加減呆れてきます。

かと言って、悩みに正直になり
誰かを頼るのかといえば、どうもそうでも無くて

僕とこにも一切、連絡きません。
まさか彼女にそんな話してないやろうな、と

心配になるけどカッコつけな彼のこと、
何も決められないでただ縮こまってるんでしょうか。

おっとこれまた言い過ぎた。
そんな理由があるからってわけじゃないけれど、

今回の夏わかめラジオ、
僕が三木田さんのピンチヒッターを勝手にしています。

梁川奈々美さん卒業について、
カントリー・ガールズについて、

どうしても喋りたかったんで言わせてもらいました。
三木田さんには遠く及びませんが、

憧れの「ロマンス語ればこの街いちばん」を
言えたので悔いはありません。

ちなみにここでもキャプテンゆかさんが、
出ています。

収録前後には、結構いい事言うてはったのに
いざとなると肝心な事殆ど言わないのは、

何なんでしょうか。
後で反省してはりましたが、

そこだけは可愛かったです。
おしまい。



北海道募金。
また地震がありました。

4月23日〜25日、厚真町へ行きます。
必ず渡しに参ります。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。


もう少し、お力をお貸し下さい!
https://www.oniyamada.com/items/13342609

































 

カントリー・ガールズは11月で終わるのか。


夢をみたんです。
ライブを観ている夢です。

アイドルライブには割と行ってるのに、
夢に出てきたのは初めてでした。

誰だったのか、覚えていないんですけれど
確かに、それはアイドルでした。

めっちゃ良かったなぁ、、、などと、
話しながら帰ってくとこで、目が覚めました。

よく考えてみれば、
いつだってアイドルに救われてきた人生でした。
お恥ずかしい話ですけれども。


先日、岡本タブー郎さん、夏わかめと会いまして。
BLACK・ザ・タブーの動画を撮りました。

この組み合わせは、一年ぶりくらいで
つくづく、時間が経つのは早いなぁ、、と感じます。

当然のように、おに山田、夏わかめとも
今を持ってまったく売れていません。

何も変わっていない、それだとアカンと感じつつも
現状、居心地良くそこそこ楽しいので、辞められない。

ぜんたいどの口で、ハロプロを語るのかってなりますが、
懲りもせずに、話しましたよハロプロを。



当たり前なんですが、みんなそれぞれ考え方が違うので、
あーでもない、こうでもないとなるんですが、

稲場愛香さんからカントリー・ガールズへ話が及んだ、
その時が一番、見解がわかれたように思います。

詳しくは、たぶん動画にあがるので、語りませんが
簡単にいえばカントリー・ガールズどうよ?って事でした。

彼女らの次回ライブが、11月5日ZeppTokyoなんですが
そもそもそれって活動してるって言えるの?

というのに始まり、
現状3人のメンバーがグループ兼任、

残された山木さん小関さんは、ほぼラジオしか活動していない。
無いのと同じカントリー・ガールズ、

無くなるのも時間の問題カントリー・ガールズではないか!
と。

タブー郎、夏わかめの3人はこういうスタンスでした。
中でも、木村さんの心変わりはヒドい。

熱き想いをすっかり失って、むしろ自分が被害者であるかのような
語り口で、

それでもこないだのライブめっちゃ良かったよ、と伝えるも
鼻で笑われてしまいます。

はぁあ、、、そうか、そうなってしまうのか。


岡本タブー郎という人は、自分でも言うてはりましたが、
運営目線で観て面白がってるし、

船木結ありきで、カントリー・ガールズを見ているので、
別にいいんです。

明確に僕と違うのが、わかっている。
夏わかめ三木田さんも、以前に

「(今の)カントリー見てたら悲しくなってくるんですよ。」
と言ってたので、まぁこれも本人がバレンタインイベントを観て、

胸にせまった感情で、エンタメを見せてもらいたい、
という想いが強ければ、確かに乖離しそうだし、
誰だって悲しい気持ちから、目を背けたくなります。

しかし木村さんは違う。
好きやからや、というたったこれだけの人だったのに。

だからこそ同じ景色を見ていたんじゃなかったのか。
ただ単に、熱しやすく冷めやすいタイプなんてゴマンといます。

木村さんにそこ行って欲しくなかった。
「いや、あいつは前からそういうヤツですよ。」

三木田さんの声が聞こえてきそうですが。
まぁ、、、いいです。


とにかく、僕は「好きだから」いいんです。
カントリー・ガールズは何をやっても面白いし可愛い。

大前提として、これを掲げた上で、
それでもやっぱりカントリー・ガールズが続いていると思うのは、

理由があります。
、、、ていうかこれを動画でちゃんと言えれば良かったんですけれど。

3人を敵に回して、
ついカントリー・ガールズを擁護しようと気持ちが立ってしまい、

感情に振り回されてしまいました。
何でもそうなんですが、悪い癖。
それはともかく。


まず、こればっかりになってしまうけど6月のライブツアー
「皆好き!」です。

兼任グループへ目配せしてる楽曲だったり、
山木さんの「悲しき雨降り」だったりと、

ハロヲタならばまず楽しめる、ちゃんとしたエンタメライブでした。
その前向きな姿勢に悲愴感はまるでなく、

あるのは(あんま使いたくないけど)多幸感ばかりでした。
どよめき、笑いさんざめく会場。

映像化されたものを見ればきっと、わかってもらえると思います。
ぜひ一つ。

ハロヲタに響いてもしゃないやんと、もし言うんならば、
それならハロプロ全体の問題になってきます。

現状、対外的にやれている、響いているグループなんてありません。
全グループがそう、とまでは言わないけど殆どが、

知っている人、好きな人に、向けて発信していて、
ダイナミズムがまるでないです。

カントリー・ガールズにだけ、言わないでほしい。
続きまして、兼任問題。

ここは、考え方を変えるしかなくて。
僕はもう歪さを楽しむようにしています。

スッキリしないモヤモヤを抱えたまま、見続けている。
そんな心境です。

「一年引っ張ってなんもないんだから、
どっちかに絞った方がわかりやすいやん!」

というのは、重々承知で、
しかしとはいえ、応えを出す日が近づいているなんて、

信じたくありません。
そんな駄々っ子みたいな事いっても、しゃないので、

苦肉の策で、現状を飲み込む。
モヤモヤを楽しもうと結論づけました。
、、、弱いですかね。

そして、稲場愛香さん問題です。
これに関しては、スッキリしていて、

僕は完全に悪者、ヒールとして彼女を見る事にしましたから
楽なんです、、、むしろ楽しいんです。

Juice=Juiceに加入も決まって、
ますますカオスな雰囲気が出てきました。

こんなハロメン、暫く出ていなかったから期待しています。
むしろ、カントリー・ガールズでは、

なし得なかった立ち位置に(理由はどうあれ)
佇む姿は清々しいし、

カッコいいです。、、、嫌いだけど(笑
僕の中でJ=J、カントリー・ガールズは

今一番、ワクワクさせてくれるアイドルです。
ライブもまず間違いなく行きたい。見逃したくありません。

ここまで書いてきて、
カントリー・ガールズを楽しむ為には、

たくさんの説明がいるし、長くなるので、
ライト層、初心者にはめちゃキツいなぁ、、とつくづく思うので、

今はともかく、どうにかやっているこの状態が、
少しでも続くように祈るしかありません。

、、、そんな結論。
悲しいけれどよくよく考えてたどり着きました。

どうしようもなくなれば、
じっと耐えて、ただ傷が癒えるのを待つ。

ファンが出来る事なんて何もない。
無い、を知る。

カントリー・ガールズいつも有難う。
ハロー!プロジェクトいつも有難う。






























 

ラベンダー寄席、声つぶれの男

 雨が続く東京。
なんやしらん肌寒さすらあります。

そんな中、昨日はラベンダー寄席に
夏わかめが出るという、、、、

嬉しいことに!
めぐみちゃんが、誘ってくれたので出かけました。

自分だけだと、流石に今回は行かなくていいか、
と考えていたんですが、

相手が相手なんで断るなんて有り得ません。
こういうの、世に言うゲンキンなもんです。
果たしてその通りで、せっかくなので早めにこない?

と行って、絵をみに行ったり不二家でケーキ食べたりしました。
めぐみちゃんとケーキなんて食べた日には、

ちゃんと支払うのが大人の礼儀だろうに、
めぐみちゃんが、支払ってくれました。

申し訳ない気持ちたっぷりですが、
ここであんましゴネても、男が出して当然、と言う

男女差別をしているヤツ認定受けてしまうのが怖くて、
あっさり奢ってもらいました。有難うございます。

結果、DA PUMPのご機嫌だぜ!みたいな気分で
終始、楽しく過ごしていたおに山田こと僕は、

ラベンダー寄席もこれまた楽しんでしまいました。
今回は行かなくていいかなぁ、、、なんて気持ちもどこへやら、です。

だって夏わかめの木村さん、声がつぶれてて、全然出てない。
最初こそ気になったものの、

2本目、3本目とするうちにこちらが、なれまして、
なんとか声を出そうといつもより、力を入れて突っ込むもんですから、

いい味わいを醸してはったんです。
いやぁ、、面白かった。

桂竹千代さんは、酔っ払ってたのか、大事なとこトチッたり
フワフワしてるとこあったりで、

なんかそれはそれでもう、、愛嬌というか、
どんまい、可愛い!みたいな気分で良かったです。

演芸通でお馴染みのあけっちさんこと、時次郎さんは、
「いやぁ、、これは本格の舞台じゃないですから。」

なんて辛口コメントもされていて、
ちょっとやそっとじゃあ満足しない落語オタクらしい面を

のぞかせて「さすが!」なんて思ったもんです。
だけど、結局打ち上げでめぐみちゃんにデレデレしすぎて

締まりのないおっさんと化してたので、全部チャラ。
人間そんなもんです。

寄席には、まりも君やメリーさん、
それだけでない今回初のチーク卿さん、、、
インディーズスナック女子大生主宰女子大生のぐちちさんまで

いらしてて相変わらずの集客力を誇っていた
夏わかめですが、

なんだかんだで、みんな身内みたいになって来ているので、
大丈夫かな、、、という心配もあります。

これは難しいとこなんですけど、紙芝居やってても同じで、
仲間が出来るのはとてもいい事、視野も広がるし楽しいんです。

ただこと芸に関していいますと、いかんせん甘くなってしまいます。
やってるその人が好きなんだから、何をやっても面白い、

相思相愛で当たり前だからなんです。

そのせいで、まだ知らぬ誰かに、
届きにくくなっては本末転倒。

もっと芸を極めないといけないんですが、
ついつい誰しも気持ちのいいとこにいるのが、

何よりですから、そういうの忘れてしまいます。
ここが危険なんです。

夏わかめがそうだ、という話ではなく、
自分に引き寄せ考えて、

知らない誰かにもっと広げなくちゃならん、
と決意を新たにしたんです。

フォローするわけじゃないけど、
こんなん考えねばならんほどに、

それはもう彼らは楽しくて居心地がいいんですね。
甘えずに気を引き締めて楽しむとこは楽しんで、

ちゃんとするのはちゃんとしたいです。
、、、なんかえらい優等生発言になってしまって嫌なので、

最後に一つ、どーでもいい事をいいます。
ラベンダー寄席で、ポン酢でお馴染み高知県馬路村の

ゆずリキュールみたいなん、飲むの忘れた!
悔しい、、、。




 

ラベンダー寄席の夏わかめ

image
昨日は昼からとんでもない雨が降って、
傘をさしていたのに濡れてしまうほどでした。

びしょびしょで向かったのは、
銀座ラベンダーで毎月行われている桂竹千代さん主催の寄席

そのままズバリ、ラベンダー寄席です。
先月に引き続き地下漫才師夏わかめの二人が出演するので、

こないだド緊張してたミキタさんが果たしてどうか、
木村さんの冴え渡るツッコミはみれるのか、と楽しみにでかけました。

正直、驚きました。
なぜならめちゃ面白かったからです。

3本やって最初は、以前からやっていた「ハロプロレストラン」
これがまずパワーアップしてました。

どうしてもハロプロ脳で、みてしまっているので
果たして普通の人がどこまで楽しめるのか疑問ですが、

ラベンダー寄席にいらしてた桂竹千代さんのヲタは、
そこそこ笑ってらしたように思います。

僕は根がゲラなので、声だして笑ってしまいましたけど、
こんなに完成度高いネタに、ハロプロが満載だとそれだけで

嬉しくなってしまって、いちいちいいネタを持ってるアイドルだなぁ、
と感心してしまいます。

何よりチョイスして味付けするのは、ミキタさんなので
対した男だ、と唸ってしまいました。

憎たらしいとこあるし、何かといえば遅刻するけど
この面白さは確かにこれその辺にはちょっと見当たりません。

僕は演芸通じゃないので滅多な事もいえないですけど、
間違いなく一つ抜きんでたものを持ってる気がします。

相方の木村さんは、今回みててツッコミが少し早い時があって
そこは気になったけど彼女も来てたし頑張ってはりました。

ミキタさん本人がよく言うように、本当に性格が悪いのは明かに
木村さんの方だと思うので、そういう意味では彼もなかなかの男です。

僕は彼らと話せば話すほど、なんだかんだで自分が木村さんタイプだと
いう事実に気づいて死にたくなる時があるんですが、

あんなに気のいい彼女がいるんだから、おそらく僕にも出来るはず、と
僅かな希望を持つようにしています。

それにしても、夏わかめが面白すぎて悔しい。
僕は面白くない、じゃなくて普通なので更に落ち込みました。

もっと面白くなりたい。売れたい、とかじゃないんです。
売れれば越したことないけれどそれよりはまず面白くなりたいです。

昨日、ラベンダーに夏わかめを観に集まったハロヲタをみても
思いました。みんな本当に面白い。

全員が僕のライバルです。
こいつらを相手に話さなければいけないのか、と思うとしんどくなります。

同時にハロプロは何てすごいアイドル集団なんだ、とどんどん好きになる。
面白い人しかいないじゃないですか。

こんなファンの集まりありますか?
、、、、こういう風に書くと僕は、私は、そんなに、、だし、、、と

自身ない人が離れていくかもしれんので、言っておくとそこは大丈夫です。
ハロプロが好きな時点で、一つ面白がのっかてると思います。

後は夏わかめのラジオとかをだらだら聞いて、慣れていけばいいと思う。
見事に鬼畜の出来上がりです。

そしてきっともっとハロプロを好きになるでしょう。
夏わかめも好きになるかもしれません。

研修生ヲタは青田買い好きだと聞きます。
今、夏わかめを追っかけておけばきっと大きい顔できますよ。

あいつらは売れます。
僕は売れないかもしれんけどあいつらより面白い人になりたい、と

思います。おっさんやけど。
そもそも面白が売れなくても絵や紙芝居で売れればそれが一番なので。

そして何よりアンジュルム!売れてください!
そんな諸々考えながら過ごした本日でした。

ミキタさんと二人っきりになって結局、また喧嘩してもたけど
僕は彼より20歳近く上なのでもうちょっと大人にならなあかん、と


反省しました。
週刊プレイボーイの浅川梨奈ちゃんのグラビアで発散します。

売れろ!アンジュルム!
世間に響け!夏わかめ!
桂竹千代さんの江戸あるあるめっちゃ面白かった!


































 
Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • イチローは辞める 僕は遅漏
  • 変態性欲ここにあり ボイパに見るエロ
  • 夢見た15年はどんなんかなぁ⤴︎
  • 真野恵里菜の軌跡が起こした奇跡
  • 最強OG真野恵里菜とトラックドライバーの話
  • 弱気男子退部届
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード