おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

姫乃たま

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

久々アプガの定期ライブと姫乃・里咲ツーマンの感想

42A0CC10-2F02-41AF-9861-0C914CAD7923

本日はアプガの定期ライブ。
Hey mateことkomakingさんにお誘いいただき

ギタハロさん共々、参戦して参りました。
すると久々、スコットもいて4人で観ました。

そもそもアプガもこの定期公演が無くなって久しく、
なんと半年以上ぶりだそうです。

確かに客足も遠のいてきたのか、
おまいつばかりで、そんなに新規が入ってる様子は無くて、

若干の寂しさがあったんですが、
今回はメンバーがそれぞれ衣装を交換して現れて

それだけでちょっといつもと違う感がありましたし、
ソロ曲まで、お互いの衣装通りに変えてやったりだとかしてて

見応えがありました。
3月3日というのでBerryz工房結成記念日だから

ベリ曲やったり「初恋サイダー」や「走れ」まで
盛り沢山の内容にお腹一杯、堪能しました。

例によってkomakingさんの誘導で握手にも参加しましたが、
森ティーに「青い衣装も似合いますね。」と

言うつもりが「紙芝居おじさん!久しぶりですね!」
と言われてしまい

何も返す言葉が無かったです。
いやぁ、、、アプガは「行けば楽しい!」とは

komakingさんの名ゼリフですが、まさしくそうだと思いました。
どうせおんなじ曲やるしいつもと一緒でしょ、

何て思いながら結局、面白いなぁと
そこそこ納得して帰ってこれるんだから大したもんです。

別に今さら言う事じゃないけど、ちゃんと歌って踊れるし
充分すぎるくらい凄いもんを見せてくれているんですよね。

世間に届かないのは、もう単に運としか言えなくて
だとすれば世の中というのは非情なもんで

でも仕方ないんよね、と少し悲しくなったり。
まぁいちいち、気にしててもしゃないんですけどね。

それでライブ終わり、4人で飲みに行ったんですが
ここで面白かったのはスコットで

かなり重度のハロヲタだった事が判明しました。
だってココナッツ娘。のAYAKAが

ハロプロに興味持つきっかけって
ちょっとどうかしてるくらい古いでしょ。

「ハロプロはやっぱり曲が面白い。」と言うのは
もちろんのこと、

スコットなりのハロプロへの拘りみたいなものも
聞けて面白かったです。

ギタハロさんは、相変わらずでしたけど
会えば妙に安心するあの感じがたまりません。

日頃あんなに初対面の人に
自分で率先して見せるテレビ番組出演動画を

スコットには出し惜しみしてたのも、
可愛かったです。

それでそのままkomakingさんと共に、
姫乃たまちゃん、里咲りさちゃん

ツーマンイベントに行きました。
里咲さんを生で見たのは初めてだったんですが、

歌が独特で面白かったです。
結構、好きかも。

たまちゃんはなんか知らん、
お会いするたびに輝きが増しているようで、

唄っている時の場を支配する感じとか、
姫乃たまを今見ているなぁと、つくづく思えるのがいいです。

まさに幸せ空間を生み出すスペシャリストでした。
4月30日のパノラマ街道まっしぐらも俄然、楽しみです。

2人それぞれのライブが終わった後に、
トークショーがあったんですが

それも結構、
突っ込んだ話をするので興味深く観れまして

なるほどやっぱりエンタメ業界、
大変なもんやなぁと今気づきました。

でもねぇ、一番良かったのは
里咲さんがギター弾きながらたまちゃんが唄った

「ねぇ王子」でしたね。
僕も訪問介護仕事の方で予想に反して、

ならぬ失敗をしてしまったばかりだったので
里咲さんのギター共々、すんなりと入ってきた歌詞に

あやうく泣きそうになりましたよ。
踏み止まって良かった。
おしまい。

北海道募金。
また地震がありました。

4月23日〜25日、厚真町へ行きます。
必ず渡しに参ります。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。


もう少し、お力をお貸し下さい!
https://www.oniyamada.com/items/13342609














 

私小説

46B77468-9E7B-4196-B353-CB3AFD621BAB

本日はアンジュルムが、横浜ベイホールでライブ。
行きません。

アンジュルムは中規模クラスのとこでこそ観たい。
リリイベならまだしも通常のものを

こじんまりしたライブハウスで観なくてもねぇ。
なんて思います。

大物はちゃんと大物らしくすべきです。
あらゆる手段でデカくみせる坂道みたいなやり方も

いいけれど実力も伴っている
アンジュルムさんにこそ突き崩して欲しいなぁ、、、

なんて考えてしまいますよ。
このブログもたいがい長いので気づけばハロプロには

ずっと同じ事を言い続けてると思うんですけど、
いっかな変わらないプロジェクトなんですよね。

なので今日は姫乃たまさん写真集「私小説」発売記念の
イベントに参加しますよ。

下北沢のヴィレバンです。
この写真集、ついこないだコマキングさんに

見せてもらったんですけど、それはまぁエロくてね。
流石に大した人物だなぁと感服しました。

これからますますデカい存在に
なるであろう姫乃たまさんがここへ来てあんなにも

素敵やんな心意気を見せられた日には、
スケベな気持ちも当然ながら、尊敬の念が湧いて参ります。

こんなん言うのもなんなんですが、
僕は無条件で、真っ当にいやらしい女性が好きですよ。

あくまで過程ですが、
たまさんはおそらくそういう人で、

気持ち良くなる事から逃げない、
それを人任せにしない強さが透けてみえるんです。

というかメンヘラである事をネタ化している時点で、
自分なりに折り合いをつけてる証拠だし

今は大きなうねりの中にあって、
目まぐるしく状況が変わる中、

見事に立ち回ってみせるのだという
彼女の覚悟が、まさに僕が言う所の

真っ当にいやらしい人そのもので、
下品な言い方で申し訳ないですがガチでちんちんが

カチカチになります。
それはとても大事な事だと思います。

最近はとかく世知辛くなりどうしたって性に対して
過剰反応してしまう人、増えていると思うんですが

それってなんか大事な事が抜け落ちてやしませんか?
ひょっとして、SNSや各種動画などデータで物事を

可視化されるのに慣れすぎるあまり
失われたものかもしれない、数値化できないものの

中にある良さ、といいますか。
見えないものを実感できなく

なってるんじゃないんでしょうか。
時代は変わるから仕方ないじゃなくて、元より

見えないものを実感できる人は、
いくら心の動きが可視化されたってそれはそれ、と

考える事が出来るはずですし、
なのでそもそもたとえ出された下ネタが最低最悪なものでも

それは世間の指標で怒っているだけで、
自分自身の怒りじゃないかもしれない。

うぅん、、話がなんか良く分からなくなってきたので
そろそろ終わりますけれど、

とにかく姫乃たまさん写真集「私小説」は
手元にあって損はないと思います。
おしまい。













 

これからだ。


アイドル画展が終わり、
腑抜けになったとこです。

昨日はちんちん出した話をしましたが、
今んとこ僕とこに反応は来てませんで、安心しています。

何を今さら、という話なんかも知れません。
とにかくやっぱり下ネタはやめられないです。

どんどん世の中が窮屈になっているからこそ、
ちょっとした緩みというのは大事だと思いますので、

ますます下ネタの需要は高まると思われます。
精進に精進を重ねるしかありません。

ハロプロに関しては、
もうすでにサラッとしかチェック出来ずにいて

それは何より画展でバタバタしてたからですが、
これからまた味わって行くつもりでいます。

今回の画展、来てくれた大半の方が、
チーム負けん気ヲタでハロプロ本体とは

少し外れていまして
気づけばアプガの愚痴とか言うたりしてたんですけども

5人アプガ大丈夫かいな、みたいな話。
「でも行けば楽しいんですよー。」お題目のように

komakingさんが繰り返してました。
そんな感じでとりあえず、

チーム負けん気話もそこそこに、
アイドル画展、印象に残った事をいくつか。

まずは、5回来た男komaking。
最後は姫乃たまちゃん生誕祭に行ったのに、

また戻ってくるほどでした。
これは無理もなくて、ロフト9で行われている

姫乃たまちゃん生誕祭へ中継で紙芝居したんですが、
向こうの映像がこちらで全然見えず、

反応がまったくわからなくて。
受けたんだか受けてないんだかで戸惑ってたとこ

komakingさんがわざわざ戻って
「受けてましたよー!」と報告してくれる、という、、。

何だかんだでその後、
実行委員のスカラベさんや、

同じくイベント参加してた千さんも再び来て頂き
つぶさに状況報告してくれまして

おかげですっかり向こうの反応がわかりました。
有難うございます。

たまちゃんもまた忙しい中、
画展に来て下さいまして感謝しかありません。

私小説という最新写真集はとんでもなく
真っ当にエロくてさすがは姫乃たまだとお見それしました。

これについてはまた個別にブログ書きます。
まだまだ画展話。

Syahinさんはこれまた素敵やんで、
吉川友のライブ参戦終わりに、飲み会を蹴って来てくれたんですが

その時点ですでに2回目でその上、
何度か会って結構、深い話もした中なのになぜか

岡田ロビン翔子とのめっちゃええエピソードを
その日、初めて聞きました。

なんでやねんw
いつもエルボーチャレンジ報告会と化してたからかもしれません。

いずれにせよこれは紙芝居案件です。
次回、お酒無しで話をちゃんと聞きたいです。

前後しますが、千さん。
千さんも紙芝居「広島の少女たち」の中の絵を一枚

買ってくれたんですが、それが本当地味なシーンで
「山田さんもこんな風合いで描けるんやと思って。」と

言って下さり自分では、
そこまでガッツリ描いたわけじゃない分、とても新鮮で

嬉しかったです。
そしてフミさんね。

わざわざ立川へ行ってコマさんのせいで困ってる
バナナ食堂前でThe komakingな写真を撮ってから店に来るという

離れ業をやってくれました。アホですw
どっちにしても立川バナナ食堂へみんなご飯食べに行きましょう。

後は、、、ぱいぱいでか美ヲタの女子や
相変わらずの研修生ヲタ?小松のよっちゃん親分&JBヘアーとか

みんな面白を身に纏いまくってる人間なんですが、
これは明日に引っ張ります。

今日は以上です、キャップ。
おしまい。

北海道募金。
阪神淡路大震災から24年。
あの時は、本当に大変でした。
北海道もきっとまだまだです。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。

これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609




























 

金曜路上紙芝居 ひめとまほうとひめとめがね

809A6860-20BA-4A43-9FC5-88D8818D6CB5

寒くなってまいりました。
こんな時、外の紙芝居は本当に辛い。

それでも行くのです。
ハロプロを広める地味な活動。

昨夜は、驚くべき事がありました。
何と、姫乃たまさんがわざわざご自身の

お仕事終わりに観に来て下さったのです。
何でも、音楽ユニット「ひめとまほう」解散イベントだったとか。

https://natalie.mu/music/news/307165

光る眼鏡のkomakingさんが、お邪魔していたようで
「山田さんが金曜日は紙芝居していますよ!」と

伝えたらしく。
当の本人はどこかと言うと見当たらない。

寒風吹きすさぶ中、
たまちゃん一人に向かって紙芝居できるほど

僕は強心臓じゃないので、
はよ来いおっさん!

辺りを見渡したところ、
ようく目を凝らせば、後方で見守る眼鏡のおじさん。

「Hey! Mate.」

右翼のアジテーションのような叫び、
まさにそうkomakingさんでした。

何と言う異常事態。
ひめとまほうならぬ、ひめとめがね(光る)です。

そういえば「目玉とメガネ」という番組が昔、
関西にありましたが大好きでした。

西川きよしと桂文珍。
天才2人が向き合ってトークするんですが、

言葉の格闘技というか、
やはり名人上手と言われる大物の掛け合いは、

実に味わい深くて、
話が乗ってくると、画面横に表示されるインジゲーター、

それがまた、ふるっていました。
たてまえ度や、いやみ度、、、とかでしたけ?

とにかく性格悪いんです。
露悪趣味。

はっきり関西人、
特に大阪や京都周辺は、ややもすればそういうものを、

エンタメとして消化する民族性が根付いております。
時代も変わりもはや日本全国に馴染む感覚。

、、、おっとそんな事はどちらでも良かった。
姫乃たまさんです。

久しぶりにお目にかかりましたが、
何というか最近、

以前にも増して綺麗になっておられ、
全身から神々しいオーラを放ってはりました。

色々と変化、進化の真っ最中なのだと思います。
それに比べ、僕なんてただのクズ。

せめて紙芝居は全力で披露しよう、と
気合を入れました。

ここは一つ、
竹内朱莉さんとの邂逅を描いた作品しかない。

割と短めだしわかりやすいし、最高のはずです。
やり始めますと何やらゆるぅく、人だかり。

たまちゃん力に違いありません。
僕もたちまちやる気満々、ドロップしました。

が。
ここで登場、それは制服。

「辞めてねー。」
やんわりとした笑顔の、とても良い感じのお巡りさん。

こうなると弱い。
いつかのように、居丈高に権力振りかざす馬鹿とは違います。

一応、最後までやらしてくれたのも嬉しかった。
でもオチ一歩手前で止められたので、

間が狂っちゃって悲しかったけれど。
それでも、たまちゃんさんには、笑顔でウケていただけました。

なんならハロヲタの若い男子2人も観てくれて、
最後に記念写真まで撮ったりして

終わりよければ全て良し、な一夜に。
早々に終えてkomakingさんと呑みにいけば、遅れて久々の

ねこむらさんも来てくれたしね。
こちらも綺麗さを増してて、なんというか一晩にして

2人も美女に出会う。
ディズニーランドもびっくりのアトラクションでした。

世界はハロプロとそれ以外だが、
世界を動かし得るのは、女性だけ。

紙芝居乞食おに山田は、
本日もまた、だらしないおっさんです。

いつかはパッとサイゼリヤ。
デカンダワイン、安いので好き。

おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

寒い時期に行く覚悟!
これからが大変です!
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609

B00A275B-6B8A-4AC1-8087-843C668FFE70


 

嬉唄ちゃんたまちゃん

9D250043-9320-4EBC-912D-3937BDE2A091
ここだけの話。
カントリー・ガールズを突然辞めた、

島村嬉唄ちゃんは、いつか何らかの形で
芸能界に戻ってくると思っていました。

希望していました。
でも今回 、彼氏とのツーショットにくわえ

ラメ入り紫のビキニに身を包んだ彼女が、
浜崎あゆみばりのグラサンでビーチに座り込む画像が

出てまいりまして。
淡い期待は霧散してしまいました。

今がとっても楽しい。

写真にうつる彼女の表情を見ただけで、伝わってきます。
それは、素晴らしい事で、

良かったねぇ!と自分の立場は差し置いて、
喜んでみせるのが、真っ当な大人の姿なんでしょう。

でも、僕は出来なかった。
自分でもびっくりする程、傷ついてしまいました。

現状に不満の無い人が、
わざわざ芸能の道に戻ってくる事はない、

そんな気がしたからです。
同時に、最近の飯窪さん卒業などからも

アイドル(特にライブアイドル)を続けている方が、
実は、損なんじゃないかと言う気持ちが、

膨らんできてしまって、
何と言うのか、、、虚しくなってしまったのです。

あまりに気持ちが小さくて、
自分が情けなくなりますが、そうなんです。

若いうちに、もっと無茶して
たくさんの女子とセックスしておけば良かった、

かもしれません。
この歳になってつくづく思うのは、

男女問わず、肉体関係を豊富に持つ方々は
押し並べて大らかで、人としての器が広く

せせこましく生きていない印象があります。
少なくとも、僕がこれまで出会ってきた人は

みんなそうでした。
これが羨ましい、どうせ生きるならそうありたかったです。

男女が関係を持とうと思えば、
一筋縄では行きません。

最終目的をセックスに置いたとして、
何としてもモノにしなければならないとなると、

五感のフル活用、手練手管を使って口説き落とす。
自然、生き抜く術を身に付けるようになります。

きっとトライ&エラーの連続で、
いつのまにか、さしたる事では心折れない精神力を

身につけて行くからだと、思うんですね。
もう、何をいまさら、の話でした。

まさに後悔先に立たず。
前を向いて行く事にします。

アイドルそのものが、一体どういうものであるのか、
というのは、今後も考え続けるんでしょうし

どうせうだうだ言っても、
ファンを辞める事はないだろうから、

クズがグズグズ、
世迷いごとを述べているだけです。

おまけにこんなタイミングで、
姫乃たまさんの地下アイドル辞めます宣言やブログに、

触れたもんだから、
もうとにかく自分の卑近さがほとほと嫌になりました。

https://note.mu/himenotama/n/nd5fd5c94a2d9

生き残る人には、生き残るに足る理由があるものです。



 
Amazonライブリンク
記事検索
ギャラリー
  • こんな夜更けにバナナかよ面白い。
  • まことの生き様
  • イチローは辞める 僕は遅漏
  • 変態性欲ここにあり ボイパに見るエロ
  • 夢見た15年はどんなんかなぁ⤴︎
  • 真野恵里菜の軌跡が起こした奇跡
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード