おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

田中れいな

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

アプガの魂、千まで。

5366D720-C3EB-4F10-B226-5FF06B1621E3
僕の大好きだった田中れいなさんが、
文春砲をくらいました。

お相手の方は舞台を一緒にやっていた人らしい。
焼肉デートだそうです。

カップルで焼肉、なんてついぞ経験のないもので、
噂話だけで進めますと、

だいたいこの後、スケベな展開になるらしいじゃないですか。
焼肉はその為の布石だと聞きます。

本当なんでしょうか。
ご機嫌でやっているのかな、、、。

記事を読んで確かめてみたいとこだけど、
複雑な気持ちになりそうなんでやめます。

別に、恋愛関係が無いなんて思わないけれど
露骨に知ってしまうのと何となく思っているのでは、

心持ちが違うのです。
もはや、僕もれいなが娘。で活躍していた頃のように、

バリバリ推してるわけでもないですし、
ほどほどに眺めていたクチですから、

まぁ、、仲良くやってるなら、
それでいいんじゃないでしょうか。 

しかし変な話、やっぱりOGなんですね。 
現役メンバーが世間の耳目を集める事なんて、

まるで無い世界に僕らは生きています。
哀しみが押し寄せる。




暗い話はこれくらいにして、
明るい話題。

毎度お馴染み、チーム負けん気なんですが。
誰ですか?もっと暗いがな!なんて言うのは。

それは言わぬお約束。
どーしたって最終的には憂鬱になるので、

まずはまぁ聞いて下さい。
千さん、といえば毎週火曜

アプガのSHOWROOMをご覧の方には、
割とお馴染みなヲタなんですが、

このお方、なんと危篤な事に、
おに山田SHOWROOMにもよく来てくださっておりまして。

関東在では無いので、中々お会いする機会がなく。
昨日、初めて酒を酌み交わしました。

早速、上納金を下さり、わざわざ遠方から来られた方に、
気を使わせてしまってる事を申し訳なく思いながら、

粛々と受け取ってしまうクソ人間、おに山田です。
でも、兼ねてより募集しております北海道地震、

被害者のための募金に当てて下さい、との
お言葉もあり、甘えさせていただきました。

有難うございます。
これまた千さん、中々に面白い男でして。

音楽に詳しく、結構な趣味人なんですが
そもそもアイドルヲタクではなく、

たまたま別の要件で行ったイベントでアプガをみて、
すっかりハマってしまったそうです。

そこから色々と辿りに辿って、
ハロプロなどもようやく頭に入るように、なっていったとか。

なんとまぁ珍しい、、と思いつつ、
そうでも無いのかな。

僕が知らないだけで、良くあるのかも知れません。
そりゃアプガだってライブパフォーマンスについていえば、

無敵といっていいくらい、面白いもんですから
現場の熱にやられすっかりハマってしまう人、いそうですよね。

下手をすれば、アイドルなんて、、、と
ハスに構えてる方が、呆気なく陥落するような。

逆を返せばアイドルという肩書きは、非常に重要なんです。
客を侮らせる、のに丁度いい。

人なんてそもそも大半が、
見た目や世間の評判で、判断するとこありますから。

もちろん、最終的にハマるのは自分自身なので、
何の問題もございません。

とにかく、アプガにやられた千さんは、
彼女らがいかに凄く、楽しいグループであるか、を

滔々と人に語るようになったそうです。
実はご自身もインサイダーの人間で、割合と周囲も

その手の方々が多く、アプガ話をしても
そこまで引かれる事も、なかったようなんですが、

アイドルヲタク、といわれる人たちには色々と
思うとこありつつ、静観していらっしゃったとか。

関連動画で、僕やコマさん、
夏わかめといったクズを見つけ、

東京のヲタクは頭がおかしい、、、と素直に、
面白がってくれ、今に至る。

そう考えると、月並みですが人の縁というのは
不思議なものです。しみじみ。

中でも千さんから聞いて、こちらもハッと思ったのは、
ライブTや関連グッズを身につけて、

公共交通機関を平気で利用する人たち。
東京以外では、あまり居ないそうです。

「みんな現場で着替えますよ!」

言われてみれば確かにそうかも、、となりました。
いまや、日常風景すぎて違和感を持てませんでした。

他にも、個性強めのヲタクそのものが、
地方にはそんなにいないんだとか。これも想像外。

いやただ、これはですね。
僕の周囲が粒立てて頭おかしい、

社会不適合者の集まり、という面もあるので今思えば、
関東独特、、ってわけでも無い気もします。

そもそも以前も言いましたが、
千さん始め、ホームレス紙芝居おに山田を

気にかけてくれる人って殆どが、ルーツ西日本の人間ですし。
個人的には、やっぱり西の人たちは

面白そう、、、というモノへのアンテナが
未だ鋭い気はするんです。

少し踏み込んでいえば、物事に保守的であればあるほど
やっぱり面白味にはかけてしまいますから、

その辺の気質は、日本全国の方々も
見習ってほしいところ。

薮蛇、申し訳ありません。
話を戻します。

アップアップガールズ(仮)です。
僕はすでに情が乗っかっちゃってしまい、

エンタメ、アイドルというより、
5人アプガは勝手に仲間と思うようになってしまいました。

なので基本、ブログでもどこでも話す事は全部、
論理のかけらもない、身内へのエールです。

それを踏まえてもらった上で、ここから先を読んで下さい。
お酒が進み、千さんとアプガ話しながら語るのは、

まるで答えの出ない問答で、
何がいいんだか、

悪いんだかすっかりわからなくなる程だったですが、
ライブでは、あんなにわかりやすく楽しいアプガが、

語ればここまで、すっきりしない、、淀みを残しながらの
話ばかりになるのが、何だかとても面白く、

ここまで色んな話題をたくさん持っているグループなんて、
そうはないよねぇと、話せば話すほどに

アップアップガールズ(仮)というものが、愛おしくなって行く、、、
そんな時間を過ごしました。

アイドルの中では大人、なんて言われてるけど、
年齢的には、僕らよりもずっと若くて、

きっと社会的に出来る事さえ、たかが知れている子たちなんです。
いい歳をしたおっさん連中がなんでここまでアツくなるのか、と

いえばはっきり偏見かもしれないけれど、
つまりは女の子だからでしょう。

けれどそれは本当にただセクシャルなモノだけでなく、
時に例えば千さんのような、、人との出会いだ、とか

生き方の多様性さえも派生して、
教えてくれるから凄いじゃないですか。

「アプガは負け戦の美学なんですよ!」

熱く千さんが、おっしゃるのを聞きながら、
確かに、そうだなぁ、、、なんて深く頷く時、

本来、商売・興行で成り立っている世界、
儲けがないアイドルなんて

冷たく言えば、辞めるしかないわけで、
アプガは、一体何にしがみついているんでしょうか。

お客さんもいつも同じ、地方にいけば人は集まらない。
良い事なんてありゃしない。

ただ、なのになぜか行けば必ず、そこに
「楽しい時間が詰まっている」んです。

それを何度も、何度も味わいたくて
僕らは、足を運びたくなるのかもしれません。

そんな人らがいるからこそ、、、
アプガは辞めない、んでしょうか。

わかりません。難しい。
この辺で置いときます。

本日は、新宿BLAZE。
前後半合わせて、80曲ライブの日です。

どんだけやんねん!しんどいわ!
行かれる方はどうか楽しい時間を過ごして下さい。

僕はお仕事。
おしまい。

画像  千さんよりの頂きもの

北海道地震募金。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609


























 

ハロコンいかずスクランブル


OG祭りだったハロコン、
ハロー!プロジェクト夏のコンサートが終わりました。

当日券があるとの事で、
昨日行こうと思ってたんですが、朝から腹痛。

何度もトイレに行くハメに。
悪いものでも食ったのか・・・一瞬思ったけど

心当たりもない。
いずれにせよ、下痢がおさまらないので

一つ入っていた仕事も変わってもらい、
ひたすらぐったりしておりました。

なんとか23時、SHOWROOMの頃には、
調子を戻しましたが、油断は出来ません。

そんなわけで、まんじりともせず
ハロコンの感想などネットで、漁っていたら

当然のように、
加護亜依さんや後藤真希さんについてのものが多い。

ハッキリ言って羨ましいです。
僕も観たかったし楽しみたかった。

あんまし過去の話をしてもしゃないので、
なるべくしないように心がけているんですけど、

昨日のSHOWROOMでは、ついハロコンネタから
かつてハロヲタならぬモーヲタだった頃の話をしてしまいました。

最近、古参ヲタクの一人、
りかろーさんと、ツィッター上で再会した事もあって

郷愁を誘ったのかも知れません。
後藤真希さんのスクランブルはいつ何度聴いても、

当時の記憶を呼び起こしますし、
今さら言うまでもない、名曲です。

ある映画の主題歌だったんですが、
実はこれあんまし知られていなかったのが、昨日発覚しました。

そういえば、スクランブルが出た頃はすでに
ごっちん人気に陰りが漂い始めていたように思います。

モヲタ的には、娘。をやめて完全ソロになってからの
後藤真希さんこそ面白く、語りしろが沢山ある人なんですが、

世間からはすでに、過去の人ムードが出てたんかも知れません。
当時は、めちゃ痛いヲタク(今も?)だったので、

ハロプロ以外の事は何も見えていないので、
世間の空気が記憶にありません。

ある映画、とは「17才」です・・・・
と、思って調べたら自分の記憶違いでしたね。

17才は、藤本美貴と石川梨華ダブル主演。
後藤真希さんは「青春ばかちん料理塾」でした。

たしか同時上映だったんですよ。
で、主題歌が「スクランブル」

映画はタイトルでわかるように安っぽい内容で、
たいして面白くないんですが

エンドロールと共に流れるスクランブルをきくと不思議なもので、
いい映画みた気分になって劇場をされます。

都合、5回くらい観たのになぁんも記憶になくて、
スクランブルだけはめっちゃ覚えているんです。

それくらい好きです。

あと、ハロプロ有識者の方々も
あんまし言及してくれないんですが

「噂のSEXY GUY」とかも大好きです。
今観ると印象ダサいように見えるけど、

当時から結構ダサダサとか言われていて
ご本人のやらされている感が、とんでもなかったです。

つんくのやりたかった後藤真希像と、
目指すそれが違ったので離れていった、というのは

よく言われている事ですが、
まぁそういうもんなんかな、と思います。

ただ、少なくとも僕らモーヲタの中では
間違いなくソロ後藤真希の評価は高いものでした。

とにかくライブがめちゃ楽しかったんです。
松浦亜弥、藤本美貴、後藤真希のごまっとうで並べても

集客では圧倒的に松浦亜弥でしたが、
後藤真希のライブが一番好きでした。

あややが、いい感じにスターだったぶん、
あの天才、後藤真希に影が出てきたんですよね。

それがたまらん魅力になっていました。
昔話で恐縮ですが、当時を知る人なら

きっとわかってくれると思います。
ライブがとにかく良くて盛り上がる。

それは誰しもが認めるとこでした。
だいたい今でこそ、スクランブル以外の曲もそれなりに

評価されていますが、
はっきりいって、酷評されていました。

しかしライブは最高。
それが後藤真希だったように記憶しています。

モラルで、いえばそりゃあ当時の方が僕含めて
ちゃんとしてない客多かったと思いますが、

今振り返ってみても、あの時みたいな高揚感は
ちょっと最近のハロヲタ現場には無い気がします。

昔は良かった、、、と簡単に言いたくはないけれど、
誰だって、過去を振り返れば楽しかった事は

より良く印象づけられるので、言わせて下さいな。
昔は良かった。

後藤真希さんの
「スクランブル」「抱いてよ!PLEASE GO ON」

観たかったです。
きっと涙で碌に、声出せなかったと思いますけど。


・・・・こんな感じになるからねぇ。
過去は過去。

前を向いて行きましょう!
ハロー!プロジェクトはまだまだ続くはずなんですから。

お。
どっちにしても、僕が入る事になる回は、

加護亜依さんに田中れいなさんだったのか!
れいな大好き!なんたって僕のハンドルネーム(死語)は

彼女の愛猫からとった「たまぞう」で、
昔のヲタモダチ(死語)からは「たまさん」と言われてて・・・

長くなるのでやめます。
世界はハロプロとそれ以外でできている。
おしまい。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。
 
http://www.oniyamada.com

















 

金曜路上紙芝居 ギタハロさん現る。

昨日は新宿南口ルミネ2前、
路上紙芝居の日でした。

アンジュルムの竹ちゃんに会った紙芝居も
早速用意して望んだんですが、

やはり新作をやる時は緊張してしまいます。
路上なので、誰かが立ち止まらない限り

気にせずやればいいのに、
いやはやなんとも。

そううまくは、いかないもんです。
割合と早く警察官が来て止められたのですが、

そこは程々に受け流しまして。
10分くらいのち・・・またやり始めました。

以降はうまくしたもんで、ぽつぽつではありますが
立ち止まる人も出始め

「森戸伝」「恐怖のアンジュルム」
「ホントにあったアンジュルムコワい話」
「komaking~光る眼鏡の男~」

そしてもちろん「世界はハロプロとそれ以外でできている」
等々たぁ~くさんお送りしました。

ハロプロ知らない女子達も、面白げに眺めてくれたりして
とりあえず「ハロー!プロジェクトをひとつよろしく!」と

言って手を振ります。
増えろ!ファン!

嬉しかった事といえば、ギタハロさんとそのお仲間・・・
みんな本名を聞いたので、

出していいかどうかわからないから、とりあえずМさんKさん。
来てくださいました。

もちろんそのまま紙芝居終わりで、飲みに行きます。
毎度おなじみ「金の蔵」です。

お酒がいきわたる間もなく、
相も変わらぬハロプロ話でアツく燃え上がる。

Kさんはチーム負けん気派でもあるらしく、
アプガについて語ったんですが、

やはり現状、辛口評価でした。
悲しいかな、今のアプガをみんなが心配しているものの

乗り気にはならない。
「原点回帰」という発想に、うんざりきているんです。

そうじゃないだろ、歯がゆい気持ちを確認しあう悲しさ。
5人アプガが変わるのをまだ待っております。

件のKさんはマノフレ(真野恵里菜さんのファン)でもありまして、
未だに追っかけてるそうですが、

ファンのすそ野がハロー!以外にも広がっている
彼女の人気を素直に喜んでいはりました。

僕もまったくそう思いますので、元ハロメン最高功労者で
あり成功者の真野ちゃんを讃え合いました。

それに比べて、モーニング娘。OGの立ち位置よ。
言いたい事だらけで、こちらも当然昨日話しましたので

あんましここで述べませんがそこでもう一人の男、
Мさんです。

Мさん、プラチナ期そんなに好きじゃない、
という感覚の方でした。

今の高橋愛がどうも好きになれない、という話や
田中れいなやっぱり最強!なんて・・・・・ちょっと待って。

よく考えたら僕がずっと話していたような気がします。
すみませんでした。

ギタハロさんは相変わらず面白くて、
話し方とか、仕草、全部癒されるんですよね。

「今日はちょっとだけにしましょう・・・」

なんて言いながらぐびぐび飲むし、
「山田さんの分は僕が全部、出しますから。」

自然におっしゃる。
お世辞ではなくスマートです。

酔った勢いで、
「ギターそんなにうまくないらしいですね!」

と、僕が失礼な事を言ってしまっても
軽く受け流してくれる活かした紳士なんです。

新曲も全部、同じ節で歌詞を変えているだけ、
というのに言われて初めて気づきましたけど、

そういうところ、少し毛色は違いますが、
赤ちゃん紙芝居の本間さんとかぶりました。

彼(といってもごく身内の人物ですが・・・)も、
同じネタを何度もやり、

且つその場に独特の空気を生み出すタイプです。
ギタハロさんと一緒。
こういう人好き。

楽しい時間はあっという間で、
気が付けば0時をとっくに過ぎて25時に突入してまして、

とりあえず店を変えるか、と出た所で
「山田さん、明日も仕事なんでしょ?帰った方がいいですよ。」

と言われ
「いやいや行きますよ!行きましょうよ!」と

本当に別れたくなかったので、粘ったんですが
「いやもう今日の所は!」と

帰されてしまいました。
Мさんも帰り、Kさんと二人夜の街へ消えていくギタハロさん。

見送る僕も不思議なもんで、
まったく嫌な気にはなっていません。

なんなんだ・・・この感覚。
とにかくトボトボと新宿を去ったのです。
世界はハロプロとそれ以外!






















記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ