おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

西野七瀬

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

西野七瀬卒業発表で和田彩花卒業発表は?


元乃木坂46ヲタクとして、
西野七瀬さん卒業発表に反応しないわけはなく。

そういえば昔、よく西野七瀬について
書いてたよなぁ、、、と、

過去記事を漁ると、出てくる出てくる
乃木坂46の話。

褒めたり褒めたり褒めたり。
基本、絶賛しまくっていました。

文字量は今より多いものの、
内容は酷くて、これ本当に自分が書いたのか?

と疑う程ですが。
大まかな考え方が何も変わっていないのが、

自分でも悲しいし、
独断と偏見に満ち溢れた文章は、

読みすすめるうち、どんどん頭が痛くなってきます。
西野七瀬さんにも確かに、

ふれてあるけれど、どちらかと言えば少なくて、
話がすぐ日常の些末な事にいってしまう。

自分で、面白いと思っているのか
突然、ふざけたトーンで、書いてみたりして

でもそれも、悉く面白くなくて、、、、。
あぁ!もう!恥ずかしい。

どうか読まないで下さい。
ただ生駒さんや西野さんなど、初期乃木坂46を賑わした方々が

こうして居なくなっていく、というのは
もうあまり自分が見なくなったとはいえ、しんみりするんです。

よくよく考えてみれば、
乃木坂46は本当に立派に売れはりました。

デビュー当初はまさかここまで行くなんて、
予想もできませんでした。

どう考えても、AKBの方がまだまだ盛り上がっていたし
二匹目のドジョウを狙いに来てるだけの印象で、

直ぐに無くなる、と思っていたのに、、、。
まさかの急成長です。

なんでこうなったのか、を考えた時、
「乃木坂ってどこ⁈」というレギュラー番組は、

デカかったろう、と思います。
地上波TVの力は、当時すでに無くなってきていたけれど、

地道に回を重ねていく事で、
世間に浸透していったんでしょう。

バナナマンの存在もデカかった。
彼らだって、あの番組以降、

メイン番組が増えたような気もしますし。
乃木どこは、僕も大好きで

一週間の中で、一番の楽しみでした。
牛久大仏の頭を掃除する企画とか、

絵的にも笑ったし、クラスにいたらとんでもない美人で、
自分が喋る事もできないような女子たちが、

泣きながらそんな仕事してる、というのだけで、
ご飯何杯もいけました。

あれで個々のキャラクターに、馴染んでいけたし
みんな清楚で品が良くうつり、

非現実、非日常に触れているかのような楽しさがありました。
確かに、乃木坂46はアイドルでした。

そりゃあ今でももちろん、アイドルだし
ハロプロなんて足元に及ばないくらい売れているので、

何を偉そうな、って話ですけれど
振り返って考える時、

ハロー!はどうしてこうも、
うまくいかんもんかな、と心配になります。

地上波TVのレギュラーなんて、とうてい望めないけれど
せめて今よりも、もうちょっと、

華やかな場で活躍するハロプロを観ていたいです。
西野七瀬さんは、卒業してもタレント活動続けると

表明してるみたいですけど、
少なくとも当面は大丈夫だろうな、って

ファンでなくとも想像つくけど
和田彩花さん、どうですか?

ソロでやるみたいやけど、何をしはるんですか?
アイドル?女優?

、、、、、嫌ごとじゃなくて、
パッとしないムードが、どうしても漂うじゃないですか。

先行きの不透明さ。
本人が明確に言ってない部分もあるけれど、

これまで引退したハロプロメンバーを見てるだけで、
何となく感じてしまいます。

食えないわけは無いだろうけど、さりとて夢がない。
地に足つけて暮らす、堅実さがあるだけ。

とても大切で立派な事だと思ういますが、
僕はそういうの、

ハロメンに求めてなくて、
やっぱり普通の人じゃ想像できないような

場所に連れて行って、欲しいんです。
きっと、それは出来ると信じているんです。

結局。

西野七瀬さん卒業から、
いよいよ近づく、和田彩花さん卒業を想ってしまいました。

世界はハロプロとそれ以外。
おしまい。


北海道地震。
これ、本当に届けますから。
渡すところ、動画もとります。
詳しくはこちら。宜しくお願い致します。

https://www.oniyamada.com/items/13342609






































 

生駒里奈さん卒業のお知らせ


最近、自分が且つて好きだったものが
どんどん終わっていきます。

きっとこうやって人は歳をとっていくのでしょう。
言うてもすでにおっさんです。


生駒里奈ちゃん卒業。
乃木坂46は大好きでした。

2011年~2013年あたりが一番熱心だったのか。
自分でブログを読み返してみて

どこもかしこも乃木坂46愛に溢れています。
すでに紙芝居もしていましたけど

ライブ会場前で行ったのは、
実は乃木坂46のZeepTokyoの時が初めてで。

http://blog.livedoor.jp/bobinamu/archives/2012-12-27.html

この時は、段ボールで作った乃木坂メンバーの
似顔絵をどんどん見せていき、

感想を聞く・・・なんてスタイルでした。
当時を頑張って思い出しますと、

ファンはみんな若くてとても暖かかった。
ブログにも綴ってますけどJCの子なんておじんさん相手熱心に、
僕の絵についてと、乃木坂がいかに好きかを語ってくれた。

あの少女もう20歳くらいじゃないか。
まだ乃木ヲタやってんのかな・・・・。
会いたいです。

毎週金曜21時から新宿南口ルミネ2前の
路上紙芝居に来てください!熱望!


僕が乃木坂46ファンを離れたのは、
生駒里奈ちゃんがセンターをはずされ、

そこからどんどんメンバー巻き込んでの
残酷ショー、勢いが増してきたからです。

暇な人は当時のブログを読んでもらえると、
有難いんですが、

可愛い子がみたいだけなのに、
辛い表情や涙ばかりをみせられて「もう・・・勘弁」

心が折れてしまいました。
実際には、生き馬の目を抜く世界。

大変な事はたくさんあるでしょう。
そんなんわかっちゃいるんで、

何もアイドルショーで見せないで欲しかった。
あの頃、AKB48総選挙にみられるような

苦悶の表情の女の子演出が流行っておりました。
というかやりだしのが、

秋元康率いるチームAKSだと思うんですけれど、
そこが、いまいち秋元せんせにノレないとこなんです。

まるで自分をみているみたいになる。
歌詞や作品世界で綺麗な事ばっかいって実は

人間に対しての思いやりがまったくない。
欲望願望まっしぐらなのが、そっくり過ぎて反吐がでます。

近親憎悪というやつ。
だったら僕だってもっと稼いでもいいはずなんやけど。

・・・・・ちょっと話がそれましたけれど。
生駒里奈ちゃんです。

彼女は「君の名は希望」まで
センターでした。

ここ!ここまでの曲はどれもとてもいい。
僕が好きなのばかりです。

そこへもってきての「君の名は希望」だったので、
乃木坂46、まさに希望しかなかったです。

なのに彼女をセンターから外すなんて。
皮肉なのは以降もどんどん売れ続けて

結局、超一線級のメジャーアイドルになっちゃったって事で。
世の中の無常を感じます。


僕にとってはやっぱり生駒里奈こそが
乃木坂46そのもので、

そりゃあ中田花奈や伊藤万理華、
齋藤飛鳥に生田絵梨花・・・

色々浮気もしましたけれど
最終的に家で、待ってくれて
「おかえりなさい。」とご飯を出してくれるのは

生駒ちゃんだと勝手に思ってたからこそ、でした。
あの子は圧倒的に乃木坂のセンターなんです。

当時、ライブでもいつも自分から声をだし、
盛り上げて、がむしゃらで、

自信なさげなのは西野七瀬さんもそうだったけど、
彼女なんてそれ以上で、何もわからないまま

ただ懸命に動いてる・・・って感じで。
そんな様が、いつだって可愛かったんです。

自分がたとえ望んでなくても、
物事を任されるような体験が

生きているとありますけれど、
そこで逃げないで飲み込んでやりきる気持ちが

とても大事だし大切だと思うんです。
そうやって続けていると、ふとした時に

自分が思う程、自分の事はわからんもんだったんだと
気づかせてくれるからです。

そういえばこないだのつんく♂さんとの対談で
マツコ・デラックスも同じ事を言うてはりましたが。

ほんまにそうなんです。
まずは飲み込んでやってみる、めっさ重要。

生駒里奈ちゃんはきっとセンターに抜擢され
乃木坂46の顔として
「おいでシャンプー」でデビューした頃、

それを心に誓ったんだと思います。
覚悟を背負いはった。

なのに大人があっさり手のひら返し。
なんという仕打ちなんでしょう。

僕が画面を通してみている限り、
センター外されて以降、

彼女のメンヘラ度は
確実にあがっていってたような気がします。

実際はどうなんか知るよしもなく。
だったとしても、決して腐らずに

これまで乃木坂46を続けてきた彼女はとても立派で、
色々いいながら結局、乃木坂46をみなくなった自分が申し訳ないです。

彼女が卒業を決めたので
僕の中でも乃木坂46は完全に終わりました。

ハロヲタとしては安心して生きていけます。
残るは欅坂46だけです。

どうなんだろうか・・・・
長濱ねるちゃんが売れておわりかな・・・と、

めっきりメジャーシーンのチェックをしなくなった
おっさんなりの、あてずっぽう。

生駒里奈ちゃんは芸能界には残るらしいので、
これから映画とか出るんだろうか。

仙石みなみさん・・・・大丈夫か。
強敵いっぱいやないか。








追記
不覚にもたまたま偶然、
西野七瀬さん主演の「電影少女」を観てしまったんですが、

彼女は映画など主演が増えてるにも関わらず、
相変わらず演技が下手で「さすがアイドル!」と思いました。

天野あい、という現実ではないキャラクターに
とてもふさわしい感じでドラマ化発表があった時に感じた

天野あいこそ生駒里奈やろ!
という気持ちもちょっと和らいだ矢先の生駒卒業発表で

モヤッとしたものありますが、あのドラマは観続けたいです。
だいたい最近、アメリカのドラマがお金かけて完成度髙いとかで、

みんなそういうのみたりしてるそうなんですけど、
ダラダラと惰性でみるようなものに

そこまで真剣に取り組まないで欲しいし、
観る奴もたいがいバカです。

みんな真面目すぎませんか?
そういう意味でも
「電影少女」はちょうどいい楽しさ。

不満をいえば、主人公がカッコ良すぎて
あの子はいっこも悪くないけど、

モテないキャラの雰囲気が一切ないので、
感情移入しづらい。

西野七瀬にいちゃいちゃされて、
インスタ映えか!と突っ込んでしまいそうになるくらい

お似合いなので辞めていただきたいです。
飯豊まりえちゃんは、めちゃめちゃタイプです。


以上、報告でした。
世界はハロプロとそれ以外!

ゑ・・・「君の名は希望」
    公式は最近の曲しかМVあげなくなってるみたいで、
    これしかなかったです。
    















西野七瀬さんと舛添要一の関係


まだまだ寒い日は続きます。
このところ全然触れていませんが、
乃木坂46はちゃんと追っております。
西野七瀬さん、センター決定が嬉しくないわけがない。
ただ個人的にはセンターのキャラではないと思いますが。
状況が存在を規定する、のですから気にしなくていいと
いわずもがなの事をいってしまう僕。
お許し下さい。

都知事が舛添要一さんに決まりました。
そりゃそうでしょう。
殆どの人が普通に暮らしているのです。
普通の感覚(あくまで2014年の東京)でいえばそりゃ
舛添さんです。
細川はおじいちゃん過ぎますし、宇都宮はちょい左より。
家入に至っては話になりません。
パフォーマンス部分がまだ強すぎて、炬燵でみかん食って
ボーッとTVばっかりみてるジジババの心に訴えるものがない。
でもこれもまた言わずもがな、で
ご本人はここでいきなり都知事 に、と考えたわけではないはず。
なれればラッキーくらいにしか思っていなかったに違いない。

TVでみた人、半タレントみたいな人ばっかし選挙で当選する、と
よく言われますがこりゃ当たり前ですよね。
日本国民は忙しすぎますから。
お手軽に目にふれる人は、ご近所さんより近い存在なんです。
誰しも正体不明の存在にイキナリ投票はしない。
年寄りならばなおさらです。手堅くいきたい。

そもそも民主主義に問題がある、とすればそういう部分でしょう。
前も綴りましたが選挙がある、なんて言われてじっくりしっかり
それぞれの候補について調べる気力を誰が持っているのか。
過ぎ去る日常の中で漫然と取り入れた情報を元に
判断するしかないんですから。

そんなわけで僕にとってみれば都知事より
乃木坂46のセンター。
西野七瀬さんのがよほど素晴らしいと思います。
まず絶対的にいい匂いです。
舛添はハゲ散らかした頭な上、じいさんなので絶対臭いです。
考えただけで吐き気がします。
たとえ臭くなくてもおっさん臭がそこはかとなく漂っているはず。
勘弁してほしいです。

あと顔が気持ち悪いのも舛添の特徴です。
もはや人間のそれではない、あの眼つき。
異常にでた歯。
ハゲ散らかした頭。
完全にわるもんですくまもんでなくわるもんです。

僕らはあいつの顔になれただけ、です。
現在の徳田虎雄を見てください、物凄いインパクトでしょ。
舛添も同じですよ。
何度も言いますが僕らはただ慣れただけ。
顔の作りだけでいうとかなり危険です。
放送禁止の顔です。

翻って西野七瀬さんです。
どうですか?
もはや神でしょう。
舛添と並べれば一目瞭然。
主人と奴隷です。
あぁなんて萌えるシュチュエーション。

お嬢様、な衣装に身を包んだ七瀬さんが
首輪をつけ白いブリーフ一丁の舛添を従えて歩く。
耽美的且つ頽廃的です。
素晴らしい、美しい。

ありがたいと思え舛添。
一応都民の僕はこれからのあなたを応援しています。

 
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ