おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

BLACK・ザ・タブー

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

#Why? Japanese peopleをみすみす手放すWhy? Japanese people

scan-a上
佳林ちゃんをはじめ
Juice=Juiceのメンバーが、
かなり痩せてきている気が、、、

あんまし健康的な痩せ方じゃないよ。
ドラマの撮影も入って、ライブもやって、、、で。
大丈夫かな。

心配しかないんですけど。
ヲタのみなさん気にならないですか?
何より、宮本さんはもう少しふくよかなくらいが
可愛らしいんだから、さ。

新曲が「体だけが大人になったんじゃない。」
という、、完全に、ヲタを挑発してるタイトルなのも
この際許すよ。

休みあげて。
お願いやから休ませてあげて。
切実。

とはいいながら、柏のJ=Jには行くんですけどね。
ほんまどうしようもないおじさんやで。
紙芝居、、、は多分、しないよ。

Juice=Juiceは鬼門なんですよね。
紙芝居で気分よかったためしがない。
なんでやろうかな、、

結構、いつも見る顔ばっかりやのに、
Juiceの時は今一つはじけないんですよね。
それもこれもグループの、品の良さ、
がなせる業なんでしょうな。

一応、大人っぽいというテイストをつけられているからなぁ。
難しいとこやで。
ともあれ。

佳林も17歳か、、、
嬉しいような悲しいような、、
まぁ一応、お誕生日おめでとうございます。

バースディイベントも別に行ってないからね。
その辺はドライですよ。
人の誕生日にとにかく興味がなくて
すぐ忘れる。






霊柩車って「面白」やのになぁ、、
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6182639


小学生の時は
道でみかけるたびに、親指を隠した想い出が、、。

「親の死に目にあえない!」

とかいって騒いでたけど、
そもそも当時、

親の死に目

って事自体が意味不明でしたけどね。

オヤノシニメ

という理解。
なんとなく良い事ではないってくらいのね。

最近は減ってきた、という記事ですね。
惜しいなぁ、、、ほんまに。
絶対に外人が喜ぶのに霊柩車。

せっかくの素材なんだから
残しておいた方が観光客も増えまっせ。

確実に外人のツィッター案件。
ハッシュタグ、Why? Japanese people
ですよ!

生きてるけど霊柩車に乗るツアーとかね。
俄かに流行りそうですけど。
オークションに出てるんか、、、

買おうかな。
ビジネスチャンスかもな。
外人相手の。

そういえば。
外人さんってなんで寒いのにTシャツで過ごしたり、
雨降ってるのに傘さしてなかったりするんですか?
不思議やわぁ、、。

ゑ やっとできたんだよ大きな絵! ちょっとだけ。
   後は動画始まるの待つだけ。壮大なドンデンガエシ。




今こそ、、ハロー!を。

annjyu
バスツアーショックから、まだ抜け出せないでいます。
おじさんです。
ネットに上がってくる写真などみるたびに、
うらやまな気持ちにしかならない。

僕が今、嶺脇社長だったら絶対に参加してたのに。
やっぱお金って大切ですね。
ベランダの椋鳥の巣と、部屋に入ってくる蚊。
そんなものに悩まされている内は貧乏暇なしです。

社会の底辺、這いつくばって生きている
40おやじは今日も朝から仕事でした。
当たり前。

障害者、独居老人、のお世話をした後は
昼から時間があきまして。
こないだ、好き勝手にアイドル話を聞いてもらった
ライターの方と落ち合う。

僕の紙芝居を預けていたので、その返却に。
わざわざ世田谷まで出向いてもらいました。
申し訳ない。

こないだは初対面だったので、
一方的に僕の話を聞いてくれたのですが、
お会いするのも二回目となると、少しくだけまして。

まぁ、出るわ出るわ。
オモロイ話。
流石にいろんな人に取材されてるだけあって
話があっちこっち行きます。
でも聞いていて引き込まれる。

いちいちオーバーリアクションなのもいい。
こりゃこの人、インタビュアーとしてプロやなぁと
関心しました。

まだお若いのに立派です。
花はないですけど。
僕に言われてもって話ですよね。
そりゃそーや。

ハロプロ話。
今回、動画をだいち企画の協力で
制作したんですけど、
おじさんハロプロに入る、宣言しました。

貧乏暇なし、ジッと手を見るおじさんが
なにをかいわんや、ですが。
今のハロー!プロジェクトをここ一番の危機とみるか好機と
みるかはもちろん人それぞれかとは思います。

地震も頻発する日本列島において、
僕は今、確実にハロー!プロジェクトは危機だと考えます。
何か、できる事、。

おこがましいけど、もったいないけど、、、
今、僕がハロプロのために、できる事。
何かな、、、と考えたんです。

もうこれは、、、、応援するしかない。
どんな形でもいい。
ちょっとでも外に届く応援。

内輪(ハロヲタ)で盛り上がるんじゃなくて、
もっと全体を盛り上げる、何かがほしい。
僕は正直、雑誌BUBKAチームにもハロにもどってきてほしいです。

なぜならJ太郎先生をはじめとする、あなた方BUBKAな人々が
僕にハロプロの奥深さを教えてくれたんじゃないですか。
なんでいまさら、、、48なんですか。

いや、48がダメなんじゃないです。
でも、、絶対、このタイミングでハロー!にもどるべきですよ。
雑誌の売り上げ、、その他のしがらみを考えれば
大人の事情。
難しいのかもしれません。

しかしハロー!プロジェクトにこそ正義がある。
柏木さんとか指原さんとかハロー!にひきぬく勢いで
頑張ってくださいよ森田さん。

話がたくさんそれましたが、
そういう意味では、手前味噌で恐縮ですが
ミリオン出版 BLACK・ザ・タブーは今一番、
ハロヲタが読むべき雑誌です。

ひとつよろしくお願いします。
Sguts!

ゑ アンジュルム

メンヘラ女達にクラクラ


一息つく、とはまさにこのこと。
昨日行われました、阿佐ヶ谷ロフトA。
BLACK・ザ・タブー主催。

メンヘラ女被害者の会、
凄まじい破壊力でした。
こんなのカオスすぎます。

前半、後半の二部構成で
休憩中に僕は紙芝居をお送りしたんですが。
本編が強烈すぎて。

頭、真っ白です。
詳細にレポートをおとどけしたかったですが、
書ける事が、ありません。

アウトです。アウト。
いわゆるひとつの
これ、あかんやつや、です。

前半はそれぞれ、登壇者の方々の
レポートを聞く、という感じで進んでいき
ましてですね。

開始、10分くらいで有山さんから「脱泡ハーブ」
というワードが。
やばいバイブスが溢れ出る。

そのままインベカヲリさんが実に淡々と、
起きた事実のみを写真と共に語りまして。
そして、ですよ。

前半の締め、スガッツさんのとびきり動画が、、、、
言葉がない。

一気に脳が疲れました。
こころなしか客席も、重めのテンション。
、、、この状態で僕、紙芝居できんの?

まずふるえがきました。
こうなれば全力投球しかない。

結果、、、
ちんちん、、ちんちん、、ちんちん、、、
深くはいいません。
阿佐ヶ谷ロフトAでちんちん、、といえば、、、

はい。
びっくりするくらい
会場が凍り付いていたのだけは
記憶しています。

これぞまさに、生き恥さらし。
ただしっかりと6月の21日、
ネイキッドロフト、
紙‐1グランプリの宣伝だけはしましたよ!!
そして会は後半戦へ。

ぱいぱいでか美さんからの、
ハロ!ステで福田香音がハロプロ卒業発表、
という衝撃報告から幕をあけました。

アイドルヲタ、もしくはアイドル本人にひそむ
メンヘラ予備軍、、、みたいな話からの
高橋ユキさん、被害者としてのレポート。

これがまた、、、
サスペンス映画みてるようなお話で。
最後、(おそらくの)真相があかされた、
とたん僕は全身、怖気がたちました。

こわい。
人間、こわい。
でも、、なんというか、、、

心とカラダ、人間の全部。
オリンパス

って感じです。
どういう事やねん、ってなるでしょうが
要するに人って面白いなぁ、、
なんて改めて思えたイベントでございました。

ちょっとくらい、紙芝居が受けなかった事なんて
気にしない。
気にしてたらダメ。

はい。
今回は打ち上げにも図々しく参加したんですが、
いや、、ここでも話が基本、濃い。
濃すぎる。

でも楽しい。
とことん楽しい。
そして時間はどんどんたって、、、
気づけば外は雷雨、豪雨。

朝になっていました。
明け方、店をでたところでまた、
驚くべき出来事があったんですが、、、

僕はとても、かけません。
ホラーでしかありません。
奇跡の超体験。

まだまだ、、、
僕なんて甘いな、と思った瞬間でした。
そして、思うのです。

雑誌って面白いなぁ、と。
こういう物凄い方々と、少なくとも僕は
誌面でご一緒させていただいてるのだ。

あらためて背筋ののびる思い。
話していたのは、本当にどうしようもない、
事だらけなのですけれどね。

だからこそ、
いいもんなのじゃないでしょうか。


ゑ 動画 おに山田が行く。 
   
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ