おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

Juice=Juice

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

Juice =Juiceの武道館が埋まらない?

7B592EB8-F70E-419D-A5A2-DF4D027C7E84
今日はJuice=juiceが日本武道館とかで、
月末の月曜だと言うのに、ヲタクも大変ですが

噂によれば、チケットがそんなにハケてないようです。
あのJuice=Juiceが、です。

もちろん、土日ではないという問題はデカいです。
僕のようにあんまし、曜日関係ない仕事の人はともかく、

言うても普通、まだまだ月〜金でお仕事じゃないですか。
どう考えても参戦大変そう。

ところが、去年や一昨年に思いをはせます。
Juice=Juiceは同じく武道館でやってまして、

それだって平日でしたが、
どうやら、そこそこ入っていたらしい。

つまり今回、異例の事態。
はっきり言って人気が下降しているんではないか。

思いたくはないですが、かもしれません。
なにぶん、自分だって行かない方の人間なので

あまり強くは出れませんが。
なぜ、、、僕は行かないのか。

それを今回、じっくり考えてみたいと思います。 

まず何と言っても、お金が無い。
特に今月は、何かと出費が重なりました。

普通の45歳ではビクともしない程度の額でも、
僕には充分、命取りです。

ですので、自然こうなります。
9月に検察へ行き、罰金20万円払ったのも痛かった。

月を跨いで、じわじわと響いているのです。 
おまけに11月へ入りますってぇと、

待ちにまったカントリー・ガールズのライブが。
例に寄りまして、我が心のカントリーのために、

ライブグッズを散財する覚悟でいます。
ここでバンバン、お金落としてカントリーの存在意義を、

事務所に知らしめねば、次回は無いかもしれません。
それだけは何としても、避けたいのです。

恋人は心の応援団、ヲタクはお金で応援団です。
しかも末日にはアンジュルム、パシフィコ横浜ですよ。

いよっ!待ってました! 
ワクワク度は充分、カントリーに肉薄しています。

今から、武者震いが止まりませんもの。 
もはやこの2つでお腹いっぱいなところ、

脇をチーム負けん気勢が固めて行きます。
(2)や(仮)ですね。

、、と、ここまでは僕の経済的な理由。
J=Jはそれだけじゃありません。

これはもぅ、、、はっきり優先順位が
下がってきています。

そうとしか言えないんです。
宮本佳林大先生、ごめんなさい。

ハロプロ内だけで、敢えて順位をつけるなら
ただ今の所、4番手です。

カントリー、アンジュルム、こぶしファクトリー、
の次になります。

僕の中で上位3位は、何としても行きたいグループで、
それ以下は、諸々気持ちが合えば行きます枠。

もはやWe are Juice=Juiceは
そんな風になってしまったのです。

5人時代を振り返ってしまう、、、、
からなのでしょうか。

ただそれはハッキリと答えが出せないでいます。
なぜなら幾度か見た8人Juiceは悪くなかったからです。

何となれば、段原さんなんてそのつり上がった目元といい、
とってもタイプに仕上がってきておりました。

稲場愛香さんだって、見るたびに感じる複雑な心境と
相まって実に、味わい深いタレント性を発揮。

好きにならないわけがない!
そんな存在になっていました。だのに、です。

もはや上位3位が、凄すぎたんです。
あくまで、おに山田心情。

いくら演劇女子部、ミュージカルが評判よくとも、、、
やはりライブなんですよアイドルは!

ライブで魅了してくれないと、こちらも乗れないんです。
Juice =Juiceは素晴らしい、間違いない。

わかっています。
ただ、、、エモさ、がね。

あまりに感覚的過ぎる表現ですが、
でも、そこなんですよ本当。

5人こぶしファクトリーの異様な空気感を見なさい、
アンジュルムの、統率された舞踏の中にある奔放さを見なさい。

僕の心を掴んで離さないんです。
本当にごめんなさい。

決してJuice=Juiceが劣ってる、とか
そんなんでは決して無く、

諸々、そう言った事情が重なった結果、
4番目になってしまった、という、、、、。

こればっかりは、巡り合わせと言っていい。
実際、評判の演劇女子部も行こうと思っていたし、

たまたま偶然、行けなくなっただけ、
行けば評価も変わったかもしれない。わからんけど。

ただやはり、全部は追えませんから。
今日だって、夜お仕事ですし、、、。

いやはや、長々と綴ってきましたが、僕が言いたいのは、
せっかくの武道館公演なんだから、

観た事ない人、行った方が良いよ、という話しで
僕がZOZOTOWNだったら絶対に、関係者席で行ってましたよ。

単に、ウダツのあがらん紙芝居乞食だったのが、
運の尽きなんです。

散々言うて、
今日埋まってたらすみません。

以上です。
We air Juice=Juice!(airなのはkomakingさんのノリ)

明日は大好き!いぎなり東北産話!
おしまい。

北海道には12月訪問予定。
僕が自ら届けます!
もう一声!お願いいたします。
https://www.oniyamada.com/items/13342609













 

稲場愛香さん完全勝利のお知らせ

8B4A266F-EAFC-4204-9643-08A76A8EAC1A
Juice=Juiceのライブがありまして、
これまた好評だったようです。

稲場さんが完全に認められたと言いますか、
はっきり、ご本人の実力ゆえだと思いますが、

何とも喜ばしいかぎり。
晴れてカントリー・ガールズ、森戸知沙希さんの

正式ライバルとして、
ますます存在感を増していくのだろうと思っています。

思っています、と言ったところで
そういう風に見ている人は実はあんまりいなくって、

まるで僕だけなんでしょうが、
皆さん、どうでしょうか。

だいたい今のところ肝心かなめ、
当の森戸さんがそもそもまだそこまで、ハジけていなくて

すっかりモーニング娘。然としてきたものの、
未だ、佐藤さんや石田さんの影に隠れて目立っていません。

そんな、現行モーニングを、あんまし楽しめず、
森戸さんの様子を歯痒い気持ちで

眺めているばかりで、ここはひとつ何か飛躍するきっかけが
ありはしないだろうか、と

悩んでおります。
きっと本人の負けん気というか、

やったるで!精神は相当なもんでしょうから、
後はそれの、出し方次第なんですよね。

、、、ううん、難しい。
やはりここはひとつ、ノリにのってる稲場さんに、

もっと飛躍してもらって、
反動で焚きつけるしかないでしょうか、、、。

それなら策はあります。
はっきり言えば、単に僕が見たいだけなんですが、

稲場愛香さん、今すぐゴリゴリに攻めた写真集を
出すべきです。

フォトブックなんて弱すぎます、
ランジェリーありしかも紫、これ一択でどうでしょう。

いやらしい話、想像しただけでも、ドキドキしちゃいます。
写真集研究家として、早く見たくて仕方がないです。

おそらく全ハロヲタが今か、今か、と心待ちにしていると
思うんですが、

いつになりそうでしょうか、、、。
ハロプロの中でだけ、大切にしているのはあまりにも

勿体ないと思うのです。
広く世間に知ってもらうべきです。

グラビアをがんがんやって、セクシーポーズの
引き出し増やして、行きましょう。

そして、まんじりともせず
日々を自堕落に過ごしている40代以降ニートの元に、

夢をお届けするのです。
そんな人、きっと全国に五万といますから。
一番人口過密してるし。

実は世の中を動かしているのは、
そういった方々なんじゃないのか、、、僕は密かに

思っていまして、日々忙しくくらしている人は、
そもそも情報ジャンキーみたくなってて、

めっちゃ短い時間の、暇しかなくてそこにギュッと
色々詰め込んでいかなくちゃならないから、

まとめサイトやツィッター、、、
はたまた短めの動画やTik Tokなんてのが流行る。

摂取したそばから忘れていきそうな、
それらじゃ、あっという間に関心事が

うつってしまうので、何も残さないと思うんですよ。
そこへ行くとニートに代表される暇人たちって、

時間が有り余ってるから、何か気になれば
深く掘り下げ安いですよね。

で、つのる興味が、自ら発信するのに繋がって、
第三者に触れてもらえる機会が広がっていく。

そんなようなイメージです。
もちろん、稲場さんがランジェリーありの写真集を

出したとして、エロとしての消費のされ方しかしない
だろうけど、

それでも広がっていけば、その先にエロだけでない
面白がり方や可能性が、見えてきます。

そこまで頑張ってみるのも、手だと思うんです。
いくらアダルトサイトが反乱してる世であっても、

エロは中々、侮れなくて、特にアイドルなんかにしてみれば
新しい世界へ飛び出す為の重要な要素のはずです。

だって絶対そうじゃないと、浅川梨奈さんや武田玲奈さんが
ここまで売れてるわけないもの。

なめたらあかん、なめたらあかん。
おしまい。


おそらく11月末か12月頭には行けるか、と。
皆さん!まだお願い致します!

北海道地震
もう後、ちょっと!詳しくはこちら。
https://www.oniyamada.com/items/13342609








 

演劇女子部 リアレンジ梨沙

16F42589-9B68-47EC-BDFB-EC0F646D309E




















Juice =Juice の演劇女子部、
タイムリピートが評判です。

ポスターめっさダサいのも、
気にならないらしい。

しかも、稲場さんと宮本さんが
かなり、良いのだとか。 

正直、昨日行ってやろうと思ってたんですよ。
ところが、緊急のお仕事。

基本的に、うちの事業所はびっくりするくらい
ホワイトなので、

断っても全然、大丈夫というか
最終的にボスがケツふく体制が行き届いてるんですが、

いつもそれじゃああまりに申し訳ないので、
僕が受けました。

明日、土曜日だと混むでしょうが
当日券も出るそうなので行ってみます。

抽選なので、また外れそうな予感。
ほんと引きがないんですよね僕。



カレッジ・コスモス誕生を、
あまり心良く思ってないハロヲタ、

カントリーヲタが割と多いようで、意外でした。
根っこにはカントリー本体が、

いまいちどうにもならんのになぜ、、、
という気持ちがあるみたいです。

そりゃあわかる。
誰しも持っている。

しかしここは一つ、冷静になりまして。
山木さん視点で考えてみましょう。

これですと、もう完全にチャンスです。
だってどうみても今のとこ、

山木さん一番可愛いし、ハロプロですし。
世間一般はあんましイメージできないかもですが、

業界内、またはアイドル同士で集まれば
ハロプロの権威は、相当なもんですよこれ。

だから周囲もきっと一目置きましょう。
根がお嬢様の彼女の事だから、それくらいで、

天狗にならないのは明白、広くあまねく、
同じ志を持つ仲間として平等に接するでしょう。

するとまた評判はうなぎのぼりに。
メンバーみんな山木嬢が大好きになります、頼ります。

ここで始めて彼女はリーダーとしての自覚が芽生え、
ますますしっかり者に。



人格者としても相当、立派になって
カントリー・ガールズに合流するのです。

そしたら森戸さんが、まず言います。
「りさちゃんどうしたの?何か・・・大人っぽい。」

「そんなことないよー。なんも変わんないよ。」
手を左右にふりながら、笑顔で受け流す顔が浮かびます。

そうして久しぶりに全員揃ったというのに、
いつもと変わらぬ和やかな雰囲気で、

カントリー・ガールズのレッスンは始まるわけです。
それは来年、年明け一発目に発表されるであろう

ニューシングルのダンスレッスンです。
カントリーには珍しいブラックなナンバーで、

作詞は、なんとあのモーリー・ロバートソン、
曲はケンドリック・ラマーが作ってくれました。

事務所がここ一番、
カントリー・ガールズにかけたい、意気込みを感じます。

なのでメンバーもいつも以上のプレッシャー、
ダンスどころか唄だって手に負えないでいるのでした。

ところが。

たった一人、山木梨沙さんだけは違いました。
全てを完璧に頭に入れ、

出来ないみんなへ的確なアドバイスを送ります。
これには、ダンス講師みつばちまきも度肝を抜かれました。

「すごいぢゃん!
オッケー山木、水飲んでいいよ。」

ハロプロは伝統的昭和な体育会系。
レッスン中の、水分補給は原則禁止です。

「りさちゃん、最高!」
船木さん、思わず歓声。

「逆に結は、どう思う?」
梁川さんは、とんちんかんな質問をしました。

当の山木さん、顔色一つ変えず静かに首をふって
「みつばちさん、気持ちは嬉しいんですけど、
すみません、お断りさせて下さい。」

わぁあ!と驚き、興奮したメンバー全員が、
彼女を囲みます。

こんなヤマキ、始めて!

みんなサンライズJUMPしたいくらい感動していました。
普段誰よりも早く、喉の渇きを訴える姿を、ずっと見ていましたから。

「大丈夫なの?ホント飲まないでもいいの?」
「そうだよ!せっかく何だから飲んでおいたら?」

心配の声が上がる中、山木さんいたって涼しい顔で
「みんなありがと。大丈夫だにゃん。」

偉大なるももち先輩、
許してにゃんポーズをリアレンジした

大丈夫だにゃんポーズを、いきなりの初披露、
両手、4本の指を丸く閉じ、親指だけが

がっつり鼻の穴に入っているその様を見て、
みんなお腹を抱える程の、大爆笑となりました。

「やれやれ。カントリーはみんないい子すぎるよ・・・」
つぶやく、みつばちまきの表情はとても爽やか、満ち足りた表情です。

「さ!続き!続き!山木、あんたセンター!リードして!」

パンと手をならし、レッスン再開です。
「はい!」5人の黄色い声がフロアにl響きわたりました。

1時間後。
脱水症状で、山木梨沙さんは倒れてしまいました。

「りさちゃんらしいなー。」
みんなは、呆れながら水をガバガバ飲ませるのでした。

あ!なんかいつのまにか面白くもない
小ネタになってました。

すっかり演劇女子部モードな僕。
おしまい。




皆さん!まだお願い致します!

もう後、ちょっと!詳しくはこちら。
https://www.oniyamada.com/items/13342609











 

タイムリピート、ダサない?

196B7666-86B9-42E2-8C8D-DD9E39D3DB67






















中野サンプラザが2024年に無くなる、
という事で、

そうなると僕ももう50歳過ぎてますから、
どっちでもいい気がしてきました。

ただ中規模ホールが消えると、
一番困るのは、我が軍ハロー!プロジェクトで

流石に、横浜アリーナなんかでハロコンやっても
埋まらないだろうし、

武道館はそこそこお高いらしいし
一体、どうするのか、と考えます。

吉澤ひとみもあんなだし、
どうも最近は、このままいってもハロプロが再び

トップアイドルへ返り咲く事はないんじゃないかな、
なんて気持ちもして参りました。

Juice=Juiceの舞台「タイムリピート」の
ビジュアルイメージをみてもそうじゃないですか、

人を呼ぶ気が全くない。
ダサいのは、ハロプロの売りであるけれど、

ここまで、閉じた世界をあからさまに見せられると、
全てのやる気が、失せていきます。

ファラオの墓の時も、思ったんですけれど
2.5 次元の舞台が当たり前にやられている時代に、

素のファンタジー設定は、もういいんじゃないか。
どうせ行かないと思うけど、

あまりに佳林ちゃんが可哀想なので、行くかもしれません。
わかりません。



ハロヲタには、おなじみ
アイドルもういっちょのグラサンこと

なかじまデスクが、ももクロの取材に行き
気がきくコメントするし、めっちゃラクだった。

ハロプロと全然違うみたいな発言をしてて、
思わず笑ってしまったんですが、

やっぱり、そういうスキルは無いより
あった方が何かと印象も違ってくるようで、

確かに、スタダのアイドルみてると
そりゃあもう皆さん、達者でして

特に僕なんて、いぎなり東北産にハマってからは
ラジオだって、

どのハロメンが出ているものより、面白いし
それはただアイドルラジオとしてって話ではなく、

やっぱ気の利いたコメントとか、
自由に話している感じに惹かれていくんです。

例えばですけど、東北産はラジオの協賛に
おっぺしゃんラーメンてのが入ってるんですが

ここへ食べに行った際、秋田産の律月ひかるちゃんなんか
「なんか、、、男の人みたいな味がします。」

と、たっかい声で言うんです。
一応天然っぽいキャラなんですけど、

収録なので、やり直しもできそうなのに、
これをオンエアできちゃうとか、

自由度が高くて、
ハロー!目線でみると、羨ましくて仕方ありません。

ラジオが面白ければ、だいたい何やっても
楽しくみれるほどに、

僕はラジオ脳な人間だと思っているので、
いぎなり東北産は、そりゃあ好きになっちゃいます。

やっぱりハロプロだけ突出して、バラエティ態勢がなくて
例えばアンジュルムなんて、

そこそこ行ける雰囲気ありますけれど、
アウェーになると全然目立てないですし、

一部で好評の稲葉愛香さんだって、
アイドル性を残したままやっているから、

伊達花彩さんみたいに、
一人で放り出された時の強さは、正直あまり無いと思います。

サンドイッチマン頼み。
演出頼み。

まぁ、なんだかんだ言って
僕はそんなに、面白くないハロプロが好きなので

別に無理に、バラエティタレント化してくれなんて、
思わないですけれど、

面白ければ、それだけで目立てるし
多少は、あってもいいのかも知れません。



ジャニーズの滝沢君が、次期社長を継ぐのか⁈
なんて話もありますように、

滝沢君みたいに、
政治力を発揮して、のし上がる人もいますから

やり方なんて様々でしょうしねぇ。
そうですね、そう考えると、

ここまで書いて思い直しました。
タイムリピート、一応観てみるか。

たぶん「君の名は」みたいな話だと思うけれど。
おしまい。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。
 
http://www.oniyamada.com










 

Juice=Juiceに喧嘩の仕方をならう。


舐めてました。
風邪が治りません。

いやぁ長引いてる。
こんなん久しぶりで、身体のダルさが全くとれません。


少し前になりますが、
Juice=Juiceの皆さんがTBSラジオ

アフター6ジャンクションに出演されました。
つばきファクトリーについで、2組目。

どういう経緯か知らないけれど、
ウィークエンドシャッフル後期、

AKB48や乃木坂46ばかり取り上げていた事を思うと、
覚醒の感があるくらい、ハロプロをよんでくれてはる。

ひょっとしたら毎日の帯番組ですので、
他の時に、坂道系などが取り上げられているかも

知れないので、
何とも言えないんですけれど、

これで、少しでもハロプロが広がってくれれば
こんなに嬉しい事もないので、

今後も、こぶしファクトリーやアンジュルムをぜひ
出してもらいたいです。

実は僕、彼女らが出演した部分をまだ聴いていないんですけど、
きっとめちゃめちゃ褒めてくれてはると、思うんです。

それくらい、Juice=Juiceは良いです。
実力派ですし、

音楽に詳しくない自分がいうのも何ですが、
なんや知らん本格的な事を

ガンガン攻めて、やってるグループだと思います。
特にここ最近、人数が増えてからは。

反面、シブすぎる気もしてて、
アイドルとしては、結構上級者向けなんじゃないでしょうか。

Juice=Juiceのようなカラーを
受け入れてくれるお客さんが、今現在どこまでいるのか。

いわゆるアイドル好きみたいな人らには、
あんましもう、ハマっていないと思うんですよね。

わかりやすくノレる曲も少なくなってるし、
変な話、こちらがついマネをしたくなるようなスキがない。

めっちゃ喧嘩強い人みたいな感じです。
それでもハロプロだから、まだ辛うじて可愛いんですけど、

そういのって、
理解するのに、時間がいるじゃないですか。

例えば、最初から宮本佳林ちゃんさんが好きなら
彼女を通してみるから、

余計な情報なくても、大丈夫なんですけど
知らない人に届ける時に、

良さが直ぐに伝わりにくいというのは足枷です。
活路はどこにあるのか。

ついそんな風に考えてしまうのです。
そんな中、アフター6ジャンクション出演は結構大きくて、

文化的なものに、
前のめりな方々が、きっと良く聴いてるでしょうから、

こんなグループあったんだ・・・・

と、興味を持ってくれそうでは、あります。
僕みたいな純粋なアイドルファンだとつい「いぎなり東北産」がぁ!

とかなってしまいがちだし、
ぜひ妙な先入観なしで、面白いと思ってくれる人に、

刺さればいいなぁ、と思います。
それこそ、前ちょっと言うたかも知れないんですけどね。

フィロソフィーのダンスや大阪☆春夏秋冬ですか。
本格派が前に出すぎて、アイドルらしさが無いグループって

あるじゃないですか。
(めっちゃザックリ言ってますよ。念のため)

もうそういうのに、近いと思うんですよ。
・・・・でもこんな言い方したら、

ハロプロは、技能集団なので他のグループにも
当てはまると思うけれど、

やっている音楽要素とか含めて
おそらくJuice=Juiceが一番、そんな感じでしょう。

そうですね。
なので、その二組と一緒に出てみるとか

どうですか。
アイドルファンの中には、ハロプロってだけで

拒否反応しめす人がいるし、
実現したらびっくりするくらい、どアウェーだと思うんですけど

心配はしていません。
彼女らは喧嘩めちゃ強いので、

あっさりフロアを圧倒すると思います。
おしまい。

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 
http://www.oniyamada.com














 
記事検索
ギャラリー
  • アンジュルムの新メンバーはカントリー・ガールズ
  • 重大発表アンジュルムの紙芝居
  • 新井愛瞳さんの生誕祭で、情がうつる。
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ