おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

YOHEY

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

金曜路上ハロプロ紙芝居 YOHEYさんとヤンマガ

18A3EA4F-2974-455E-900E-AC1ED7211EA6
昨日は金曜日。
恒例のハロプロ紙芝居、新宿南口でした。

準備終わって始めようか、と
していた所に複数の若者に声をかけられる。

実はこないだの研修生発表会の時、
なんとなく紙芝居、見ていたそうです。

相田君、というヲタがいるんですが
彼の友人達でした。

みんな20代前半で、若さに溢れています。 
僕もこんな頃、あったっけ、、、、

まったく思い出せないんですが、気にせずに。
「頑張ってください!」

と別れ際にかけられた声が、嬉しかったです。 
さぁ、気合い入れよう!

と、そこへミンキーさん登場。
こないだ研修生発表会でも、お会いした、

こちらも、もちろんヲタ仲間です。
わいわい話してたら、みーにゃんさんも来られました。

このままヲタクの紹介で、全て終わりそう、
キリもないので、程々に。

有意義な夜でした。
来ていただいた方、有難うございました。



YOHEYさんといえば、パニクルーで
アイドルプロデューサーなんですが、

実は、彼の9月20日のブログが、すごい。
タイトルは「セ◯クス」

https://ameblo.jp/888296/

簡単にいえば、ライブとはセックスである。
みたいな内容なんですが、

別にそれ、例え話として言う人結構いるし、
そもそも論になるけど、

お祭りって、そういう性質を含んでいると思うので、
目新しい発想でもない。

なのに、
「大事な事なのでもう一度いいます」

と前置きして、赤字で繰り返した上で、
わざわざ「大事なので赤字にしました」としめる。

その後、セ◯クスを乱発し、
直接的すぎて嫌がる人もいるかもしれないので、

とまたまたネタをふった上で、
「合体」と、大きなフォントで言い換えるんです。

どうですか、これ?
無邪気に楽しんで、ブログ書いてる感じは

伝わるものの、圧倒的に欠けているものが
恐ろしいくらい足を引っ張って

その結果、運営がこんな事言っていいんか!
と、あらぬ怒りまで焚き付けてしまいます。

YOHEYさん!
僕が言うのも何ですけど。

敢えて言わせてもらえれば、ブログ内容。
「面白」が無いんですよ!

面白いと、思ってはるんでしょうけど
残念すぎるくらい面白くないから、

みんながびっくりするのも無理もないです。
何が面白くないかって

それは、冒頭に言いました、
ライブとはセ◯クスである、が

目新しい発想じゃない、に尽きます。
なのに、あなたはこれをメインディッシュにして

話を進め、更にひとはしゃぎ、
「合体」とやってしまう。

合体、も割と言われるやん。
誰かが言ってたけど、釣りバカ日誌やん。

ベタにベタの上塗りで、
しょーもなさに加速をつけてしまうYOHEYブログ。

僕は、そういうの自分でもやりがちだし、
下ネタ好きだし、

親近感もって、おもんないなぁwと
笑えるけど、

もしYOHEYさんのプロデュースしてる
アイドルを推してたりなんかしたら、

実は、もう抱いてるんじゃないか、と
不安になるかもしれません。

で、考えすぎてもう行くの辞めよ!って
なる場合だってあるし、ライブ会場で

YOHEYさんみるたびに、
この後しっぽり行くんかな、、、

さしずめこのライブは前戯かな、
とか思ってしまう。

そうなんです!YOHEYさん!
ヲタクはとても繊細な生き物。

アイドルとプロデューサーは、
出さず、触らず、孕ませず。

三原則を嘘でも徹底してくれないと、行けません。
セ◯クス、言うのだけでも危険。

ここまで書いて来て、
僕自身が一番、最低かなと思いますが、

そこは、ごめんなさい。
セ◯クス!


そして、この流れで
紹介するのも、いかがなものか、の

ヤングマガジン、発売しています。
ハロプロ水着グラビアです。

カントリー・ガールズからは、なんと3名。
山木さん船木さん梁川さんです。

これは、えぇ仕事!
特に山木さんは、もう・・・たまりません。

セ◯クス!
あ、これアカンやつや。

あかんついでに、いっこだけ
贅沢言わせてもらえれば、バックショットが

足りないんですよね。
山木さん、山岸さん、井上さんの

3人ビニールプールで後ろ向きあるけど、
写真めっちゃ小さくて、

見えないにひとしくて、
ネットに、なるだけ大きめのが、

転がってないかなぁ、と
探し回ってしまいました。

まだまだハロプロはバックショットに、
厳しいんかなぁ、、、。

牧野さんなんて、
休む間もなく水着グラビア攻勢してて、

せっかくいい流れなんだし、
もっともっと過激なのにしてもらいたいですけどね。

いつも言ってますけど、
せめて、スパガの浅川梨奈くらいやってくれないと、

新規ファン獲得も夢のまた夢。
お願いします!土下座です土下座。

ハロプロスタッフ、どうか検討して下さい。
おしまい。

北海道地震。
これ、本当に届けますから。
渡すところ、動画もとります。
詳しくはこちら。宜しくお願い致します。

https://www.oniyamada.com/items/13342609














































 

ハロプロ紙芝居 YOHEYさんはもろりんと諸々

E7704E50-8779-4CB0-878D-A96B59F395C5



















金曜は、恒例の新宿南口。
ルミネ2前で紙芝居でした。

向かった時は、そうでもなかったんですが
ついたら、そこそこ雨が降っていまして。

今さら、戻っても仕方ないので
始める事にしました。

自転車に、諸々セットしていると
「山田さん!」と

声をかけられまして。
振り返れば、何と懐かしい、いっしーの姿。

彼は元ハロヲタで、今やすっかり
地下アイドルにハマってしまわれまして、

ハロ現場に、戻る気配すらありません。
メジャーや地下の定義もあやふやな面ありますので、

ここで一応、整理しますと、わかりやすくいえば、
接触系イベントが濃厚であればあるほど、

地下度は高まります。
彼が訪れているのは、だいたいそういうとこでして

良くも悪くも、お客さんとの心理的距離が近いです。
おそらく2、3度いけば覚えてもらえるだろうし、

もしかしたらワンチャンあるかも?と
思わせる何か、を感じます。

別に、それ自体、悪い事ではないと思うし、
男と女のラブゲーム、というくらいですから、

醍醐味を堪能する、実に楽しい遊びでしょう。
しかし、僕には時間、、、何よりお金もない。

行けるか行けないか、、、
の駆け引きを楽しむ心の余裕、持ち合わせておりません。

純粋にライブパフォーマンスを楽しみたいなら、
断然、大手にハマっていた方が結果的に、ラクなんです。

いっしーは、まだ20代前半。
若いしお金もあるから、ばんばん楽しめば良い。

ハロプロもたまには、戻ってきて欲しいですが。
僕が、彼を見込んでいるのは

コンサート会場前で、紙芝居するおじさんを初めてみて
すぐに、面白がってくれた所です。

普通、警戒するやん?

彼は一瞬にして、近づいてきてくれました。
子供みたいです。

多くの大人が、忘れてしまっている
自分の感性へ素直に従うこと。

躊躇なくできるのが、いっしーのいいとこだと思います。
なので彼は、厳密にはハロプロにハマったんじゃなく、

疑似恋愛の対象として、アイドルを見ていて
だから地下系に流れていったんだと、

思うんですけど、そういうのだって、
気持ちのままに、とった行動。

清々しいくらいわかりやすくて、
あぁこいつ絶対にえぇヤツ!ってなります。

下手をすればその辺、女子に見透かされてて、
結局、無駄なお金をじゃぶじゃぶ使ってると

思うんですけど、
それでも高級キャバクラなどじゃないんだから

可愛いらしいささやかなもんです。
大いに、励んでもらいたいなぁなんて、

悠長に構えて、話してましたらば、いっしー。
そわそわと、どうも落ち着かない。

「何?なんかあるの?」

「いやぁ。これから飲み会なんですよ。
ちょっと待って下さいね。」

何ておもむろに、その場を離れどこかへ行きました。
紙芝居のお客さんは、他にもいらしてたので、

とりあえず、それきり、と進めておりましたらば。
、、、一人近づいてくる、なんとも可愛いらしい女の子。

笑顔で会釈されましたので、こちらも返しまして。
はて誰だろうか、、、と、小首かしげ考えておりましたらば、

いっしー、さっと戻ってきて
その子の横に。

「友達です。」

え?
ど、どういうこと?

地下アイドルに擬似恋愛求めて、
夢中になってたんじゃないの?

何、ちゃっかりかわい子ちゃんゲットしてるの?
たくさんのなぜが、渦巻く僕の脳内が、

衝撃受けて言葉を忘れてしまったようで、
ただ呆然としていますと、いっしーが

「僕の推しの友達なんです。」

と、付け加えてくれました。
、、、ますますワカラン。

友達とは、なんで飲みに行けるの?
推しの子は、別にいるんでしょ、、、、

「推しの子は、飲みに行かないの?」

たまらず聞きましたら、
友達と言われた女の子が

「それはダメです。」

うぅん、、、、。
少し、高卒には理解できない領域な気がします。

だって、これもう、、、友達やん。
つまり友達の友達は友達になる可能性大やん。

そりゃあ決して全部が全部そうじゃない、にしてもよ。
、、、どういう事なんだろうか。

「じゃ山田さんまた!」

いっしー、女子と目配せし、
そのまま新宿の雑踏へ消えていきました。

、、、、、なんか。
モヤモヤする。

整理がつかない件、多すぎる、、、、。
不条理通り越して、地獄。

半ば、自暴自棄になってたら
東京CuteCute激推しハロヲタ、某あき。さんが現れて

「山田さん!YOHEYさんの事、良く言い過ぎですよ!」

と、迫ってきました。
良く言うたかなぁ?

ヤツは絶対に、元チャオベラのもろりんとヤッてる!
とか割合、好き放題に言いはしてますけど、

褒めてもないしなぁ、、、。
アツい男だな、とは思いますけどねぇ。

、、、いやいや!

別にどーでもいいというか、
僕にしてみれば、いっしーと、かわい子ちゃんの

これから、の方が気になるし、
なんなら推しじゃなくて、推しの友達(しかも可愛い)と

知り合えるなら、
僕もマ○フル通おうかなって、なってるよ!

マジでYOHEYさん、どっちでもいいんです!
そりゃ、YOHEYさんだってまだまだ現役バリバリだから、

きっと色々やってるし、もろりんとかの
もろりんをもろもろりんりんしてるだろうし、

はしもんのもんもんをもんもんと、
つまんでる可能性もあるよ。

岡田ロビン翔子が好き、とか言うてはるけど
それもダミーの可能性高いしね。

だいたいチャオベラで、ロビンの名前だしとけば
安心みたいなとこ、

実際ありますやん?
もろりんとか生々しいやん?

ななめ45度の土屋隼人が、
言うてんのでも、ちょい生いのに

YOHEYさんが、もろりん推しって言うたら
それはもう、、、、。

ロビンで中和してるんですよ。
リアルにもろりんと、もろりんなもんで、

それは、やっぱ言えんよ。
そういう事よ。(あくまで妄想)

、、、、、なんだか話が全く違う方向に行きましたが。
変わらず今日も僕は元気です。
おしまい。




















 

YOHEYという男、闌の時?


すっかり秋めいて来ましたね。
過ごしやすい、ずっと続けばいい。

吉澤ひとみ容疑者が、ひき逃げした動画が
公開されました。

何度観ても、ヒヤッとします。
被害者の人、助かって良かった。

信号も完全に赤だったし、
あれを見落とすなんて、

お酒いっぱい召し上がってないと 、
こうはなりません。

無理にでもフォローするなら、
赤信号は止まれ、と知らなかった、、、とか。

いや、申し開きできない。
完全にアウトなやつでした。




パニクルーといえば、一世を風靡した
ダンスパフォーマンスグループだったらしいんですが、

そのメンバーの一人であるYOHEYさんが、
芸能事務所を立ち上げて、アイドルプロデュースしてるんです。

Chu-Zと東京CuteCuteだそうです。
最近、知りました。

東京CuteCuteは、僕が見る限り徐々に、
人気が出てきているような気、します。

実際、動員は増えているし、
9月9日のワンマンも大成功で終わった様子。

メンバーが一人辞めちゃいますが、
また新メンバーが何人か入るという事で、

このままどんどん、行きそうです。
見た目に可愛い子も多いです。


Chu-Zはといいますと、お恥ずかしながら
僕は全くノーマークでして、

なのにもう、7年くらいのキャリアがあるそうです。
何という事なんでしょうか。

動画など観ていると、聴いた事あるなぁ、、、
という曲もちらほらありまして、

それを誰が歌っていたのか、
意識していなかっただけでした。

ここは、元チャオベラのファンが割と多くいるらしく
それはYOHEYさんが、

はしもんと一緒に、ラジオをやっていた事が
原因なようなんですが、

確かに親近感から、
のめり込むのは良くあるパターンだし、

チャオベラは解散しちゃったしで、
心の隙間にうまく入りこんだのかもしれません。

いずれにしても、プロデューサーYOHEYさん。
彼の人間味に、惹かれているヲタクも多いみたいです。

ブログなどを拝見したところ、
中々、アツい男のようでアイドル運営で、悩んでるとこや

感動した事などを、ストレートに語っていて
好感が持てます。

近所のバイク屋のあんちゃん、って感じです。
僕はそんな文化で育ってないので、

あくまでイメージですけれど。
ただ、、、なんでしょうかね。

例えば東京CuteCute、目新しさがなくて、
気をてらってされるよりも、

そのままで、全然いいと思うんですけど、
どこか物足りなさもあります。

果たしてそれが楽曲なのせいか、
本人らの魅力の無さなのかはわからないんですが、

僕の感触ではそうです。
ただChu-Zは、まだ生でみていないので今度、

一度観てみようと、思っています。
幸い、Shahinさんという方がChu-Zに詳しいので、

色々、教えてもらうつもりなんですが、
プロデューサーYOHEYさんが、フェスでヲタと乱闘した件や

Chu-Zメンバーと特典会でカラオケした話くらいしか
今んところ聞いてないので、

ただのいろもんとしか認識できていません。
もっとアイドルらしいエピソードを知りたいです。

、、、なんて考えてたら、
なんと今月の29日と30日二日間。

喰らいマックス@お酒とおつまみフェスティバル
という、、、名前だけ聞いても、

相当、アレな企画が日比谷公園で催されるようで
どうも、出演するみたいなんです。

元チャオベラのはしもんも、ソロで参加するのが
わかっていて他にも、

たくさんのアイドルが出てまいります。
これは、行かない手はありません。

ハロプロ紙芝居持って乗り込むつもりでいます。
お酒とおつまみフェスなんて、それただの飲み会じゃないですか。

絶対に、楽しいです。
早く来い来い、月末。

生YOHEYがヲタと乱闘するとこも、観てみたい。
ライブ事態は無銭ぽいので、きっとピンチケがうじゃうじゃ

徒党を組んで現れるんだと、思います。
一人じゃなにもできないあの手の連中は、

仲間がいると急に態度がデカくなり非常にタチが悪いです。
Shahinさんいわく、一人ボンズYOHEYの活躍は、

きっと下手なストリートファイトよりも、
観ているこっちの気分をアゲてくれる事でしょう。

、、、しかし、そこに期待してると、
肝心要のChu-Zが疎かになるので、程々にしないと行けません。



最後に、ハロヲタらしく。
20周年記念のオールスター、

三番目の曲「花、闌の時」M Vが公開されました。
なんと小椋佳大先生、作詞作曲です。

凄いよね。
だいたい闌(たけなわ)が読めなかったもん。

どうも、映画「北の桜守」主題歌だったらしい。
どうりで、如何にもな曲。

AKB48では合唱曲あったけど、
何気にハロプロは、初めてじゃない?
あったらすみませんけど。

僕は、こんなん割と好きなんですけど
今回、オールスターズで出た3曲、結局どれもなんだか

派手さがイマイチで、物足りないですね。
せめて、バカ曲欲しかったです。

ストレスフリーだけ、少し期待してたんですが、
これも中々の中途半端さでした。

まぁあんまし、気にしても仕方ないんで
気持ちは切り替えて行きたいです。

ことさら、ハロコンなどでやらなくてもいいしね。
みんなさらっと、流しましょうね。
おしまい。


北海道地震。
被害にあわれた方々へ届けたい!
詳しくはこちら。宜しくお願い致します。

https://www.oniyamada.com/items/13342609























 
記事検索
ギャラリー
  • ちゃんさんの官能動画
  • ちゃんさんの官能動画
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • アンジュルムからのお知らせ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
  • 宮本佳林にかぶりつきだよ。
プロフィール

oniyoshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ