おに山田 紙芝居アイドル

アイドルへの想いたれ流し。

aruiteru

おに山田のイラスト・ストアはこちらです。 http://www.oniyamada.com

いない相方と欲にまみれた写真集

4EA0662F-7A93-46C3-B31A-B78843797A6B

はい。
金曜の夜は路上紙芝居、新宿南口でした。

来ていただいた方々には感謝しかありません。
有難うございます。

それで、話はまったく変わりまして。
何故かと言えば僕の中でだけ話題のトピックが

二つほど上がってきたからです。
まずはお世話になっております荻窪のガレット&ソックス

aruiteruのゆかキャプテン。
2周年記念に合わせてお客さんに感謝の意を込めて

写真集発売するそうです。
アホです。

水着ショットもあるそうで、
どこに需要があるのか知らないですが本人ノリノリで

いかにも農耕民族、昭和な日本人体型を
惜しげも無く披露してるとの報告を受けております。

ある人に、
「ゆかさんは、
おに山田さんが画展してからすっかり変わってしまった。」

と嘆かれたんですが、
何の事はない。

持って生まれた何とやらと言うヤツで、
お店オープン2年目にしてついに色々曝け出したんだと思います。

はっきり言いまして彼女、
そんなもんでおさまりません、規格外です。

どうして僕の周りはこうもキチガイばかり集まるのか。
同時に自分がいかにマトモで下らない奴かを痛感します。

今度もし生まれ変われるなら、
komakingさんかキャプテン、岡本タブー郎どれかに

なりたいです。
実は岡本さんは至ってマトモなのですが、

仕事が出来るという要素を持っているので、
そこが羨ましいです。

キャプテンは全てを笑い飛ばす、
底抜けの明るさがあります。

だから僕より全然若いのに、貫禄があります。
いやちょっと違うか、

馬鹿さ加減がエゲツないって感じかな。
そもそもエロに真っ直ぐ過ぎるし。

粘着質で隠微な倒錯的要素がまるで無い。
突き抜けるような感覚です。

だからおっさんのちんぽみても、
笑っていられるんだと思いました。

「ちんぽって形状が面白いじゃないですか。
いやらしい意味じゃなくて。」

と言われた事があるんですが、
言いたい事はわかるんだけどそれ聞いた時は、

可愛くてお洒落なガレット屋さんの店主が
言う言葉じゃない気がしました。

ちなみにこんなの序の口です。
彼女のぶっ飛びは止まるとこを知りません。

意味の破壊を平気で行うし、
ついこないだ言った事とまるで違う事を、

真面目な顔して語るしとにかく、
一つ一つ真に受けていると痛い目にあいます。

それで何より大事なのは、
一見アッパラパー、ただの馬鹿と思わせといて

実は結構、、、いや、
かなりちゃんとしてるというとこです。

曲者ってきっとこういう人の事なんでしょうね。
そういうのはkomakingさんと一緒です。

彼も意味の破壊はいくらでもするし、
とにかくアッパーな感じでグイグイくるし、

モーレツにイラッとさせると思ったら、
次の瞬間、腹抱えて笑えるような呆れた発言をする。

勝てないな、と思いますよ本当に。
はい。

そんなわけで、aruiteruキャプテンゆかさんの
写真集は欲にまみれた定価三千円、

ワニブックス価格で販売するそうです。
抜くなり焼くなり好きにしていいらしいので、

みんな買いましょう。
、、、ちょっと長くなってしまった。


それで、もう一個はそんなキチガイ集団の
爪の垢でも煎じて飲んで欲しい夏わかめの話題です。

二人とも、根がマトモで国公立大学出身だから
ややこしい事この上ありません。

特に三木田に至ってはウジウジとどーでもいい事を
捏ねくり回し悩みという殻に閉じこもったきり、

出てきません。
彼、口ではいくらでも威勢のいい事言うんですよ。

でもびっくりするくらい行動が伴わないから、
いい加減呆れてきます。

かと言って、悩みに正直になり
誰かを頼るのかといえば、どうもそうでも無くて

僕とこにも一切、連絡きません。
まさか彼女にそんな話してないやろうな、と

心配になるけどカッコつけな彼のこと、
何も決められないでただ縮こまってるんでしょうか。

おっとこれまた言い過ぎた。
そんな理由があるからってわけじゃないけれど、

今回の夏わかめラジオ、
僕が三木田さんのピンチヒッターを勝手にしています。

梁川奈々美さん卒業について、
カントリー・ガールズについて、

どうしても喋りたかったんで言わせてもらいました。
三木田さんには遠く及びませんが、

憧れの「ロマンス語ればこの街いちばん」を
言えたので悔いはありません。

ちなみにここでもキャプテンゆかさんが、
出ています。

収録前後には、結構いい事言うてはったのに
いざとなると肝心な事殆ど言わないのは、

何なんでしょうか。
後で反省してはりましたが、

そこだけは可愛かったです。
おしまい。



北海道募金。
また地震がありました。

4月23日〜25日、厚真町へ行きます。
必ず渡しに参ります。

前澤社長、百田尚樹さん、NGT48運営
寄付してくれないかなぁ。

まだ募集しています。


もう少し、お力をお貸し下さい!
https://www.oniyamada.com/items/13342609

































 

さよなら有難うM崎さん

1E8EC928-BFB8-40AB-8FA6-330C8391E349
昨日は、
ヲタ仲間M崎さんの壮行会でした。

M崎さんは、ハロヲタ仲間です。
出会いがいつか、詳しい日は忘れましたが

同じくヲタのギタハロさんと、
僕の画展に一緒に来てくれた時だと思います。

それから新宿南口でやっている、
僕の紙芝居に時折、足を運んでくれるようになり、

仲良くなって行きました。
M崎さんはカントリー・ガールズの小関舞さんが

大好きで、同じカントリーヲタ同士として
話せる数少ない存在でもありました。

彼はハローに関しては概ね全肯定で、
他人が聞いて嫌な気分に

なるような事は一切、言いません。
勤めてそうしている、というよりもむしろ心から

思っているようで、
それもひとえに人柄のなせる業なんだろう、と

口を開けば文句ばっかの自分と照らして、
見上げた人だなぁと敬意を持って接していたつもりです。

見た目は物凄く若いですし、男前なんですけど
実は意外と歳いってるとこや人に優しすぎる面が、

可愛いらしい隙になっていて、
大袈裟でなく、彼を嫌いになる人なんて

おそらくいないだろうな、と少し羨ましかったです。
実際に、いつも荻窪aruiteruで会った時は

誰彼ともなく、M崎さんの周囲には人の輪が
出来上がっておりましたし。

不思議なんですが、aruiteru 経由で知り合ったヲタクは
会えばこちらが知らず知らず、

ホッとする人が多くて、ハロヲタに嫌われているのが
デフォルトの紙芝居乞食からすれば

とても安心できる人ばかり。
キャプテン(店主)ゆかさん含め、実にいい空気感を

醸しております。
そういう意味でもM崎さんはThe aruiteruな人でしたから、

居なくなるのはとても寂しい。
しかも沖縄は僕、残り少ない人生のうちで

行く予定もありませんからね。
M崎さんがいるなら会いに行きたいけれど、

なにぶん、銭がいるのも沖縄らしいし
こういう時だけちょっと、貧乏暮らしが嫌だな、と

思いますけれども。
絵がもっともっと売れればいいなぁ、、(遠い目)

昨日の壮行会ではずっとそういうように、
彼のいないaruiteruを想像しつつ参加しておりました。

そうです、それで紙芝居。
M崎さんは相当、たくさん見てくれているので

新宿でやっている時なんかも、
お酒片手に彼がやってくると暑さも寒さも忘れるくらい

楽しくなって、元気に演る事が出来たんですけれども、
昨日改まって彼に言われたのは、

パシフィコ横浜でやった新作紙芝居
「アンジュルムに入りたい!」がとても良かった、

という事だったりしました。
「今まで見てきた紙芝居の中で一番、
構成がちゃんとしてましたよ!」

なんて上機嫌でおっしゃって下さり、
嬉しいやら恥ずかしいやら、有り難かったです。

よく考えてみれば、構成がちゃんとしてたって
じゃあこれまでのやつはどんだけ出鱈目なんだ、と

考えると悲しみが押し寄せるんですが、
嫌な事は見ないが花です、気にしないでいきます。

一応、補足しておくと僕自身は特別これまでと
変えたつくりにしたわけではなく、

アンジュルムに関していえばもう6本目くらいの
作品になるので、ネタも被ったりしてるんです。

だからあんまし笑わせるつもりもなく、
開き直ってただ、アンジュルムに入りたい、という

素直な気持ちを表現しただけなんですよね。
だって入りたいんだもの。

いずれにしてもM崎さんのように、
熱心に僕の紙芝居を見てくれる人は、

とても貴重な存在なので
これまで有難うございました、と心から。

引っ越し前の在庫処分(笑 で、
昨夜は「山田さんと言えば帽子ですよ!」と

たくさん頂いきましたので、
これから紙芝居の時は、M崎帽子をかぶって

行う事に致します。
沖縄に行っても元気に楽しく、過ごして下さい。
おしまい。

北海道募金。
まだ募集しています。

幸い、紙芝居してて出会った方が
北海道から出張に来てた方で。

どの辺がまだ被害受けているか、など
詳しく教えて下さいました。
必ず、お届けにあがります!
https://www.oniyamada.com/items/13342609




 

酒豪ギタハロさん

昨日は、ギタハロさんに誘われて
荻窪aruiteruの

「鞘師と一緒にお店がしたい!」展に行きました。

土曜日あたりに行く予定してたんですが、
めぐみちゃんが水曜日に来るそうです、と報告を受け、

だったらどっちも行こう!と決めたんです。
そしたらあんた、どうも夜遅すぎたみたいで

別の日にしたそうです。
残念。

しかしギタハロさんが来るし、
夏わかめの木村さん&彼女も来るし、賑やかでした。

お店は、雨にも関わらず大盛況で、
座る席を探すのが大変なほど。

店主あらためキャプのゆかさんも嬉しい悲鳴をあげていました。
1人で回すの大変すぎると思うんですが、

お客さんがみんなハロオタなので、
「ガレットはよ焼け!」や「酒や酒!なにしとんねん!」のような事は、

全然なくて、終始穏やかなムード。
お店に飾られている展示作品も完成度が高くて、
立体物からイラスト、書に鞘師のからくり人形まで。

見応えありました。
僕が好きなのは、むーさんって方が描かれたイラストで

これまで着ていた娘。衣装に身を包んだ鞘師が、
キレイなタッチで描かれていました。

イラレかフォトショか、何かはわかりませんがおそらくPCで、
制作された作品だと思います。

きっと作者の人は若いんでしょう、使いこなしてる感じが羨ましい。
早くiPadの、ペン買わんと。目指せデジタルアートデビュー。

6月2日までやっているので、時間あればぜひ見にいって下さい。
僕もあと、一回くらい行くと思います。

その日は、結局木村さんやお店で知り合ったハロオタさん達が
帰ったあともギタハロさん、近所に住んでる宮崎さんと僕、

3人でだらだらと過ごしていて、楽しかったんですが、
お酒をギタハロさんに奢ってもらってばっかりになってしまい、

めちゃめちゃ申し訳ない事をしました。
今度は僕が奢りますので、遠慮せずにガンガン頼んでください。

、、、、そうはいったものの、あの人かなりのノンベで
結局、夏わかめミキタさんの待つ、

三軒茶屋のキサナドゥにうつり朝まで飲んでいた程です。
僕も何とか付き合っていたんですが、

例によって途中から眠気がモーレツに襲ってまいりまして
ダウンしました。

酒飲み(本物)は違います。
まだまだ元気そうでびっくりしました。

キサナドゥはミキタさんいる時は、
モニターでずっとYouTubeながして
ハロプロみまくれるのがいいですね。

もちろん、お客さんが、カラオケ歌いだすと
見れないんですけれども、歌わない限り大丈夫なんです。

あぁいうオープンな場所で見るハロプロほど気持ちいいものはなく、
知らない一般客も巻き込んで、少しでも気にしてもらうようにします。

布教活動込みで、面白いもんです。
aruiteruもハロオタだけでなく一般客も大歓迎で、やっていますしね。

それにもうみんないい大人なんで、いくらハロプロ好きといえど、
他の話もしますから、

知らなくて置いてけぼり、、、みたいな事には滅多にならないと思います。
僕は、、、どうだろ、置いてぼりにして話す方かも。すみません。

それにしてもハロオタ、女の子増えてきましたよね。
自然の摂理で、男オタも妙に小綺麗になってます。

顔をしかめるような人、少なくなりました。
僕は、どちらかといえば、顰められる方なのですが、

そんなん比にならないレベルの人、昔はいっぱいいたもんです。
寂しくもあり、嬉しくもあり、です。

aruiteruに来てた女子も、みんな可愛いかったもんなぁ。
自分が20代なら間違いなくガッついていましたよ。

その分めぐみちゃんに、
ガッついてると言われたら返す言葉はないです。





















 
記事検索
ギャラリー
  • 身の上考えソング
  • 6月8日はロックの日
  • 今日から俺 荻窪の人になる?
  • komaking邸での狂宴
  • 下ネタって素敵やん?
  • 雨だからこそ、唄うの大事。
プロフィール
金曜夜21時は新宿南口 LUMINE2前でアイドル紙芝居。 お仕事依頼oniyamada_office@yahoo.co.jp HP https://t.co/vfIUpvHH1g ブログhttps://t.co/vfIUpvHH1g
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード